女性に人気の事務職種おすすめランキングを紹介!平均年収や転職に有利な資格は?正社員の目指し方と注意点をエージェントが解説

事務職は書類を作成したり電話の対応をするのが主な業務です。専門的な技術よりも一般知識が必要な仕事になります。

求人を見かける機会も多いです。ただし事務といっても実際は多くの種類があり、選ぶ職種によって仕事の内容も変わります。

女性に人気の事務職。気になるけれどどの職種を選べばいいのか迷う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこでこのページでは事務職種のおすすめランキングを紹介します。年収や有利な資格も紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

事務職種おすすめランキング【トップ3】

パソコン

事務職のおすすめランキングです。各職種の平均年収もあわせて記載しています。

事務職は職種によって業務内容も変わりますので、転職を考えているのであれば自分に合う職種を選んでください。

自分にぴったりの事務職を無料転職相談で相談してみよう

第3位:営業事務

握手

営業事務は営業職に就いている人をサポートするのが主な業務です。

見積書を作成したり商品の所在や数を確認したり、場合によってはお客様である取引先との電話対応をすることもあります。

営業がお客様ときちんと商談できるように支える縁の下の力持ちのような役割です。

忙しい営業の言いたいこと・してほしいことを上手に汲み取ることができればとても重宝されます。

営業事務の平均年収は320万円前後です。ただし扱う商品や事業所の規模によって年収は大きく左右されます。詳しくは無料転職相談で相談するのも手です。

第2位:医療事務

医療事務は病院書類の管理受付業務などを担当する仕事です。

他にも書類を引き継いだり病院内の案内など、患者と医療従事者を繋ぐ役割もあります。

窓口で患者と接することが多く病院の顔として見られることもあるでしょう。

接客が得意な人や書類整理が好きな人にもおすすめの職種になります。

病気で困っている患者の助けになることにやりがいを感じる人もいるようです。医療事務の平均年収は270万円前後になります。

やや年収が低いと感じる方もいらっしゃるかもしれません。これは病院は業務時間が決まっており、残業が発生しないことによるのかもしれません。

第1位:一般事務

事務

一般事務の仕事は書類の作成電話対応などになります。

その他仕事内容は会社の業種によるところも大きいので、詳しく知りたい方がいらっしゃいましたら無料転職相談からエージェントにご相談ください。

会社によっては経理庶務の仕事を任されることもあるようです。ファイリングが得意な方や整理整頓が上手い方にはおすすめの職種になります。

一般事務枠で求人を出す会社は多く採用のチャンスもそれなりにあるようです。

専門の技術や経験を要求されることはほとんどありません。それよりも書類作成や電話対応・敬語などごく一般的な常識が大切になります。未経

験でも挑戦できる職種です。

平均年収は290万円前後になります。ただし経験年数や資格の有無で給与は大きく変わるようです。

他にもこんな事務職がある

パソコン

他にも事務職には様々な職種があります。

経理を担当する経理事務や通訳のスキルが役に立つ貿易事務・重役を補佐する秘書などです。

これらの事務職は一般的な事務に比べて専門的な知識が必要になります。

気になるようでしたら無料転職相談で相談してみてください。自分に合う事務職を見つけましょう。

事務職おすすめ資格【3選】

機材 未経験でも採用のチャンスがある事務職ですが、特定の資格を持っていると手当が支給される場合があります。

また資格や知識があれば業務がスムーズになることもあるようです。面接時のアピールポイントにも繋がります。

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

MOSはマイクロソフトオフィスソフトの利用スキルを証明してくれる資格です。

書類作成のためのスキルを客観的に証明してくれるので転職に有利になります。

知識がそのまま業務に役立つことも重要なポイントです。事務職全般に関わりのある資格になります。

医療事務技能審査試験

フラスコ

医療事務技能審査試験は医療事務の業務スキルを証明してくれる資格です。

医療事務では診療報酬請求事務業務など少し特殊な仕事もあります。

この資格があれば面接官は大きく注目するでしょう。

日商簿記検定

日商簿記検定はビジネスパーソンが身につけておきたい基礎知識を証明してくれる資格です。

初級から1級まであり、1級では極めて高度な簿記の知識が要求されます。

経理事務なら2級を採用基準にする企業が多いようです。いきなり2級は難しそうだと感じたらまずは3級に挑戦しても良いでしょう。

知識が広がるとキャリアアップにも繋がります。

正社員の採用を目指す【3つの工夫】

パソコン

一般的な事務職には正社員の他パートや派遣といった働き方があります。

数ある求人の中から正社員の事務を探して応募してみても、倍率が高く採用にならないといった経験がある方もいらっしゃるかもしれません。

ここでは正社員の採用を目指すための解説をしていきます。

条件を見直す

メモ

事務職正社員の求人に応募する人はより良い条件を求めています。

自分が希望するすべての条件を満たす求人は、自分以外の誰かの条件と重なっているかもしれません。

会社の立地や未経験者の可不可・残業の有無など募集に提示される条件は様々です。

特に交通の便が良い会社の求人は応募も殺到するでしょう。もし通勤時間が気にならないならば郊外の事業所を視野に入れてみるのも良いかもしれません。

他にも勤務時間や残業など自分が譲れそうな条件は見直してみましょう。競争倍率の高い求人ばかりに応募しても疲弊してしまいます。

英語力を磨く

英語

ネットの発達した昨今はメールで海外の方とやり取りする企業も増えて来ています。英語力があれば重宝されるでしょう。

外国語の電話問い合わせなどにも対応できるならアピールポイントとして伝えてみてください。

自分をきちんとアピールする

いざ正社員の面接に行くと緊張して小さな声になってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

他にも自分をアピールするのが何だか申し訳なく感じる方もいらっしゃるかもしれません。

奥ゆかしいことは美徳とされていますが面接でははっきりと自分のアピールポイントを決めてアピールしましょう。

分かりやすくアピールできれば面接官にもきちんと伝わります。

何を重視するかで事務職を選ぶことも

楽しい

事務職はたくさんの職種があります。どんな職種が自分に合うのか迷ってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんなときは自分がどのように生きたいかを考えるのも手です。

プライベートな時間を重視したいのなら医療事務はいかがでしょうか。就業時間が決まっており残業が無いので自分の時間を毎日確保できます。

年収はそれほど高くありませんがプライベートを大切にしたい方にはおすすめです。

キャリアアップを希望するなら経理なども扱う一般事務はいかがでしょう。経験を積み知識を蓄え資格試験に挑戦することもできます。

他にも自分に合う事務職があるかもしれません。無料転職相談で相談して良い職種を見つけてください。

女性に人気の事務職種おすすめランキングまとめ

タブレット

事務職の求人は未経験OKとしているものが多いです。業務内容は一般常識による部分が多いので未経験者でも充分戦力になります。

そのためデスクワーク未経験者がチャレンジできる職種です。

また事務職は職種によりさまざまな業務内容があります。自分にあう・活躍できる事務職を見つけましょう。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

無料転職相談をして自分にぴったりの求人を探そう

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

無料転職相談をして自分にぴったりの求人を探そう