転職で医療事務を目指す人の面接ガイドを紹介!よく質問される内容は?事前準備の仕方や対策方法・注意点をエージェントが解説

医療事務というと何か特殊なスキルが必要なのかもしれないと感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実は医療事務には資格は必要ありません。ただし少し特殊な業務もあるため面接では人柄向上心を見られます。

このページでは医療事務の面接でどのように受け答えすればいいのかなど面接でのガイドを紹介します。

面接でよく聞かれる質問事前準備注意点などを解説していますので参考にしてみてください。

医療事務【4つの業務内容】

ロビー

医療事務の業務は通常、書類管理などのデスクワーク・患者への案内などの接客・患者と医療スタッフの間での書類の引継ぎなどがあります。

こちらで紹介するのは一般的な業務です。医療機関の規模の違いによって業務内容も変わりますので、詳しくはエージェントに無料転職相談をしてみてください。

受付業務

パソコン

来院した患者の診察受付を行います。患者と直接やり取りをしますのでクリニックの顔ともいえる業務です。

診察室までの道案内や受付票の管理なども業務に含まれます。問い合わせなどの電話対応もすることになるでしょう。

初診の患者には診察券の作成やカルテの準備も行います。

会計業務

電卓

診察後の会計を行う業務です。

医療費は一般的に保険証を交付している保険組合などと患者で割合を決めて負担しています。このうち患者の自己負担額を精算してもらうのが医療事務の仕事です。

お金に関わることですので正確性が求められます。

レセプト業務

資料

レセプトとは診療報酬明細書のことです。

保険証を交付している保険組合などに診療費用を請求するため、レセプトに傷病名や診療報酬点数を記載します。

クラーク業務

聴診器

患者と医療スタッフの懸け橋となるのがクラーク業務です。

患者の呼び出しや様々な書類の準備を行います。カルテや検査のデータなど重要な書類を管理するのも業務のひとつです。

面接に挑むための事前準備

病院

どんな業種の面接でも事前準備はある程度必要です。

医療事務も例外ではありません。面接までに準備を整え落ち着いて面接に挑みましょう。

服装はスーツが望ましいです。クリニックでは清潔さが重要視されますので、爪を短く整えたり過分な化粧は控えましょう。

髪が長い場合は一つにまとめるなど工夫が必要です。

よくある質問にはある程度答えられるようにポイントをおさえていきましょう。

面接でよく質問される内容【5選】

質問ボード 医療事務の面接ではある程度質問内容も決まっています。

どのような質問をされるのかあらかじめ分かっていると当日あたふたせずに対応できるでしょう。

もちろんこれ以外の質問をされることもあります。あらかじめ受け答えの要点を頭に入れておきつつ臨機応変に対応しましょう。

無料転職に相談して理想の医療事務へ転職しよう

志望動機について

志望動機は必ずと言っていいほど質問されます。

「事務の仕事をしたかった」「とりあえず仕事がほしい」というような返答は良い印象を与えません。適当な気持ちで面接に来たように思われては採用にもかかわってくるでしょう。

医療事務を選んだ理由があるのであれば具体的に説明します。面接を受けたクリニックを選んだ理由も併せて考えておきましょう。

医療事務に対しての意識・心構えの質問

未経験者で業務内容に対する具体的な話ができない場合は自分の体験を思い出してください。

「受付で優しく対応してもらったので安心できた」などちょっとしたことでも構いません。病院ならではの気持ちがあると面接官の心に残ります。

「自分も同じように受付業務を行い、患者に気持ち良く受診してほしい」というような前向きな心構えに繋げることがポイントです。

心構えと共に自分の強みなどをアピールできればなお良い印象を与えることができるでしょう。

パソコンスキルについての質問

パソコン

カルテの作成や情報の入力など医療事務ではパソコンの操作が必要になります。

パソコンが使えますというだけではなく、どんなソフトをどのように使えるかを具体的に伝えることが重要です。

「表計算ソフトなら簡単な関数を使用できます」「文章作成ソフトで整った書類を作成できます」など具体的に話すことで面接官にも好印象を与えることができるでしょう。

前職についての質問

転職の場合は前職についても質問されます。何故退職したのか何故転職しようと思ったのか自分の中で整理しておきましょう。

辞めた理由だけではなく前職の経験をどう活かすかを話に盛り込んでも良いかもしれません。

接客の仕事なら受付業務に活かすことができます。IT関係の仕事ならパソコンの業務に活かせるでしょう。

自分が医療事務の職場でどのように活躍できるのか具体的に想像してみてください。

質問を求められる

手

ある程度の質問と確認が終われば「何か質問はありますか」と質問を求められることがあります。

このときに「特にないです」と返すのは良くありません。簡単でも良いので気になったことを質問しましょう。

面接に行ったクリニックの業務に興味があるかどうかの判断材料になります。

業務内容の範囲の確認など、可能であれば踏み込んだ内容の質問をするのも良いでしょう。

面接当日の準備

時計

面接当日は時間に遅れてはいけません。10分前に到着しておくのが理想です。早めに到着して身だしなみを整える余裕を持ちましょう。

会場に到着したら面接前でも敬語を心がけます。医療事務は受診する患者と会話することも多いです。正しい敬語を話すことができなければ採用にはつながりません。

面接で良い面をアピールする【3つの方法】

3つのドア

面接前の準備が整えば面接本番です。実際どのような態度で面接に挑むのが良いか気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでは面接で自分の良いところをアピールする方法をまとめました。面接官に好印象を与えることは重要です。ぜひ参考にしてください。

笑顔で面接を受ける

笑顔

医療事務はクリニックの顔になります。そのため面接官も印象の良い人を採用したいです。

受け答えの際に自然と笑顔がこぼれる女性は、それだけで印象が良いと感じる方は多いのではないでしょうか。

面接の際も笑顔は重要なポイントになります。相手に良い印象を与えるような笑顔を心がけて面接を受けましょう。

受け答えはハキハキとする

医療事務は受付や会計など患者に説明する機会が多くあります。小さな声でモタモタと説明したのでは相手に伝わりません。相手に与える印象もあまり良いとはいえないでしょう。

面接では受け答えをハキハキと行うように心がけてください。

向上心を見せる

パソコン

どんな職業も前向きに頑張る人は応援したくなります。医療事務もそれは同じことです。

カルテの作成やレセプト業務など特殊な処理も多いため、特に未経験者は学ぶ姿が大切になります。向上心があることをアピールのポイントにしましょう。

どんな業務も前向きに覚えることは大切です。

面接での注意点

質問  しっかりと事前準備をしてアピールポイントを絞ることは大切です。ですがあまり予習をしすぎて文章を丸暗記したような受け答えはあまり良くありません。

どのような質問が来ても柔軟に対応できるよう固く考えずに要点だけ絞って考えていきましょう。

転職で医療事務を目指す人の面接ポイントまとめ

薬

医療事務は特殊な業務も多くあります。ですが実は必要な資格はありません。未経験者でも就業可能です。

面接のポイントを理解して受け答えができれば面接官の印象も良くなります。興味のある方は無料転職相談でさらに詳しい話を聞いてみてください。

無料転職相談を利用しよう

ウィメンズワークスでは転職を考えている方のために以下のサポートを全て無料で実施いたします。

  • 非公開求人紹介
  • 職務経歴書のフルオーダー作成
  • 応募企業への推薦
  • 面接のフィードバック
  • 模擬面接の実施
  • 内定後の労働条件確認

 

無料転職相談をして自分にぴったりの求人を探そう

 

非公開求人紹介

転職エージェントに相談すると、一般に公開されていない非公開求人への紹介が可能です。

非公開求人には大手企業優良企業が多いと言われています。

条件が良い仕事だったり募集人数が少ない場合があるので、一般募集で応募が殺到しないように非公開としているのです。

この非公開求人はエージェントの紹介でしか応募することが出来ません。

キャリアアドバイザーによるヒアリングであなたにピッタリの求人をご紹介いたします。

職務経歴書のフルオーダー作成

応募したい企業が見つかったら先方に提出する職務経歴書を1人1人フルオーダー作成いたします。

ヒアリングをもとに徹底的にサポートいたしますので、初めての転職の方で書き方が分からない…という方もご安心ください。

また、過去の内定者の職務経歴書のデータをもとに転職成功しやすい職務経歴書の作成を目指しています。

応募企業への推薦

フルオーダーの職務経歴書とともに応募企業への推薦状を作成いたします。

応募推薦状はエージェントに相談した人にしか受けられないサポートです。

模擬面接の実施

コールセンター

ウィメンズワークスでは面接当日を想定した模擬面接を希望者に実施いたします。

実際に応募企業から質問されそうなことやアピールポイントについても的確にアドバイスさせていただきます。

緊張してしまう面接も事前の模擬面接で練習しておくことで自信をもって本番を迎えられるでしょう。

面接のフィードバック

面接後は合否を問わず面接内容のフィードバックを行います。

企業で面接を担当した面接官に直接確認するので、次の面接の際に気をつけるポイントが明確になります。

また内定した場合でもフィードバックいたしますので自分がどこを評価されたのかが分かり、入社後のモチベーションにも繋がります。

内定後の労働条件確認

事務

 

企業内定後には労働条件の確認給与の交渉をさせていただきます。

内定承諾書を提出する前に確認しておきたい雇用形態の調整を代わりに行います。

納得して仕事を始めていただけるように最後まで徹底サポートさせていただきます。

 

無料転職相談をして自分にぴったりの求人を探そう