調剤薬局の事務は近年女性の人気が高まっている職種です。

しかし、「興味があるけど難しそう…未経験でも転職できるの?」と不安に思う方も多いのではないでしょうか。

この記事では調剤薬局の事務に転職をお考えの女性のために、仕事内容役立つ資格、調剤薬局の事務に向くなどをご紹介します。

ぜひ最後までお読みください。

調剤薬局の事務って未経験でも転職できる?

 

薬局、薬

調剤薬局の事務では必須となる資格はなく未経験であっても転職することは可能です。実際に未経験・無資格でも募集をしている求人はあります。

ただし、調剤薬局の事務の求人は倍率が高いケースが多く、実務では薬や保険などの専門知識が必要です。

そのため未経験の場合は、書類選考で落とされないようにするためにも資格や適性の高さをアピールするなどの対策が必要となるでしょう。

調剤薬局の事務の仕事内容

薬局、薬、サプリ

調剤薬局の事務では、主に以下のような仕事を担当します。
勤務体制など細かなルールなどは職場によって異なりますので事前に確認してください。

来局した患者や電話への対応

調剤薬局の事務の第一の仕事といえることです。

来局した患者さんから処方せん保険証をお預かりし、処方せんを薬剤師に渡します。

薬の調合などは薬剤師が行いますが、薬袋お薬手帳に貼るシールの準備は調剤薬局事務が担当するケースが多いです。

薬袋には氏名やお薬の名前を記入しますが、間違えてしまうと患者さんの健康に関わるため慎重な対応が求められます。

また、薬局には電話での問い合わせも度々あり、これらに対応することも調剤薬局の事務の仕事です。

会計

処方せんに基づいてお薬代を計算し患者さんからお金を預かります。

基本的にはパソコンで自動計算されるため、パソコンの入力操作ができれば特に難しいことはありませんのでご安心ください。

現金のやり取りが発生しますので渡し間違いなどを絶対しないように注意しましょう。

薬剤師のサポート

 

コンピュータ、仕事

 

調剤薬局の事務が薬剤師のサポートを行うこともあります。

薬剤師資格を持っていないことがほとんどなので、すべてのサポートはできませんが、簡単なことはよくお願いされるでしょう。

具体的には薬剤の発注・管理や薬剤師の指導のもとで簡単な調合作業をするといったことを行います。

レセプト業務や各種管理簿の作成

医療サービスを受けた場合の費用は患者さんが自己負担する分と健康保険組合等が負担する分があります。

調剤にかかる費用についてもこの仕組みが適用されるのです。

レセプト業務と聞くと医療事務のイメージがあるかもしれません。

実は、調剤薬局の事務でも健康保険組合等が負担する分月に1回算出して請求を行う仕事があります。

この業務は調剤薬局の事務が担当することがほとんどです。

また、患者さんに処方されたお薬のデータ管理も法的に義務づけられた重要な仕事。

一般的に、以下のデータをパソコンに入力し管理します。飲み合わせのトラブルや副作用を防ぐために重要なデータになります。

  • 調剤録:患者さんに処方されたお薬の内容を記録したもの。
  • 薬歴簿:処方時期や処方薬、服薬指導等を記録したもの

 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

調剤薬局の事務のメリット

働き方が選べる

 

手帳、ノート

 

調剤薬局事務で働くために資格は必要なく 正社員・派遣・パートなど様々な勤務時間雇用形態の求人があります。

女性は生活の変化によって働ける時間などが変化しやすいため働き方が選びやすいことが大きなメリットになるのです。

また、調剤薬局は全国どこでもあるので一度仕事を覚えれば、引っ越しても同業種のお仕事が見つかりやすい点も魅力になります。

さらに、高齢化社会の影響もあり処方せんの受付枚数は上昇傾向にあります。

今後も調剤薬局の必要性は高まっていくことが予想され、調剤薬局の事務の仕事についても需要は高いといえるでしょう。

薬の知識が身に付く

調剤薬局事務は直接お薬の調合を行うことはありません。

しかし、患者さんのデータ管理や医薬品の管理・発注をすることも多く、薬の知識を身に付けられるというメリットがあります。

未経験でお仕事を始めた場合、最初はわからないことばかりかもしれません。

地道に覚えよう!」という気持ちで努力を続ければ、知識やスキルは必ず身に付きますし、プライベートでも役に立つでしょう。

調剤薬局の事務と医療事務の違い

 

はかり、クエスチョンマーク

医療事務の場合は「病院」が主な職場となるため、診察・入院・手術・調剤・投薬など診療に関するすべての分野を扱います。

一方で、調剤薬局の事務の場合は「薬局」が主な職場ですので、調剤・投薬などの分野のみを扱うのです。

調剤薬局の事務に役立つ資格

オフィス、メガネ、バラ

調剤薬局の事務に役立つおすすめの資格としては以下の2つがあります。

調剤薬局の事務では資格は必須ではないものの、知識の客観的な証明になりますので採用担当者に安心感を与えられるでしょう。

調剤薬局事務資格

一般財団法人日本能力開発推進協会(JADP)の認定資格です。

薬や処方に関する基礎知識、医療保険制度やレセプトの知識を指定講座で学んだ後、随時在宅受験ができます。

受験資格や年齢制限は特にないため、調剤薬局の事務をこれから目指す方にもおすすめです。

調剤事務管理士

技能認定振興協会(JAMA)の認定資格です。

医薬品に関する基本的な知識や調剤薬局の受付けや会計、レセプトの事務スキルを証明することができます。

試験問題は学科試験(マークシート形式)と実技試験(レセプト点検・作成)の構成です。

こちらの資格も受験資格や年齢制限は特にないため、どなたでも受験することができます。

また、通常は会場で受験する方式ですが、2020年度は在宅試験を実施しているようです。

調剤薬局の事務に向いている人

清潔感がある

 

リキッドソープ

調剤薬局の事務のお仕事には清潔感が求められます。

医薬品を扱うため厳重な衛生管理が必要ですし、幅広い年代の方が来局されるので不快感を与えない身だしなみも大切です。

ネイルや香水は禁止されており、明るすぎるヘアカラーやアクセサリーも敬遠されることも多いです。

仕事中でもオシャレは欠かせないという方には苦痛になってしまうかもしれません。

仕事中のオシャレはこだわらない方であれば、調剤薬局の事務に向いています。

落ち着きがありハキハキしている

調剤薬局事務の仕事は、コツコツと事務作業をするより周囲と会話する機会が多い仕事です。

患者さんだけでなく、薬剤師や他スタッフと適切なコミュニケーションを取ることが求められます。

患者さんから質問を受ける機会もありますので、落ち着いて対応できる方は調剤薬局の事務に向いているといえるでしょう。

テキパキと事務処理ができる

調剤薬局事務のお仕事は、パソコンの操作が欠かせません。

とはいえ専門的な知識は必要なく、ワードやエクセルが使える程度の操作ができれば大丈夫です。

ただし、調剤薬局では患者さんの会計業務やレセプト業務などミスがあってはならない作業もたくさんあります。

正確かつ丁寧な事務処理ができる方が調剤薬局事務のお仕事に向いているでしょう。

まとめ

本、ページ

調剤薬局の事務はお薬の専門知識を身に付けながら、患者さんの健康管理のサポーターとして寄り添うことができます。

とてもやりがいのあるお仕事で未経験・無資格でも転職が可能です。

お薬の分野に特化した事務として、正社員や派遣・パートなど多様な働き方が選べる魅力的なお仕事といえます。

出産や育児・家族の転勤などで生活が変化しても同様のお仕事が見つかりやすく、仕事を続けていきたい方におすすめです。

調剤薬局の需要は高まっており、調剤薬局の事務のお仕事も今後必要性が増していくでしょう。

この記事が調剤薬局の事務を目指す方にとってお役に立ちましたら幸いです。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら