20代女性にとって人気のお仕事の1つが事務職です。

仕事内容は経理から営業に至るまで実に幅広く、また間口も広く働き方も多様な職種であるといえます。

今回はそんな事務職への転職を20代女性が成功させるコツを丁寧に掘り下げて解説していきましょう。

特に未経験から正社員として働く為の方法論や転職の際の3つの対策も合わせて紹介します。

これから事務へ転職しようと思う20代女性の方は是非参考にしてみてください。

本稿が少しでも事務転職へのきっかけになれば幸いです。

事務が20代女性に人気である理由

女性

事務の仕事が20代女性に人気なのは様々ありますが、1番はワークライフバランスではないでしょうか。

プライベートや趣味など社外での積極的な自己投資に時間とお金を費やすことが出来るのが魅力です。

また事務の仕事は上記したように一般事務から経理事務、更には人事事務など多岐に渡ります。

そのため自身の能力やスキルに合った事務職を選んで働くことが可能なのです。

この職種の幅広さや間口の広さもまた20代女性に人気の秘訣だといえるのではないでしょうか。

表向きはやや目立ちにくい印象のある事務ですが、実際は多様な働き方が出来る仕事なのです。

 
20代、第二新卒専門転職エージェント
【マイナビジョブ20's】に相談する
 

事務の転職に成功するコツ

そんな若い女性に人気の事務ですが転職を成功させるのは決して簡単ではありません。

ここではその成功のコツをいくつか紹介します。

どの職種で働きたいかを明確にする

仕事

まず事務の中でどの職種で働きたいのかという方向性を明確に決めましょう。

上述したように、一言で事務といっても業務内容は多岐に渡り必要とされるスキルも違います。

たとえば経理事務であれば簿記や計算などのスキルが必要ですし、書類作成であれば文章力も必要です。

また電話応対やクレーム処理なども業務に含まれるのでコミュニケーション能力も欠かせません。

このようにどの職種で働くのかを明確にしておくことで転職後のイメージも湧きやすくなります。

職種別の資格を習得する

資格

2つ目に希望する事務職に応じた資格を習得しておくと幾分有利になります。

経理事務であれば簿記検定2級以上があると有利ですし、書類作成などであればMOS資格があるといいでしょう。

また秘書検定や文書情報管理士といった資格も事務に転職する際有利に働きます。

自身が働きたい職種を明確にしたらそれを資格という形で具体化するのです。

働きながらだと資格習得の時間が難しいとは思いますが、実行するのとしないのとでは大きな差が出ます。

長期目線でのキャリアプランを立てる

計画

希望の事務職が決まったら、今度は長期目線でのキャリアプランをしっかり立てましょう。

会社に依存する時代ではなくなりましたが、1つの組織で長く働くことができればそれに越したことはありません。

事務で働きながら10年〜20年先を見据えたプランを考え転職後のイメージを具体的に持つことです。

それが同時に面接で聞かれるかもしれない「10年後の自分」への回答にもなります。

転職は会社に入る前よりも入った後の方が大事なので入った後の具体的なイメージを持ちましょう。

転職希望先を徹底的に下調べする

調査

そしてこれが1番大切ですが、転職希望先の下調べを徹底的に行ってください。

給与や福利厚生といった待遇はもちろんその会社の理念や社訓をしっかり調べておきましょう。

理念はその会社の社長及び社員がとても大事にしている根幹であり、そこに共感できるかどうかが鍵となります。

また入社後に働くイメージを持てるように転職希望先に面接前に足を運んでみるのも1つの手段です。

会社で働く社員の方々を見ることで入社後に自分がそこで働くイメージが持てるのではないでしょうか。

その会社の最新情報などもホームページなどでしっかり掴んでおくと面接を有利に進められます。

未経験から正社員として働く為に必要なもの

ここまでで事務への転職を成功させるコツを紹介してきましたが、20代女性となると未経験の方が多いでしょう。

若くしての転職はスキルと経験値の低さがネックとなるので、なんとかしてその差を埋めなければなりません。

ここでは未経験から正社員として働くために必要なものを解説します。

熱意と柔軟性

情熱

まず20代女性の事務への転職となると多くは第2新卒ではないかと思われます。

その場合ベテランの方と違ってスキルと経験値が足りないのですが、企業もその点は承知しているのです。

その上で大事なのはスキルや経験値よりも仕事に対する熱意や柔軟性といった若さの可能性でしょう。

つまりスキルや才能ではなく人柄で評価してもらえるというのがとても大きなポイントです。

この部分を活かして面接では是非働きたいという意欲を前面に押し出してみてください。

企業側にとっても熱意のあるいい人材だという好印象に映るのではないでしょうか。

基礎的なビジネスマナー

働く女性

2つ目に未経験で働くために必要なものとして基礎的なビジネスマナーが挙げられます。

前職の研修や実務経験などがあるために未経験であってもマナー研修を行わなくていい点が有利です。

しかしその分面接で求められる受け答えや礼儀作法のハードルも上がるので注意が必要でしょう。

コストの面で抑えられるとはいえ決して真っ新な新卒ではないので企業側の求めるラインは高くなります。

その求めるラインに応えられるようしっかり事前準備をしておきましょう。

成長段階の中小・ベンチャー企業を選ぶ

企業

3つ目に成長段階の中小・ベンチャー企業を選ぶことをおすすめします。

なぜならば成長段階にある中小・ベンチャー企業は人手不足で未経験でも戦力となる人材が欲しいからです。

また中小・ベンチャー企業は働き手が少ないこともあり少数精鋭の即戦力になれる可能性があります。

そういう企業の場合スキル・経験値のあるベテランよりも若い未経験の方を積極的に採用している場合もあるのです。

企業側に人を選ぶ権利があるように転職希望者にもまた企業を選ぶ権利はあります。

これもまた立派な1つの戦略ではないでしょうか。

 
20代、第二新卒専門転職エージェント
【マイナビジョブ20's】に相談する
 

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

3つの対策

これまでに説明してきたことを踏まえ今度はより実践的な3つの対策を解説します。

前職との比較を行わない

比較

まず面接で前職のことを聞かれたとしても前職との比較は絶対に行わないでください。

20代女性の未経験だと行いがちですが、前職のイメージを悪くする話は転職先の会社も悪印象と受け取ります。

ましてや若手の場合経験値やスキルが不足している為に前職を用いてのアピールはまず出来ないでしょう。

聞かれても必要最小限にとどめ前職のイメージに傷がつかないように話を運ぶことが大切です。

転職希望の会社に感じた魅力を伝える

魅力的な会社

志望動機とも繋がりますが、転職希望の会社のどこに魅力を感じたのかを伝えましょう。

その会社へ転職を希望するのは他の会社にはない独自の魅力があるはずだからです。

そういう魅力を伝えることで会社としても好印象に評価してもらえます。

ポイントは商品でもサービスでも人でも何であっても構いません。

その会社にしかない独自の魅力をアピールポイントとして伝えると成功率が上がるでしょう。

長く働く意思があると伝える

働く女性

そしてこれが1番大切ですが、面接で長く働く意思があることをしっかり伝えてください。

20代女性の転職となると企業側には「長く働いてくれるだろうか?」という懸念があります。

その懸念を払拭する為にもしっかり面接で長期で働く意思があると伝えることが大切なのです。

その為にも上記した長期的なキャリアプランを考え、それを伝えることが有効な手段となります。

メンタルタフネスが最も大事

精神力の強い女性

これまで数々のコツや対策を紹介してきましたが、何より1番大切なのはメンタルタフネスです。

20代女性の未経験からの事務転職は決して簡単なことではなく何社も落ちる現実とぶつかることでしょう。

しかしそれはあくまでその企業とご縁がなかっただけであり、決して転職希望者が悪いわけではありません。

諦めず粘り強く転職活動を行っていけばいつか正当に評価してくれる会社が現れるでしょう。

何度断られても負けないメンタルで是非希望の事務職へと転職してください。

 
20代、第二新卒専門転職エージェント
【マイナビジョブ20's】に相談する
 

人気の職種だからこそ徹底した対策を

事務職

事務は20代女性に人気の職種ですが、人気ということはそれだけ競争率も高いということです。

またその職種も多岐にわたるので、自分がどの事務職で働きたいのかという目的ははっきりさせておきましょう。

目的さえ明確に定まれば後はそれに沿った資格や面接対策などの事前準備はスムーズに進みます。

後は自分を評価してくれる会社と出会うまで粘り強く行うメンタルが肝心です。

徹底した事前の対策・準備を行い理想のキャリアアップを実現してください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら