たくさんの女性が活躍している営業職。実は営業職にはたくさんの種類があることを知っていますか?

ここでは、女性が活躍している営業職の種類や強みを紹介します。

転職前に必ず確認しておきたいポイントやメリットなどもまとめました。

営業職に興味があるけれど、実態を知りたいという方はぜひチェックしてください。

営業職の仕事とは?

パソコン

営業職とは、お客様を相手に商品やサービスを売り込む仕事をすることをいいます。

実は営業職といってもその種類や特徴は様々。

特徴の組み合わせによっても、たくさんの種類がある仕事です。

また、営業職はセールスレディという言葉もあるほど女性が活躍しやすい仕事でもあります。

営業職の種類やメリットをみていきましょう。

営業職はなぜ女性が活躍しやすい?

 

会社

営業職は女性が活躍しやすいともいわれますが、それはなぜでしょうか。

営業職は日々お客様と商談をしたり打ち合わせをしたりする仕事。

言葉遣いや言葉の選び方によっても、売り込める可能性は変わってくるでしょう。

女性ならではの視点や気遣いが役に立つことがたくさんあるのです。

このように、営業職に女性が活躍しやすいといわれるのはきちんとした理由があります。

自分が営業職にあっているか気になる方は無料転職相談もぜひ活用してみてください。

営業職の種類は?

営業に種類があることを初めて知った方も多いかもしれません。

営業職の種類にはどのようなものがあるのでしょうか?

営業の相手の違い

 

パソコン

営業職は大きく分けて、個人営業か法人営業に分かれています。

個人営業とは個人のお客様を相手に商品を売り込む営業のこと。

一方、法人営業とは法人、つまり会社相手に売り込む仕事のことをいいます。

個人営業と法人営業はどちらともメリットやデメリットはあり、どちらが良いといったことはありません。

人によっては個人営業の方がたくさんのお客様に出会えるので楽しいといった方もいますし、法人営業は話が通じやすいので楽、といった方もいます。

このように営業職は相手にするお客様の違いで種類が分かれています。

営業の特徴の違い

 

パソコン

営業職では営業の特徴によって種類が分かれています。

大きく分けて、飛び込み営業とルート営業があります。

飛び込み営業は聞いたことがあり、知っている方もいるかもしれません。

飛び込み営業とは突然お客様の家や会社を訪問し、商品やサービスを売り込む仕事です。

初めて会った方に売り込む必要があるのでかなり大変な仕事ともいわれますが、売れた時の達成感はかなり高いといわれています。

一方、ルート営業とはすでに関係ができているお客様相手に別の商品やサービスを売り込む営業方法です。

飛び込みよりもすでに関係があるので一見楽なようにもみえますが、見る目が厳しくなっているので売り込み方法に工夫があることも。

このように、営業職は営業の種類によって大きな違いがあります。

 
無料キャリア相談はこちら  

営業職の転職前に確認したいポイント

いざ営業職に転職したい!と思った際には、必ず確認しておきたいポイントがいくつかあります。

転職後に「思っていたのと違った・・」とならないように、必ず確認しておきましょう。

何を営業する会社か

ライティング

営業職に転職する際には、まずどのような商品やサービスを営業している会社なのかをしっかりみておきましょう。

実際に使われている物なのかサービスなのかによっても、営業の形は大きく異なります。

目に見える商品であれば、実際に自分自身でも手にとって見ることができるでしょう。

どのような商品を扱う会社なのかは必ず確認してください。

どういった営業体系か

 

会社

先ほど紹介したように、営業職においては営業体系が様々にあります。

飛び込み営業やルート営業、様々な営業体系をミックスしている会社もあるでしょう。

毎日個人宅へ飛び込み営業をしているのか、すでに契約している会社へ営業に行くかでも働き方も大きく変わります。

営業職に転職する際には、転職しようとする会社がどういった営業体系で仕事をしているのか確認しておきましょう。

ノルマの有無

 

会社

営業職に転職する上で確認しておきたいのは、やはりノルマの有無でしょう。

基本的には、営業職のほとんどはノルマが設定されているといわれています。

しかし、ノルマの設定は毎年、毎月などどの単位で決められるのかなどは会社によって異なります。

また、自分の能力に合わせて決められる会社と年次年数によってすでに目標が設定されている会社もあるでしょう。

ノルマの有無や設定方法については事前に確認しておくと入社後に慌てずに済むかもしれません。

営業職の仕事のメリットや強み

女性が活躍しやすい営業職はメリットもたくさんあります。

次からは営業職の仕事のメリットや強みについて紹介します。

ノルマ達成次第でボーナスが上がる

 

会社

営業職の強みといえば、他の事務職に比べても給料が高いことです。

先ほど営業職はノルマが達成していることがほとんどだと説明しました。

営業職の給料が高いのは、このノルマの達成次第でボーナスに反映するためです。

もちろん固定給が高い会社もありますが、営業職の一番のメリットといえば自分の頑張り次第で給料に反映することでしょう。

自分の努力がそのまま給料に反映するのでやりがいもあり、やる気も出ます。

ノルマの有無は精神的にも大変なことももちろんありますが、達成次第でボーナスに反映するのは嬉しいポイントではないでしょうか。

コミュニケーション能力を取得できる

 

会社

コミュニケーション能力が取得できるのも営業職のメリットだといえるでしょう。

事務職とは異なり、毎日何らかの形でお客様と接する仕事。

気遣いやマナーなどは自然に身に付いていくでしょう。

毎日の仕事で高いコミュニケーション能力が取得できると、その後また転職する際にもどの会社でも役立ちます。

営業職のメリットは毎日の仕事の中で、高いコミュニケーション能力が取得できることだといえるでしょう。

実力次第で昇進

 

パソコン

営業職の強みとして、実力次第で昇進ができる点を挙げる人もいるでしょう。

ノルマを設定している会社ではボーナスに反映することはもちろん、それが昇進につながることもあります。

頑張っている社員や、会社に貢献している社員を昇進させてあげたいと思う会社が多いからでしょう。

現在は実力社会ともいわれ、実力がある方がどんどん昇進する社会になっています。

昇進すれば固定給が上がり、年収も大きく増えることにつながるでしょう。

自分の努力で昇進できることも営業職の大きな強みといえるのではないでしょうか。

営業職の年収

 

お金

営業職の年収は一般的には500万円前後といわれています。

これまで紹介してきたように、ノルマに貢献しボーナスが上がった方や昇進している方などはこの限りではありません。

営業職は自分のやる気次第で年収アップも期待できる仕事です。

また、残業や休日手当がつくかどうかでも年収も多少前後する可能性もあるでしょう。

転職を考える会社には、ノルマの有無やボーナス設定などを確認してもよいかもしれません。

営業職への転職に挑戦してみよう

 

会社

女性が活躍している営業職の仕事について興味がわいた方もいるかもしれません。

営業職は個人営業か法人営業かによっても特徴が異なり、また飛び込み営業やルート営業など種類もたくさんあります。

しかしどの種類の営業職であっても、気遣いや視点の違いから女性は働きやすいともいわれています。

自分の頑張り次第でボーナスや昇進にもつながることもある営業職。

給料が高いだけではなく、様々な力を身に付けることができる仕事でもあります。

少しでも気になった方は、自分が営業職に向いているかどうか無料転職相談をしてみてください。

 
無料キャリア相談はこちら  

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら