「家族や友達と休みが合わない」「土日が休みなら趣味の時間が充実しそう」という理由で土日休みの求人案件に応募する方は多いです。

ですが実際の応募の際に土日が休みだからという志望動機をそのまま伝えて良いのかどうか迷う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

このページでは土日休みの案件に採用されるコツを調査しました。転職理由の伝え方なども転職成功者の口コミや事例から解説しています。ぜひ参考にしてください。

土日休みのメリットは?どんな職種がある?

スケジュール

休みの日が決まっているのであればスケジュール管理が容易にできます。

家族が土日休みの仕事をしていれば土日は一緒に行動可能です。学校は土日が休みなので、もし子供がいるのであれば土日は子供と一緒に過ごすことができます。

このように土日が休みのメリットは家族や友人とスケジュールを合わせて生活が可能なことです。

土日が休みの代表的な職種は経理事務などの事務職取引先が大手企業のメーカー業種になります。

転職理由の伝え方は?

オフィス

転職理由や志望理由に土日が休みだからと素直に伝えることはおすすめできません。

プライベートを大切にしたい気持ちは感じますが、採用する側には「趣味に力を入れて仕事をまじめにしないのでは?」と受け取られる危険があります。

土日が休みだから応募したという気持ちや態度を前面に押し出すことはせず、土日休みの求人の中からその職業会社選んだ理由を伝えましょう。

新しい職場で自分がどう活躍できるのかきちんと自分で把握しておくのがポイントです。

土日休みの案件に採用されるコツ【3選】

パソコン

具体的に採用されるコツをまとめました。

どのような業種案件を選べば良いのか、どのように志望動機を書けば良いのか、自分にあった方法を選びましょう。

自分の中で条件の順位をつける

カレンダー

どうして自分は土日休みが良いのかを考えます。

もし家族と休みを合わせたいのであれば土日休みが最優先の条件になるでしょう。

スケジュール管理をしたいので休みが決まっているほうが良いのであれば土日休みではなく定休日がある仕事を選ぶのも手です。

また月にたくさん休みが欲しい人は土日休みに加え祝日の休みがある職種を選びましょう。

このようにただ土日が休みというだけではなく自分の中で条件を順位づけて考えてみてください。

自分の要望を正しく理解していると自分の求める仕事がよくわかり、結果的にこの会社で働きたいという思いが面接官にきちんと伝わります。

なぜこの職業を選んだかを伝える

女性

志望動機で重要なことの一つに、なぜこの職業を選んだのかということがあります。

土日が休みだからという理由よりも職業を選んだ理由を述べることが重要です。自分の思いを具体的に述べると好感を持ってもらえます。

土日休みだけの条件で職種を選んでしまうといざ仕事をした時にやりがいが持てず仕事が楽しくないということにもなりかねません。

興味のある仕事ややりがいが持てそうな仕事を選ぶことが重要です。

なぜこの会社を選んだかを伝える

ビル

職業を選んだ理由も重要ですが、なぜこの会社を選んだかということも重要です。

休みの体制や立地条件も大切ですが、それ以上に応募した会社を選んだ理由や採用されたらどのように頑張りたいかを伝えましょう。

仕事をするためにはモチベーションを保たなければなりません。

土日が休みになるとはいえまったく興味のない会社では採用後もモチベーションが保てず仕事が楽しくないでしょう。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

職種の異なる転職成功者の口コミを解説

メモ

土日が休みの職業に転職する際、前職と職種が違うことを不安に感じる方もいらっしゃるかもしれません。

そこで職業の異なる転職を成功した方の口コミを調査しました。

未経験でもコツコツ努力を積み重ねた

ビル

  • 子供と土日を過ごしたかったので飲食業から事務職に転職しました。もともと接客が好きだったので、電話対応は苦になりませんでした。ただ最初はPCの使い方がそんなに上手ではなく書類作成に一苦労しました。PCで困っていると、周囲の先輩たちが根気強く教えてくれました。慣れてしまうとあの頃が嘘のように書類作成もできていると思います。できないと諦めずコツコツ頑張ったのが良かったのかもしれません。子供と土日を過ごせることがモチベーションにつながりました。

土日に休めることをモチベーションに変え、仕事をコツコツ頑張ればより良い成果が出ています。

研修制度のある会社を選んだ

仲間

  • 未経験の医療事務に転職しました。最初は社内の研修制度を利用して勉強させてもらいました。最初は書類を運ぶことも不安でしたが、研修を重ねると自信が持てるようになりました。今では書類を手渡した医療スタッフから項目の質問があっても余裕をもって答えています。

社内研修のある会社を選び自信をつける人もいるようです。会社選びの選択肢に入れるのも手でしょう。

前職の経験を活かした

  • 飲食業の接客からITエンジニアに転職しました。土日が休みの会社を選んだので休日は勉強や趣味にたっぷり使えます。研修をうけるときに受け答えが丁寧だね、教えがいがあると褒めてもらえるのがうれしくて頑張って勉強しました。飲食業で培ったコミュニケーション能力が役に立ったようです。

前職の経験を活かせることは強みです。一見全く違う業種でもどこかに経験を活かせる箇所があります。

職種の異なる転職事例

迷路

どのような職業からどのような職業へ転職することができるのか、気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでは実際の事例をご紹介します。特に土日休みの業種へ転職した事例を集めました。

介護スタッフから人事事務へ

  • 30代女性。20代から介護スタッフとして就職していましたが、家族との時間を持ちたいと思い転職を決意しました。人事では多くの人とふれあってきた経験を活かすことができ、採用に大きく関わることができるようになりました。

関りの無いと思われる業種でも経験を活かせる場所はあります。最初からあきらめず新しい職場で何ができるのか考えてみましょう。

不動産賃貸業務からWEBサイトエンジニア

  • 20代女性。残業と休日出勤が多くある不動産業務の仕事にやりがいを感じていましたが、趣味の時間を確保したくて転職しました。趣味の時間が持てるようになり仕事にも集中して打ち込めています。前職でPCの扱いには慣れていたので、専門的な事を集中して学ぶことで新しい仕事内容に対応できました。

土日の休みに自分の時間を持てることは大きなメリットになります。それを楽しみにすれば仕事にも注力できるようです。

生保レディからメーカー営業事務へ

  • 30代女性。転職を考えたのは定休日が欲しいと思ったからです。営業の内容がある程度わかっていたので、それをサポートする事務職にすんなりと馴染むことができました。仲間をサポートすることにやりがいを感じています。

土日が休みの業種への転職であっても前職の経験を活かせる職場を選ぶことができれば成功体験に繋がるようです。

転職で土日休みの案件に採用されるコツのまとめ

カフェ

土日休みの業種は週末にプライベートの時間を大切にできます。家族や友達と予定を合わせることも可能になるでしょう。

このように土日が休みの業種への転職には大きなメリットがあるのですが、その条件だけを頼りに会社を選ぶのはあまりおすすめしません。

どうしてこの会社を選んだのか・自分がこの会社でどのように活躍できるのか明確なビジョンの浮かぶ会社を選んでみてください。

前職の経験を活かせることができればより良い転職ができるようです。どのように経験を活かせばよいのかご不明な方は、ぜひ無料転職相談でエージェントにご相談ください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら