デスクワークが中心で、残業が少なくプライベートの時間もしっかりと確保できるイメージのある一般事務は、女性の転職希望者からの人気が高い職種です。

しかし人気が高いがゆえに転職が難しく、転職を成功させるためには他の転職希望者と経験やスキルなどで差をつけなければいけません。

今回は一般事務への転職が難しいと言われる理由や採用されやすい人の特徴、転職を成功させるコツなどを解説します。

一般事務の業務内容

ノートPCで作業する女性

一般事務とは、主に書類作成やファイリング、電話対応、データ入力など、デスクワーク全般を行います。

社内全体の事務作業を行うため、営業や経理など、幅広い部署と関わることになる職種です。

どのような書類を作成するかは、会社の規模や部署によって異なります。

また、企業によっては社内資料だけでなく社外向けの文書を作成する場合もあるでしょう。

この他、備品管理来客対応なども一般事務の業務内容に含まれています。

このように、一般事務では専門性の高いスキルが必要とされることはありません。

仕事の難易度

一般事務の仕事の難易度は、他の職種に比べてそれほど高いわけではありません。仕事に臨む上でどのような点を押さえていればよいのか解説します。

基本的なビジネスマナーやPCスキルがあればOK

デスクトップPCで作業する女性

一般事務は書類作成やデータ入力など、パソコンを使ったデスクワークが中心です。そのため、PCスキルが身についていないと難易度は上がってしまいます。

また、電話や来客の対応が未経験の場合は、先輩社員にやり方を教わり、実際に見て覚えることも必要です。

また、社内のルールがあればそれを覚えなければなりません。

ただし、専門性が高いわけではないので、基本的なビジネスマナーやPCスキルがあれば問題なく業務をこなせるでしょう。

スケジュール管理が重要

基本的にはパソコンを使った仕事が中心の一般事務ですが、抱える仕事の量は多くなりがちです。

書類を作成しつつ電話対応もこなし、来客があればその対応をすることもあります。

一つのことに時間をとられてしまうと他が疎かになってしまう、ということは避けなければなりません。

そのため、仕事の優先順位を考えたスケジュール管理が大切です。多くの仕事をスケジュール通りにこなしきる能力を身につけている方が良いでしょう。

一般事務への女性の転職が難しい理由

一般事務は専門性が高いわけでもなく、誰でも可能な仕事です。その一方で、転職は難しいと言われてしまいがちな職種でもあります。

なぜ一般事務への転職が難しいと言われるのでしょうか。その理由を解説します。

常に人気の職種

書類を書く女性

一般事務は他と比べて転職希望者からの人気が高い傾向にある職種です。

その理由としては、基本的にはデスクワーク中心で、体力も特に必要ないことなどが挙げられます。

さらに、残業が少なくプライベートの時間をしっかりと確保することができるのも魅力の一つです。

特に、子育てをしている女性であれば子どもの送り迎えなどで時間外に働くことが難しい人もいるでしょう。

そうした場合にも時間の融通をきかせて働きやすいため、人気を集めています。

企業側の募集が少ない

デスクトップPC

転職希望者からの人気の高い一般事務ですが、企業側の募集は少ない傾向があります。

これは、IT技術の進歩に伴い、今まで一般事務が行っていた仕事の電子化が進んでいることが大きな要因です。

こうした時代の変化に伴い、一般事務を多く採用する必要がなくなってきています。

募集人数が少ないところに多くの転職希望者が応募するため、倍率が高くなりがちです。

転職希望者にとっては、多くのライバルの中から内定を勝ち取らなければならない、狭き門となっています。

PCスキルや資格が求められる

一般事務の主な仕事は書類作成や電話対応です。そのため、書類作成のためのPCスキルが必要になります。

多くの企業ではオフィス系ソフトを導入しているため、それらの基本的な操作ができなければスムーズに仕事ができません。

それらのスキルがあることを証明する資格を取得している方が有利です。

また、来客や電話の対応を行うため、ビジネスマナーも求められます。

選考段階でビジネスマナーができていないと採用担当者に思われてしまった場合には、採用は難しいでしょう。

若手の方が有利

多くの応募がある一般事務では、応募者の中にスキルや経験が同程度の人もいます。

その場合、採用する基準として若い人の方が有利になりやすいです。

理由としては、若手であれば就職後に新しい知識やスキルを身につけ、成長する可能性が高いことが挙げられます。

未経験の場合は特にこの傾向が強くなっているため、未経験の場合は年齢も転職の壁となるのです。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

未経験でも採用される?

会議をする人々

一般事務の場合、未経験でも採用されるチャンスは十分にあります。

書類作成や電話対応などは、何か特別な能力が求められるわけではありません。

むしろ、若い人材であればビジネスマナーや基本スキルを身につけるためには事務はうってつけの職種です。

そのため、未経験でも若い人材を採用し、今後の伸び代に期待している企業もあります。

ただし、企業によってはしっかりと経験を積んだ即戦力となる社員を求めていることもあるため、その場合には経験者の方が圧倒的に有利でしょう。

未経験者でも応募可能かどうかは、多くの場合募集要項の中に記載されています。

応募する前に募集要項をよく読んで、未経験でも応募可能な企業へ募集しましょう。

採用されやすい人の特徴

競争率が高い一般事務に採用されやすい人とはどのような人なのでしょうか。一般事務に採用されやすい人の特徴を解説します。

コミュニケーション能力がある

話し合うビジネスマン

一般事務は書類作成などが中心で、一人で作業することが多いイメージがあるかもしれません。しかし、実際には社内の人の連携も重要です。

特に中小企業であれば「何でも屋」のように多くの部署の書類を作成することもあります。

それらを正確に作成していくためには、コミュニケーションをとって依頼内容や指示を確認しなければなりません。

そのため、コミュニケーションを円滑にとれる人ほど採用されやすい傾向があります。

資格やスキルがある

書類を作成する際にはパソコンでの作業が中心のため、基本的なPCスキルが求められます。

一般的に、会社で使われているのはマイクロソフト社のオフィス系ソフトです。それらを使いこなせるスキルがあるかどうかは、採用基準として重視されています。

さらに、経理などに関わることもあるため経理に関する資格なども取得しているとより有利です。

ビジネスマナーがしっかりと身についている

一般事務の業務内容には、電話や来客の対応も含まれています。特に電話は会社の窓口のような役割を担っているため、ビジネスマナーを守った対応が必要です。

マナーのなっていない対応をしてしまうと、会社の評判を落とすことにも繋がりかねません。

そうしたことのないよう、しっかりとビジネスマナーが身についている人が採用されやすい傾向にあります。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

転職成功のコツ

絶対に一般事務への転職を成功させたいのであれば、事前の準備が非常に大切です。転職成功のために押さえておきたいコツを紹介します。

資格を取得する

開いたノート

PCスキルを示す資格としては「MOS」を取得しておくと良いでしょう。「MOS」は「マイクロソフトオフィススペシャリスト」の略称です。

その中でも使用頻度の高いWord、Excelの両方を取得していると、他の応募者より一歩リードすることができるでしょう。

その他、日商簿記FASS検定の資格を取得すれば、経理の知識があることをアピールできます。

選考中のビジネスマナーに注意する

採用基準の一つにビジネスマナーがしっかりできるかどうかが含まれていることの多い一般事務。

面接の時はもちろん、メールや電話でのやりとりにおいても丁寧な対応を心がけましょう。

面接の時は良かったけれど、メールではビジネスマナーができていないとなればマイナスの評価を受けかねません。

選考中の全てのやりとりにおいて丁寧で失礼のない対応を心がけましょう。

まとめ

デスクトップPC

一般事務は未経験でも採用の可能性のある、女性から人気の高い職種です。その一方、競争率が高く、転職が難しい職種でもあります。

その狭き門をくぐり抜けるために求められるスキルが、ビジネスマナーやPCスキルです。

そこからさらに差をつけるには、コミュニケーション能力やスケジュール管理能力などが欠かせません。

それらを身につけ、面接などの選考時にしっかりとアピールすることで採用に繋がります。

これらの準備をしっかりと行い、一般事務への転職を成功させましょう。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら