女性の転職先で満足度が高く人気の製薬会社の営業(MR)は、医療機関への営業活動を行うやりがいのある仕事です。

専門知識が必要なため、転職は難しいと思われています。

しかし仕事としての満足度は1位、転職希望者が多いのが実態です。

そこで製薬会社の営業に転職する為のコツ女性のメリットやデメリットについて確認していきましょう。

更に満足度が高い理由についても詳しく解説していきます。

MRに転職するためのコツ

MR

他業種からの転職の場合、MRの実務経験がなければ個人的な就職活動での入社は難しいといわれています。

しかし、あきらめる必要はありません。

ある程度の条件をクリアしていれば、MRへの転職は可能なのです。

営業職を経験している

MRは専門的な知識が必要ですが、基本的には営業職です。

医薬情報担当者を指すMRは、医療現場に訪問し自社で取り扱う商品を使用してもらえるよう促していきます。

営業のノウハウを知っていれば、転職にかなり優位になります。

また営業職は気配り上手な女性が向いている、ともいわれコミュニケーション能力の高さも大切になるでしょう。

もし前職が営業職ならば、転職にプラスになってくるはずです。

理系出身者が有利

必ず理系でなければならない、というわけではありませんが実際に理系の方が転職には有利な場合が多いです。

文系出身の場合、営業経験を必須としている場合もあるので確認しておきましょう。

未経験なら20代

書類

転職への明確な年齢制限は定まっていませんが、おおよそ30代前半までとされています。

特に未経験者の場合は20代が多く、30歳を超えると転職は狭き門となってくるでしょう。

MRは仕事についてからも知識を増やす為の勉強が必要であり、未経験者ならばより伸びしろのおおい人材が好まれるのです。

車の免許を持っている

車

MRの仕事内容は医療機関などへの営業となり、医薬品などを持参するので通常は車を利用します。

状況によっては飛び込み営業もありますが、ほとんど場合は医師や薬剤師にアポイントメントをとってからの訪問になります。

MRになるならば車の免許は必須といってもいいでしょう。

車自体は、会社のものを使用するので持っていなくても問題はありません。

コンタクトMRを狙う

MR

未経験の場合は、コントラクトMRからはじめるという手もあります。

コントラクトMRとは、MRを紹介するアウトソーシング企業に所属するMRのことです。

未経験者や離職したMRが復帰するためのサポートを行っており、未経験者でも挑戦しやすいでしょう。

こちらで実経験を積み、MRへの足掛かりとしてもいいのではないでしょうか。

MRについてもっと詳しく知りたいという人は、無料の転職エージジェントを利用してみるのもおすすめです。

 

無料転職相談をしてMRの情報を集めよう

 

MRへの転職時に必要な資格はない?

テスト

MRになるために必ず必要な資格はなく、最終学歴の条件が定められているわけではありません。

四年制大学の学歴

厳密に言えば、高卒学歴であってもMRにはなれます。

しかし、製薬会社の多くは四年制大学の学歴が条件になっている企業が多いのが現実です。

MR認定試験

MR認定試験は、『医薬品情報』『疾病と治療』『MR総論』の3科目からなる試験です。

一般的にMRの在籍者が受講するもので、MRとしての基礎を確認するためのものとなります。

実際は試験に合格しても、MRの経験が6カ月以上ないと認定書を手にすることは出来ません。

MR認定証のない営業の訪問を禁止する医療機関も出始めており、製薬企業の営業として活動する以上、取得は必須の試験

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/MR認定試験

MRになったら認定書が必要となってきますが、転職活動で取得しておかなければならない、というわけではありません。

女性がMR職につくことのメリット

薬

女性のMRが増え、男女の差は縮まりつつあります。

とはいうものの、製薬会社の営業職は男性が多いのが現実です。

女性のMRにとってメリットとは一体何なのでしょう。

時間が自由になる

MRは、担当している医師や薬剤師の時間にあわせて行動するため、直行直帰が多くなります。

そのためアポイントメントの時間や、会社内での時間をあけてさえいれば比較的自分の時間をつくりやすいでしょう。

始業時間や就業時間がきちんと決まっている仕事よりも子育てとの両立がしやすい職種といえます。

年収が高い

一般的な企業の営業職の初任給と比較し、MRは新人でも約500万円と年収が高いのもメリットのひとつです。

外資系の企業は、特に年収がよく出産や育児に関しても好待遇が期待出来ます。

しかし、その反面ノルマなど営業職としての負荷が高くなるということを念頭に置いておきましょう。

女性がMR職につくことのデメリット

薬

責任のあるMRを目指すなら、デメリットもしっかり把握しておきたい所です。

時間の縛りがない

自分の時間がつくりやすいのがメリットと紹介しました。

しかし、時間の縛りがないのがデメリットになることもあります。

夜勤明けの時間帯しかアポがとれない医師を担当している場合は、早朝からの勤務になります。

また、深夜しか時間がとれない医師を担当している場合は、夜中に仕事をしなければなりません。

営業相手の医師は忙しい職業であり、相手に合わせることを負担に感じてしまうことがあるかもしれません。

転勤が多い

転勤は、MR業界では当たり前といっても過言ではありません。

現在所属している近隣へではなく、遠くへの転勤も珍しくないのです。

子育てを考えている女性には、大きなデメリットになるのではないでしょうか。

女性MRの増加にともない、女性のライフスタイルに寄り添う企業も増えているようです。

一方コントラクトMRの場合も転勤はありますが、MRに比べ転勤の心配は少ないといわれています。

こちらは、実際に希望の勤務地で働き続けている人が多いようです。

一人立ちできるまでに時間がかかる

女性に関して、というわけではありませんがMRは莫大な知識が必要になるため、かなりの勉強をしなければなりません。

そのため、一人で仕事をこなせるようになるまで時間がかかります。

特に医学部や薬学部ではなく文科系学科を卒業した人にとっては、別の分野の専門知識を頭に入れなければなりません。

興味や憧れだけでなれる職種ではないことを認識する必要があります。

MRの仕事が満足度1位の理由

血圧

他業種の営業に比べて一人立ちできるまでの道のりは長いですが、MRは満足度1位という人気の職種です。

休暇が取りやすいともいわれており、時間に融通が利く点はかなり大きいのではないでしょうか。

また、専門性が高い仕事としてやりがいやプライドを感じる人が多いようです。

専門性に伴い通常の営業職につく女性より年収も高く、自分の努力が反映されやすくなっています。

更に、福利厚生の充実度を企業の魅力としてアピールしている企業も多くあります。

製薬会社は、数ある企業の中でも福利厚生がが充実しているといわれているのです。

人気のMRを目指そう

薬

MRは楽な職種ではありません。

仕事に就いてからも新しい情報や知識を常に覚えていかなくてはならず、常に勉強が必要です。

だからこそやりがいのある仕事として、満足度が高いのではないでしょうか。

実力主義の仕事なので、自分の頑張り次第で年収をあげていくことも可能です。

新しい知識を増やしたい、責任のある仕事をしたいという女性にはおすすめの仕事といえるでしょう。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

転職のプロに相談をして
自分の売り込み方を探そう!