損保営業はノルマが厳しい仕事

説明する女性

損害保険業界はノルマに対して非常にシビアな業界です。ノルマを達成できないと職場で肩身が狭くなり、最悪会社を首になる場合も

そのため、損保営業は強い精神力とたゆまぬ努力が必要な仕事になります。しかし、その厳しさに見合うメリットもあるのが損保営業です。

この記事では、損保営業への転職を考えたときに気になるあれこれをわかりやすく紹介していきます。

最後まで目を通して、損保営業が自分に向く仕事か判断する材料にしてください。

保険には生命保険と損害保険の2種類がある

保険には、大きく分けて生命保険と損害保険の2種類があります。

損保営業の仕事を理解するため、まずはややこしい保険について簡単におさえておきましょう。

生命保険は自分と家族の命や健康に対する備え

生命保険

生命保険とは病気や怪我で入院したり、死亡したりするリスクに備える保険のこと。

自分や家族の身体に重大な何かが起こったときに保険金を受け取り、金銭的な窮地をしのげるようにするものです。

貯蓄性をもたせて、学費や老後資金など将来必要になるお金の準備ができる一石二鳥な生命保険もあります。

損害保険は財産が損なわれることに対する備え

交通事故

損害保険は、自動車保険や火災保険、地震保険などのこと。事故や災害によって、ものが受ける損害をカバーする保険が損害保険です。

事故を起こして誰かに被害を与えたときに支払う、損害賠償などの金銭的負担に備える保険もここに含まれます。

損保営業は、この損害保険を商品として個人のお客様や企業に売り込む仕事です。

損保営業の転職先は保険会社か代理店

損保営業の転職は損害保険会社に就職する場合と、保険会社の代理店に勤める場合の2パターンが考えられます。

それぞれの就職先での仕事をみていきましょう。

保険会社の損保営業は対企業の営業

ビル

損害保険会社に営業として就職した場合、担当する仕事は大きく分けて次の2つになります。

  • 企業に損害保険を売り込む法人営業
  • 保険会社の代理店を担当して営業指導や経営管理を行ったり、新規代理店を開拓したりするリテール営業

法人営業は保険会社の損保営業の花形。比較的大きな企業を相手にするケースが多く、巨額の保険契約を取り扱います。

その分要求されるレベルも高く、保険やビジネスに関する多種多様でしかも高度な専門知識が必要です。

リテール営業では代理店といい関係を維持しつつ、代理店の営業成績が上がるように的確なサポートをしていかなければなりません。

代理店との関係が悪くなると、代理店ごとお客様がライバルの保険会社に逃げてしまう可能性があるためです。

売り上げを伸ばしたいあまり、代理店に強くあたり過ぎていないか、常に気を配る必要があります。

リテール営業は、代理店営業と呼ばれる場合もあるので覚えておきましょう。

代理店の損保営業は対個人の営業

オフィス

代理店の損保営業では、個人のお客様や比較的小さな企業相手に保険会社の損害保険を売り込みます。

ひと口に代理店といっても規模はいろいろ。

専業の代理店ではなく、税理士事務所や自動車ディーラーなどが兼業で代理店契約を結んでいる場合もあります。

兼業の場合はメイン事業の顧客に保険を売り込むことも可能ですが、見込み客がいない場合は飛び込み営業も避けられません

断られたり嫌がられたりするケースも珍しくないため、メンタルの強さは必須になります。

損保営業の労働環境は厳しい

厚生労働省の労働統計要覧によると、平成30年の金融業・保険業における1企業の平均年間休日総数は118.4日。

労働者ひとりの平均年間休日総数は、119.1日となっています。

この日数はあくまで平均なので、すべての企業にあてはまるわけではありません。

平均よりも年間休日総数が少ない企業もありますが、金融業・保険業の59.9%が年間休日総数110~119日

32.9%が年間休日総数120~129日となっています。

休日の日数としてはかなり恵まれているようにみえますね。しかし、あなたがこの日数を丸々休めるとは限りません。

休日返上があり得る

忙しい忙しい

企業が設定している年間休日総数だけみればかなり恵まれた労働環境といえますが、損保営業にはノルマが課されるのが普通。

決められたノルマを達成できないときは、社員が休日返上で営業先を駆け回るケースも珍しくないようです。

また、お客様の都合に合わせてスケジュールを組まなければならない場合も多く、休日や夜に打ち合わせが入ることもあります。

残業はある

仕事が終わらない女性

ノルマ達成できていない場合は、定時に帰るのも困難。

周囲の目もあり「ノルマ未達成の分際で帰ったら、どんな嫌味がとんでくるかわからない」と残業せざるを得なくなるようです。

また、損保営業が事故対応も担当している企業だと、勤務時間外にお客様から急な連絡が来て対応に追われることも珍しくありません。

成果を出せる人にはかなりいい労働環境

お酒

ノルマが厳しい損保営業ですが、そのノルマさえクリアできれば大手を振って定時に帰宅し、恵まれた休日をおう歌できます。

成果を出せる人にとっては、非常に働きやすい環境が整っている点は損保営業の大きな魅力です。

損保営業の平均年収は280万7,000円

札束

厚生労働省の令和元年賃金構造基本統計調査によると、金融業・保険業における男性の平均年収は461万7,000円。

女性の場合は280万7,000円となっています。

男性の平均年収と比べると見劣りするように感じられるかもしれません。

しかし、女性の平均年収の高さを産業別に比較すると金融業・保険業は4番目。比較的高い位置にいます。

【産業別の年収順位】
1位 教育・学習支援業:317万1,000円
2位 情報通信業:306万3,000円
3位 学術研究・専門・技術サービス業:303万7,000円
4位 金融業・保険業:280万7,000千円
5位 医療・福祉:262万4,000円
6位 建設業:251万9,000円
7位 卸売業・小売業:242万2,000円
8位 サービス業(ほかに分類されないもの):225万
9位 運輸業・郵便業:224万1,000円
10位 生活関連サービス業・娯楽業:221万7,000円

金融業・保険業の年収を年齢別に比較すると、女性は45~49歳の年齢層で年収311万6,000円となり初めて年収300万を突破。

その後の年齢層でも年収300万円前後を維持します。

しかも、驚くべきことに女性の金融業・保険業での最高年収は、年齢層70歳以上の341万4,000円

実力がものをいうのが損保営業ですが、着実にキャリアを積むことができれば女性でも安定した収入を長く得られる職業であるといえそうです。

損保営業転職にはコミュニケーション能力必須

スキル

損保営業の転職活動時点で必要な資格はありません。

しかし、営業職なのでコミュニケーション能力やリーダーシップは必須。前職での経験をどう損保営業に活かすか考える必要もあります。

保険会社を狙うなら、営業先が企業になるため前職で法人営業の経験があると有利です。

保険・金融業界の経験がない人が保険会社を目指す場合は、まず代理店に就職。

そこでキャリアを積んだのち、保険会社にチャレンジするのもひとつのやり方になります。

直接的に損保営業につながりそうな経験がなく、どうアタックしたらいいか迷ってしまう人もいるかもしれませんね。

そんなときには専門家の力を借りるのが一番。

入社後は保険に関わる資格が必要

入社時には特別な資格を求められない損保営業ですが、入社後には保険に関わる資格を取得する必要があります。

どのような資格が必要になるのかみてみましょう。

「損保一般試験」を受験し合格する!

勉強

入社後には日本損害保険協会の「損保一般試験」を受験し合格する必要があります。合格後も保険に関する知識全般の勉強は継続しなければなりません。

また、法人営業を担当する場合は、財務・税務・会計・法務などビジネスに関する知識も要求されます。

上位資格でスキルアップを

スキルアップ

「損保一般試験」合格後のステップアップには、次のような資格試験がピッタリ。ぜひ挑戦してみてください。

  • 日本損害保険協会「損害保険大学課程」
  • 国家資格「2級FP技能士」
  • 日本FP協会「AFP」

法人営業も視野に入れている方は、さらに上の「1級FP技能士」や「CFP」にも挑むことをおすすめします。

損保営業で活躍するためには信頼と人脈を育てる

損保営業で活躍するためのちょっとしたコツも紹介しておきますね。

小さな事柄に思えるかもしれませんが、やるとやらないのでは大きな差になりますよ。

お客様からの信頼を得る

胸に手を当てる女性

信用できない相手に、自分の保険を任せる人は普通いません。お客様に信頼してもらえなかったら契約は取れないと肝に銘じましょう。

でも、一度懐に入ることができれば、そのお客様から知り合いを紹介してもらえる可能性が出てきます。

知り合い紹介は、契約までのハードルがぐっと下がる黄金の切符のようなもの。これをみすみす逃すのは損です!

お客様に誠実に対応して信頼関係を築き、紹介していただける知り合いがいないか定期的に声をかけ続けましょう。

人脈を大事にする

人脈と握手する手

損保営業にとって人脈は宝!

損保営業への転職を検討しているのなら、今の職場で培った人脈もおろそかにはできません。

しっかり、転職の挨拶をして損保営業につなげることをおすすめします。

損保営業はやりがいのある仕事

腕組みする女性

損保営業はノルマがきつく、休日や夜間の勤務もあり得る仕事です。

覚えることがたくさんあり、定期的に新しい保険商品も出るため勉強に終わりはありません。

大変な仕事ではありますが、その分やりがいもありますよ。

ノルマをこなせればプライベートの時間を確保しても文句はいわれません。収入にも反映されていきます。

現役世代だけでなく、60歳を過ぎても実力次第で稼げるというのは大きな魅力です。

「実力を試したい」「厳しい環境で自分を高めたい」という方は、ぜひトライしてみてください。

出典:厚生労働省ホームページ
労働統計要覧 D-12年間休日総数
https://www.mhlw.go.jp/toukei/youran/indexyr_d.html
令和元年賃金構造基本統計調査 結果の概況 産業別
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2019/dl/05.pdf
上記のデータをもとに作成

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら