未経験でも法人営業に転職することはできるのでしょうか?

ここでは、法人営業に未経験で転職するノウハウを解説します!

土日祝が休日で給料も高いイメージもある法人営業

法人営業に向いている人の特徴や必要なスキル、役立つ経験などを紹介していきます。

未経験でも法人営業に転職したいと思っている人はぜひチェックしてみてください!

法人営業とは?

女性

法人営業とは名前の通り、法人相手に営業を行う仕事のことをいいます。

目に見える商品や商材を売り込む場合や、ソフト面のサービスを売る場合もあります。

会社によって売り込む商品は違っても、会社相手に営業が必要なことは変わりません。

法人営業は、カレンダー通りの祝日が取れることや、売り込む額によってボーナスなども付きやすいのが特徴といえるでしょう。

法人営業は未経験でも転職できる?

会議

法人営業の仕事は未経験でも転職はできます。

もちろん売り込む商品によっては商品の勉強が必要になることもありますが、基本的には未経験でも問題ありません。

経験者がノルマを達成しやすいという方もいますが、実際は未経験の方が新しい発想ができるので転職しやすい会社もあるのです。

必要なスキルや経験をみて、自分に合うと思った方は転職活動にぜひ挑戦してみてください。

法人営業に向いている人の特徴

法人営業に興味はあっても、自分が法人営業に向いているか少し不安・・という方もいるかもしれません。

最初に、法人営業に向いている人の特徴を紹介します。

話すことが好き

 

女性

営業職で最も大切なのが話すことが好きということ。

お客様と毎日電話や対面で話す必要がある仕事なので、話すことが好きなことが最も大切です。

法人のお客様に対し、商品を売り込みながら会話をする必要があるからです。

未経験でもとにかく人と話すことが好き、という方は法人営業に向いているといえるでしょう。

小さいことをあまり気にしない

 

女性

次に法人営業に向いているといえば、小さいことをあまり気にしない性格であることです。

法人営業とはいっても、相手に断られることももちろんあります。

個人営業とは違い、相手は知識もあるお客様になるため時には質問攻めにされることも。

断られたり強く言い返されたりしても、気にしない性格の人が営業職に向いているといえるでしょう。

小さいことを気にしない性格の場合、法人営業に挑戦してみると良いかもしれません。

法人営業の転職に必要なスキル

法人営業に転職する際は、必要なスキルはあるのでしょうか?

コミュニケーション能力

男性と女性

法人営業に未経験でも挑戦する場合、コミュニケーション能力があると良いでしょう。

人と話すことが好きということにも共通しますが、どんな人とでも会話ができる力があるとどこでも役に立ちます。

どんなタイプのお客様とも会話ができ、楽しませられると商品も購入してもらいやすくなることもあるでしょう。

法人営業に転職する際は、コミュニケーション能力を磨いておいてください。

社会人としてのマナー

会社

コミュニケーション能力と一緒に勉強しておきたいスキルがマナーです。

社会人として最低限必要なマナーはいつでも使えるようにしておきましょう。

電話のかけ方やメールの送信の仕方、商談や打ち合わせ時のマナーなどたくさんの場面で必要になります。

名刺交換などは社会人にとって当たり前の行動なので、マナーブックやネットを使って調べておくと良いでしょう。

情報を収集できる力

パソコン

商品を売り込む際には、ただ商品の良いところをアピールするだけでは足りません。

最近の環境や情勢を調べて、何が求められているのかという点をしっかり調べた上でのアピールが必要です。

少し難しく感じる人もいるかもしれませんが、深く考える必要はありません。

例えばいつもSNSをしている方は、何が流行っているか何が話題になっているかはいつも見ている方も多いでしょう。

そういった知識を使って、商品をアピールすると説得力も深まるのです。

情報を収集してそれをもとにまとめられるような力は、法人営業において重宝されることでしょう。

法人営業の転職に役立つ経験

今までの経験が転職時に役立つと嬉しいのではないでしょうか。

ここでは、法人営業に転職する際に役立つ経験についてまとめました。

接客業の経験があると良い

カフェ

未経験でも法人営業に転職する場合、接客業の経験があると良いといわれています。

やはり個人の場合でも、お客様を相手に接客していた経験は法人営業でも役立つからです。

敬語や気の遣い方など役立つ場面もきっと多いことでしょう。

未経験であっても、法人営業の転職時には接客業の経験をアピールすると良いかもしれません。

コールセンターなど電話応対の経験も

 

ヘッドセット

接客業というと対面での経験を想像される方が多いかもしれません。

しかし、実はコールセンターなどの電話応対の経験も十分に役立つといわれています。

法人営業は対面で商談をしたり打ち合わせを行ったりすることもありますが、電話応対の頻度もかなり多いです。

そのため、コールセンターで培ってきた電話応対のマナーはかなり有利な経験といえるでしょう。

初めて電話をするお客様相手に、商品の売り込みをすることもたくさんあります。

対面での接客業がないとあきらめずに、電話応対の接客経験もぜひ転職時にアピールしてみてください。

あると良い資格は?

役立つ経験やスキルなどでは少し不十分ではないかと思う方もいるかもしれません。

転職において資格があると少し有利になることもあるでしょう。

法人営業に転職するにあたって、持っていると良い資格はあるのでしょうか?

必ずしも資格は必要ではない

 

パソコン

法人営業の仕事においては、必要な資格というものは基本的にはありません。

営業職にはほとんどの会社で免許などは必要ないからです。

もちろん募集要項などをきちんと読み、事前に必要な資格がないか確認しておく必要はあります。

ただし、ほとんどの会社は資格不要と記載があるでしょう。

未経験でも法人営業へ転職ができると自信がついた方もいるのではないでしょうか。

パソコン関係の資格は持っておくと良い

パソコン

法人営業においては、資料の作成がほとんどの会社で必要となります。

プレゼンをしたり説明をしたり場合に、WordやEXCEL、PowerPointなどを使って作ることもあるでしょう。

そのため、パソコンで資料が作れるといったことを示すために資格があるとアピールもしやすくなります。

パソコンが苦手という方は、独学でも勉強できる資格もたくさんありますので探してみると良いかもしれません。

売り込む商品によってあると良い資格も

握手

実は売り込む商品によっては、取得が決められている資格もあるようです。

例えば金融商品を扱う会社に転職する場合には、金融関係の資格を求められることもあります。

薬関係やIT関係なども会社によっては商品の知識がないと売り込めないこともあるので、資格が求められる場合もあります。

どちらにしても、転職したいと思っている会社の募集要項や求人内容をしっかり読み込んでおきましょう。

法人営業に未経験でも転職してみよう

 

パソコン

法人営業に未経験でも転職できるノウハウはたくさんあります。

カレンダー通りの休日が取得でき、比較的給料も良いイメージもある法人営業

持っていると良い資格や必要なスキルはもちろんありますが、基本的には未経験でも転職が可能な仕事です。

営業経験がないとあきらめずに、自分のスキルを見直してみてぜひ法人営業に挑戦してみてください。

自分が転職できるか不安な方は無料相談も活用してみましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら