「不動産の営業事務ってキツイんじゃない?」
「どんなところが楽しいの?」

不動産の営業は忙しくてノルマが厳しいというイメージをお持ちの方も多く、こんな不安や疑問を感じるのも当然といえるでしょう。

しかし、実は不動産の営業事務女性におすすめの仕事なのです。

この記事では、不動産の営業事務の楽しさメリット、未経験でも転職を目指す方法を詳しくご紹介します。

不動産の営業事務とは

女性、スタートアップ
不動産の営業事務は、一言でいえば営業担当者のサポート役

一般的に不動産物件を取り扱う店舗で事務を担当する人を指します。不動産の営業事務は直接的に不動産営業を行うことはありません。

しかし、営業担当者が営業活動に専念できるようにサポートすることで売り上げに貢献することができる仕事です。

そのため、必然的に雑務を含めて幅広い仕事を担当することになります。

「たくさんの仕事を正確かつ迅速にこなすのが楽しい!」という方にとって非常にやりがいが感じられるでしょう。

不動産の営業事務の仕事内容

キーボード、ノートパソコン
不動産の営業事務の主な仕事は、大きく以下の3つ。

来客応対や電話対応

店舗には物件を探している方や入居者の方のほか不動産物件のオーナーさんなど様々な方が来店されます。

お客様が来店したら用件を伺って営業担当者へ取り次ぎをするのが基本です。

ただ、営業事務ができる内容であれば対応するケースもしばしば発生します。

賃貸物件を取り扱っている企業では、希望エリアや条件のヒアリングは営業事務が行うことも多いです。

特に女性のお客様は女性が対応したほうが安心してくださるケースもあります。

また、不動産会社には日々たくさんの電話があり、ほとんどは物件の状況に関する問い合わせがほとんどです。

物件の管理会社の場合は入居者からのクレーム対応や住民のトラブル対応が多くなることを心得ておきましょう。

書類の作成・管理や広告業務

営業担当者から依頼があった書類を作成することもメイン業務のひとつです。

たとえば、物件の募集をする際の間取り図周辺地図請求書領収証があります。

いずれの書類でもひな形が決まっており、定型的に作成を行うことが可能です。

また、不動産の契約ではたくさんの書類を取り交わします。不足書類がないかチェックしながらファイリングすることも大切な仕事です。

折り込みチラシ作成ネットへの掲載を依頼されることもあります。

チラシのデザインも任せられることもあり、自分が作成したチラシにお客様からの反響があったときは喜びを感じられる瞬間です。

備品管理や店舗の整備

店舗内の文房具収入印紙などの備品を定期的にチェックして発注し、補充しておくことも仕事のひとつです。

また、お客様や社員が気持ちよく過ごせるように店舗の清掃を行うこともあります。

企業によっては、清掃は朝一番に社員全員で行うとしていることもあるため、具体的な担当業務は事前に確認しておくと安心して仕事ができるでしょう。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

不動産の営業事務の楽しさ

オフィス、ノート
不動産の営業事務は数値で評価しにくく、正確かつ迅速に事務をこなすことが求められる仕事といえます。

この仕事では以下のような楽しさがあるのではないでしょうか。

早く仕事が終わり達成感があること

不動産の営業事務は、パソコンに向き合う時間が長くなります。

作成書類や入力システムはひな形があるため、慣れるにしたがって効率アップを図ることが可能です。

自分なりに目標を設定し、前回よりも早く終えられた時などは成長を実感でき達成感を味わえるでしょう。

営業担当者やお客様から感謝されること

不動産の営業事務は営業担当者が仕事がしやすくなるように日々仕事に取り組むことになります。

契約につながるサポートやがお客様の期待に応えられた時には「ありがとう!」の言葉がいただけることもあるでしょう。

そのような時にはモチベーションが上がり、「もっと頑張ろう!」と思えるのではないでしょうか。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

不動産の営業事務の仕事のメリット

オフィス、フリーランサー

不動産に関する法律知識が身に付く

不動産の営業事務では、宅地建物取引業法をはじめ民法・建築基準法・税法など幅広い法律知識が必要です。

そのため、この仕事をしていると自然と法律知識が身に付いていきます。

これらの法律は改正が頻繁に行われるため、日々最新の知識を取り入れる意識が必要な点もあらかじめ認識しておきましょう。

ストレス耐性やコミュニケーション能力が身に付く

不動産事務の仕事では社内外を問わず、様々な人とコミュニケーションをとって仕事に取り組みます。

年齢性別に関係なく、様々な立場の人とのコミュニケーションをとる力が鍛えられます。

また、お客様からクレームを受けたり、営業担当者から仕事を丸投げされる…といったストレスフルな場面も多いです。

不動産の営業事務の仕事を通じて打たれ強くなるでしょう。

不動産の営業事務が女性におすすめな理由

人、女性

不動産の営業事務は女性におすすめなお仕事です。その理由は以下の3つ。

肉体的な負担が少ない

パソコンを使用する内勤業務が多く、女性でも続けやすいです。

業務量は多いことがほとんどですが、ひな形が整備されて覚えやすいことが多く精神面での負担も少なくてすみます。

だんだんと慣れていけば仕事の効率が上がり、成長を感じられることも増えるでしょう。

気配りできる能力が活かせる

ハート
営業担当者を的確にサポートする役割が求められるため、気配りが得意な女性が活躍することができます。

接客業の経験がある方なども転職の際に経験が活きるでしょう。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

未経験で不動産の営業事務を目指す方法

キーボード
不動産の営業事務は、未経験でも充分に採用される可能性がある職種です。

転職時に不動産の専門知識がなくても、仕事を始めてから身に付けることができます。

以下のような能力をアピールできれば、不動産業界の経験がない方でも営業事務を目指すことが可能です。

事務処理をミスなくできること

事務職においてミスをしないことは当然ですが、特に不動産では契約金額が大きくミスの影響も大きくなります。

お客様に不信感を与えてしまい、契約が成立しなかったというケースも考えられるのです。

事務処理正確にできる能力はかならず必要になります。

営業担当者とのコミュニケーションがしっかりとれること

不動産の営業担当者は日々数字に追われていることが多く事務面は苦手という方もたくさんいます。

そのため、営業事務に事務面を丸投げされてしまうような事もよくあることです。

営業担当者とコミュニケーションをとって、クギをさしたり励ましたりして、うまく操縦できるスキルがあるとよいでしょう。

また、不動産業界は以下の3つに大きく分けられます。

  • 開発:土地の仕入れ、ビルやアパート・戸建の建設
  • 流通:建物の売買、賃貸
  • 管理:マンションやアパート・ビルの管理

企業がどのような業務を取り扱っているかにより、不動産の営業事務の仕事も違いがあるのです。

メインで接するお客様が法人・個人のどちらとなるかも異なりますので、ご自身の適性経験を考えた企業選びも重要になります。

まとめ

手、キーボード
この記事では、不動産の営業事務の仕事内容楽しさについてご紹介しました。

不動産に関する専門知識や業務経験がなくても目指すことができる職種だとおわかりいただけたかと思います。

不動産業界の中でも企業によって営業事務の仕事も異なる点があります。

自分に合った企業に転職するためにはプロのサポートを受けることがとても有効です。

不動産の営業事務への転職を検討中であれば、まずは気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら