新卒で働き始めたものの、思っていたのと違うと感じて転職を考える女性は少なくありません。実際、入社するまでわからないことも多いです。

仕事内容が聞いていたのと違うという理由の他、体力的なきつさ人間関係が精神的につらいといったことで悩んで退社を決断してしまうこともあります。

この記事では、こうしたいわゆる第二新卒と呼ばれる女性が転職する際の強みや注意点転職が成功しやすい職種についてご紹介します。

第二新卒での転職を検討中の女性必見の内容ですので、ぜひ最後までお読みください!

第二新卒とは

働く女性

第二新卒は、一般的に新卒で入社して3年未満の求職者のことを指します。

企業によって微妙に定義が違うこともありますが、共通して言えるのは「短期間でも働いた経験を持っている」ことです。

第二新卒の女性の3つの強み

熱意やポテンシャルを重視してもらえる

花、ハート

第二新卒での転職は、経験やスキルよりも仕事への熱意やポテンシャルが重視されます。

また、第二新卒は基本的なマナーは身に付いており、教育にかかるコストが抑えられ、若手人材を必要とする企業にとっては魅力的な存在といえるのです。

基本的なビジネスマナーがあることは前提条件になりますが、仕事に前向きな姿勢などの人物面が第二新卒の女性の転職においては強みになります。

長く仕事を続けられる

第二新卒で転職を考える女性は、「仕事を続けていくためによりよい環境に転職したい」という思いを多かれ少なかれ持っているもの。

企業に対して長く仕事を続けて貢献していきたいということをはっきりと伝えることで、転職の成功率もアップするでしょう。

適応力が高い

第二新卒の女性は年齢的に20代半ばで、社会人としてスタートを切ったばかりです。

前職に早期に見切りをつけ、転職するために行動したという決断力や若さからの柔軟性適応力もアピールポイントになります。

第二新卒の女性が注意すべき3つのこと

すぐ辞めると思われる

建物

第二新卒の女性は、新卒で入った会社をすぐに辞めたという事実があるため、またすぐに辞めるのではないかと不安を感じる企業も少なくありません。

そのため、前職の退職理由について採用担当者が納得できるように事前に練っておくなどの対策が必要となります。

前職の経験でのアピールは難しい

第二新卒の女性は若さやフレッシュさという武器を持つ一方で実務経験は浅いことは否めません。

相当の実績がある場合は別として、前職の経験でアピールすることは難しいことが多いでしょう。

第二新卒の女性は企業にどう見える?

テーブル、ミーティング
第二新卒の女性に対する企業の印象はプラス面とマイナス面の双方があります。

まず、戦力になるまでの教育コストや人件費を抑えられる点はプラスと捉えられます。

先にお伝えしたように、第二新卒の女性は基本的なマナーを理解しているため、すぐに実務を教えられることが期待できます。

また、給与や待遇面でのハードルも低くなるので若手人材の確保を早期に達成しやすいことも企業にとってはメリットになるのです。

一方で、早期に退職しているすぐに辞めてしまうかもしれないと不安を持たれるケースは多いです。そのため、納得できる退職理由を伝える必要があります。

第二新卒の女性におすすめの業界

ワークショップ、ペン、ふせん
第二新卒の女性におすすめなのは、成長性があり女性が自立して働くことに理解がある業界です。

一般的にはITやシステムを扱う業界とコンサル系では働き方の多様化にともなって成長性が高くなっており、戦力として早期に活躍してくれる若手人材を求めている企業が多くあります。

ただし、こうした成長しているまっ只中の業界は第二新卒の採用に積極的な一方で、業務量も多くなりがちな点には注意が必要です。

第二新卒の女性が応募しやすい職種とは

オフィス、ジョブセンター

第二新卒の女性が応募しやすい職種として、具体的にこの職種というものはありません。幅広い職種で求人が出されています。

応募する際にチェックすべき基準がありますので、主なものをご紹介していきます。

商品やサービスに魅力を感じるか

長く働くためには、自社の製品に興味を持っていることが重要。扱っている商品やサービスに魅力を感じる企業であれば意欲的に仕事に取り組みやすいでしょう。

個人の価値観にもよりますが、大手企業だからという理由のみで企業を選ぶことはおすすめしません。

もちろん、大手ですと福利厚生面や社会的な信用度は高いのですが、若手の裁量権や業務範囲が少なく、そうした点に不満を感じやすいのです。

スタートアップや中小企業は忙しいことも多いですが、一人あたりの裁量権が大きく、若いうちから広く経験を積みたい場合は向いているケースもあります。

若手の活躍を応援してくれる環境か

第二新卒の女性が転職する際は社風が重要。若手の意見に耳を傾けてもらえる環境なのかチェックすべきです。

企業ホームページ等から情報を集めたり転職支援サービスなどを利用したりして情報を集め、若手社員がどのように働いているか確認しましょう。

また、キャリアチェンジを希望するなどのケースでは、人材育成制度がきちんと機能しているかもチェックしておくと良いです。

社員を大切にしてくれる環境か

第二新卒の女性も含めて、長く働いていくためには仕事のやりがいだけでなく、社員を大切にしてくれる企業を選ぶことも重要です。

長時間残業が常態化していないかや有給休暇は取得できるかなど、労務管理面が整えられているかは命を守るためにも大切になります。

また、面接などでオフィスに訪れる際には、トイレや給湯室などの設備や清潔感、執務エリアの雰囲気をチェックしましょう。

社員を大切にしてくれる企業であれば、仕事を快適にできるような環境づくりにも気を配っていることが多いです。

実際に自分が働くときにも、オフィスの環境はモチベーションに影響するのではないでしょうか。

第二新卒の転職を成功させるポイントとは

納得できる退職理由

手帳

第二新卒の女性が転職する場合、企業の採用担当者からほぼ必ず「なぜ前職を辞めたのか」を問われます。

そのため、採用担当者を納得させられる退職理由を答えられるように準備しておく必要があります。

業務内容が聞いていたものと違う、体力的または精神的にきつかったなど、退職理由が人それぞれ。
中には、そのまま話すよりはポジティブな印象になるように表現に工夫が要る理由もあるでしょう。

採用担当者が、また同じようなことがあったら辞めてしまうのではないかと不安にならない理由を明確に答えられることがポイントです。

転職で実現したいことを明確にする

転職をすることで実現したいことを明確にしましょう。

とはいえ、100点満点の企業は存在しませんので、自分なりに実現したいことの優先順位を決めて、転職先を選ぶことをおすすめします。

ライフプランの設計をしておく

第二新卒の女性は20代と若く、今後の人生にライフイベントがいくつも待ち構えています。

たとえば結婚や出産したら仕事をどのように続けていきたいかなどを、具体的にイメージしておくことが企業選びにおいて重要になります。

面接で問われた際に具体的にライフプランを答えることができれば、企業側にも長く働いてくれる印象を与えることができ安心感につながります。

まとめ

ノートパソコン
第二新卒の女性に対する企業からの需要は高い傾向があります。

また、経験やスキルよりも熱意ポテンシャル適応力といった人物重視で採用につながるケースも多く、再スタートやキャリアチェンジも可能です。

ただ、最初に入社した会社をすぐに辞めてしまったことについては面接等で問われることが多く、転職の目的や計画性を伝えて採用担当者の印象をアップさせる努力が必要になります。

第二新卒で転職できる期間は限られていますので、迅速な行動とともに的確な対策を立てることが重要です!プロに相談してみることも転職成功のカギになることもあるでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら