学校事務は教育に関わることが出来る女性に人気の転職先です。

公立や私立によって求められる資格も変わってくるので、自分がどんな学校に勤務したいのかをある程度絞っておきましょう。

学校事務には色々な仕事が待っています。

具体的にどのような仕事をするのか、必要なスキルや気になる給料を詳しく紹介していきます。

学校事務に転職を希望するのなら、自分にこの仕事が向いているのか否か参考になるのではないでしょうか。

多種多様な仕事

テキスト

学校事務は、就職する学校によって仕事の内容が変わってきます。

一般的には経理や人事、総務など様々な職種をこなすことになるはずです。

一般的な学校

いわゆる小中規模の学校では、全職員の給与管理から学校備品の管理、来客接待など様々な仕事を行います。

学校管理の総てといっても過言ではないでしょう。

保護者からの問い合わせの窓口になることもあります。

  • 高校訪問、入試や学生募集に関わる業務
  • 教材などを業者に発注し管理する
  • 卒業証明書など各種証明書の発行手続き
  • 教職員の人事や給料管理
  • 学校紹介のサイトやパンフレット作成 など

上記した以外にも配布するプリントを作成したり、授業料の管理をしたりと仕事は多岐にわたります。

転校や転入の手続きなども仕事となってきます。

大規模な学校

私立の一貫校などでは、学校事務も大手企業のように細かく分類されています。

学生課や経理課など職種によって分けられ、仕事内容も配属された部署によって専門的に行うことになるでしょう。

大学の事務ならば学生への就職支援活動なども仕事に含まれてきます。

私立特有の仕事もある

私立や専門学校などでは、生徒を募集するための準備なども学校事務の仕事となります。

パンフレット作成からオープンキャンパスの企画なども行うことになるでしょう。

企画力などが求められるシーンが出てきます。

問い合わせをする

事務

学校事務は実に様々な仕事内容があります。

各学校によって業務内容に差異が出てくることでしょう。

小学校や中学校、高校そして大学など様々ですから、その学校の数だけ多様な業務があります。

希望の学校へ電話による問い合わせが出来る場合もあるので、活用してみてはいかがでしょう。

また無料の転職エージェントなどでも詳しい話を聞くことが出来ます。

 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

学校事務への転職に有利な資格

試験

学校事務への転職には特別な資格は必要ありません。

しかし、持っていることで採用に関して有利になるものが幾つかあります。

国公立の学校で働く場合

公立の学校で働きたい場合は、地方公務員試験をクリアすることが必要です。

また国立の場合は、国立大学法人等職員試験を受けることになります。

国立大学法人等職員は人気が高く、難易度もかなり高くなっているといえるでしょう。

私立の学校で働く場合

こちらは決まった試験はなく、面接や筆記試験をクリアすれば就職することが可能です。

年齢制限がある場合が多いので、しっかり確認しておきましょう。

高卒でも可能な場合がありますが、大卒の方が有利になるはずです

持っていると有利な資格

ほとんどの場合、マイクロソフトのワードやエクセルが使用可能ということが採用条件の必須条件となっています。

必要なスキルと共通する部分ですが、エクセルのスキルは重要視される部分です。

エクセルの資格などはかなり有利になるでしょう。

その他、簿記やTOEICなども有利な資格といえます。

学校事務に必要なスキル

パソコン

学校事務に必要なスキルとは一体どのようなスキルになるのでしょうか。

PCのスキル

事務職なので、PCスキルは必須といえます。

主に求められるのはエクセルのスキルであり、基本的な操作は勿論のこと高いスキルを求められる場合もあるようです。

PCスキルに関しては、一般的な事務職よりも高いものが要求されます。

ワードやパワーポイント、デザインなどに精通している人がほとんどです。

コミュニケーション力

事務作業ばかりでないのが、学校事務の特徴的な所です。

自身が学校の窓口となる場合も多く、また生徒や保護者そして教職員達とコミュニケーションを取る機会も多いでしょう。

近年は保護者からの要求が増える傾向にあり、冷静かつ的確に対応する力が求められています。

色々な人と様々なシーンで、角の立たないコミュニケーションをしなくてはなりません。

学校と個人の橋渡しとなるような、円滑なコミュニケーション能力が必要です。

一般的に男性よりも女性の方がコミュニケーション能力は高いといわれているので、その点では女性が有利といえます。

管理スキルも重要

スケジュール

学校事務は複雑で忙しい業務といわれています。

それゆえスケジュール管理のスキルも求めらるのではないでしょうか。

一般的な学校に入る場合、総務から経理など様々な職種を受け持つことになります。

生徒や職員など人を管理することにもなるので、効率のいい仕事をしなくてはなりません。

意外と見落とされがちですが、スケジュール管理のスキルはかなり大きなウェイトを占めるでしょう。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

気になる給料

財布

給料に関して大規模校や有名学校では高い傾向にありますが、私立では学校によって大きな差があるようです。

国公立では地方公務員や準公務員という扱いになり、給料も固定されています。

私立や専門学校では学校によって大きな差があり、年収300万から1000万に及ぶこともあるようです。

当然のことながら、高い給料の学校ではその分残業なども多く仕事の量も比例して多くなっています。

中には福利厚生や賞与があるところもあり、育児をしながら働いている学校事務員さんも珍しくはありません。

基本的に残業もなく定時退社が基本ですが、学校によっては残業が多い場合もあるようなので、残業の有無について確認しておきましょう。

向いている人の特徴

 

事務

学校事務は一般的な事務職と異なり、場合によっては学校の管理を一手に引き受けるような仕事です。

決して楽な仕事ではありませんが、仕事にやりがいを感じることが出来るのが大きな魅力です。

生徒達の成長を応援したい人

学校事務は縁の下の力持ちとなる仕事です。

生徒達との交流もあり、大学などでは就職支援や留学のサポートも行います。

いわば生徒達を支える大切な存在なのです。

彼らを心からサポートしたい、応援したいと思えることが何よりも大切なのではないでしょうか。

生徒達にとって、事務職員は先生とは違った特別な存在になるはずです。

地道な作業が好きな人

学校の事務は同じような作業を繰り返すことも多々あります。

コツコツと地道に行う作業内容がメインです。

更に生徒数が多ければ、かなりの数の事務作業をすることになるでしょう。

細かな事務仕事が苦手という人は、苦に感じてしまうのではないでしょうか。

PCスキルを持っている人

実際、これまで事務職をしたことのない未経験者もPCスキルを持っていれば転職可能です。

特別な資格を持っていなくても、転職可能と表記されていることが多々ありますが、実際はPCのスキルは必須の条件となっています。

一般常識のある人

学校事務に限ったことではありませんが、教育機関ということで特に一般常識は重視されています。

面接時の服装や受け答えなどで、一般常識をもった人材が選ばれます。

学校事務であっても生徒達にとっては見本となる大人なのです。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

学校を支える学校事務

ペン

安定した学校を支える学校事務は、女性にとってやりがいのある仕事となるでしょう。

学校事務は「楽」というイメージを持つ人がいるようですが、決して楽とは言い切れません。

しかし慣れて効率よく仕事をすることが出来れば、働きやすい職場になります。

生徒達や教職員達の支えとなって、学校を支えていきましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら