シフト制で自由度も高いコールセンターの仕事

コールセンターの仕事に挑戦したいと思っている方も多いのではないでしょうか?

ここではコールセンターの仕事に応募する際の、応募書類や面接での転職理由の伝え方について徹底解説します。

採用担当者は応募者の何を確認しているのでしょうか?採用担当者との面談前に押さえておきたいポイントも解説します。

コールセンターの仕事に応募したいと思っている方は必見です。

コールセンターの仕事とは?

 

ヘッドフォン

コールセンターの仕事とは、大きく二つに分かれています。

一つは主に商品やサービスの問い合わせを受ける受電業務

お客様からの電話を取って、内容に応じて説明をしたり話を聞いたりする仕事です。

もう一つは決まった商品やサービスを提案するために自らお客様に電話をする発信業務です。

ほとんどのコールセンターの業務は発信業務であることが多いといわれています。

コールセンターの仕事のメリット

コールセンターの仕事をすることのメリットはたくさんあります。

社会人スキルが身につく

 

パソコン

コールセンターの仕事をする上でのメリットとして、最も大きいのは社会人スキルが身に付くという点。

たくさんのお客様と毎日電話で会話をするため、敬語はもちろん電話応対のマナーがしっかり身に付きます。

こういった社会人スキルはどの業種でも今後役に立つことでしょう。

服装や髪形が自由

 

女性

コールセンターの仕事が人気の理由として、服装や髪形が自由であるという点です。

基本的に電話での業務のため、見た目にうるさくない会社がほとんど。

奇抜なファッションでなく常識のある服装であれば、業務上は問題ないでしょう。

シフト勤務なので自由

女性

コールセンターでは基本的にはシフト勤務です。

1日をいくつかの時間帯に分けて、コールセンターのスタッフを配置します。そのため、担当の数時間だけの仕事ができます。

残業や終日業務がないことがほとんどなので、予定も立てやすく働きやすいのがメリット。

自由に働きたい人にはコールセンターの仕事はおすすめです。

コールセンターでの転職理由の伝え方

コールセンターに転職したい!と思っても、転職理由の伝え方が難しいと思っている方も多いかもしれません。

次にコールセンターでの転職理由の伝え方についてポイントをまとめました。

人と会話する仕事がしたいから

女性と男性

転職理由として最もおすすめなのが、人と会話する仕事がしたいからという理由です。

たくさんのお客様と毎日電話をするコールセンターの業務においては、人との会話が必須

人との会話が好きということは、コールセンターの仕事は転職です。

仕事が好きという熱意が伝えられれば、転職理由としては十分でしょう。

接客業のスキルを活かしたい

キッチン、レストラン

以前に接客業の経験がある方におすすめなのが、接客業で培ったスキルを活かしたいという理由。

接客業では、相手の立場に立って対応する能力が求められます。

コールセンターの仕事では、お客様の立場に合わせて会話をしたり提案したりすることが必要です。

これまで培ってきたスキルが活かせる仕事をしたいという理由は、転職理由としてぴったりではないでしょうか。

転職理由の書き方や面接でのポイント

転職理由が決まれば、あとはそれをどのように表現するかが大切。

次に転職理由の書き方面接でのポイントを紹介します。

応募書類の書き方

パソコン

自分の理由がどのように会社に貢献できるのかを書くことが大切です。

「とにかく人と会話をすることが好きなので、コールセンター業務ではたくさんのお客様と会話ができる」などの志望理由を書きましょう。

また、「接客業の経験を活かして、お客様の立場に立って仕事ができる」など貢献できる内容を記載するようにしましょう。

自分の気持ちや経験を、コールセンターの仕事にどう貢献できるのかをしっかり書くことがポイントです。

面接での注意点

面接

面接でも転職理由は必ず聞かれるでしょう。応募書類に記載する内容を、再度簡潔に説明することが求められます。

また、面接ではプラスで採用してもらった後の将来のビジョンも言えると良いでしょう。

「新人に指導できるアドバイザーになりたい」「指名してもらえるようなスタッフになりたい」など、採用後のビジョンを持っていると合格にもぐっと近づきます。

転職理由の表現のコツ

ただ志望動機を書くだけでは説得力にかけるのでは?と思っている方もいるかもしれません。

ここでは合格にぐっと近づく、転職理由の表現のコツを紹介します。

数字を入れる

数字

コールセンターにかかわらず、転職理由を書くときにおすすめなのが数字を入れることです。

前職やバイトなどで経験した仕事について、自分の実績を表現するときには数字を入れてみましょう。

「毎日〇〇人のお客様を接客した」「自分が提案した結果、〇%売り上げが向上した」などがおすすめ。

具体的な数字が入ることで、説得力がかなり大きくなります。

会社の理念を取り入れる

面接

自分の志望動機や熱意を熱く語るのももちろん大切ですが、転職しようとする会社の理念をしっかり見ておくことも大切です。

会社の理念をホームページや冊子などでしっかり確認しておくようにしましょう。

その上で、「御社の〇〇という理念に共感する」「自分の〇〇という気持ちが御社と同じ」など、会社の理念を取り入れた理由を入れると良いです。

応募動機記載の際に確認してみてください。

コールセンターの採用担当者が確認したいこと

コールセンターの採用担当者は具体的にどんな内容を確認しているのでしょうか?

最後にコールセンターの採用担当者が見ているポイントを紹介します。

コミュニケーションが取れるかどうか

 

コールセンターの採用担当者は、コミュニケーションが取れる人かどうかを見ています。

コールセンターの仕事はコミュニケーション能力がかなり必要な仕事。

面接時にきちんとコミュニケーションが取れない人では仕事ができません。

聞かれたことをきちんと答えられているか、ポイントを押さえて話ができるかなど、社会人として基本的なスキルを見ています。

しかし、基本的には社会人としてきちんと話せれば問題はありません。緊張せずにリラックスして面談に望んでください。

言葉遣いが丁寧かどうか

会社

コールセンターで必要なスキルといえば、言葉遣いが丁寧かどうかです。

敬語がしっかり使えることはもちろん、とっさに出る一言が丁寧かどうかはきちんと見ているでしょう。

お客様との電話ではちょっとした瞬間にも汚い言葉が出てしまうと、会社のイメージを壊してしまうことにもなります。

「~です」「~ます」など、基本的な言葉遣いができていれば特に問題はありません。

話し方がはきはきしているか

 

綺麗な言葉遣いで話すことができても、ぼそぼそと話していてはいけません。

意外にも電話においては相手の話し方は気になるものです。

採用担当者との面談においても、はきはきと話せるように意識しましょう。

はきはきとしていれば印象も良くなり、合格にも近づきます。声を大きくして話すようにしてみてください。

転職理由をしっかり書いてコールセンターに挑戦しよう

 

ヘッドセット

メリットも多いコールセンターの仕事。

いざ転職したいと思ったときに、転職理由がきちんとかけなければ合格から遠ざかってしまいます。

自分の経験や会社にどう貢献できるかなど、ポイントを押さえた上で面接に望むようにしましょう。

自分で決めた転職理由が良いかどうか自信のない方は無料転職相談も使ってみましょう。

面接ではちょっとした表現のコツを忘れずに、はきはきと丁寧に受け答えをすることを忘れないことが大切です。

転職理由をしっかり記載して、コールセンターの仕事に挑戦してみてください。

 

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら