OA事務という職種はご存知ですか?あまり聞きなれない人も多いのではないでしょうか。

実は特別な資格は必要なく、未経験でも活躍しやすい職種です。今回は、OA事務の仕事内容や持っていると有利な資格について詳しく紹介します。

OA事務について

OAとは「Office Automation」の略で、今まで手作業でおこなわれていた作業を機械を使っておこなうことです。

つまり、OA事務とは機械を使って仕事をする事務職のこと。

請求書の作成など、紙をベースとしておこなわれていた事務作業を機械でおこなうことで、作業の効率化が狙えます。

そんなOA事務の詳しい仕事内容についてみていきましょう。

OA事務の仕事内容について

配属された部署にもよりますが、主な仕事はパソコンへのデータ入力です。

OA事務の仕事は幅広く、Excelなどを使用してデータの集計や分析をおこなったり、ビジネス文書の作成をおこなうこともあります。

他にも、営業の人が社外へのプレゼンテーションに使用する資料を作成するなど、時には売上に貢献できることがあるかもしれません。

IT化が進んでいる現代では、会社の規模に関係なくOA事務は存在しています。

仕事内容も大きくは変わらず、どの業界でも活躍しやすい職種です。

一般事務との違いとは?

パソコンが普及する前は、パソコンを使うOA事務と紙媒体で対応する一般事務という区分で仕事内容は大きく異なっていました。

しかし、パソコンが普及した現代では一般事務もパソコンを使用するようになり、両者の違いは曖昧に。

とはいえ、OA事務は一般事務と比べると来客や電話応対が少なく、パソコンスキルが求められることが多くあります。

OA事務に必要なスキルとは?

実際のところ、OA事務として働く上で必ず持っていないといけないスキルは特にありません。

しかし、持っていると役に立つスキルは存在します。

MOS資格

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)と呼ばれる、マイクロソフト社の認定資格です。

MOSは、国際資格の一種でパソコンスキルを証明できる人気の資格で、スペシャリストとエキスパートの2種あります。

マイクロソフト社が販売しているソフト、WordやExcelを主に使用する業務であれば、スペシャリストを取得していると良いでしょう。

特にSUMやVLOOKUPといったExcel関数についてのスキルは、必ずといっていいくらい使用するため、身に付けておいて損はありません

簿記検定

OA事務の求人には、経理も含まれている場合があります。

会社の経費を経理ソフトへ入力したり、給与計算をおこなうことが経理でのOA事務の仕事です。

経理で働くことを考えていない人には不要の資格ですが、持っていると選択の幅が広がります

ただし、履歴書に書けるのは簿記検定2級以上の場合のみです。

OA事務に向いている人の特徴

パソコンが使えれば基本的にOA事務に就くことは難しくありませんが、OA事務にも向き不向きがあるのです。

そこで、OA事務に向いている人の特徴を紹介します。

コミュニケーションスキルがある人

パソコンを使って営業のアシスタント業務をおこなったり、社内の資料を作成したりするOA事務。

やり取りをする相手は基本的に同じ社内の人間ですが、相手の要望を正しく汲み取って、形にする必要があります。

求めていることに対して正しくおこない円滑に進めるためには、ある程度のコミュニケーションスキルが必要です。

場合によっては部署の垣根を越えた付き合いが必要になることがあります。

そのため、さまざまな人と触れ合う機会になれていると良いかもしれません。

柔軟性がある人

事務仕事は総体的に自分のペースで仕事をおこなうというより、他の社員のサポートがメインとなります。

これはOA事務にもいえることで、急ぎの依頼やトラブル対応に追われることもしばしば。

予定外の急な仕事だからといって、簡単に断ることはできません。

時には先に進めていた仕事をストップして、至急の案件を先に終わらせるといった対応が必要になることもあります。

状況に応じて臨機応変に対応し、ベストな方法を考えられる柔軟性がある人ほどOA事務にはぴったりです。

適切な対応ができる人

OA事務の仕事は、データ入力や社内外の資料作成だとお伝えしましたが、これらには間違いがあってはいけません。

例えば発注数量を間違えて入力したり、営業用資料で先方に提示する金額を間違えたりしたら大変なことになってしまいます。

はじめから間違えないことは難しいので、ミスがないか見直すことや時間に余裕をもって仕事をこなすクセをつけると良いでしょう。

スピード感は大切ですが、ひとつひとつの仕事に対して適切な対応をすることで、結果的には仕事をはやく終わらせることにもつながります。

向上心のある人

向上心は「社会人として持っていて損はない」といっても過言ではないかもしれません。

これはOA事務も例外ではなく、向上心があるOA事務をどの企業も欲しています。

入力作業ひとつ取っても、ミスがなくスピーディーにできるように工夫をする人としない人では、前者の方が重宝されることでしょう。

目の前の仕事にしっかり取り組んで仕事の質をあげることで、周りからの信頼も厚くなっていきます。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

OA事務に活かしやすい経験

OA事務として働くにあたり必要な経験はありません。

ただし、前項でもお伝えした通りパソコンでの作業経験や、コミュニケーション能力が磨かれる接客経験は必ず役に立つでしょう。

また、事務といってもメールや資料を通して、時には対面して取引先とやりとりをする場面もでてきます。

そのため、今までの社会人経験で身に付けた一般常識やビジネスマナーは必ずどこかで活かせるに違いありません。

しかし、場合によっては今までの経験が邪魔をすることもあります。

使用するパソコンのソフトや資料の作り方などは企業により異なり、転職先で違和感を感じてしまうことがでてくるでしょう。

前職でのやり方に引っ張られずに早めに慣れることが大切です。

OA事務として採用されやすい人とは?

パソコンを使用したデスクワーク経験やパソコンスキルがあり、コミュニケーションがしっかりとれている人が採用されやすい傾向にあります。

そのため、面接時はこのようなポイントを中心にアピールすると良いでしょう。

また、自分の中では当たり前だと思っていることがOA事務に向いているポイントだったり、自分の強みになったりすることがあります。

自分の強みが見つかっていない場合は、専門エージェントに相談してください。OA事務として採用されやすくなる面接方法を紹介します。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

まとめ

OA事務に転職するために知っておきたいことをお伝えしました。

OA事務と聞いて難しいイメージを抱いていた人も、未経験でも意外とチャレンジしやすい職種だということをお分かりいただけたでしょうか。

一昔前と違いパソコンが身近になった現代では、OA事務になるにあたり特別な準備は必要ありません。

会社の規模に関係なくOA事務は必要となる存在のため、さまざまな業界の求人が存在します。

求人の数に比例して人気も高いため、気になる求人を見つけた時には、応募することを強くおすすめします。

そして、社内外向けの資料を作成するなど、一般事務よりも自分の色を出しやすいOA事務。

自分の作った資料で契約が取れたときは、喜びもひとしおです。気になる人は、OA事務への転職にチャレンジしてみてください。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら