経理事務の職務経歴書の書き方を解説!自己PRや志望動機の上手な書き方のコツとは?転職成功者の職務経歴書のサンプルも紹介

事務職の中でも専門性が高い経理事務

どの会社でも重要なポジションなので、経理事務に興味がある方も多いかもしれません。

ここでは、経理事務の職務経歴書の書き方を解説していきます。

悩みやすい自己PRや志望動機の上手な書き方のコツをまとめました。

具体的な書き方を知りたい方のために、転職成功者の職務経歴書のサンプルも紹介します。

経理事務に転職しようと思っている方はぜひ参考にしてください。

経理事務の仕事とは?

計算

経理事務の仕事は、簡単にいうと会社のお金の流れを記録して処理する仕事です。

入ってくるお金と出ていくお金を記録し、管理するのが主な仕事です。

会社の利益を計算するので経営者と関わることも多くなります。

会社の中で経理事務はなくてはならない仕事で、とても重要な部署だといえるでしょう。

ミスは許されない厳しい仕事ですが、その分やりがいも大きい仕事です。

経理事務に向いている人とは?

経理事務は事務職の中でも専門的な仕事です。

経理事務に向いている人はどんな人でしょうか?

数字が好き

計算

経理事務の仕事は毎日とにかく数字を扱います。

会計の専門ソフトやExcelに数字を記入する仕事がほとんどです。

そのため、学生時代から数学が得意な方や計算が好きな方には天職だといえるでしょう。

逆に数字に関することが嫌いな場合は、仕事が合わずに辛くなる可能性があるので注意してください。

経理事務を考えている人は、自分が数字に興味があるか考えてみると良いでしょう。

細かい作業が得意

計算

細かい作業が得意な人も経理事務に向いているでしょう。

経理事務の仕事は数字を扱うだけではなく、請求書への記載や決算書の作成など様々にあります。

また、それらは会社の大切な資料になるのでミスは許されません。

数字を扱うことだけではなく、手先を使う細かい作業やパソコンでの作業が好きな方は経理事務にも向いているかもしれません。

ミスが許されないような細かい作業が好きな方には、経理事務はぴったりだといえるでしょう。

経理事務の自己PRに書くべきこと

経理事務をやってみたいけれど、どのように職務経歴書を書けば良いか悩んでいる方もいるかもしれません。

ここでは、経理事務の職務経歴書の自己PRに書くべきことを紹介します。

資格をアピールする

パソコン

経理事務の転職には、簿記の資格があると有利だといわれています。

経理事務の職務履歴書においては、簿記を持っていることを全面にアピールすると良いでしょう。

もちろん上の級であるとアピールもしやすいですが、低い級でもアピールはできます。

「現在は〇級までしか取得していませんが、今後勉強をして〇級を取得したい」などとアピールをいれると良いでしょう。

資格の有無だけではなく、仕事への意欲も示すことができます。

経理に活かせるような資格がある方は、資格を全面にアピールするようにしましょう。

事務職の経験

パソコン

自己PRには事務職の経験を書くこともおすすめです。

経理事務はいわば事務職の一部。

事務職の経験があるということは、経理事務の仕事の基本は理解しているということになります。

パソコンが使えるということや書類の整理などをしてきた経験も十分に活かせるでしょう。

経理事務は専門的なので事務職の経験では足りないと思っていた方もいるかもしれません。

しかし事務職の経験があれば、経理事務ができるというアピールにもなるので忘れずに必ず記載するようにしましょう。

自分の経験が経理事務に向いているか無料転職相談に聞いてみよう

経理事務のおすすめの志望動機は?

自己PRには資格や経験を書くと良いということがわかりました。

それでは志望動機にはどういった内容を記載すればよいのでしょうか?

専門性の高い仕事をしたい

計算

経理事務の職務経歴書に書く志望動機には、専門性の高い仕事をしたいという意欲を書くのがおすすめです。

経理事務は会社の中でも、専門性の高い仕事です。

毎日同じことの繰り返しのため、つまらないと感じる人もいます。

しかし志望動機に専門性を高めたいという意欲があれば、経理事務がやりたいという気持ちも伝わるでしょう。

会社としてはまた転職してしまうことを避けたいので、専門性の高い経理事務をしたいという志望動機があると安心する可能性もあります。

「専門性の高い仕事をして、経理事務を極めたい」といった内容を記載すると良いでしょう。

経営管理に携わりたい

計算

経理事務の仕事は会社の経営には欠かせない部署です。

会社の収入と支出を把握している部署のため、経営陣とのかかわりも深いからです。

そのため、経営管理に携わりたいという視点も経理事務の志望動機におすすめです。

経理事務という仕事を通して、経営管理に携わりたいという気持ちを伝えると良いでしょう。

ただ自分の仕事を行うということだけではなく、大きい目標があることをアピールすることもできます。

将来のビジョンが描けるような志望動機を記載すると、他の候補生とも差をつけることができるかもしれません。

職務履歴書の書き方のコツ

職務経歴書のおすすめの志望動機や自己PRはわかりましたが、ここでは書き方のコツを紹介します。

小さなことですが大事な内容なので頭に入れておくと良いでしょう。

具体的なエピソードをいれる

文房具

転職する際の職務経歴書で必ず書きたいのが具体的なエピソードです。

これまで自分自身が経験してきた職業についてのエピソードや、自分が経理事務をしたいと思ったときのエピソードなどを記載すると良いでしょう。

具体的なエピソードをいれると説得性が増すだけではなく、採用者もイメージがわきやすくなります。

どんな小さなことでも構いませんので、志望動機や自己PRにつながるエピソードを探しておくと良いでしょう。

誤字脱字は絶対しない

計算

経理事務の職務経歴書を書く際に絶対してはいけないのが誤字脱字です。

これまでご紹介してきたとおり、経理事務は一切ミスが許されない仕事です。

経理事務の採用担当は慎重な性格かを確認している可能性があります。

そのため、職務経歴書に誤字脱字があるとかなりのイメージダウンにつながってしまいます。

何時間もゆっくり時間がかけられる職務経歴書だからこそ、落ち着いて記載するようにしましょう。

また出来上がった職務経歴書は一字一句必ず確認し、何度も目を通してから送付すると良いかもしれません。

転職成功者の職務経歴書のサンプル

パソコン

最後に転職成功者の職務経歴書の自己PRサンプルを紹介します。

〇私は事務職の仕事に2年従事してきました。資料のファイリングや整理、電話応対など基本的な事務仕事を行ってきました。

今後自分の視野を広げるためにも、専門的な経理事務の仕事に携わってみたいと考えるようになりました。

現在は日商簿記2級の取得を目指して毎日勉強をしています。

事務職の仕事ではミスをしないよう、二重チェックや見直しを欠かさず行ってきました。

正確性を重視する仕事に十分貢献できると考えています。

このように自分の経歴をはじめ、今どのような努力をしているかや性格などを記載すると説得力も増すことがわかります。ぜひ参考にしてみてください。

経理事務の職務経歴書を丁寧に書こう

文房具

経理事務の職務履歴書について紹介しました。

ミスは許されませんが、やりがいが大きい経理事務の仕事。

事務職の中でも安定しているので人気の仕事となっています。

採用担当者に見てもらう職務履歴書にするためには、具体的なエピソードをいれたり今後の目標を記載したりすると良いでしょう。

誤字脱字は絶対しないように気を付けてください。

第三者の目があると別の視点に気づくこともあるかもしれません。

職務履歴書の書き方に迷ったら無料転職相談にもぜひ聞いてみると良いでしょう。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

無料転職相談をして自分にぴったりの求人を探そう

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

無料転職相談をして自分にぴったりの求人を探そう