営業事務の志望動機の書き方・伝え方のコツをエージェントが解説!適切な自己PRとは?面接をクリアする秘訣と役立つ例文も紹介

営業担当者のサポートを行う営業事務は社内で営業活動の事務全般を引き受けます。

そんな営業事務の志望動機をどのように伝えるべきか迷っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

このページでは志望動機の書き方や伝え方を解説しています。役立つ例文もありますので是非参考にしてください。

面接時のコツや自己PRの方法も記載しています。

営業事務の仕事内容は?

パソコン

業事務の仕事は営業担当者のサポート業務です。外回りをする営業担当者をサポートするために資料や納品書を整えます。

営業担当者の業務が円滑に行われるように常に気を配りましょう。データの入力や取引先との電話・メール対応を行うこともあります。

扱う製品やサービスは企業によって異なりますので注意してください。営業事務も企業によって仕事の内容には違いがあります。

実際の取引に使用するデータが必要になりますので正確さが必要です。

営業事務に向いている人は?

パソコン

仲間が良い成績をおさめることをサポートするのが好きな人は営業事務に向いているといえるでしょう。

データ入力書類管理などが得意であれば仕事がスムーズになります。常に営業担当者とやり取りを行いますのでコミュニケーション能力も必要です。

時には取引先との電話対応も任されますので一般常識マナーも大切になります。

裏方に徹しコツコツと作業ができる方にはおすすめの業種です。正確な書類を仕上げることができると良いでしょう。

営業事務の志望動機を書くための【3つの準備】

書類

志望動機を書くためには自分が応募する企業でどのように活躍できるのか、どんなスキルを活かすことができるのかをきちんと分析しておきましょう。

役立つスキルは?

パソコン

文章作成ソフトや表計算ソフト・そのほか役立つソフトウェアを使える場合は、具体的に自分がどの程度のレベルなのかを知っておきましょう。

Microsoft Wordであれば行間や段落を指定して揃えることができれば美しい書類を作ることが可能です。

Microsoft Excelであれば「簡単な関数を使って集計ができる」「VBAをある程度理解している」など具体的に自分のレベルを知っておきましょう。

Microsoft PowerPointなどプレゼンテーション用の資料を作るソフトウェアを使用できる場合は重要なアピールポイントになります。

役立つ経験とは?

女性

営業事務から営業事務への転職であれば前職の経験をアピールできます。

また営業事務が未経験でも役立つ経験はたくさんあります。

接客業を経験していたのであればコミュニケーション能力を、営業職であれば営業の流れなどを活かすことができます。

ファイル整理やスケジュール管理など経験を活かせる個所は他にも多いです。

将来どのように活躍したいか

ノートパソコン

応募した企業でどのように活躍したいか、どのように成長したいかも考えておきましょう。

新しいスキルを身につけたい・サポートに徹して皆さんが気持ち良く働くことのできる職場にしたいなどどんな小さなことでも構いません。

どんな企業でも成長する意欲のある社員が欲しいです。

営業事務の志望動機の書き方【3つのポイント】

書類

それでは実際の例文と共に志望動機の書き方を見てみましょう。

無料転職相談をして自分にぴったりの営業事務職を探そう

なぜ営業事務を選んだのか

  • 現職では化粧品メーカーの営業をしております。お客様にの美しさを引き出した瞬間やありがとうと言っていただく瞬間にやりがいを感じていました。それと同時に同じチームの仲間のサポートを行い仲間が売り上げを伸ばすと嬉しさ・誇らしさを実感しました。仲間と共に喜びを分かち合う気持ちを大切にしたい、もっとサポートに徹してみたいという思いから営業事務職への転職を決意いたしました。

営業事務が未経験であっても前職経験を活かすことは可能です。

営業事務に興味を持ったきっかけや転職しようと思った理由を具体的に述べることが大切になります。

  • 現在は販売業で接客や商品の仕入れ管理を行っております。フロアマネージャーの意図を汲んで商品を発注しそれが店舗全体の売り上げに繋がることにやりがいを感じていましたが、もっと多くの業務サポートをしてみたいという思いから転職を決意いたしました。

前職の経験から営業事務に興味を持ったというのは自然な動機です。経験を活かしながら活躍できる将来性を面接官は見ています。

なぜこの企業を選んだのか

ビル

  • 現職はシステム販売の営業事務です。書類作成のために数値入力を行ったり、表計算ソフトでグラフを整えたりといった補佐的な業務に従事しております。営業担当者が安心して取引先に提出できるように、いつでも正確な書類を揃えるようにしております。ただ現在は書類作成といった限られた業務のみになっています。もっと様々な面で営業担当者をサポートするスキルを身につけたいと思い、営業部全体の管理サポートを募集しておられる貴社を志望しました。

同じ営業事務でもさらに成長したいことや募集している内容にその思いがマッチしていることなどを伝えましょう。

経験を活かしたい

  • 現職ではIT関連企業の一般事務をしております。様々な部署のサポートをおこなっておりましたが、特に営業担当者へ書類を渡し喜ばれることにやりがいを感じ営業事務へ転職を決意しました。Microsoft Wordでは整った様式の文章を作成できます。Microsoft Excelでは簡単な関数を使い集計業務が可能です。

一般事務との違いは営業部署専門のサポートを行う点です。事務の経験をそのまま活かすことが可能ですのでしっかりとアピールしましょう。

営業事務の面接【3つのコツ】

会社

面接ではどのような質問がされるのか気になる方もいらっしゃると思います。

ここでは営業事務の面接で質問されることや受け答えのポイントを解説しました。

志望動機について

笑顔

志望動機は必ず問われます。できるだけ具体的に応募した企業を選んだことを説明しましょう。

「休日が多そうだから」「駅から近いから」といった理由は良い印象を与えません。

条件だけを見て応募したのではないということを伝えるためにも、この企業のどこに惹かれて応募したのかを考えておきましょう。

活かせるスキルなども伝えることができるとなお良いです。

退職理由について

退職理由を質問される場合も多いです。

「人間関係が嫌になったから」「まとまった休みを取ることができなかったから」というようなネガティブな受け答えは良い印象ではありません。

前職の経験を活かしさらにスキルアップをしたいというような前向きな考えをアピールしましょう。

長所や短所について

長所や短所について質問された場合は、短所であってもネガティブな発言は避けます。

「仕事のできない同僚を見るとイライラしてしまう」「ミスをつい隠してしまう」というような答えは良くありません。

「より良い書類に仕上げたいためについつい作業に夢中になってしまうところもある」といったようなうまく長所とつなげるような話し方をすると良いでしょう。

営業事務の志望動機の書き方・伝え方まとめ

ビル

営業事務は営業担当者をサポートする役割があります。

書類整備やスケジュール管理など詳しい業務を理解し、自分ならどのようにスキルを活用するのかを考えましょう。

具体的に経験を活かす方法や活躍したいことなどを伝えることができると印象は良くなります。

自分の納得する営業事務の仕事を見つけてください。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

無料転職相談をして自分にぴったりの求人を探そう

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

無料転職相談をして自分にぴったりの求人を探そう