転職は第2の人生のスタートラインです。

これまでに経験したことのない職業にチャレンジしてみたいという人も多いのではないでしょうか。

人気のある職業の中には、有資格者だけではなく未経験者も歓迎しているケースが多々あります。

今回は、転職希望者に人気がある職業をジャンル別に紹介していきます。

人気の理由や気になる年収、そして将来性も要チェックしておきましょう。

不動の人気は事務職

 

事務

人気の転職先といえばやはり事務職です。

未経験者への求人窓口も広く、転職しやすい環境といえます。

人気の理由

未経験者の募集も多い事務職の魅力は、一般的に負担が少ないことがあげられます。

専門的な知識や技術を求められることは少なく、社会人としての常識と礼節を持っていることが重視されるでしょう。

時間やノルマを意識する必要がないため、精神的・肉体的な負担がそれほど大きくありません。

事務職には様々な仕事内容がありますが、一般的にサポートをメインとする仕事ともいえます。

それゆえ、イレギュラーに仕事が入ってくることは稀で、プライベートの充実化を図りやすいというメリットを持っています。

ほぼ定時で帰宅できるため、ライフワークバランスを維持しやすいのです。

育児が忙しいためオンとオフを区別したい、プライベートに仕事を持ち込みたくないという人から人気を集めています。

事務職の収入事情

一般事務から医療事務、経理事務など様々な事務職がありますが、平均年収は約300万円です。

残業なども少なく、年収があがるのはなかなか難しいのも現実といえるでしょう。

とはいえ、パソコンや簿記などの必要なスキルが向上し資格を取得することによって、年収が350万円を突破することも可能なのです。

事務職の将来性

事務

一般的にいわれているように、将来性が低いということは否めません。

近年、事務職ではITシステムの導入を通じてコスト削減を図っており、ITの普及を機に事務職の需要が減少傾向をたどっています。

しかしながら、全ての事務作業をIT技術で遂行出来るわけではなく、当然のことながら人の力を必要とする場面があります。

特に、来客対応などは細やかな気配りが不可欠です。

事務職に転職を希望するのであれば人の力を必要としている職種成長を見込める職種などを目指すといいでしょう。

未経験採用率の高い営業職

仕事場

営業職も事務職と並んで人気の高い転職先となりますが、ノルマなどの不安要素がある人もいるのではないでしょうか。

営業職はなぜ人気が高いのか、詳しく紹介していきます。

人気の理由

営業は楽な仕事ではないという人も多いようです。

しかし、時代の移り変わりに伴い商品やサービスに対するニーズが多様化しています。

顧客の個別性に着目しつつ販促活動などを展開することも必要となるでしょう。

女性は相手の要求を察知して行動するスキルが高いといわれています。

クライアントへの配慮など、女性ならではの営業力を生かしていけば高い成果を上げることも可能といえます。

営業は収入が仕事成果と直結する為、頑張りによって収入アップが望める仕事です。

また企業によっては成果を収めてさえいれば、時短勤務を認めている所もあります。

更に営業先を回るルールが事細かく決められていない場合が多く、時間に拘束されている感覚が少ないのも魅力といえるでしょう。

営業職の収入事情

収入面では事務職よりも高い傾向にあります。

年収は、職種によってもばらつきがありますが平均約460万円といわれています。

当然のことながら営業職としての成績が反映されており、成果をあげれば昇給もありえます。

地道な努力が収入に反映される職種といえるでしょう。

未経験でも、求められる営業力を身につけることで収入が増加します。

日ごろの頑張りが目に見える形で評価されるため、やりがいを感じられる職種です。

営業職の将来性

営業

事務職の解説でも触れましたが、近年ありとあらゆる場面でITの影響を受けています。

営業職はITの影響を受けにくいといわれていますが、やはり影響は少なからず受けています。

従来、営業は顧客の元に何度も足を運び対面で交渉していました。

この基本の営業スタイルは信頼を得る上で重要ですが、徐々に廃れているのが現状です。

多くの企業がWeb上でのマーケティング戦略にシフトチェンジし、新たな営業モデルの構築を推進しています。

そんな中にあっても、クライアントの反応やフォローなど細かい気遣いは人でなければ難しいでしょう。

今後の営業職はAIとの共存というスタイルになるはずです。

転職に人気のコールセンターにも営業職がある

コールセンター

女性の転職先として人気の高いコールセンターですが、こちらの職種も多岐にわたります。

主に受電と発信に分類することが出来ますが、発信では企業のサービスを提案する営業の仕事もあるのです。

コールセンターは時給制がほとんどですが、相場は高く1200円から1500円ほどとなっています。

また働く時間も自分で申告する場合が多く、プライベートを充実させたい女性に人気の仕事です。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

人気上昇中のエステシャン

エステ

今、女性の転職先として注目されているのがエステシャンです。

ライフスタイルが変わっても働き続けやすいといわれているエステシャンにはどんな魅力があるのでしょう。

人気の理由

エステシャンは未経験募集を多く出しており、正社員になるとほとんどの場合は福利厚生も充実しています。

未経験者でも転職しやすい職種といえるでしょう。

職場のほとんどが女性ということもあり、子供の病気や子供行事への参加などへの休みがとりやすくなっています。

女性ならではの事情を互いに共有しサポートする傾向が強く、ライフスタイルが変わっても安定的に働き続けられるのが魅力です。

また、エステサロンでの仕事は国家資格が必須ではなく、未経験の状態からキャリアを積んでいるスタッフは大勢います。

たとえ未経験者でも、強い向上心さえ持っていれば活躍の場を得られるのです。

エステシャンの収入事情

エステシャンの正社員平均年収は300万円~400万円ほどです。

この業界は年齢や勤務年数が給与に反映されにくいものの、実力を身に着けることによって収入アップが見込めます。

エステプランの契約やリピーターの獲得など、サロンの売り上げに貢献したスタッフは評価が高くなるのです。

歩合制を導入している場合は、売り上げの3パーセントから10パーセント程度が給与に上乗せされるようです。

また中には独立を目指す人もいるでしょう。

平均してサロンの経営に成功している人たちは、年収が500万円以上で中には年間に数千万円を稼いでいる人もいます。

エステシャンの将来性

エステ

長年にわたってエステ業界では、労働環境よりもサービスの質が重要視されてきました。

そして近年は、労働と待遇が見合っていない体制をメディアで指摘される事態に発展しています。

結果、エステ業界の実態に対する関心が一気に高まり待遇改善に取り組むサロンが少しずつ増え始めています。

とはいえ、エステサロンは増加の傾向にあり、転職の際は業務内容をしっかり把握し働きやすい環境か否か確認する必要があります。

また、女性を対象としたエステ以外にもメンズエステの需要も増加しており、幅の広い活躍が期待出来ます。

未経験が有利な場合がある

成功

転職をする場合、経験があった方が有利という言葉をよく聞きます。

しかし企業側が未経験者を募集する理由は、未経験だから働いて欲しいという意図が隠されているのです。

未経験者だとしても他のスキルがあれば、幅の広い仕事が可能になります。

また仕事に癖がなく、1から教育出来るというメリットもあるのです。

未経験だからと恐れずに、再スタートを切ってみてはいかがでしょう。

特に転職が初めての場合は、転職エージェントに相談をして自分のライフスタイルにあった仕事を探すことをおすすめします。

未経験でも転職可能な職業にチャレンジしよう

仕事

近年、自分の働き方を改革しようと転職する女性は増えています。

未経験の世界へ飛び込むには少々勇気が必要ですが、そこには新しい発見も待っているはずです。

人気の職業の中にも、多種多様の職種が隠れています。

しかし転職者だからこそ、慎重に自分の求める仕事を探していけるのです。

未経験者ならではのフレッシュな感覚を活かし、転職するのもいいのではないでしょうか。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら