事務職は書類を作成したり電話の対応をするのが主な業務です。専門的な技術よりも一般知識が必要な仕事になります。

求人を見かける機会も多いです。ただし事務といっても実際は多くの種類があり、選ぶ職種によって仕事の内容も変わります。

女性に人気の事務職。気になるけれどどの職種を選べばいいのか迷う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこでこのページでは事務職種のおすすめランキングを紹介します。年収や有利な資格も紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

事務職種おすすめランキング【トップ3】

パソコン

事務職のおすすめランキングです。各職種の平均年収もあわせて記載しています。

事務職は職種によって業務内容も変わりますので、転職を考えているのであれば自分に合う職種を選んでください。

第3位:営業事務

握手

営業事務は営業職に就いている人をサポートするのが主な業務です。

見積書を作成したり商品の所在や数を確認したり、場合によってはお客様である取引先との電話対応をすることもあります。

営業がお客様ときちんと商談できるように支える縁の下の力持ちのような役割です。

忙しい営業の言いたいこと・してほしいことを上手に汲み取ることができればとても重宝されます。

営業事務の平均年収は320万円前後です。ただし扱う商品や事業所の規模によって年収は大きく左右されます。詳しくは無料転職相談で相談するのも手です。

第2位:医療事務

医療事務は病院書類の管理受付業務などを担当する仕事です。

他にも書類を引き継いだり病院内の案内など、患者と医療従事者を繋ぐ役割もあります。

窓口で患者と接することが多く病院の顔として見られることもあるでしょう。

接客が得意な人や書類整理が好きな人にもおすすめの職種になります。

病気で困っている患者の助けになることにやりがいを感じる人もいるようです。医療事務の平均年収は270万円前後になります。

やや年収が低いと感じる方もいらっしゃるかもしれません。これは病院は業務時間が決まっており、残業が発生しないことによるのかもしれません。

第1位:一般事務

事務

一般事務の仕事は書類の作成電話対応などになります。

その他仕事内容は会社の業種によるところも大きいので、詳しく知りたい方がいらっしゃいましたら無料転職相談からエージェントにご相談ください。

会社によっては経理庶務の仕事を任されることもあるようです。ファイリングが得意な方や整理整頓が上手い方にはおすすめの職種になります。

一般事務枠で求人を出す会社は多く採用のチャンスもそれなりにあるようです。

専門の技術や経験を要求されることはほとんどありません。それよりも書類作成や電話対応・敬語などごく一般的な常識が大切になります。未経

験でも挑戦できる職種です。

平均年収は290万円前後になります。ただし経験年数や資格の有無で給与は大きく変わるようです。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

他にもこんな事務職がある

パソコン

他にも事務職には様々な職種があります。

経理を担当する経理事務や通訳のスキルが役に立つ貿易事務・重役を補佐する秘書などです。

これらの事務職は一般的な事務に比べて専門的な知識が必要になります。

気になるようでしたら無料転職相談で相談してみてください。自分に合う事務職を見つけましょう。

事務職おすすめ資格【3選】

機材 未経験でも採用のチャンスがある事務職ですが、特定の資格を持っていると手当が支給される場合があります。

また資格や知識があれば業務がスムーズになることもあるようです。面接時のアピールポイントにも繋がります。

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

MOSはマイクロソフトオフィスソフトの利用スキルを証明してくれる資格です。

書類作成のためのスキルを客観的に証明してくれるので転職に有利になります。

知識がそのまま業務に役立つことも重要なポイントです。事務職全般に関わりのある資格になります。

医療事務技能審査試験

フラスコ

医療事務技能審査試験は医療事務の業務スキルを証明してくれる資格です。

医療事務では診療報酬請求事務業務など少し特殊な仕事もあります。

この資格があれば面接官は大きく注目するでしょう。

日商簿記検定

日商簿記検定はビジネスパーソンが身につけておきたい基礎知識を証明してくれる資格です。

初級から1級まであり、1級では極めて高度な簿記の知識が要求されます。

経理事務なら2級を採用基準にする企業が多いようです。いきなり2級は難しそうだと感じたらまずは3級に挑戦しても良いでしょう。

知識が広がるとキャリアアップにも繋がります。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

正社員の採用を目指す【3つの工夫】

パソコン

一般的な事務職には正社員の他パートや派遣といった働き方があります。

数ある求人の中から正社員の事務を探して応募してみても、倍率が高く採用にならないといった経験がある方もいらっしゃるかもしれません。

ここでは正社員の採用を目指すための解説をしていきます。

条件を見直す

メモ

事務職正社員の求人に応募する人はより良い条件を求めています。

自分が希望するすべての条件を満たす求人は、自分以外の誰かの条件と重なっているかもしれません。

会社の立地や未経験者の可不可・残業の有無など募集に提示される条件は様々です。

特に交通の便が良い会社の求人は応募も殺到するでしょう。もし通勤時間が気にならないならば郊外の事業所を視野に入れてみるのも良いかもしれません。

他にも勤務時間や残業など自分が譲れそうな条件は見直してみましょう。競争倍率の高い求人ばかりに応募しても疲弊してしまいます。

英語力を磨く

英語

ネットの発達した昨今はメールで海外の方とやり取りする企業も増えて来ています。英語力があれば重宝されるでしょう。

外国語の電話問い合わせなどにも対応できるならアピールポイントとして伝えてみてください。

自分をきちんとアピールする

いざ正社員の面接に行くと緊張して小さな声になってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

他にも自分をアピールするのが何だか申し訳なく感じる方もいらっしゃるかもしれません。

奥ゆかしいことは美徳とされていますが面接でははっきりと自分のアピールポイントを決めてアピールしましょう。

分かりやすくアピールできれば面接官にもきちんと伝わります。

何を重視するかで事務職を選ぶことも

楽しい

事務職はたくさんの職種があります。どんな職種が自分に合うのか迷ってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんなときは自分がどのように生きたいかを考えるのも手です。

プライベートな時間を重視したいのなら医療事務はいかがでしょうか。就業時間が決まっており残業が無いので自分の時間を毎日確保できます。

年収はそれほど高くありませんがプライベートを大切にしたい方にはおすすめです。

キャリアアップを希望するなら経理なども扱う一般事務はいかがでしょう。経験を積み知識を蓄え資格試験に挑戦することもできます。

他にも自分に合う事務職があるかもしれません。無料転職相談で相談して良い職種を見つけてください。

女性に人気の事務職種おすすめランキングまとめ

タブレット

事務職の求人は未経験OKとしているものが多いです。業務内容は一般常識による部分が多いので未経験者でも充分戦力になります。

そのためデスクワーク未経験者がチャレンジできる職種です。

また事務職は職種によりさまざまな業務内容があります。自分にあう・活躍できる事務職を見つけましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら