転職で土日休みの案件に採用されるコツを徹底調査!転職理由の伝え方や土日休みのメリットは?転職成功者の口コミや事例を解説

「家族や友達と休みが合わない」「土日が休みなら趣味の時間が充実しそう」という理由で土日休みの求人案件に応募する方は多いです。

ですが実際の応募の際に土日が休みだからという志望動機をそのまま伝えて良いのかどうか迷う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

このページでは土日休みの案件に採用されるコツを調査しました。転職理由の伝え方なども転職成功者の口コミや事例から解説しています。ぜひ参考にしてください。

土日休みのメリットは?どんな職種がある?

スケジュール

休みの日が決まっているのであればスケジュール管理が容易にできます。

家族が土日休みの仕事をしていれば土日は一緒に行動可能です。学校は土日が休みなので、もし子供がいるのであれば土日は子供と一緒に過ごすことができます。

このように土日が休みのメリットは家族や友人とスケジュールを合わせて生活が可能なことです。

土日が休みの代表的な職種は経理事務などの事務職取引先が大手企業のメーカー業種になります。

転職理由の伝え方は?

オフィス

転職理由や志望理由に土日が休みだからと素直に伝えることはおすすめできません。

プライベートを大切にしたい気持ちは感じますが、採用する側には「趣味に力を入れて仕事をまじめにしないのでは?」と受け取られる危険があります。

土日が休みだから応募したという気持ちや態度を前面に押し出すことはせず、土日休みの求人の中からその職業会社選んだ理由を伝えましょう。

新しい職場で自分がどう活躍できるのかきちんと自分で把握しておくのがポイントです。

さらに詳しい方法は無料転職相談で確かめてください

土日休みの案件に採用されるコツ【3選】

パソコン

具体的に採用されるコツをまとめました。

どのような業種案件を選べば良いのか、どのように志望動機を書けば良いのか、自分にあった方法を選びましょう。

自分の中で条件の順位をつける

カレンダー

どうして自分は土日休みが良いのかを考えます。

もし家族と休みを合わせたいのであれば土日休みが最優先の条件になるでしょう。

スケジュール管理をしたいので休みが決まっているほうが良いのであれば土日休みではなく定休日がある仕事を選ぶのも手です。

また月にたくさん休みが欲しい人は土日休みに加え祝日の休みがある職種を選びましょう。

このようにただ土日が休みというだけではなく自分の中で条件を順位づけて考えてみてください。

自分の要望を正しく理解していると自分の求める仕事がよくわかり、結果的にこの会社で働きたいという思いが面接官にきちんと伝わります。

なぜこの職業を選んだかを伝える

女性

志望動機で重要なことの一つに、なぜこの職業を選んだのかということがあります。

土日が休みだからという理由よりも職業を選んだ理由を述べることが重要です。自分の思いを具体的に述べると好感を持ってもらえます。

土日休みだけの条件で職種を選んでしまうといざ仕事をした時にやりがいが持てず仕事が楽しくないということにもなりかねません。

興味のある仕事ややりがいが持てそうな仕事を選ぶことが重要です。

なぜこの会社を選んだかを伝える

ビル

職業を選んだ理由も重要ですが、なぜこの会社を選んだかということも重要です。

休みの体制や立地条件も大切ですが、それ以上に応募した会社を選んだ理由や採用されたらどのように頑張りたいかを伝えましょう。

仕事をするためにはモチベーションを保たなければなりません。

土日が休みになるとはいえまったく興味のない会社では採用後もモチベーションが保てず仕事が楽しくないでしょう。

職種の異なる転職成功者の口コミを解説

会社

土日が休みの職業に転職する際、前職と職種が違うことを不安に感じる方もいらっしゃるかもしれません。

そこで職業の異なる転職を成功した方の口コミを調査しました。

未経験でもコツコツ努力を積み重ねた

ビル

  • 子供と土日を過ごしたかったので飲食業から事務職に転職しました。もともと接客が好きだったので、電話対応は苦になりませんでした。ただ最初はPCの使い方がそんなに上手ではなく書類作成に一苦労しました。PCで困っていると、周囲の先輩たちが根気強く教えてくれました。慣れてしまうとあの頃が嘘のように書類作成もできていると思います。できないと諦めずコツコツ頑張ったのが良かったのかもしれません。子供と土日を過ごせることがモチベーションにつながりました。

土日に休めることをモチベーションに変え、仕事をコツコツ頑張ればより良い成果が出ています。

研修制度のある会社を選んだ

仲間

  • 未経験の医療事務に転職しました。最初は社内の研修制度を利用して勉強させてもらいました。最初は書類を運ぶことも不安でしたが、研修を重ねると自信が持てるようになりました。今では書類を手渡した医療スタッフから項目の質問があっても余裕をもって答えています。

社内研修のある会社を選び自信をつける人もいるようです。会社選びの選択肢に入れるのも手でしょう。

前職の経験を活かした

  • 飲食業の接客からITエンジニアに転職しました。土日が休みの会社を選んだので休日は勉強や趣味にたっぷり使えます。研修をうけるときに受け答えが丁寧だね、教えがいがあると褒めてもらえるのがうれしくて頑張って勉強しました。飲食業で培ったコミュニケーション能力が役に立ったようです。

前職の経験を活かせることは強みです。一見全く違う業種でもどこかに経験を活かせる箇所があります。

職種の異なる転職事例

迷路

どのような職業からどのような職業へ転職することができるのか、気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでは実際の事例をご紹介します。特に土日休みの業種へ転職した事例を集めました。

介護スタッフから人事事務へ

  • 30代女性。20代から介護スタッフとして就職していましたが、家族との時間を持ちたいと思い転職を決意しました。人事では多くの人とふれあってきた経験を活かすことができ、採用に大きく関わることができるようになりました。

関りの無いと思われる業種でも経験を活かせる場所はあります。最初からあきらめず新しい職場で何ができるのか考えてみましょう。

不動産賃貸業務からWEBサイトエンジニア

  • 20代女性。残業と休日出勤が多くある不動産業務の仕事にやりがいを感じていましたが、趣味の時間を確保したくて転職しました。趣味の時間が持てるようになり仕事にも集中して打ち込めています。前職でPCの扱いには慣れていたので、専門的な事を集中して学ぶことで新しい仕事内容に対応できました。

土日の休みに自分の時間を持てることは大きなメリットになります。それを楽しみにすれば仕事にも注力できるようです。

生保レディからメーカー営業事務へ

  • 30代女性。転職を考えたのは定休日が欲しいと思ったからです。営業の内容がある程度わかっていたので、それをサポートする事務職にすんなりと馴染むことができました。仲間をサポートすることにやりがいを感じています。

土日が休みの業種への転職であっても前職の経験を活かせる職場を選ぶことができれば成功体験に繋がるようです。

転職で土日休みの案件に採用されるコツのまとめ

カフェ

土日休みの業種は週末にプライベートの時間を大切にできます。家族や友達と予定を合わせることも可能になるでしょう。

このように土日が休みの業種への転職には大きなメリットがあるのですが、その条件だけを頼りに会社を選ぶのはあまりおすすめしません。

どうしてこの会社を選んだのか・自分がこの会社でどのように活躍できるのか明確なビジョンの浮かぶ会社を選んでみてください。

前職の経験を活かせることができればより良い転職ができるようです。どのように経験を活かせばよいのかご不明な方は、ぜひ無料転職相談でエージェントにご相談ください。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

無料転職相談をして自分にぴったりの求人を探そう

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

無料転職相談をして自分にぴったりの求人を探そう