女性の転職活動には、収入アップやキャリアアップなどさまざまな理由や目的があります。

特に収入アップを目指す場合、金融の営業に白羽の矢がささります。

一般に金融営業の年収は440万円といわれ、営業職の中でも比較的年収の高い職種なのです。

女性が金融営業に転職するためのノウハウを解説します。

金融の営業とは?

スマホを見る女性

金融の営業は「お金」を取り扱う繊細なお仕事です。

成果によって報酬が得られることが多いという特徴があります。

自分の努力や頑張りが「報酬」という形で与えられる、目に見えて分かりやすくやりがいのあるお仕事です。

また、お客様とのコミュニケーションで成果が形になっていきます。

上手くいかなくても気持ちの切り替えができる人にはかなり向いているといえるでしょう。

ある程度時間の融通のきく場合もあり、家庭や子育てとの両立ができるのも女性にとって魅力的な職種である理由のひとつなのです。

お客様への細やかな心遣いコミュニケーション情報の吸収力などが求められる金融営業。

もともと女性にそなわっているタフな感性は金融の営業に向いているといわれています。

例えば主婦でも、こまかなお金の計算は得意とするところです。

家庭も一種の会社経営ともいえるでしょう。

お話し好きや世話焼き、積極的な行動などは営業職に必要な要素なのです。

柔軟な考え方や、相手に合わせていく同調性、相手の感情をくみ取っていく特質など、営業職に必要なスキルを女性はもともと持っているともいえます。

金融の営業に女性が転職するメリットは?

金融の営業に転職することで、どのようなメリットが得られるのでしょうか。

女性が金融営業に転職して得られるメリットを紹介します。

収入が安定している

スマホとPCを開いてメモをする人

金融営業のメリットは他の職業ではなかなか簡単には得られないものがあります。

例えば、以下のようなメリットが考えられます。

・社会的地位が高い
・高収入
・他業界でも通用するキャリアが身につく
・時間の調整が可能

さらに、外資系の企業では男女平等ともいえる実力主義的な風土もあり、実力次第で昇進も夢ではありません

日系企業では収入が比較的安定していて、女性が働きやすい制度や環境が整っている企業が多いです。

他の職種では難しいような女性の活躍も、金融の営業では実現が可能です。

女性だからこそ

ノートPCで作業する女性

転職の最新情報を常に得られるように、アンテナを張り巡らせておきましょう。

女性ならではの強みを生かして、営業実績をあげられるのが金融営業といえます。

顧客の悩みや困っていることを敏感にキャッチできるのも、細やかな気配りのできる女性の特質なのです。

共感性や協調力などの女性の強みを、最大限に活かしてアプローチしていけます。それをビジネスとして言葉にして相手に伝えるスキルを身につけましょう。

必要な知識や経験は?

営業の知識を積極的に学ぼうとする人には、仕事の成果が付いてくるといわれます。

例えば結論から話す話し方や、質問への端的な答え方など、身に着けておきたいコミュニケーションテクニックもあるのです。

金融の営業には経済に関する知識や分析能力が必要といわれます。

顧客へのアプローチ力セールストーク、反応から売り込みを成功させるスキルなどです。

販売の経験があると有利ともいえます。

持っていると有利な知識

デスクトップPC

そもそも金融業界とは?から始まって、銀行、株式、証券、保険など。

お金を扱う金融営業に必要な業界の知識を得るべく、日ごろから情報を収集しましょう。

幅広い金融知識が求められる営業では、会計や資産運用など自分の販売する商品以外にも最新情報を得ておきます。

会社経営に関する知識や、決算書、企業動向などの知識も持っていると良いでしょう。

さまざまな顧客との延髄なコミュニケーションのために、毎日の新聞には必ず目を通すようにしましょう。

あると有利な経験

コミュニケーションとして「事業経営」「経営者」に対しての関心が高いことが望まれます。

お客様の信頼を得ることができる「人間性」も高く評価されるのです。

転職前の仕事で得た経験は、そのまま営業職で活かされると考えて間違いないでしょう。

それでも不安な場合は、ファイナンシャルプランナーの資格を得る勉強をしておくと、必ず役に立ちます。

キャリアパスは?

金融営業では一般的に、幅広い顧客のニーズに答えるスキルが求められます。

現職で身に着いている場合は優遇される可能性もあるのです。

重視されるスキルとキャリアパスについて解説します。

重視されるスキル

ノートPCで作業する人

個人営業と法人営業では若干の違いがありますが、マナーや人柄などが営業職では重視される傾向にあります。

法人営業では扱う金額が大きくなるため、企業の課題などを積極的に解決していく判断や提案ができるスキルが必要になります。

転職への順序と計画

ノートPCとメモ帳

転職するには、今の仕事を辞めてから新たな職に就く場合と、今の仕事を続けながら転職活動を行う場合があります。

転職には3~6ヶ月程かかるといわれていて、長引くと生活に支障をきたす場合も出てきます。

転職の理由を明確にして、段階を決めしっかりと準備をして活動を行いましょう。

企業の求めているスキルを理解して、自分に足りないものを補う努力や最新の情報収集を怠ってはいけません。

冷静な自己分析のもと金融営業への転職活動を行うことをおすすめします。

転職後のキャリアパス

営業職では、一般的に実際に営業をする現場スタッフで実績を積み、マネージャーへと昇進します。

その後は管理職への道へとつながっていきます。

どのように実績を積み、どのようなポジションへと進んでいくか。

キャリアパスをしっかりと描くことで望んでいるポジションへの道筋を着実に歩むことができるでしょう。

ただし、女性の場合は妊娠や子育てというライフイベントによって予定通りに進めることが難しくなる可能性は十分にあります。

そうした場合も想定し、慎重に計画する必要があるでしょう。

管理職を目指すには?

金融営業の管理職の求人も多く見られます。

管理職へのキャリアアップを目指す場合、どんなスキルや素質が求められるのか解説します。

管理職に求められること

ノートPCとメモ

管理職は人材採用やマネジメント、組織運営など責任のある職でリーダーとしての責務をになっていきます。

リーダーシップが求められるやりがいのある職種で、実績に伴い報酬もアップしていきます。

現在は就職後の社内研修が充実しており、管理職やマネジメント経験のない未経験からの採用も行われています。

もちろん、就職してからのキャリアップも可能です。

まずは、企業への意欲を示して必要な人材と認めてもらう努力をしましょう。

管理職に必要なこと

組織作りに携わるため、多くの人とのコミュニケーションスキルが必須になります。

チームをまとめるリーダーシップ、目的達成のための計画力や実行力など、キーパーソンとしての知識も不可欠です。

所長、支店長、営業本部長、と昇格が可能で各企業で育成機関や研修が行われています。

女性のもつ「共感性」「熱意」を大いに発揮できるといえます。

まずは仕事への情熱を高め、営業実績を積みつつ研修をしっかりと受けて習得します。

そして、企業に求められるスキルを着実にアップしていきましょう。

ノウハウまとめ

金融の営業は女性も多く、それだけ働きやすい職種といえます。

お互いに刺激しあいながらキャリアを積んでいける恵まれた環境ともいえるでしょう。

また、報酬も良く時間も割り振りが可能なので、家庭や育児との両立も可能です。

お話し好きや人の役に立ちたいと思う気持ちなど、人間性を重視される場合が多いと考えられます。

金融の営業への転職ノウハウ

デスクトップPCで作業する人

金融の営業職では、さまざまな状況の中で「チャンス」を捉える視点を持つことが求められます。

企業が採用する人材は「企業にとって必要な人材」として育成されていきます。

転職を成功させるためには、求められていることを敏感に察知して明確に答えていくスキルを身に着けましょう。

それには日ごろからの情報収集や、礼儀作法などのビジネスマナーの習得をしっかりと行う必要があります。

そのため、日ごろからの自分の言動を冷静に見つめなおしてみましょう。

また、自分にあった職場をある程度の時間をかけて選び、必要な人材となるためのスキルを分析します。

面接の時には、企業への熱意や転職してからの仕事へのやる気などをアピールすることを忘れずに。

また、質問には直ぐに的確にわかりやすく答えられるよう、日ごろから頭の中にスイッチを用意しておきましょう。

管理職への転職ノウハウ

企業では就職してからの研修で、管理職に必要なスキルを勉強する機会が得られます。

組織の運営に貢献し、チーム全体をリードしていくスキルと意欲が必要になっていきます。

視野の広さや決断力が求められ、相談しやすい雰囲気や公平な態度などの人間性の向上にも努めましょう。

「ビジネスマネージャー資格」、「PMP」などの検定を受け、転職活動中に取得することもおすすめです。

また、メンタル面のサポートのための「メンタルヘルス・マネジメント検定」などを取得するのも良いでしょう。

ノウハウを知って、金融の営業に転職

キーボードに置かれた手

金融の営業は、女性の本来もっている特質を大いに発揮できる職種ともいえます。

まずは、金融の営業のどこに魅力を感じて転職したいのかを自己分析して、明確に言葉にしてみましょう。

そして冷静に企業を選んでいくことです。

転職後就職してからの具体的な仕事のイメージをしっかりと持ち、企業への熱意をもって計画的に転職に取り組みましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら