近年転職をする女性が増えていますが自由な時間が欲しい、年収をあげたいなど、その理由は多岐にわたります。

そんな転職先の中でも、やりがいのある転職先として注目されているのが「医療機器の営業」です。

医療関係はハードルが高いように感じますが、実際はどうなのでしょう。

ここでは女性が医療機器の営業に転職するのに有利な方法や、役に立つスキルを伝授します。

女性には難しいといわれている理由を確認し、デメリットもしっかりと認識しておきましょう。

また実際の仕事内容を大まかに把握し、一般の営業職との違いもしっかり頭に入れておくと転職に役に立つはずです。

医療機器の営業という仕事

医療機器

難しいと思われている医療機器の営業ですが、実際は未経験から転職する人も多い職業です。

まずはその仕事内容を確認しておきましょう。

営業職として医療機器を扱う

簡単にいえば、自社の医療機器を売り込むのが仕事です。

医師などへアポイントメントをとり、病院やクリニックへ出向いていきます。

当然のことながら自社の医療機器に関しては、深く広い知識が必要とされ、医師を相手に詳しく説明することになります。

場合によっては臨床検査技師への営業となることもあるでしょう。

通常の営業職と同じように新規と既存があり、初めは先輩について既存の顧客の元を訪れるのが一般的です。

知識量が必要

自社の機器に関する知識は勿論、比較する他社の機器についての基礎的な知識も求められます。

相手が医療関係者ということもあり、より深く確かな知識を持って機器の説明をすることが求められます。

その為、就職してからもコツコツと勉強をし続けることになるでしょう。

最新機器をどのように売り込むか、営業テクニックに加え医療機器への深い知識が必須といえる仕事です。

拡大し続ける医療機器

医療機器

高齢者社会と呼ばれる近年、医療機器が広く求められています。

多くのニーズへ答えられるように、手術用の機器も日々進化し需要も高まっているのです。

医療機器関係は、将来性のある仕事といえるのではないでしょうか。

医療機器メーカーによって異なる

転職先の医療機器メーカーによって、取り扱う製品も異なってきます。

血圧計などの医療機器を取り扱っている企業もあれば、MRIなどの機器を扱っているメーカーもあります。

取り扱う医療機器によっては、立ち合いが求められ手術室に入ることもあるようです。

実際のところ、外資系の医療機器メーカーの方が売り上げが良いので、その影響は年収にも反映されています。

どんな医療機器メーカーが人気なのか、詳しい年収などを比較したい人は転職エージェントを利用するといいでしょう。

 
無料転職相談をして医療機器メーカーを探そう
 

MRからの転職者が多い

医療機器の営業は未経験者を広く募集していますが、一方でMRから転職をする女性も増えています。

MRからの転職は、いうなれば同じフィールドで営業をしてきた人材です。

年収だけ見ればMRの方が高収入といえますが、将来性や医療への関わり方に魅了され転職する人が増えているのです。

クライアントが医療従事者という共通点はありますが、医療機器の営業の方がより深く医療にかかわっていることが伺えます。

医療機器の営業に役立つスキル

医療機器

転職する際に、役に立つスキルは一体どんなものなのでしょう。

コミュニケーション力

医療機器の営業は提供する機器の説明に加え、使用方法なども詳しく教えなくてはなりません。

時には不具合などで呼ばれ、調整することもあるでしょう。

人対人の仕事である以上、コミュニケーション力は確かなものが必要です。

コミュニケーション能力は営業職に求められる最たるものといえるのではないでしょうか。

営業経験

通常、営業経験2年以上が医療機器の営業職への転職に有利といわれています。

未経験者であっても営業のスキルを持っていれば、大きな強みになるでしょう。

逆に医療関係の知識を多く持っていても、人と接するのが苦手だという人には営業職は向いていないかもしれません。

認定資格は必要?

営業職で必須とはされていませんが、MDIC認定制度というものがあります。

実務経験なしでも受講でき、医療機器を安全に管理する為のノウハウなどを身につけることが可能です。

受験せずにセミナーのみの受講も可能なので、興味のある人はセミナーを受けてみてはいかがでしょうか。

高卒でも転職可能

勉強

医療関係と聞くと、4年制大学を卒業していないと転職できないのではないか、と思われがちです。

しかし、実際は高卒から募集をしている所が沢山あります。

未経験、高卒可能となっており条件的には転職しやすい職業といえるのかもしれません。

車の免許は必要

車

少々意外なことかもしれませんが、医療機器の営業職に就くには車の免許が求められます。

医療機器の営業は一般的に車で回ることになるからです。

都心部に住んでいても車での移動となる為に、免許を持っていないという人は事前に詳しく確認しておいた方がいいでしょう。

女性には難しいといわれる理由

腕時計

医療機器の営業職に就く女性は増えていますが、それでもなお女性には難しいともいわれています。

なぜ女性には難しいといわれるのでしょう。

休日に呼ばれることもある

医療機器の営業に限ったことではありませんが、医療現場に休日はありません。

同時に医療現場と深く繋がっている医療機器の営業は、休日に突然呼ばれることもあるのです。

家庭を持っている女性や、子供のいる女性にとってはなかなか厳しい状況といえるかもしれません。

理系が有利であるという背景

医療機器の営業には理系が向いています。

しかし一般的に女性は文系が多い傾向にあるので、それも難しいといわれる原因の一つなのかもしれません。

実際は理系の女性も多く、また文系の女性でも努力し営業職へついている人もいます。

接待のストレス

実際の現場の声として、接待へのストレスがあげられます。

医療現場はストレスの多い職場であり、矛先が営業職の者に向くことがあるのでしょう。

また仕事柄、厳しいことをいう医師も少なからずいるようです。

そして女性が少ない現場なだけに、まだ男性優勢に物事をとらえる人がいるのも事実です。

くじけずに、確かな実力をつけ信頼関係を作っていくことが土台となります。

出張がある場合もある

蛇口

MRと比較すると出張は少ない仕事ですが、自分が担当する場所によっては出張もありえます。

結婚や出産など、将来設計のある女性にはデメリットといえるのではないでしょうか。

難しいけれどやりがいはある

手術

医療機器の営業は、確かに女性に優位な仕事とはいいきれません。

しかし、他の営業職よりも収入はよくやりがいを感じている女性が多いのも真実です。

同じ医療関係の営業であるMRからの転職者が多いのも、医療機器に関する仕事の魅力を証明しているのではないでしょうか。

仕事を通して医師と信頼関係を積み重ね、医師に頼りにされる存在になることも可能です。

知識と経験で大きく活躍すれば、それに伴い年収も増えていくでしょう。

何より医療関係者として、人を救うことへ大きく貢献出来ることにプライドを持っている人が多いです。

仕事内容は簡単ではありませんがやりがいを感じたい、という女性におすすめの職業といえるでしょう。

人を救う手助けをする仕事

病院

医療機器の営業は、刻一刻と変わる医療現場に寄り添う仕事として、大きな責任とやりがいを感じることが出来る仕事です。

最新の情報を掴み、転職を確実なものへとしていきましょう。

医療機器の営業への転職を成功させる為に、無料の転職エージェントの活用をおすすめします。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!