アパレル店員の仕事内容を徹底解説!接客以外の業務って?アパレルに向いて いる人の特徴や求人でチェックすべきポイントも紹介

アパレル店員と聞くと、接客をする姿を一番に思い浮かべる方が多いと思います。

店頭で接客をする姿はとても華やかですが、実際は接客以外にも検品や電話対応など様々な仕事をしています。

そこで今回は、アパレル店員の業務やどのような人が向いているのかなどを徹底解説します。

アパレル店員の仕事内容とは?

アパレル店員のメインの仕事はもちろん接客ですが、それ以外にも数多くの業務をこなさなければいけません。

では、アパレル店員はどのようなことをするのが仕事なのでしょうか?その全貌をご紹介します。

店頭での接客

レディースバッグ

販売職の一種であるアパレル店員は、来店したお客さんの接客をしたりレジでお会計をしたりするのが主な業務です。

お客さんにトレンドの服や新作商品の説明をすることがメインになります。

他にも「自分に似合う服が分からない」「どう着こなしていいのか分からない」というお客さんにコーディネートの提案をする事もたくさんあります。

検品・品出し

段ボール

倉庫から洋服が届いたら、ひとつひとつ汚れやほつれなどがないかを丁寧に確認するのが検品作業です。

汚れやほつれに気づかずにお客さんの手に渡ってしまうと、後からクレームになってしまうことも考えられます。

お客さんに気持ち良く買い物をしてもらうため、また、クレームを防ぐためにも検品作業は重要な仕事といえます。

検品が終わったら、洋服をきれいにたたんだりハンガーにかけたりして店頭に出します。この作業が品出し作業です。

電話対応

黒電話
お客さんからの問い合わせや、他店舗からの電話に対応するのも業務の一つです。

在庫の有無を確認し、取り寄せや取り置きの可否などを答えます。そしてその後の取り置きや取り寄せ作業まで行います。

また、お客さんから店舗へのクレームの電話にも対応します。

店頭ディスプレイやレイアウトの考案

トルソー
どの服をどの場所に並べるか、マネキンにどのようなコーディネートを着させるかを季節やトレンドを踏まえて考えます。

立ち寄ってくれるお客さんの数を増やし売上を伸ばしていくためにも、ディスプレイやレイアウトを考えるのは大切な仕事です。

販売員として一人前になった後は・・・

お店の状況を見ながら接客や品出し、電話対応をするのは最初のうちはなかなか慣れないでしょう。

しかし慣れてくると、少しずつこれらの仕事内容をこなせるようになります。

販売員として経験を積んでいくと、その後はどのようなキャリアアップができるのでしょうか?

店長やエリアマネージャーになる

ミーティングの様子
「まだまだ現場で活躍したい」「接客を極めたい」という場合は、店長やエリアマネージャーになるという道があります。

店長になると、アルバイトのシフト管理や新人教育、商品の発注作業などを行うようになります。

エリアマネージャーになると店長業務に加え、会議に出席する機会も増えていくでしょう。

MDや人事など、違う職種にチャレンジする

ミーティングの様子
販売職を経験した後は、MD(マーチャンダイザー)や人事、広報などに異動することも可能です。

商品企画や販売企画をするMD、店舗で働くスタッフの採用を行う人事、新商品やイベントをメディアに告知する広報など、販売職とは違う立場から、好きなブランドに関わることができます。

アパレル店員に向いているのはどんな人?

特別な資格は必要なく未経験からでも挑戦しやすいアパレル店員ですが、どのような人が向いているのでしょうか?

人と話すことが好きな人

女性が話している写真
仕事内容を見て分かる通りアパレルスタッフはとにかくお客さんと話す機会がたくさんあるので、人と話すことが好きな人は向いているといえます。

初めての人と気軽に話せることはもちろん、お客さんの話を「聞く力」も必要になってきます。

たとえば、お客さんに商品を提案するときは自分の好みやトレンドを押し付けるのではなく、お客さんの好みの系統や体型の悩みなどを聞き出すことで、ベストな提案ができます。

コミュニケーションスキルは、入社後の研修や勤務を通して身につけることが可能です。

自分がお客さんとして買い物に行った時にどんな対応をしてもらえたら嬉しいかを考えると、コミュニケーションスキルを磨くヒントになるでしょう。

洋服やおしゃれに興味がある人

シャツと革靴の写真
店舗ではたくさんの商品を扱いますが、お客さんに商品を魅力的に説明するためには商品知識を身につけなければいけません。

しかも季節ごとにトレンドや商品が変わるので、常に情報収集をすることが必要です。

新しいことを覚えるのが苦にならない人や自分の知識を磨き続けようと努力できる人は、アパレル店員に向いています。

求人票のここをチェック!

「アパレル店員 求人」「アパレル店員 求人 正社員」などと検索すると、たくさんのブランドが販売職を募集していることが分かります。

求人票には給与、休日、福利厚生、勤務時間、企業のPRポイントなどの数多くの情報が書かれているので、どの項目を優先的に見れば良いのか分からないですよね。

ここでは求人票で絶対にチェックすべきポイントをご紹介します。

休日休暇

コーヒーカップ
アパレルスタッフをはじめとする販売職は、一般的に年間休日が少ないといわれています。

立ち仕事が多く体力も必要な仕事なので、お休みがどのくらいあるのかはしっかり確認しましょう。

休日休暇を確認するときは、求人票の「年間休日」の欄を見てください。

ここには1年間のうちに休日が何日あるのかが書かれています。ただし、有給休暇や特別休暇(介護休暇、慶弔休暇など)は含まれていません。

日数が多ければ多いほど休みがたくさんあるということですが、最低でも年間休日が105日あるところを選んだ方が良いでしょう。

夏季休暇や年末年始休暇なし、祝日も出勤して土日のみの休みだと年間休日が105日の計算になります。

これ以下になると週に2日間の休みが取れないという計算になるので、体力的にもかなりきつくなることが考えられます。

社員割引はどのくらいか

買い物袋を持った女性
販売員は社員割引を使って自分で服を買い、その服を着て店頭に立つことがほとんどです。

社割で好きな服を買えるのはアパレル店員として働くメリットの一つですが、洋服代が負担になってしまうということも考えられます。

洗濯やメンテナンスのことを考えると何着か購入しなくてはいけないので、割引率が高いほど負担が少なくて済みます。

中には仕事の時に着る服は何着かレンタルできるという企業もあります。

仕事用の服は社割で買うのかレンタルできるのか、買わなければいけない場合は社割がどの程度効くのかをチェックしましょう。

好きなブランドで販売の仕事ができるか

ハンガーにかかった洋服
アパレル店員として働くなら自分の好きなブランドや憧れのブランド、好みの系統の服を扱っているブランドで働きたいですよね。

しかし、ブランドごとではなく会社として複数ブランド合同で採用を行っている場合は、希望のブランドで働けない可能性があることを覚えておいてください。

配属店舗やブランドの希望を出せるのか、まずは求人票で確認してみてください。

こんな不安があってもアパレル店員として働ける?

おしゃれな服を着て接客するアパレル店員の姿はとても華やかで、一度は憧れるものです。

「歩くマネキン」と言われることも多くお客さんから見られる立場なので、「ファッションセンスがないと採用してもらえないのではないか」「容姿が良くなければアパレル店員にはなれないのではないか」と思う方も多いようです。

このような不安があってもアパレル店員として働けるのかどうか解説していきます。

ファッションセンスに自信がなくても働ける?

デニムジャケットを着た女性
トレンドの服を着こなしているのを見ると、もともとセンスがいい人なんだなと錯覚してしまいます。

しかし、ファッションセンスに自信がなくてもアパレル店員になることはできます。

自信がなくても洋服の知識やトレンド情報を勉強したり、先輩社員の着こなしを見たりしてセンスを磨く努力ができれば問題ないでしょう。

スタイルが良くなくても働ける?

ピンクのスニーカーの写真
結論から言ってしまえば、スタイルが良くなくてもアパレル店員になることはできます。

見られる仕事なので自分の容姿を気にすることは大切です。

しかし、悩みがあるからこそ同じ悩みを持つお客さんに対して共感することができたり、スタイルを良く見せる着こなしをアドバイスできたりします。

まとめ:アパレル店員はお客さんと関わることで大きなやりがいを感じられるお仕事

ラックにかかった洋服
今回はアパレル店員の仕事内容やどのような人が向いているのかなどをご紹介しました。

接客、店舗のレイアウトやディスプレイを考える仕事、ちょっとした事務作業など幅広い仕事をすることを分かっていただけたと思います。

アパレル店員の仕事は常連さんの顔を覚えられた、自分の提案したコーディネートを気に入ってもらえたなど、接客を通して日々の業務の中で大きなやりがいを感じることのできる仕事です。

特別な資格も必要なく未経験でもチャレンジできるので、ファッションが好き、人と関わることが好きという方は、アパレル店員に挑戦してみてはいかがでしょうか。