事務職の中でも専門性が高い経理事務

どの会社でも重要なポジションなので、経理事務に興味がある方も多いかもしれません。

ここでは、経理事務の職務経歴書の書き方を解説していきます。

悩みやすい自己PRや志望動機の上手な書き方のコツをまとめました。

具体的な書き方を知りたい方のために、転職成功者の職務経歴書のサンプルも紹介します。

経理事務に転職しようと思っている方はぜひ参考にしてください。

経理事務の仕事とは?

計算

経理事務の仕事は、簡単にいうと会社のお金の流れを記録して処理する仕事です。

入ってくるお金と出ていくお金を記録し、管理するのが主な仕事です。

会社の利益を計算するので経営者と関わることも多くなります。

会社の中で経理事務はなくてはならない仕事で、とても重要な部署だといえるでしょう。

ミスは許されない厳しい仕事ですが、その分やりがいも大きい仕事です。

経理事務に向いている人とは?

経理事務は事務職の中でも専門的な仕事です。

経理事務に向いている人はどんな人でしょうか?

数字が好き

計算

経理事務の仕事は毎日とにかく数字を扱います。

会計の専門ソフトやExcelに数字を記入する仕事がほとんどです。

そのため、学生時代から数学が得意な方や計算が好きな方には天職だといえるでしょう。

逆に数字に関することが嫌いな場合は、仕事が合わずに辛くなる可能性があるので注意してください。

経理事務を考えている人は、自分が数字に興味があるか考えてみると良いでしょう。

細かい作業が得意

計算

細かい作業が得意な人も経理事務に向いているでしょう。

経理事務の仕事は数字を扱うだけではなく、請求書への記載や決算書の作成など様々にあります。

また、それらは会社の大切な資料になるのでミスは許されません。

数字を扱うことだけではなく、手先を使う細かい作業やパソコンでの作業が好きな方は経理事務にも向いているかもしれません。

ミスが許されないような細かい作業が好きな方には、経理事務はぴったりだといえるでしょう。

経理事務の自己PRに書くべきこと

経理事務をやってみたいけれど、どのように職務経歴書を書けば良いか悩んでいる方もいるかもしれません。

ここでは、経理事務の職務経歴書の自己PRに書くべきことを紹介します。

資格をアピールする

パソコン

経理事務の転職には、簿記の資格があると有利だといわれています。

経理事務の職務履歴書においては、簿記を持っていることを全面にアピールすると良いでしょう。

もちろん上の級であるとアピールもしやすいですが、低い級でもアピールはできます。

「現在は〇級までしか取得していませんが、今後勉強をして〇級を取得したい」などとアピールをいれると良いでしょう。

資格の有無だけではなく、仕事への意欲も示すことができます。

経理に活かせるような資格がある方は、資格を全面にアピールするようにしましょう。

事務職の経験

パソコン

自己PRには事務職の経験を書くこともおすすめです。

経理事務はいわば事務職の一部。

事務職の経験があるということは、経理事務の仕事の基本は理解しているということになります。

パソコンが使えるということや書類の整理などをしてきた経験も十分に活かせるでしょう。

経理事務は専門的なので事務職の経験では足りないと思っていた方もいるかもしれません。

しかし事務職の経験があれば、経理事務ができるというアピールにもなるので忘れずに必ず記載するようにしましょう。

経理事務のおすすめの志望動機は?

自己PRには資格や経験を書くと良いということがわかりました。

それでは志望動機にはどういった内容を記載すればよいのでしょうか?

専門性の高い仕事をしたい

計算

経理事務の職務経歴書に書く志望動機には、専門性の高い仕事をしたいという意欲を書くのがおすすめです。

経理事務は会社の中でも、専門性の高い仕事です。

毎日同じことの繰り返しのため、つまらないと感じる人もいます。

しかし志望動機に専門性を高めたいという意欲があれば、経理事務がやりたいという気持ちも伝わるでしょう。

会社としてはまた転職してしまうことを避けたいので、専門性の高い経理事務をしたいという志望動機があると安心する可能性もあります。

「専門性の高い仕事をして、経理事務を極めたい」といった内容を記載すると良いでしょう。

経営管理に携わりたい

計算

経理事務の仕事は会社の経営には欠かせない部署です。

会社の収入と支出を把握している部署のため、経営陣とのかかわりも深いからです。

そのため、経営管理に携わりたいという視点も経理事務の志望動機におすすめです。

経理事務という仕事を通して、経営管理に携わりたいという気持ちを伝えると良いでしょう。

ただ自分の仕事を行うということだけではなく、大きい目標があることをアピールすることもできます。

将来のビジョンが描けるような志望動機を記載すると、他の候補生とも差をつけることができるかもしれません。

職務履歴書の書き方のコツ

職務経歴書のおすすめの志望動機や自己PRはわかりましたが、ここでは書き方のコツを紹介します。

小さなことですが大事な内容なので頭に入れておくと良いでしょう。

具体的なエピソードをいれる

文房具

転職する際の職務経歴書で必ず書きたいのが具体的なエピソードです。

これまで自分自身が経験してきた職業についてのエピソードや、自分が経理事務をしたいと思ったときのエピソードなどを記載すると良いでしょう。

具体的なエピソードをいれると説得性が増すだけではなく、採用者もイメージがわきやすくなります。

どんな小さなことでも構いませんので、志望動機や自己PRにつながるエピソードを探しておくと良いでしょう。

誤字脱字は絶対しない

計算

経理事務の職務経歴書を書く際に絶対してはいけないのが誤字脱字です。

これまでご紹介してきたとおり、経理事務は一切ミスが許されない仕事です。

経理事務の採用担当は慎重な性格かを確認している可能性があります。

そのため、職務経歴書に誤字脱字があるとかなりのイメージダウンにつながってしまいます。

何時間もゆっくり時間がかけられる職務経歴書だからこそ、落ち着いて記載するようにしましょう。

また出来上がった職務経歴書は一字一句必ず確認し、何度も目を通してから送付すると良いかもしれません。

転職成功者の職務経歴書のサンプル

パソコン

最後に転職成功者の職務経歴書の自己PRサンプルを紹介します。

〇私は事務職の仕事に2年従事してきました。資料のファイリングや整理、電話応対など基本的な事務仕事を行ってきました。

今後自分の視野を広げるためにも、専門的な経理事務の仕事に携わってみたいと考えるようになりました。

現在は日商簿記2級の取得を目指して毎日勉強をしています。

事務職の仕事ではミスをしないよう、二重チェックや見直しを欠かさず行ってきました。

正確性を重視する仕事に十分貢献できると考えています。

このように自分の経歴をはじめ、今どのような努力をしているかや性格などを記載すると説得力も増すことがわかります。ぜひ参考にしてみてください。

経理事務の職務経歴書を丁寧に書こう

文房具

経理事務の職務履歴書について紹介しました。

ミスは許されませんが、やりがいが大きい経理事務の仕事。

事務職の中でも安定しているので人気の仕事となっています。

採用担当者に見てもらう職務履歴書にするためには、具体的なエピソードをいれたり今後の目標を記載したりすると良いでしょう。

誤字脱字は絶対しないように気を付けてください。

第三者の目があると別の視点に気づくこともあるかもしれません。

職務履歴書の書き方に迷ったら無料転職相談にもぜひ聞いてみると良いでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら