人気の仕事である事務

営業事務や経理事務、医療事務など仕事の種類も様々にありますが、未経験でも挑戦しやすい仕事です。

人気だからこそ、資格を取ってライバルとも差をつけたい方も多いのはないでしょうか?

ここでは、事務の転職に有利な資格の女性版ランキングを紹介します。

働きながら独学でも取れる資格や取得費用についてもまとめました。

一生役立つ資格には何があるでしょうか?資格を取ろうかと迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

事務の仕事とは?

鉛筆、書類

事務の仕事には、書類の作成やファイリング業務をはじめ、電話応対や接客などあらゆる仕事があります。

会社を支える重要な仕事として、なくてはならない存在だといえるでしょう。

内容を見ると事務の仕事は多岐にわたっていますが、未経験でもたくさんの求人があるのが特徴。

だからこそ、資格をとってライバルと差をつけることが大切になります。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

資格を取ることのメリット

資格はあれば良いと聞いたことがある方もいるでしょう。

それでは事務に転職する上で、資格を取ることのメリットにはどのようなものがあるでしょうか?

履歴書や面談でアピールしやすい

 

パソコン

資格を取るメリットといえば、やはり履歴書や面談でアピールしやすいことが挙げられるでしょう。

「〇〇が得意です」「〇〇ができます」とアピールしても、具体的にどこまでできるか伝わりません。

しかし、資格を取っていれば何ができるのかが一目瞭然

内容や資格取得数によっては、採用担当者も興味がわくかもしれません。

このように、履歴書や面談において具体的にアピールしやすいことが一番のメリットだといえるでしょう。

一生役立つ

 

パソコン

一生残るという点も資格を取るメリットだといえるでしょう。

ほとんどの資格は一度取れば一生使うことができ、その結果は消えることはありません。

そのため、事務の仕事を転職するときにも再度アピールに使うことができます。

資格があれば未経験でもアピールしやすくなり、転職においても優遇されることもあります。

持っておいて損がないのが資格といえるのではないでしょうか。

事務の仕事において必要な資格とは?

㍶

事務の仕事において、必要な資格にこれと決まったものはありません。

先ほど紹介したように事務の仕事は多岐にわたっているため、視点によって必要な資格が異なるのが特徴です。

パソコンを使う会社であればIT系の資格が重視されますし、営業事務などでは秘書検定やビジネス文書検定があるとアピールしやすいでしょう。

このように自分がどのような会社の事務につきたいかによって、取得する資格を決めることをおすすめします。

事務への転職に有利な資格【女性版ランキング】

次に事務への転職に有利な資格を女性版ランキングとして紹介します。

 第1位:Microsoft Office Specialist(MOS)

PC

パソコンを使う事務がほとんどの中、特におすすめなのがMOSの資格。MOSとはMicrosoft Office Specialistの略です。

エクセルやワードなどマイクロソフトの製品のスキルがどのくらいあるかを証明できる資格のことです。

一般レベルと上級者レベルにわかれており、筆記試験はなく実技試験で受けるのが特徴。

一つの試験科目、バージョンごとにそれぞれ10,000円~となっています。

 第2位:簿記

 

パソコン

経理事務を考えているなら、ぜひ取得しておきたいのが簿記

営業活動に伴うお金の動きや、財政状態を見る知識を持つことができます。

簿記の資格は開催団体がいくつか存在し、それぞれ1級~3級など級によって難易度が異なっています。

一般的に受ける人が多い日商簿記では、1つの級によって2,000円~8,000円程度と費用が異なるのが特徴。

日商簿記3級レベルであれば独学でも可能ですが、それ以上の級や短期での合格には専用の学校への通学が必要といわれています。

 第3位:秘書技能検定

 

パソコン

女性に有利な資格といえば秘書技能検定

社会人としてのマナーやコミュニケーション、言葉遣いなど秘書として必要なあらゆる技能を勉強することができます。

二次試験には面接もあるのが特徴。

秘書を目指さない方でも、社会人としてのマナーを持っていることをアピールできるのでどんな仕事にも役立つことでしょう。

1級~3級までありますが、上級でなければ独学での合格も夢ではありません。

手数料は1つの級ごとに3,000円~6,000円と分かれています。

 第4位:ITパスポート試験

 

パソコン

ITパスポートとは、ITの基礎的な知識の取得ができる国家資格です。

どの会社でもIT化が進んでいますが、何を管理するにも必要なITの知識は必要不可欠でしょう。

情報リテラシーやセキュリティ知識などがあれば、どの会社でも重宝されます。

受験手数料は6,000円程度で、基本的には独学での勉強が可能といわれています。

IT関連の知識に苦手意識がない方はぜひ挑戦したい資格だといえるでしょう。

 第5位:TOEIC

 

パソコン

TOEICとは「Test of English for International Communication」の略です。

英語の知識がどの程度あるかを量る試験のことです。

合格・不合格がある一般的な資格試験とは異なり、10点から990点までの点数にて試験結果が評価されます。

リスニングや読む力のテストがあり、全てマークシート式で行う試験です。

受験手数料は6,000円程度となっています。

外国人が日本にもたくさん訪れていることもあり、英語ができるかどうかは転職にも有利になることでしょう。

 第6位:医療事務

医療

事務の仕事として人気なのが、病院やクリニックなどで働く医療事務ではないでしょうか。

高齢化社会を迎える今後、病院で働ける資格があることは強みになります。

医療事務関連の資格は種類もたくさんあり、電子カルテを使うシステムや診療報酬明細書が作成できる資格など様々。

たくさんの種類の資格が取れればもちろん転職にも有利ですが、中には独学での勉強が難しい資格もあります。

自分にとって何が必要かを見極めて取得する資格を選択すると良いでしょう。

 第7位:ビジネス文書検定

会議

 

ビジネスシーンで常識とされている、文章の表現やマナーについての資格が取れるビジネス文書検定

あまり取得する人を聞いたことがないため、採用担当者の目を引く資格ともいえるでしょう。

1級から3級までありますが、1級では合格率が40%以下ともいわれており難しい資格となっています。

言葉遣いのマナーは社会人として必要であるため、一度資格を取得できれば今後ずっと役立つ資格といえるでしょう。

独学や費用面で違いはあるの?

PC

事務の転職でおすすめの資格をランキング形式で紹介しました。

級が分かれている資格においては、3級程度であれば独学での資格取得が可能なものがほとんど。

しかし、確実な合格を目指す場合や難易度が高い資格は通信や講座の受講も必要となることもあります。

費用面では資格によって大きな差はありませんが、級が高くなるほど費用も上がります。

資格取得前に全体像を把握しておくと良いでしょう。

ランキング外のおすすめ資格

 

パソコン

ランキングにのっているものは基本的に誰もが知っている資格。

履歴書や面接でもアピールに使えることでしょう。実は他にもおすすめの資格はたくさんあります。

例えば、図書館業務の知識をもてる「司書」やインテリアメーカーに勤めるならぜひ欲しい「インテリアコーディネーター」などがおすすめ。

また、保険や不動産会社の仕事に求められる「ファイナンシャルプランナー」は、お客様の人生のアドバイスができる資格です。

自分がどういった会社に勤めたいかで取得する資格を決めるのが良いでしょう。

事務への転職には資格をとって挑戦

仕事

事務への転職に有利な資格はたくさんあります。

資格を持っていれば、転職の際に有利になるだけではなく自分の一生の財産にもなるでしょう。

独学でも取得できる資格もありますが、受験手数料をはじめ、教科書や問題集をそろえると費用もかかってきます。

自分がどういった会社で事務をしたいのか、どの分野の事務仕事がしたいのかを考えて何の資格を取るかを考えてみてください。

資格をとって有利な転職を目指しましょう。
 
【無料】テンプスタッフに転職相談する  

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら