事務職は予定の見通しが立てやすく、体力的にも負担が少ないため女性に人気が高い職種。

でも「このまま事務職で働いていて良いのだろうか…」と悩んでしまうこともあるのではないでしょうか。

この記事では事務職としてのキャリアプランの立て方転職面接での答え方などを詳しく解説します!ぜひ最後までお読みください。

事務職の一般的な仕事内容とは

オフィス、ノート
事務職は企業から一定の需要があり、女性が転職しやすい職種といえます。

事務職といっても、その仕事内容は様々。営業部門系と管理部門系に大きく分けて主な仕事内容をご紹介します。

営業部門系の事務の仕事内容

営業部門の事務職は「営業事務」のほか、「営業アシスタント」や「サポート事務」等の名前で募集されていることもあります。

営業部門の事務職は営業活動に関するサポート業務を行うのが一般的です。具体的には以下のような仕事を担当することになります。

  • 見積書・契約書や請求書の作成
  • 顧客からの問い合わせ対応
  • 商品の在庫管理
  • 入金管理
  • その他営業担当者のサポート

管理部門系の事務の仕事内容

営業部門以外の管理部門に属する事務職は、「OA事務」「事務アシスタント」といった名前で募集されていることがあります。

また、部門名を付けて「総務事務」「人事事務」といった名前での募集もあります。

所属部署によって違いがありますが、一般的には以下のような事務業務を担当します。

  • 社内外からの電話対応
  • ビジネス文書作成
  • 書類のファイリング
  • 来客応対

いずれの事務職でもパソコンでデータ入力文書作成をするスキルは必要です。WordやExcelなどの基本操作は習得しておきましょう。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

事務職で身に付くスキルとは

生徒、女性、スタートアップ
事務職では様々なスキルが身に付きます。主なものを挙げると以下のようなスキルです。

  • オフィスソフトの操作スキル
  • 社内外でのコミュニケーション力
  • 対人関係やスケジュールを調整する力

現在までの経験を振り返ってみよう

ノートパソコン、キーボード

先ほどお伝えしたように事務職で身に付くスキルは多岐にわたります。

未来のキャリアプランを考えるにあたっては、現在までを振り返ることが重要です。

まずは自分がこれまでの仕事で楽しいと感じたことや、やりがいがあると感じた仕事をリストアップしてみましょう。

楽しさややりがいを感じた事が自分の強みモチベーションを上げるポイント。

実現しやすいキャリアプランを立てるには身に付けたことを明確にしたうえで、具体的に描くことが大切なのです。

面接で質問されたときの答え方

本、しおり、ページ
転職の面接でも「入社後のキャリアプラン」を質問されることがよくあります。どのように答えたら良いのでしょうか。

キャリアプランとは

キャリアプランとは自分がいつまでにどうなりたいかという計画のことです。

難しく考える必要はなく、1年後や5年後といった区切りで実現したい目標なっていたい姿をイメージしましょう。

キャリアプランから企業が知りたいこと

採用担当者がまず知りたいことは「入社意欲の高さ」。

採用活動にもコストがかかりますので意慾の高い人に入社してほしいのは当然。

具体的なキャリアプランを伝えることで入社意欲が高いと見られるのです。

もうひとつ「ミスマッチではないか」ということも大切なチェックポイント。

描いているキャリアプランからその人が実現したい役割を確認できますので、企業が求める役割とマッチしているかを知ろうとしているのです。

面接での答え方のポイント

手、キーボード

 

転職後に自分がどのような役割を果たしていきたいかを具体的に伝えましょう。

企業に伝わりやすい答え方のポイントは以下の4つ。それぞれについてご紹介していきます!

  • 抽象的な言い方を避ける
  • 企業の求める役割にマッチした内容にする
  • 結論から簡潔に話す
  • 明るく抑揚を付けて話す

まず「抽象的な言い方を避ける」ことと「企業の求める役割にマッチした内容にする」ことは採用の可能性を高めるために重要です。

抽象的な表現ではどこの会社でも通用する内容になり、入社意欲が伝わりにくくなるため避けた方が無難です。

企業の求める役割にマッチした内容であればミスマッチでないことが採用担当者に伝わりやすくなります。

プラン実現のために取り組んだことをプラスするとより好印象となるでしょう。

「結論から話す」ことや「明るく抑揚をつけて話す」ことは社会人として基本的なことです。

採用担当者が聞きやすい話し方をすることで話した内容も印象に残りやすくなるため改めて意識してみましょう。

意外と結論から話せていなかったり平板な話し方になっていたりすることがよくあります。

転職のプロへの相談を利用すると客観的なアドバイスも受けられとても有効です。

面接でのキャリアプランの回答例

フラット、白、キーボード

「資料作成の正確さやスピードの早さを活かして迅速な営業活動のために業務に取り組みたいと思っております。」

「わたしの事務職としての強みは業務の正確さです。御社で経験を積み1年後には業務効率アップを実現することが目標です。」

「わたしは「○○部の事務ならあの人が詳しい!」と言ってもらえるような縁の下の力持ちを目指したいです。」

事務職がキャリアアップするには

専門性の高い事務職にチャレンジする

スタートアップ、ビジネス

事務職のキャリアアップ例として一般事務や営業事務から専門性のある事務にチャレンジするパターンが考えられます。

事務職の中でも専門性の高さに比例して待遇面も良くなることが一般的。

未経験可の事務職からキャリアを積み、資格取得やスキルアップをして専門性の高い事務職にチャレンジするのがおすすめです。

専門性の高い事務職の例

一般事務や営業事務からのキャリアアップにおすすめの事務職を3つご紹介します。

  • 経理事務
  • 金融事務
  • 英文事務

経理事務は入出金管理や帳簿作成および決算等の経理業務を担当する事務職です。

一般事務からのステップアップが比較的しやすい職種といえます。数字が得意正確かつ迅速な事務処理ができる方に適性があるでしょう。

日商簿記2級程度の資格があれば基本的な知識の証明にもなるので取得しておくことをおすすめします。

金融事務は金融系に特化した事務職です。証券会社や銀行のほか保険会社等で金融商品を取り扱う際の事務やお客様へのアフターフォローを担当します。

お客様とのやり取りも多くなりますので、正確な事務処理とともに対人間での調整が得意な方に向いているでしょう。

証券外務員資格やファイナンシャルプランナーの資格があると基本的な知識が身に付きますので、興味がある方は取得してみてもよいかもしれません。

英文事務は外資系の会社や商社等で英文の文書作成翻訳のほか英語での電話・メール対応を担当する事務職です。

また、貿易を行う会社の場合は輸出入に関する手続きを担当するケースもあり、その場合「貿易事務」と呼ばれます。

ビジネスレベルの英語力調整力コミュニケーション力が必要とされるでしょう。TOEICのスコアがあると英語力の証明がしやすいのでおすすめです。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

まとめ

オフィス、メガネ、バラ
この記事では、事務職のキャリアプランの立て方や面接での答え方についてご紹介してきました。

今までの事務経験を見つめ直して強みを見つけ出すことで、専門性の高い事務職へのキャリアアップの可能性もあります。

「事務職を続けていくことが不安」と感じていた方にとって、新たなキャリアの発見やキャリアプランを考えるヒントになったのではないでしょうか。

転職検討中の方も含めキャリアプランにお悩みの方はプロのサポートを利用するのがおすすめ。

自分では気付かなかった強みの発見につながることもありますので気軽にご相談してみてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら