調剤薬局の事務へ女性が転職する方法を徹底調査!未経験・無資格でも大丈夫?医療事務との違いや役立つ資格と向いている人も確認

調剤薬局の事務は近年女性の人気が高まっている職種です。

しかし、「興味があるけど難しそう…未経験でも転職できるの?」と不安に思う方も多いのではないでしょうか。

この記事では調剤薬局の事務に転職をお考えの女性のために、仕事内容役立つ資格、調剤薬局の事務に向くなどをご紹介します。

ぜひ最後までお読みください。

調剤薬局の事務って未経験でも転職できる?

薬局 調剤

調剤薬局の事務では必須となる資格はなく未経験であっても転職することは可能です。実際に未経験・無資格でも募集をしている求人はあります。

ただし、調剤薬局の事務の求人は倍率が高いケースが多く、実務では薬や保険などの専門知識が必要です。

そのため未経験の場合は、書類選考で落とされないようにするためにも資格や適性の高さをアピールするなどの対策が必要となるでしょう。

調剤薬局の事務の仕事内容

薬局、薬、サプリ

調剤薬局の事務では、主に以下のような仕事を担当します。
勤務体制など細かなルールなどは職場によって異なりますので事前に確認してください。

来局した患者や電話への対応

調剤薬局の事務の第一の仕事といえることです。

来局した患者さんから処方せん保険証をお預かりし、処方せんを薬剤師に渡します。

薬の調合などは薬剤師が行いますが、薬袋お薬手帳に貼るシールの準備は調剤薬局事務が担当するケースが多いです。

薬袋には氏名やお薬の名前を記入しますが、間違えてしまうと患者さんの健康に関わるため慎重な対応が求められます。

また、薬局には電話での問い合わせも度々あり、これらに対応することも調剤薬局の事務の仕事です。

会計

処方せんに基づいてお薬代を計算し患者さんからお金を預かります。

基本的にはパソコンで自動計算されるため、パソコンの入力操作ができれば特に難しいことはありませんのでご安心ください。

現金のやり取りが発生しますので渡し間違いなどを絶対しないように注意しましょう。

薬剤師のサポート

 

コンピュータ、仕事

 

調剤薬局の事務が薬剤師のサポートを行うこともあります。

薬剤師資格を持っていないことがほとんどなので、すべてのサポートはできませんが、簡単なことはよくお願いされるでしょう。

具体的には薬剤の発注・管理や薬剤師の指導のもとで簡単な調合作業をするといったことを行います。

レセプト業務や各種管理簿の作成

医療サービスを受けた場合の費用は患者さんが自己負担する分と健康保険組合等が負担する分があります。

調剤にかかる費用についてもこの仕組みが適用されるのです。

レセプト業務と聞くと医療事務のイメージがあるかもしれません。

実は、調剤薬局の事務でも健康保険組合等が負担する分月に1回算出して請求を行う仕事があります。

この業務は調剤薬局の事務が担当することがほとんどです。

また、患者さんに処方されたお薬のデータ管理も法的に義務づけられた重要な仕事。

一般的に、以下のデータをパソコンに入力し管理します。飲み合わせのトラブルや副作用を防ぐために重要なデータになります。

  • 調剤録:患者さんに処方されたお薬の内容を記録したもの。
  • 薬歴簿:処方時期や処方薬、服薬指導等を記録したもの

調剤薬局の事務のメリット

働き方が選べる

デスク、スマホ、ノートパソコン

調剤薬局事務で働くために資格は必要なく 正社員・派遣・パートなど様々な勤務時間雇用形態の求人があります。

女性は生活の変化によって働ける時間などが変化しやすいため働き方が選びやすいことが大きなメリットになるのです。

また、調剤薬局は全国どこでもあるので一度仕事を覚えれば、引っ越しても同業種のお仕事が見つかりやすい点も魅力になります。

さらに、高齢化社会の影響もあり処方せんの受付枚数は上昇傾向にあります。

今後も調剤薬局の必要性は高まっていくことが予想され、調剤薬局の事務の仕事についても需要は高いといえるでしょう。

薬の知識が身に付く

調剤薬局事務は直接お薬の調合を行うことはありません。

しかし、患者さんのデータ管理や医薬品の管理・発注をすることも多く、薬の知識を身に付けられるというメリットがあります。

未経験でお仕事を始めた場合、最初はわからないことばかりかもしれません。

地道に覚えよう!」という気持ちで努力を続ければ、知識やスキルは必ず身に付きますし、プライベートでも役に立つでしょう。

初めての転職でも安心!無料転職相談で自分にぴったりの仕事を探そう>

調剤薬局の事務と医療事務の違い

スタートアップ、ビジネス

医療事務の場合は「病院」が主な職場となるため、診察・入院・手術・調剤・投薬など診療に関するすべての分野を扱います。

一方で、調剤薬局の事務の場合は「薬局」が主な職場ですので、調剤・投薬などの分野のみを扱うのです。

調剤薬局の事務に役立つ資格

オフィス、メガネ、バラ

調剤薬局の事務に役立つおすすめの資格としては以下の2つがあります。

調剤薬局の事務では資格は必須ではないものの、知識の客観的な証明になりますので採用担当者に安心感を与えられるでしょう。

調剤薬局事務資格

一般財団法人日本能力開発推進協会(JADP)の認定資格です。

薬や処方に関する基礎知識、医療保険制度やレセプトの知識を指定講座で学んだ後、随時在宅受験ができます。

受験資格や年齢制限は特にないため、調剤薬局の事務をこれから目指す方にもおすすめです。

調剤事務管理士

技能認定振興協会(JAMA)の認定資格です。

医薬品に関する基本的な知識や調剤薬局の受付けや会計、レセプトの事務スキルを証明することができます。

試験問題は学科試験(マークシート形式)と実技試験(レセプト点検・作成)の構成です。

こちらの資格も受験資格や年齢制限は特にないため、どなたでも受験することができます。

また、通常は会場で受験する方式ですが、2020年度は在宅試験を実施しているようです。

調剤薬局の事務に向いている人

清潔感がある

 

リキッドソープ

調剤薬局の事務のお仕事には清潔感が求められます。

医薬品を扱うため厳重な衛生管理が必要ですし、幅広い年代の方が来局されるので不快感を与えない身だしなみも大切です。

ネイルや香水は禁止されており、明るすぎるヘアカラーやアクセサリーも敬遠されることも多いです。

仕事中でもオシャレは欠かせないという方には苦痛になってしまうかもしれません。

仕事中のオシャレはこだわらない方であれば、調剤薬局の事務に向いています。

落ち着きがありハキハキしている

調剤薬局事務の仕事は、コツコツと事務作業をするより周囲と会話する機会が多い仕事です。

患者さんだけでなく、薬剤師や他スタッフと適切なコミュニケーションを取ることが求められます。

患者さんから質問を受ける機会もありますので、落ち着いて対応できる方は調剤薬局の事務に向いているといえるでしょう。

テキパキと事務処理ができる

調剤薬局事務のお仕事は、パソコンの操作が欠かせません。

とはいえ専門的な知識は必要なく、ワードやエクセルが使える程度の操作ができれば大丈夫です。

ただし、調剤薬局では患者さんの会計業務やレセプト業務などミスがあってはならない作業もたくさんあります。

正確かつ丁寧な事務処理ができる方が調剤薬局事務のお仕事に向いているでしょう。

まとめ

本、ページ

調剤薬局の事務はお薬の専門知識を身に付けながら、患者さんの健康管理のサポーターとして寄り添うことができます。

とてもやりがいのあるお仕事で未経験・無資格でも転職が可能です。

お薬の分野に特化した事務として、正社員や派遣・パートなど多様な働き方が選べる魅力的なお仕事といえます。

出産や育児・家族の転勤などで生活が変化しても同様のお仕事が見つかりやすく、仕事を続けていきたい方におすすめです。

調剤薬局の需要は高まっており、調剤薬局の事務のお仕事も今後必要性が増していくでしょう。

この記事が調剤薬局の事務を目指す方にとってお役に立ちましたら幸いです。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

無料転職相談をして自分にぴったりの求人を探そう

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

無料転職相談をして自分にぴったりの求人を探そう