転職しようかなと思ったけれど、こんなことで悩んでいませんか?

「自分に合う仕事がわからない…」
「適職ってどう見つけたらいいの?」

この記事では自分に合った仕事に転職したいと考えている女性のために、適職診断サイトの探し方診断結果を活かすコツなどを詳しく紹介しています。

自分に合った仕事を知りたい方にぜひ読んでいただきたい内容になっていますので、ぜひ最後までご覧ください!

自分に合った仕事探しは自分を知ることから

疑問、考える

自分に合った仕事を見つける切り口は3つあります。

  • 自分を知る
  • 仕事を知る
  • 今までの経験を知る

この中でまず重要となるのが「自分を知る」ということ。

まずは自分自身を見つめ直し、自分の強みやイキイキと働ける職場環境、活躍できる働き方を明確にすることが適職を探すために大切な軸になるのです。

そのために便利なツールとなる「適職診断」について早速見ていきましょう。

自分を知るための便利ツール!適職診断とは

書類、プロジェクト

質問に直感的に答えていくだけで仕事における性格やキャリアに対する志向、向いている職種を診断するテストのことです。

主に就職・転職サイトやアプリ等で受けることができます。20問程の質問に答える簡単なものから50問以上の質問があるものまで様々な適職診断があります。

自分のことを客観的に診断してくれますので、自分に合う仕事を探すヒントを気軽に得られるのです。

女性向け適職診断サイトの探し方

女性向けの転職サイト内の無料サービスを利用する

パソコン、マッキントッシュ
一番身近で簡単な方法です。インターネットで検索をすれば転職サイトの転職診断を確認できます。

検索した中から女性向け転職サイトを3つほど選び、診断を受けてみるのがおすすめです。

複数の結果を比較することで、共通の傾向違いが把握しやすくなります。

ただ、診断結果をたくさん見すぎてしまうと結局強みがわからなることもありますし、詳しい診断結果を見るために会員登録が必要なケースも多いです。

登録し過ぎると管理が大変になりますので、自分の負担にならない数に絞って適職診断をご利用ください。

ハローワークでも適職診断が可能

ハローワークはご存知のとおり、転職相談や求人紹介などを行う公的機関です。転職支援の一環として適性検査を受けることができます。

紙面で受験するタイプ(一般職業適性検査GATB)とパソコンなどで受験するタイプ(キャリアインサイト)があります。

どちらのタイプも本格的な適職診断になっており、かなり詳しい診断結果が得られます。

気になる方はお近くのハローワークにお問い合わせくださいね。

適職診断の結果を活かすコツ

あくまで自分を知るきっかけとして利用する

本、扉、入口
人は意外と自分のことを知らないもの。自覚している性格や好きなこと、得意なことは実はごく一部にすぎません。

最初にお伝えしたように自分に合った仕事を探すためには自分を知ることが大切になります。

自分のことを知ることが、自分に合う仕事かどうかを見極めることに繋がるからです。

得意なことや好きなことが多い仕事であれば「この仕事は自分に合っている!」と実感しやすいのではないでしょうか。

そうした自分の得意なことや性格の傾向を客観的に測るための方法が適職診断なのです。

ただし、適職診断は100パーセント正確とはいえません。鵜呑みにしてすべての判断の基準を診断結果にゆだねてしまうことは非常に危険です。

あくまで、自分の価値観の傾向を示すものと考えるようにしましょう。

適職診断で思うような結果が示されなくても、就きたい職種などをあきらめる必要はありませんので安心してくださいね。

自分以外の人と共有する

適職診断の結果を活用するために自分の目でチェックした後は、他人の目で見てもらいましょう。

できればキャリアカウンセラーや転職エージェントなどのプロに見てもらうことがおすすめです。転職を検討している人に多く触れていますので、的確に診断結果についてフィードバックしてくれます。

いきなりサービスを利用するのは気が引けるし、緊張してしまうという場合は友人や家族と話してみるのもよいでしょう。

話す時には以下のような視点で診断結果について見ていくと効果的です。

  • 診断結果についてどう思ったか
  • この結果のようなエピソードがあるか
  • 診断結果と実際の印象で違うところはどこか
  • なぜこの診断結果が出たと思うか

理想の働き方の優先順位を考える

書く、ペン

100パーセント理想を叶えてくれる仕事はありません。自分に合った仕事に出会うためには転職で外せない条件の優先順位を決めることが重要です。

どんな働き方や仕事をしている自分になりたいのか、診断結果の中から優先順位をつけてみましょう。
具体的に確認すべきポイントを見ていきます。

自分の思考や性格の特徴を確認する

診断結果では一般的に図形で性格や思考の特徴が示されています。

まずはその図形で突出している項目を見ていきます。これが客観的に見た時に自分の強みや特徴となる要素です。

これらをノートに書き出して仕事をするうえで必要な要素だと感じる順に番号を振ってみると、大まかな優先順位付けができます。

苦手とする環境を確認する

次は図形の中でへこんでいる部分を見ます。これは客観的に見て、自分が苦手だったりストレスを感じやすい要素です。

仕事の成果をうまく出せなかったりモチベーションが下がる原因ともなりうるため、転職するうえでは避けておきたい要素ともいえます。

今までの経験を改めて把握する

人々、職場

経験した仕事内容をリストアップ

適職診断で強みと結果が出ていても、経験やスキルを示すことができなければ実際に転職が難しいこともあります。

例えば適職診断で、研究職に向いているとの結果が出たとしても、理系の学部を卒業しておらず実務経験もなければ研究職を目指すことはかなり無謀です。

自分の持っている経験やスキルをリストアップして、今の自分が何を持っているのか整理しましょう。

ただし、大きなキャリアチェンジを考えていて適職診断の結果もそれを裏付けるものだった場合、スキル習得のために経験を積んだり、資格取得するという道もあるでしょう。

楽しかった経験や誉められた経験をリストアップ

仕事として楽しいと感じたシーンを思い出してみましょう。また、特に意識しなくてもうまくできたり誉められたというシーンも思い出して、ノートに書き出してみてください。

「資料作成はよく誉められたかも…」
「会議でアイデアを誉められたことあったな」
「データ入力が最速で終わった時最高だった!」

好きなことと誉められたことが一致しない方もいらっしゃるかもしれません。

「好きではないけどよく人から誉められる」仕事は自分で気付いていないだけで立派な強みになるのです。
その要素が適職診断の結果にも現れていませんか?

適職診断の結果と経験を照らし合わせる

ピンク、バラ、デスク
これは実際に転職活動の際の面接にも役立ちます。

適職診断の結果で書き出した内容と実際の経験から書き出した内容を照らし合わせ、エピソードを具体的に考えてみましょう。

考える時のポイントは自分がイキイキと仕事をする姿を相手にイメージしてもらうこと。

適職診断でチェックした強みを実際の経験と結び付けて伝えれば、説得力がアップするはずです。

まとめ

コーヒー、雑誌
この記事では、転職を検討中の女性へ適職診断サイトの探し方や診断結果を活かすコツをご紹介しました。

適職診断は自覚していない強みや資質を認識するために非常に便利なツールです。

自分に合った仕事は成果が出やすいため、高い評価を受けて仕事が好きになっていくというメリットもあります。

適職診断を客観的に自分をより深く見つめ直すきっかけとして上手に利用して、自分に合った仕事を見つけましょう。

また、適職診断の結果は豊富な知識に基づく的確な分析を受けられるため、プロに見てもらうのがおすすめです。

転職エージェントであれば、適職診断結果の的確な分析のほか、書類選考や面接などの現実的な対策のアドバイスや求人情報の提供など手厚いサポートが受けられます。

プロのサポートもうまく利用して、より早く自分に合った仕事をみつけませんか?

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら