営業は男性がするものというイメージがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。実は営業で活躍する女性は多いです。

もちろん他の職種同様向き不向きはあります。

あらかじめ営業に向いている性格を知っておくことで、転職の指針にできるでしょう。

こちらのページでは営業に向いている女性の特徴をご紹介します。女性向の営業職や悩みも解説していますので、是非参考にしてみてください。

Contents

営業に向いている女性の【7つの特徴】

 

キーボード

営業は社外へ出てお客様の元でプレゼンテーションを行います。

他にもアポイントを取るための電話やスケジュール管理など業務は幅広いです。

このような営業職に向いている女性はどのような特徴があるのか共通点を挙げてみました。

論理的な思考ができる

モニター

営業は何度も場数を踏んで成功を積み重ねていく業種です。上手くいかないこともたくさんします。

そのときに「なぜ成功したのか」「なぜうまくいかなかったのか」を理論的に考えることが成長への第一歩です。

理論的な思考ができる人は、成長を続ける必要のある営業職に向いている人といえます。

コミュニケーションを取ることができる

カフェ  営業はお客様が求めているもの・求めていないものを見極め会話をする必要があります。

何度も会話を重ねることになりますので、コミュニケーション能力が高い人は営業に向いているでしょう。

コミュニケーションを取ることが好きなら、お客様との会話に余裕も生まれます。

お客様の希望を引き出す会話ができる人は営業の仕事もうまくいくことが多いようです。

気遣いができる

お客様の中には、コミュニケーションを取ることが苦手な人も多いです。刺々しい態度の人もいます。

そんなとき柔らかな態度で接することができるのは女性の強みです。少しの気遣いでお客様の態度も変わります。

笑顔で接することができる

女性

気遣いができる人にも通じることですが笑顔も大切です。

取引先の方がムスッとされていても、笑顔を見せることができるのはとても重要なポイントになります。

営業に必要なことは相手に気分良く話してもらうことです。

いつでも笑顔で接することができる人は取引先での会話も弾みます。

精神的なタフさがある

デイジー、ハート

営業は社外へ出て一人で交渉を行うこともあります。時には辛辣な言葉を浴びることがあるかもしれません。

少しのことで凹まずに次のために気持ちを整える精神的なタフさがあれば、営業の仕事を続けることができそうです。

素早く気持ちの切り替えができる

目覚め

精神的なタフさとも関係があるのですが、気持ちの切り替えができることも大切です。

その日あった嫌な事や失敗をいつまでも引きずらず、気持ちを切り替えて次の日の仕事ができる人は営業に向いているようです。

勤勉に励むことができる

キータッチ

営業は成果が自分の成績に繋がります

切磋琢磨して同じ会社内で競い合う側面もありますので、常に自分自身も成長しなければなりません。

向上心を持って懸命に自分を高めることのできる性格は営業向きです。

特徴すべてに当てはまる必要は無い

営業職に向いている女性の特徴を述べましたが、営業職を選ぶときに全ての特徴に当てはまる必要はありません。

実際に特徴に当てはまらなくても営業で活躍している女性もいます。

それは特徴に加え生来の性格にも関係がありそうです。

営業をしている女性の性格【3つのポイント】

パソコン

営業職に就いている実際の女性はどのような性格の人が多いのか、気になる方もいるのではないでしょうか。

ここでは営業職の女性の性格についてまとめました。

実力主義、競争心が強い

ミーティング

営業は他の仲間と成績を競い合う側面があります。

そのため、営業職を続ける女性は少なからず競争心の強い人が多いです。

他人と競っているというとキツイ性格を想像してしまいそうですが、実際には実力のある相手を認めることも忘れません。

例え成績で負けたとしても、実力の差があると分かればしっかり納得する女性が多いです。

負けず嫌い、向上心が強い

営業職を選ぶ女性は負けず嫌いも多くいます。

商談に失敗したり成績が伸び悩んだときにも落ち込まず頑張る女性が多いようです。

同僚に負けたくない思いや自分の可能性に負けたくない思いをバネにして、いっそう仕事に打ち込みます。

スケジュール管理がうまい、自分を律することができる

スケジュール

多くの取引先を訪れる必要があるため、スケジュール管理の上手な女性が多いです。

自分の予定をきちんと把握し無理な予定を詰め込むような印象はありません。

スケジュール帖や電子手帳のタスクは常に整頓されています。

また机の上が整っていたり、身なりに気を使っていたりと、自分を律することができる女性も多いです。

女性営業職にまつわる【3つの悩み】

ノート

勤勉で向上心のある女性が多い営業職ですが、やはりそれなりに悩みもあるようです。

営業職に就いている女性はどのような悩みがあるのか解説します。

前例がなく、自分で道を切り開くしかない

道

ロールモデルがいないというのは女性営業職の大きな悩みです。

会社の中でも自分が最初の女性営業職だったという人も多く、全てが手探りのようになります。

男性の営業の様子を参考にするのも手ですが、根本的な体力の違いもありますしなかなか難しいようです。

「女性だから」と仕事を限定されることがある

営業は男性の仕事と思っている世代はまだまだ多いようです。

「重要な契約を結ぶのなら男性社員を連れてこい」と言われることもあります。

社内でも重要な案件は男性に回し、「女性だから」という理由で簡単な仕事ばかりふられることもあるようです。

自分の生活やライフプランに合わせた働き方がしづらい

女性が働くうえで避けて通れないのが出産です。こればかりは男性に変わってもらうことができません。

出産の際には産休を取る必要が出てきます。

営業職でもそれは同じであり、一度産休を取ると職場へ戻りづらくなる風潮に悩まされる女性も少なくありません。

女性向きの営業職【3選】

パソコン

営業に興味のある方の中には、どのような営業職を選べばよいのか迷っている方もいらっしゃるかもしれません。

そこで女性向きの営業職をピックアップしました。

無形商材の営業

紹介

保険や教育・人材など無形商材の営業職では多くの女性が活躍しています。

これらの形の無い商品は実際に目の前に現物がある有形商材に比べ、ハッキリとしたイメージがし辛い商品です。

お客様に説明するには「お客様のニーズとマッチしているかどうか」などをきちんと見極める力が必要になります。

そのため男女の違いで差が出ず、経験を積めばしっかりと実績に繋がっていくようです。

特に保険教育などの分野は家庭内では母親に決定権が与えられている場合が多く、女性の気持ちに寄り添うことで成績を上げることができます。

女性向け商品の営業

化粧品

女性向け商品の営業も女性向きの営業職といえます。

例えば化粧品ですと営業の女性が美しくメイクアップをしていたら「良いな」と思う女性は多いでしょう。

下着なども女性が説明するとより実感がわきやすいです。

ルート営業

契約済のお客様の元を訪れ営業をするのが「ルート営業」です。お客様の要望を聞きながら、新しい提案を行います。

いかにお客様の意図や要望を汲み取ることができるかが重要です。

一般的に共感性が高いといわれている女性ならではの強みが活かせます。

営業に向いている女性のまとめ

ノート

営業職は社外に出て自分の足で稼ぐといった、体力勝負の側面もあります。

ですがそれ以上にお客様の意図を理解する力が大切です。そのため、共感性やコミュニケーション能力が高い人は営業に向いています。

自分がどのような営業職に向ているのか迷いがあるのなら、無料転職相談もご利用ください。

 

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら