20代後半は転職を考える方が多く、かつ企業側からの需要が最も多くなるため転職のチャンスといえる年代です。

第二新卒の20代前半にはない経験やスキルと、30代以降だと厳しい転職後の柔軟な対応力が期待されています。

一方で転職に失敗した実例も少なくないので、転職を考えている方はしっかり情報収集を行うことが大切です。

この記事では、転職エージェントがおすすめする職種とその理由についてまとめました。

転職活動に役立つスキルや注意点も合わせて紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

20代後半におすすめの職種①介護・福祉業

介護する光景

少子高齢化の影響から、介護・福祉業界は年々需要が増え続けている業界です。

未経験でも働くことが可能で、就職後必要な資格を取得することで年収アップが見込めるという特徴があります。

資格によって仕事の幅も広がるので、やりがいのある仕事といえるでしょう。

そして介護・福祉業界は慢性的な人手不足という実情があるため、求人数は他の業界に比べて比較的多いです。

なので年収や福利厚生など自分が転職する理由の優先度を決めたうえで、複数の転職サイトから選ぶようにしましょう。

介護・福祉業界に求められるスキル・経験

フレンドリーなチーム

介護・福祉業界で求められているのは、スキルというよりも気遣いや協調性を備えた人間性です。

人と直に接することの多い仕事なので、サポートする相手を気遣えることや職員同士の協調性が重要視されています。

ちなみに未経験の方でおすすめなのは有料老人ホームです。

職員1人に対して担当の利用者が少ない傾向にあるため、基礎からしっかり仕事を覚えられます。

その後のキャリアアップに繋げたい方は、3年の実務期間が必要とされる介護福祉士の取得を目指しましょう。

介護・福祉業界へ転職時の注意点

タブレットの技術

介護・福祉業界は社会的に意義のある重要なお仕事ですが、理想と実態のギャップがあることも少なくありません。

施設によって利用者がどの程度サポートする必要があるのか、職員1人あたりの担当する人数など様々な違いがあります。

求人情報だけではわからないことも多いので、インターネットでの情報収集はしっかり行いましょう。

そして実際に介護・福祉業界で働いている人のリアルな声を聞くことが一番の近道です。

また職場見学ができる施設もあるので、電話やメールで問い合わせてみるといいでしょう。

20代後半におすすめの職種②営業職

ビジネスミーティング

営業職は中途採用で人気があり、実際に転職している割合が男性・女性共に最も多いといわれている職種です。

専門的なスキルや資格は必要とされておらず、未経験で転職する方が多数を占めています。

人と話すのが好きだったり、プレゼン力を活かしたいという方は特に向いているでしょう。

仕事の成果が給料に直結しやすく、やりがいのある職種でもあります。

営業職に求められるスキル・経験

オフィス

営業職に求められる資格は特になく、学歴も大抵は高卒以上となっていることが大半です。

ただし20代後半は大抵一度は働いた経験があるので、社会人としての基礎はすでに身についていることが求められています。

20代前半と違って即戦力としての一面が期待されていることを意識しましょう。

また営業職で評価されるポイントは、前職での実績や成果です。

仕事でのモチベーション・行動・成果を具体的に説明できると高い評価を得られます。

営業職へ転職時の注意点

時は金なり

実際に転職した方の声で、「年収アップを期待していたのに期待外れだった」というようなことがあります。

営業といっても業種や企業によって年収は大きく幅があるので、しっかりリサーチすることが大切です。

また独自で調べるのに限界を感じたら、キャリアアドバイザーを頼ってみましょう。

「マイナビエージェント」や「doda」など、キャリアアドバイザーに相談できるサイトは数多くあります。

場合によっては非公開求人を紹介してくれることもあるので、貴重な機会を得られるチャンスです。

20代後半におすすめの職種③IT・インターネット業界

アップル、コンピューター

IT・インターネット業界は現在でも市場が拡大している注目の職種です。

そのため中途採用の求人情報が多く出されています。

未経験でも転職先の社風に柔軟な対応ができる若手は重宝されるので、20代の今がチャンスといえるでしょう。

さらに社会人経験を持つ20代後半は、中途採用で求めている人材に合致しやすいです。

将来性のある業界なので、早めに入っておくとキャリアアップや年収アップが期待できます。

IT・インターネット業界に求められるスキル・経験

キーボードの操作

専門性が高い職種ではありますが、若手であれば仕事を通して育てようと考えている企業が多いです。

そのため前職の実績ポテンシャルの高さが評価に影響します。

自身の強みや今後の意欲をアピールしましょう。

関連する資格取得を目指すのも一つの方法ですが、30代直前の方はまず転職活動を始めるのがおすすめです。

30代になるとスキル重視の採用に変わったり、求人数自体が少なくなる傾向があります。

IT・インターネット業界へ転職時の注意点

パソコンを操作する女性

 

20代のうちは伸びしろを期待されている面が大きいので、キャリアプランが明確でなければ評価は低くなってしまいます。

また転職には成功しても自身の経験が上手く活かせず、思うような働き方ができなったという声もありました。

転職してよかったと思えるような働き方をするためには、長期的なキャリアプランを策定することが大切です。

この業界で何ができるようになってゴールはどこを目指すのか、大枠の個人目標を立ててみましょう。

目標が決まることで課題や必要となるスキルが明確になり、キャリアアップへつなげることができます。

20代後半におすすめの職種④ベンチャー企業

ベンチャー企業

新しい事業に挑戦するベンチャー企業は、自身の能力を活かしやすいやりがいのある仕事です。

未経験でも成長意欲を持った若い人材は歓迎される傾向にあります。

働き方や成果によっては重要なポストを任される可能性も少なくありません。

結果を出すまでの中長期的な努力は必要ですが、キャリアアップや年収アップにつながりやすい仕事といえます。

20代のうちは体力的に多少の無理がきく年齢でもあるので、チャレンジ精神で臨むのも成功を掴む方法です。

ベンチャー企業に求められる経験・スキル

手に持っている風船

ベンチャー企業には様々な職種があるため、求められるスキルは会社ごとに異なります。

比較的IT関連の企業が多いので、基礎的なPCスキルは持っておくと活かせる機会があるでしょう。

基本的には未経験でも若手として重宝されます。

大切なのは、一通りのビジネスマナー仕事に対する意欲です。

キャリアアップを目指すのならば、基礎はしっかり固めておきましょう。

ベンチャー企業へ転職時の注意点

建物

ベンチャー企業は最初のうち人件費を抑えたいという考える傾向にあるため、少数精鋭で働いていることが多いです。

つまり一人当たりの負担する仕事量が多い可能性が高いといえます。

また新しいことに挑戦しているのですから、企業に将来性があるかどうかは正直なところ不透明です。

一方重要な仕事を任されたり経営者の近くで働けるなど、貴重な機会を得る可能性が高いというメリットもあります。

20代のうちなら失敗しても立ち上がるチャンスはあると考えれば、挑戦する価値はあるでしょう。

20代後半におすすめの職種⑤不動産業界

ビルの間に見える空

専門的な知識が必要とされる不動産業界は、20代後半の方にとって未経験で入れるラストチャンスともいえます。

就職人口が減っているという実情があるため、企業側はじっくり育てていける若い人材を求めているからです。

専門性の高い職種は、自身のスキルアップとして有利になることが多いでしょう。

企業から重宝されますし、年収アップにもつながりやすいです。

最初は学ぶことが多く大変な一面もありますが、30代では未経験だと厳しい職種なので時期を逃さず挑戦してみましょう。

不動産業界に求められるスキル・経験

マーカーを使う手

不動産業界の中で、賃貸仲介や不動産の資産管理を行うプロパティマネジメントなどは未経験でも採用されやすい職種です。

必要とされるのは他の業界と同様に、ポテンシャルの高さがあげられます。

また人材育成の観点から、他の企業の風習に捕らわれない若い考え方が評価のポイントです。

そして仕事内容によって異なりますが、例えば賃貸仲介は接客業や営業の経験をアピールすると評価されやすいでしょう。

求人情報を読み込んで、どんな人材が求められているのか見極めることが大切です。

不動産業界へ転職時の注意点

本物のお金

不動産業界は仕事内容によって年収が大きく異なります。

年収アップを期待するのであれば、より専門性の高い売買に携わる仕事がおすすめです。

しかし必然的に難易度は高くなるため、前職での経験が重要視される傾向にあります。

特に法人営業の経験がある方は転職に有利です。

求人内容をしっかりリサーチし、年収アップに繋がる仕事を選びましょう。

20代後半のチャンスを活かして転職しよう

転職する女性

 

20代後半は求人数が最も多いチャンスの年代です。

社会人経験があり、ポテンシャルの高い人材が様々な企業から求められています。

自分のやりたいことや優先したい希望条件を明確にしたうえで、求人を探してみてください。

転職エージェントに相談するのも、転職を有利に進める方法です。

20代であるチャンスを活かして、自分が納得できる理想の転職を成功させましょう。

 

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら