人事事務はどんな仕事?

事務

人事事務とは主に、人事部の業務をサポートするお仕事となります。

そのため人事部と同じ業務をする訳ではないので注意が必要です。

しかし、人事部のサポートとなれば人事業務に必要な知識や用語などは覚える必要があるでしょう。

人事部と二人三脚で業務を行う仕事となるため、様々な知識を得られるはずです。

また人事部の主な仕事内容は、

  • 採用関係
  • 労務管理
  • 社内環境の整備

となります。以上の業務に必要な書類を作成したり、データをまとめたりする業務となるでしょう。

採用関係

入社志望の方を実際に受け入れるのは人事部の業務です。そこで人事事務では入社の手続きなどをサポートします。

例えば面接に来た方の対応をするなど、自分が社外の人にとって初めて顔を合わせる相手となるのです。

そのため会社の顔だったり、会社のイメージにも繋がったりするため失礼のないようにする必要があります。

また入社の場合だけではなく、退職する際も規定に基づいた書類の提出や手続きが必要でしょう。

人事事務はそういった書類を準備したり、新入社員の受け入れ作業などを主に行う業務です。

労務管理

ATM

労務管理というのは、基本的な社員の情報を管理する仕事のことをいいます。

給与の計算はもちろん、社員の配偶者の有無の管理まで行うことが多いです。

給与関係に関しては、社員それぞれの残業時間を把握する必要があるためタスクも多くやりがいのある仕事となるでしょう。

 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  
そしてその計算した各社員への給与を、指定日に指定口座へと振り込まなければなりません。

労務管理は非常に責任感のある仕事ともいえます。

社内環境の整備

社内環境の整備では、社員全員が過ごしやすい環境で仕事をこなせるよう整備します。

例えば社内の什器や備品などの破損があった場合、修理依頼をするなどの対応するでしょう。

また社員自身が会社をより良くするために提案してきたりするかもしれません。

そういった声もかき集めて、一丸となって過ごしやすい会社作りを目指します。

またこういった物理的な問題だけではなく、パワハラやセクハラなどの社内問題もサポートする場合があります。

このような形で人助けを行えるため、胸を張って働けるのではないでしょうか。

未経験でも人事事務になれる?

未経験

人事事務への転職では、事務の経験がある方はもちろん有利ですが未経験でも全く問題ありません。

企業側は常に入社後すぐに即戦力になってくれる方を求めています。

しかし事務の経験がある方でも、まずは会社それぞれのルールに慣れるように簡単な作業から始めるでしょう。

それは未経験の方でも同じで、簡単な作業から慣れてどんどんスキルアップをしていけば良いのです。

そのため未経験の方でも採用されやすいですし、仕事も覚えやすく働きやすい職種といえます。

また未経験であれば具体的にどういった仕事を任されるかだったり、専門知識がなかったりと様々な不安があるでしょう。

ですが面接で正直に未経験と伝えていれば、専門知識などが無くても安心して働けるはずですし未経験の方に難しい業務は任せません

人事事務で役立つ経験

パソコン

人事事務として業務する上で役立つ経験があります。

人事部のサポートを主に行う業務ですが、パソコンを利用できれば良いだけではありません。

今までのアルバイトや前職での経験を存分に活かしましょう。

接客経験

人事事務は営業と違いあまり外出をしたり、お客様と会う回数は多くありません。

しかし採用関係の仕事も行うため、入社志望の初対面の方と会う機会があるでしょう。

また来客の対応をする場合もあり、少なからず接客スキルが求められます。

そのため接客経験がある方は、会社側も安心して仕事を任せられるはずです。

パソコンを使用した業務経験

昨今の働き方では必ずといって良いほどパソコンを使用して業務を行います。

しかし業種によっては、全くパソコンを使わずタイムカードなどの機械しか扱わないこともあるでしょう。

またプライベートでパソコンを使用していたとしても、業務では全く別の使い方をします。

例えばインターネットの利用の際は、会社側からアクセスを制限されていたりと最初は戸惑うでしょう。

もし業務上でパソコンを使用した経験があるのであれば、細かいルールなどを説明せずとも良くなるため会社側は助かります。

 

無料転職相談をして転職を成功させよう

人事事務に求められるスキル

スケジュール

人事事務は未経験でも採用されやすい職種ではありますが、ある程度求められるスキルがあります。

求められるスキルが全て揃っていなくても構いませんが、一つはあると良いでしょう。

また志望する会社によって求められるスキルは異なりますが、以下に挙げるスキルはどの会社でも通用するはずです。

コミュニケーションスキル

人事部のサポートを主に行う業務となるため、人事部とのやり取りが多いでしょう。

そのためコミュニケーションスキルは大切になります。

人事部とスムーズなやり取りを行うためには、変に緊張せずコミュニケーションをとる必要があるのです。

そのため人と話すことに怖気づいてしまう方には難しいかもしれません。

パソコンスキル

パソコンを使用する人事事務が多いです。そのためパソコンを適切に使用できる方が好まれます。

しかしパソコンについての専門知識などは必要ではなく、ある程度の知識や理解があれば構いません。

またデータ入力や管理をするため、その際に使用するであろうExcelやWordなどのソフトに慣れておくと良いです。

タスク管理スキル

労務管理などを行う職種となるため、タスクを的確に管理する必要があります。

例えば給与関係であれば、社員の生活に関わることなので指定日に確実に給与を振り込まなければなりません。

遅れてしまった場合、謝れば済む問題ではなく最悪一大事になってしまうでしょう。

そうしたミスがないように、スケジュールを正確に管理し自分の身の回り以外もタスク管理をするつもりで臨みましょう。

人事事務への転職の近道

近道

人事事務への転職をスムーズに行うためにはいくつか方法があります。

未経験のため人事事務について詳しく知らない方や不安な方でも、安心して転職活動を行いましょう。

残業の確認

人事事務の業務内容からみると、決まった時期に忙しくなることが見受けられます。

給料日近くや、新卒採用が行われる時期は沢山の業務をこなすことになるでしょう。

そのためそういった時期は忙しくなり、もしかしたら残業をするかもしれません。

そこで残業をした場合、しっかり残業代が出るのか、また平均残業時間などもふまえて調べることが大事です。

法律を学ぶ

バイブル

人事事務は一般事務に比べて専門知識が必要な場面が多々あります。

労務管理や入退社手続きに関しては、法律に基づいた規定があるため守りながら業務を遂行していくでしょう。

そのため転職前に少し時間があるのであれば、勤務関係の法律を学んでみるのも良いかもしれません。

先に学んでおけば面接時にも大変有利ですし、入社してすぐに即戦力となりえるでしょう。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

まとめ

仕事

人事部のサポートとして働く人事事務ですが、全くもって裏方の仕事ではありません

むしろ人事事務がいるからこそ、会社が成り立つといっても過言ではないでしょう。

そのため責任感のある仕事をこなすことになりますし、様々な知識を身に付け自分自身を大きく成長させられる機会となります。

今までに事務としての実務経験がない方や、人事事務が未経験の方でも入社してから学んでいけるため安心して転職活動を行いましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら