事務職といっても一般事務や経理事務・医療事務など多くの職種があります。中でも総務事務は会社の雑務全般を受け持つ縁の下の力持ちのような業務です。

総務事務が気になった方の中には、仕事内容が多くどこにポイントを絞って履歴書を書けばよいのか迷う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこでこのページでは総務事務の志望動機の書き方を徹底解説します。例文NG例も紹介しますので是非参考にしてみてください。

総務事務ってどんな仕事?

総務事務は書類の作成から備品の管理来客時の対応など会社の雑務を引き受ける仕事です。

その他にも各種手続きから社員への説明まで何でもこなします。営業や製造とは違い社内が円滑に機能するために尽力する業務です。

他の人のサポートをすることが好きな人やたくさんの人とかかわりを持つことが好きな人にはおすすめの仕事になります。

総務事務に向いている人って?

総務事務はオフィスワークが基本です。特に担当を限定された仕事ではなく幅広く対応します。

コツコツと小さな仕事を積み重ねる仕事が好きな人やオフィスワークが苦にならない人は適性があるでしょう。

社員の業務に関連する重要な書類を作成したり様々な部署とかかわりを持つためコミュニケーション能力が高い人は総務事務に向いているといえます。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

重要なアピールポイント【3選】

ポイントは総務事務の仕事内容を考えてアピールすることです。自分の経験談を交えるとより具体的になります。

コミュニケーション能力が高い

総務事務はいろいろな部署とやり取りをする仕事です。時には書類内容を説明する必要もあります。

多くの人と会話し社員を支える裏方の仕事だからこそコミュニケーション能力が高いことは重要です。

書類を読み取って正確に相手に伝えることができればとても喜ばれるでしょう。

人の支えになることができる

総務事務の仕事は大きな契約をとって喜ばれたり凄い商品を開発して注目を浴びる仕事ではありません。

どちらかといえば小さな仕事コツコツ積み上げていきます。そのため自分が一番に注目を浴びたいというよりも人の支えになることが重要です。

後方支援裏方の仕事が好きな人はきちんとアピールしましょう。

オフィスワークの経験がある

社内

書類の管理などオフィスワークの経験がある場合はしっかりアピールしましょう。

転職で総務事務を求めている会社はオフィスワークのスキルを持つ人材を求める場合も多いです。

書類の作成や管理がしっかりとできるのは即戦力として重要なアピールポイントになります。

志望動機の例文【6選】

それでは具体的に志望動機の例文を掲載します。アピールポイントを含め総務事務の仕事にマッチする人柄が伝わることを目標にしましょう。

オフィスワークの経験をアピールする例文

  • 現在の会社では一般事務として書類作成のサポートや書類の管理・電話対応業務に従事しています。
    Microsoft WordやMicrosoft Excelを使用し文章作成を行うことにやりがいを感じていますが、さらに幅広い業務に携わりたいと思い転職活動を始めました。採用活動を活発に実施している貴社であれば、書類作成や社員のサポート業務の深度を深められ、スキルアップにつながると考えて志望しました。

自分の持っている事務処理スキルを具体的にアピールします。
スキルアップしたいという将来のビジョンも伝えることができるとより良いです。

他人をサポートしてきた経験をアピールする例文

  • 現在の会社では飲食業のフロアマネージャーとして店舗スタッフのサポートや接客業務を行っています。アルバイトとして採用されてから常に丁寧な接客を心がけ、フロアマネージャーに抜擢されました。また日々の食品発注業務にもかかわっており数字を頭にインプットする力にも自信があります。飲食業の業務にやりがいを感じていますが、特にスタッフのサポートに注力したいと感じて転職活動を決めました。

他人をサポートできる経験は積極的にアピールしましょう。前職でどのような業務にあたっていたのか具体的に伝えることも重要です。

  • 私は大学時代にテニス部のマネージャーをしていました。部員の健康管理やサポートを通じて部活動に打ち込む仲間をサポートする楽しさを感じていました。誰が困っているのか誰に何をすれば良いのかを判断する力も養われたと考えます。
    この経験を通じて、沢山の方のサポートを行い社内の業務をスムーズにする総務事務の仕事に興味を持ちました。

新卒の場合でも経験談を交えながらどのように貢献できるかをアピールしましょう。

今までの職業の経験をアピールする例文

メモ

  • 現職では薬品の営業をしております。営業チームの一員としてお客様に提案する業務を大切に行ってきましたが、書類作りやアポイントメントの対応など仲間をサポートする仕事がしたいと感じ転職を決意しました。営業で培ったお客様の声を聞く力は、誰が困っているのかを判断できることに役立つと考えます。チーム単位で業務にあたる貴社であれば、これまでの営業での経験を、社員の皆様のサポートに役立てられると考え志望しました。

前職の経験をどう活かすのかをアピールしてください。何故この会社なのかも伝えることができるとさらに良いです。

コミュニケーションのスキルをアピールする例文

  • 前職では教材販売の営業をしておりました。お客様とコミュニケーションを取りながら、何を求められているのかを大切に考えてきました。お客様から何度も「納得のいく商品をありがとう」というお言葉をいただき、自信に繋がりました。
    総務事務という仕事は未経験ですが、お客様の気持ちに寄り添ってきたコミュニケーション能力を活かして、社員の皆様の気持ちに沿いながらより良い環境づくりに貢献したいと考えています。

総務事務はたくさんの社員と会話をします。誰にでもわかりやすく説明できるコミュニケーション能力は大きなアピールポイントになります。

総務事務の仕事に魅力を感じていることをアピールする例文

  • 昔からコツコツと小さな作業を積み重ねていくことが好きでした。書類整理やファイリングも得意です。貴社の業務では書類を多く扱っていると聞きましたので、社内の業務が円滑に行われるよう、書類の作成や整理業務に貢献できると考えました。

事務の業務に繋がる好きなこと得意なことはきちんとアピールしましょう。

志望動機のNG例文【2選】

教室

自分をアピールすることはとても良い事なのですが、その内容がぼやけていたり悪印象を与える文章では逆効果になってしまいます。

志望動機のNG例文も参考にしてみてください。

自信が無いという態度を全面に出す

  • 総務事務の仕事は未経験なので自信がありません。今は何も分からないのでお仕事を教えていただければと考えます。よろしくお願いします。

学ぶ姿勢は大切ですが、自分は何もできないという控えめな主張は得策ではありません。

企業は求人に応募してきた人は何ができるかを見ています。何もできない人は採用には繋がりません。

ミスや不安を見せる

  • 最初はいろいろ間違ってしまうこともあるかと思いますが、笑顔でカバーしたいと考えます。頑張るのでよろしくお願いいたします。

最初から間違うことを前提にするのは印象が良くありません。総務事務の仕事は大切な書類を扱うため正確さが求められます。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

総務事務の志望動機の書き方まとめ

志望動機を書くときには具体的エピソードを交えてアピールしましょう。総務事務の業務内容沿うようなアピールポイントを用意するのが重要です。

自分のアピールポイントが分からない方はぜひ無料転職相談でエージェントに相談してください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら