デスクワークが主な職種とは

デスクワーク

女性に人気のデスクワークですが、具体的にどういった職種があるのでしょうか?

デスクワークといえば、パソコンに向かって座って仕事をするイメージがあります。

しかしパソコンを利用することは同じでも、業務内容は職種によって大きく変わってくるのです。

どんな職種があるのか詳しく知りましょう。

一般事務

一般事務では、データ入力や集計からファイリングなどを行います。

また電話対応はもちろん、来客対応まで行う場合があるので臨機応変な業務となるでしょう。

そのためパソコンに凄く詳しくてもそれだけでは足りず、接客経験などが少し必要になってきます。

しかし一般事務は未経験の方でも簡単に行える作業が沢山あるため、デビューしやすいです。

経理・財務・会計

経理

経理・財務・会計では主に会社の金銭関係の業務を行います。

会社にとって重要な立ち回りとなるため、責任感が必要です。

しかし経理・財務・会計を一度経験すると様々なことが学べます。

今後にとても役立つスキルが身に付きますし、自分自身を大きく成長させられるでしょう。

総務

具体的にこれといった業務内容は無く、同じ会社の社員さんを万遍なくサポートする立ち回りが多いです。

会社全般の管理となるため、物品の貸し借りの管理や、社員さんの声を聴いて改善案を出したりと様々なことを行います。

そのため所属している会社に対してとても詳しくなりますし、沢山の方とお話する機会が増えてすぐに社員さんとも仲良くなれるでしょう。

中にはお花の水やりといった作業まで業務としてあるため、そうした作業が好きな方には大変向いているかもしれません。

デスクワークが人気な理由

勤務中の女性

デスクワークは昔から今までずっと女性に人気の職種となります。

それには様々なメリットがあるからです。

どんなメリットがあるか知って、転職の視野に入れてみましょう。

外出回数が少ない

デスクワークは主に自分の座席に座ってパソコンを操作したりする作業となるため、外出する機会が少ないです。

そのためインドアの方にはとてもありがたい職種だと思います。

外出する機会が少なければ身だしなみを一々気にする必要がなくなるでしょう。

つまり所属している会社の規定に沿っていれば、スーツを着用する必要がなくなります。

また暑い夏や寒い冬の外出は、日焼けや冷え性を気にしている方にとって大敵です。

そうした問題とも無縁となるためおすすめの職種となります。

立ち仕事よりは疲れにくい

勤務時間中はなるべく座席に座って業務を行えるため、長時間立ちっぱなしの立ち仕事に比べれば疲れにくいでしょう。

女性は足のむくみなど気になるかと思います。またヒールを履いて長時間立つとかなり疲れるでしょう。

しかしデスクワークは座っていられるのはもちろん、足元が隠れるために好きな靴を履ける可能性もあります。

体力に自信のない方は体力をあまり使わずに済みますし、寒がりの方はブランケットをかけたまま仕事が可能です。

未経験でも高収入のデスクワークは?

タイピング

未経験でも高収入のデスクワークはもちろんあります。

ですが専門的な知識は無くても、パソコンの知識やスキルは少なからずあった方が良いです。

基本的にExcelやWordを使用する可能性が高いため、問題なく使えるくらいの知識は必要となります。

保険会社関係の事務

保険会社関係の事務は他の事務と比べて年収が割と高めです。

営業ではないため、データをまとめて集計したりする業務とはなりますが、保険会社の専門知識を学ぶ必要はあります。

しかし独学で頑張るのではなく、入社してから段階を踏んで徐々に覚えていきながら働けるため安心です。

営業事務

営業事務も専門知識や資格を必要とせず、未経験でも働けて高収入が得られる職種です。

しかし営業をサポートする事務となるため、営業と同じくらい用語や知識が必要になるでしょう。

更に営業のサポートとなるため、営業や周りの人にも気配りなど出来たら完璧です。

デスクワークの応募時の注意点

注意

デスクワークはパソコンさえ使えれば出来ると思ってしまうかもしれません。

しかし中には思っていた職種と違ったと、実際に働いてみて驚く方もいます。

そのため転職前にしっかり注意する点があるので確認しましょう。

専門知識の有無

気になる会社の応募要項に「未経験歓迎」と書いてあったとしても、会社によっては専門知識ありきで書いている場合があります。

例えばSE関係のデスクワークだとすれば、多少なりともプログラミングやネット関係の知識が無ければならない可能性があるのです。

また小さく必要な資格が書いてある場合もあるため、注意しましょう。

残業時間

デスクワークは残業をする場合が多いにあります。

経理などの金銭関係を扱う場合は、年度末や期末などに大変忙しくなるのです。

そのため残業をあまりしたくない方は、入社前にしっかりと確認をしましょう。

また残業代が残業した分だけ出るのか、みなし残業なのかも要チェックポイントとなります。

会社規定の身だしなみ

デスクワークとなると昨今では、オフィスカジュアルなら問題ないとスーツ着用の強制が無くなりました。

そのためラフにオシャレを楽しめたり、ヘアカラーを変えたりする女性が増えています。

しかし会社によっては、指定されている制服の着用が義務付けられているかもしれません。

仕事中でもオシャレを楽しみたい方は、身だしなみのポイントもしっかり確認をしましょう。

デスクワークに役立つスキル

スキル

デスクワークといってもずっとパソコンに向かって仕事をするのではなく、適宜周りとコミュニケーションを取ります。

そのためパソコン以外にもあると良いスキルがあるのです。

コミュニケーション能力

デスクワークでは電話対応や来客対応を行う場合があります。

そのため他社とのやり取りや、接客をしたりするので多少のコミュニケーション能力が必要です。

また様々なデータを集計したり、総務となれば沢山の社員とのやり取りを通して業務を行うことになります。

決して一人だけで行う仕事ではないため、明るく元気に他の社員と楽しく仕事をしていきましょう。

パソコンスキル

仕事、タイピング

基本的にExcelやWordなどのツールを使用してデータを集計するでしょう。

そのためキーボードで文字の入力をしますし、必要であればプリンターも使用します。

始めてパソコンを使うといった方はいないかもしれませんが、こういった基本的な操作には慣れておくと良いです。

スケジュール管理

デスクワークでは割とマルチタスクで動くことが多いです。

そのためスケジュール管理を怠ってしまうと、納期に間に合わなかったり様々なトラブルが発生したりします。

また営業事務となれば営業のサポートを行うため、営業とのしっかりした連携が必要です。

顧客や相手先との約束をきちんと守るためにもスケジュール管理はかなり重要なポイントとなるでしょう。

デスクワークに有利な資格

荷物

未経験でも歓迎されることが多いデスクワークですが、あれば更に就職に有利になる資格があります。

デスクワーク以外でも充分役に立つ資格となるため、時間に余裕のある方や、やる気のある方は資格を取って周りと差を付けましょう。

簿記

簿記の資格はどんな会社でもスキルを発揮できるでしょう。

会社の規模などに関わらず、経理全般を明確にできるスキルとなるため会社から重宝されるはずです。

Microsoft Office Specialist

会社によっては専用のツールを利用する可能性がありますが、会社のほとんどはExcelやWordを利用します。

そのためMicrosoft Office Specialist(通称、MOS)の資格を取得すれば、日々の業務の効率をかなり上げられるでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら