女性が活躍する上で営業職は、比較的活躍しやすい職だといえます。例え育休などでブランクがあったとしても、身につけた営業スキルは活かすことが可能です。

ただ、営業職と一言でいっても長く活躍できる企業とできない企業があります。

本項ではそれらの見極め方について紹介するので、営業職が気になる人はチェックしてください。

中途採用で求められることとは?新卒との違い

pc

そもそも中途採用で求められることは、新卒採用で求められることと大きく異なることがあるので、まずはそこをみていきましょう。

新卒採用は学生時代にやってきたことや、これからやりたいことをアピールすることがメインです。

新卒の採用担当はコミュニケーション能力やチャレンジ精神といった面を重視して面接をおこないます。

ですが、中途採用の場合は、今まで社会人として働いてきて学んだことや経験をアピールすることが重要です。

面接官は、主に「入社後、前職の経験が当社の役に立つ人」といった即戦力を求めています。

自分のキャリアが活かせれば自分としても新たに学ぶことが少ないため、仕事面では働きやすい環境になるでしょう。

そのため、より良い転職先を探すために「今までのキャリアで学んだこと」や「今後活かしていきたい経験」を分析し、自分の中で明確にしておく必要があります。

営業から営業への転職はもちろん、事務から営業といった職種を越えた転職にもきっと役立つはずです。

働きやすい会社とは?

次に、仕事内容以外で働きやすい会社の条件をお伝えします。面接や社員交流のときに注目すると良いかもしれません。

社員同士のコミュニケーション

実際に入社しないと分からないことではありますが、社員同士のコミュニケーションが取れているかというのは重要なポイントです。

横の関係性や縦の関係性のコミュニケーションが良好なほど、ビジネスも円滑に進んでいきます。

働きやすく、尚且つビジネスも上手くいくというのは、とても必要なことですよね。

また、コミュニケーションがよく取れていて円満な関係であることの他に、社員の声を聞き取ってくれる環境も大切です。

さらに、この社員の声を現場に反映されるとなれば尚良いでしょう。

このようなことも、社員同士がしっかりコミュニケーションが取れていないと実現できません。

なかなか調べてもでてこない情報かもしれませんが、転職先の社員と交流できるタイミングがあれば注目してください。

労働基準法に違反していない

労働基準法違反は、休日・有給に関すること、残業代・休日出勤手当・深夜手当の未払い、労働・休憩時間の違反がよくみられます。

有給取得については、2019年4月に施行された働き方改革により、年に最低5日は有給を取ることが義務化されました。

そのため、意識している企業が以前より増えましたが、他の項目についてはあまり知られていない項目のため、労働条件通知書にて必ず確認するようにしてください。

教育や研修制度がしっかりしている

違う業界や職種に転職する人は、特に教育や研修制度が整っている会社をおすすめします。

また、新人研修以外に中堅研修や管理職研修などの制度が整っているのに越したことはありません。

研修は仕事で必要な知識を身につける場なので、各個人・企業の成長につながりやすく、意欲的に仕事へ取り組むきっかけとなります。

離職率が低い

離職率とは、一定の期間に離職した人の割合をいいます。

「2010〜2020年の離職率」といったように記載されていることが多く、離職率が高いということはその職に定着しづらいということ。

定着しづらいということは、人間関係や仕事内容などなにかしらの問題があり、定着していないのではないということが多くあります。

逆に離職率が低いということは、その職に定着している人が多く、問題が少ない会社だとみることができるのです。

ただ、ここで大切になるのはどの年代が多いか例えば、平均年齢40代で5年間の離職率が0%だとしても、20〜30代の人が働きやすい環境かどうかはわかりません。

離職率と併せて会社の平均年齢や、離職理由なども確認することをおすすめします。

チームプレイが多い

個人プレイの仕事が多いと自分が休むことで仕事が止まる、もしくは人に仕事をお願いするのも大変になるといった弊害があります。

そのため、有給が取れなかったり有給日の前後は残業が多くなるといったことにもなりかねません。

もしチームでカバーし合える職場であれば、急遽休まなくてはならなくなってもカバーしてくれる人が必ずいるはずです。

そのような環境があれば、休んだら仕事が…といったプレッシャーからも軽減され、自分らしくイキイキと働けるでしょう。

女性が活躍しやすいのは事務職より営業職!?

事務職と営業職を比較したときに活躍しやすいのは、実は営業職だといわれています。

例えば育休や産休の取得が事務職はしづらく、妊娠を機に辞めざるを得ない場合もあるのです。

福利厚生が整っている営業職であれば育休明けでも同じ職場に復帰でき、キャリア形成がしやすいという面もあります。

このような点から、女性にとって働きやすく長く活躍ができるのは営業職といわれる由縁です。

女性が活躍できる環境か見極めるポイント

働きやすい、活躍できる職場かどうかというのは男女で異なる場合があります。女性にとって働きやすいポイントを紹介します。

女性社員の割合は?

女性が社会で活躍し始めているといっても、いまだに多くの会社が男性社会

男性が多い職場では男性社員からのセクハラが横行していることもあり、女性社員の割合が高いということは女性が働きやすさにもつながります。

また女性が少ない会社では、女性の管理職に対して抵抗があるところもあり、どうしても女性の昇進は少ない傾向に。

女性社員が多い会社であれば管理職に女性が任命されていたり、活躍できる可能性が高くなります。

女性社員の勤続年数は?

女性が働く上で女性社員の勤続年数は、大変参考になります。

離職率でも記載した通り、長く働けるということは会社に対する不満が少なく働きやすいということです。

女性社員の勤続年数が短い企業は、育休や産休の制度がない、女性特有の陰湿ないじめがある、といったことが予想されます。

働きやすく活躍できる会社の判断基準として、女性社員の勤続年数は確認する必要があるでしょう。

産休育休の取得実績は?

育休を取る男性が増えたといっても、まだまだ育児の中心は女性です。働くために子どもを諦めるのは、とても悲しいこと…。

仕事でも活躍しながら子育てもしっかりおこないたい女性は多いのに、育休産休制度があっても運用されていない企業は多いものです。

将来的に子どもを育てながら仕事がしたいと考えている人は、育休産休の制度があるかどうかと併せて取得実績を確認しましょう。

転職先の情報収集方法とは?

情報収集方法としては、転職サイトに記載されている内容を確認、転職エージェントの話を聞く、実際に働いている人に聞くといった方法があります。

中でもお勧めしたいのは、転職エージェントから話を聞くこと転職エージェントはあらゆる企業の情報を持っています。

自分のどのような経験を活かしたいか、どのような会社が希望かなど、転職サイトだけでは検索できない内容で探してくれ、より細かい情報の入手が可能です。

不安なことや疑問がある場合は、下記よりお問い合わせいただくと参考になる情報をご提供します。不安や疑問は少しでも減らしましょう。

まとめ

女性が活躍できる会社の特徴について紹介しました。働きやすく感じる会社のほうがイキイキと仕事ができ、活躍しやすい傾向にあります。

女性はどうしても結婚や出産により、今後どのように働くか決めなくてはなりません。日本の制度が整ってきたとはいえ、まだまだ独身のときと同じように働くことは難しいためです。

将来のことを考えたときに、少しでも活躍できる職場を選ぶことはとても大切。自分の人生設計と照らし合わせながら、転職先を探してみてください。

あなたが望むすべての条件が当てはまる企業に出会えるように願っています。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら