残業が少なく収入などの条件が良いコールセンターのお仕事は、主に女性からの注目度が高い傾向にあります。

また未経験者を募集している求人が多いので、転職を考えている方はぜひ注目しておきたいところです。

実際コールセンターに転職し、ステップアップしながら活躍している女性は年々増えてきています。

そこで今回は、転職を考える女性向けの求人情報について調査しました。

気になる平均年収や求人傾向についてもまとめているので、参考にしてみてください。

コールセンターへ転職するメリットとは

コールセンターのヘッドホン

 

コールセンターの仕事は、主に顧客からの問い合わせや苦情などを電話対応するのがメインとなります。

各企業によって業務内容には幅がありますが、受付時間が決まっているため残業が少なく定時で帰りやすいのは共通です。

また勤務時間はシフト制の職場が多く自由度が高い点も、生活スタイルが変化しやすい女性には大きなメリットでしょう。

さらに希望しない限りは転勤がほとんどないため、安心して働き続けることが可能です。

メリットの多いコールセンター業は、転職を考えている方にとって注目度の高いお仕事となっています。

コールセンターの求人情報を調査

コールセンター

コールセンターの求人情報は、基本的に派遣スタッフや契約社員を募集していることが多いです。

そのため最初はオペレーターとして、お客様との電話対応が主な業務になります。

その後社員を目指す方は、「オペレーター資格」や「スーパーバイザー資格」を取得すると有利です。

ちなみにスーパーバイザー(SV)とは、オペレーターの育成や指導を行う管理職になります。

求人で募集しているSVやマネージャーは、主にコールセンター経験者の方を対象としていることが多いです。

勤務時間はシフト制

刻む時間

求人情報に掲載されている勤務時間は、大半の職場シフト制となっています。

職場によっては週1日勤務・1日3時間勤務で働くことが可能です。

そのためプライベートの時間を充実できるほか、別な仕事と兼務するなどさまざまな働き方を選択できます。

勤務時間の幅は、一般的に早いところだと8時半から始まり遅くて21時までです。

少数ではありますが24時間対応のコールセンターでは夜勤勤務もあり、時給を高くしたい方にはおすすめです。

勤務場所は主要都市中心

日本地図

勤務場所は日本各地にあるものの、2020年現在は北海道・宮城・東京・大阪・福岡などにある主要都市が多い状況です。

しかしコールセンターは企業本社の近くである必要性はないので、今後さらに地方進出する可能性も大いにあります。

そうなると、地元に戻りたいと考えている転職希望者の方の選択肢が増えることでしょう。

圧倒的に多い勤務場所はやはり東京23区内となります。

そのため都内で仕事を探す方は、幅広い選択肢で自分の好みに合った業務内容を選択しやすいでしょう。

コールセンターの平均年収

時間とお金

コールセンターの平均年収約250~400万円です。

これは求人情報で募集している一般的な金額なので、その後社員となってSVなどの上級職になれば400万円以上目指せます。

一般的な事務職と比較すると、コールセンターの平均年収の方が若干高めです。

30代になるとその差は数十万円単位で開いてくるので、将来的なことを考えると転職するのが有利といえるでしょう。

またコールセンターはSV・マネージャーなどの管理職になる可能性が比較的高いのも、魅力のひとつです。

月収平均は20~30万円

コインと電卓

役職はもちろん会社の環境や業務内容によって違いは出てきますが、コールセンターの月収平均約20~30万円です。

また地域差を考慮すると、地方の職場で勤務する場合は20万円を下回る可能性もあります。

ちなみにアルバイトや派遣社員の場合、時給の相場はおよそ1,300円です。

都内では1,700~2,000円程度で募集している求人もあります。

例えば時給1,300円で1日8時間・月20日間勤務だとすると、年収は250万円程度です。

正社員を目指して年収アップ

コールセンターの2人

最初はパートや派遣社員としてのスタートだったとしても、正社員を目指すことは十分可能です。

そのためには日本コンタクトセンター教育検定協会が行っている資格検定を積極的に受験しましょう。

中でも「オペレーター」と「スーパーバイザー」の資格をもっていると、評定に有利です。

正社員としてSVやマネージャーなどの管理職になると、年収は平均で400万円程度見込めます。

コールセンターならではの特徴として、常に管理職を求めている傾向にあるので若い世代でもチャンスは高いです。

コールセンターの求人傾向

虹色ヘッドホン

コールセンターの求人傾向は、一般的に4月や6月に募集件数が多くなります。

この時期に合わせて応募者も多くなりますが、転職する方なら11月が狙い目でしょう。

理由は年末年始を前に募集をかける会社が増える半面、応募者は比較的少ない時期にあるからです。

特に運輸・郵便業の求人は高めとなっています。

選択肢を広げるなら4月と6月ですが、効率を上げたいならあえて応募者が少ない時期を狙ってみましょう。

正社員の求人が増えている実情

電話のテクニカルサポート

2020年現在、正社員の求人増えてきている状況です。

その大きな要因のひとつとして、社員の入れ替わりが多いという実情があります。

原因はクレーム対応によるストレスや、職場内の人間関係などによるものです。

そのためコミュニケーション力や、ある程度の精神的な強さが求められます。

不安に思うかもしれませんが実際長く働き続けている方も多いので、最初から正社員になるチャンスと捉えてみましょう。

接客経験ありは採用に有利

事務

スキルや資格不要としている求人が多い中で、採用時重要視されているのはコミュニケーション力です。

オペレーターはお客様と電話音声のみでやり取りしなければならないため、言葉遣いや説明力も大切になります。

そのため接客業の経験がある方は、コールセンターのお仕事に向いているでしょう。

面接の際にはコミュニケーション力があることをアピールするのがおすすめです。

また職場によっては顧客のデータ入力やデータ管理することがあるので、基本的なPCスキルがあると有利でしょう。

女性がコールセンターで活躍できるかどうかの見極め方

微笑むコールセンター女性

 

女性が活躍できる職場かどうかを見極めるコツのひとつは、採用時の役職です。

特にSV・マネージャーの求人募集は、未だ男性管理職が多い社会情勢の中では貴重な機会といえます。

中には未経験者でも応募対象になっている求人があるので要チェックです。

必要とされているのは、やはりコミュニケーション力となります。

コールセンターは比較的女性比率が高いので、SVは悩みを聞いたり程よく雑談するなど楽しい環境づくりが大切です。

福利厚生はしっかりチェック

考えごと

休暇は何日取れるか、各種手当は整っているのかなど福利厚生の部分はしっかりチェックしましょう。

特に女性にとって育休制度がどうなっているかは、活躍していくにあたって重要なポイントです。

育休復帰した後のことを考えると、完全週休二日制といった部分も見逃せません。

女性活躍を推進する「ダイバーシティ」の項目がある会社は、信用度が高いといえるでしょう。

さらに女性管理職がすでに活躍中の会社であれば、先輩社員の背中を目指せるので将来像がイメージしやすいです。

資格取得に力を入れている会社が狙い目

資格取得

 

求人情報の待遇面を見ると、「資格取得支援制度」を取り入れている会社があります。

資格取得に力を入れているということは、管理職を目指す環境が整っているということです。

SV・マネージャーなどの管理職になれば、その後もし転職を考える際には好条件で探せます。

またコールセンター関連の資格は接客対応やマネジメント力のスキルアップに繋がるため、他の仕事でも活かすことが可能です。

好条件のコールセンター求人を見つけよう

コールセンター

コールセンターの求人は、探してみると好条件のものが多くあります。

正社員やSVなど管理職の好待遇求人もあるので、こまめにチェックしておくのがおすすめです。

資格やスキルは不要なことが多く、学歴も大抵は高卒以上となっているためハードルはそれほど高くないでしょう。

またコールセンターは女性比率が高い職場なので、採用後管理職を目指すことも十分可能です。

収入面や福利厚生をしっかりチェックして、自分にとって条件の合う求人を見つけましょう。

 

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら