飲料メーカーは、私たちの生活に欠かせない飲み物を製造・販売しています。知名度が高いだけに人気の就職先です。

高い倍率を勝ち抜き飲料メーカーへの転職を成功させるには、エントリーシート(ES)対策をよく練っておく必要があります。

ESの最重要項目は「志望動機」。転職に成功するために、印象に残る志望動機の書き方を学んでいきましょう。

ここでは志望動機の書き方・求められるスキル・履歴書や面接の良い例と悪い例などから、実践に役立つ情報をお届けします。

飲料メーカーに転職する際の志望動機の準備は?

ビールを持つ女性

自分が大好きでいつも飲んでいる商品を製造しているメーカーへ転職できたら素敵ですよね。

でも「商品が好きだ」ということを志望の動機としてしまうとアピール度としては弱く、選考で振り落とされてしまう可能性が高いです。

なぜその商品が好きになったのか、自分だけのストーリーをわかりやすく伝えた方が強く印象に残ります。

そして、その商品の製造に関わりたいのはなぜか、どのような職種に携わりたいのかなど転職目的・目標を明確に示してください。

まず転職先の飲料メーカーが持つ特色・事業展開・業務内容をよく調べ、転職後のキャリアのイメージを把握しましょう。

イメージが鮮明であればあるほど、アピール度が高い志望動機を書くことができます。

志望動機を書く前にすること

メモ帳と女性

アピール度が高い志望動機を書くためには、事前にどのようなことを把握しておくとよいでしょうか。

自分がどうして転職したいのか、どのような職種に就きたいのか、今までの経験がどう活かせるのかなどをよく考えてください。

では「転職の目的・条件」「自分のスキル」「選択の理由」の3つに分けて志望動機を書く準備をしていきましょう。

転職の目的・条件を明確にする

貴女はなぜ飲料メーカーへ転職したいと考えましたか?転職で達成したいことは何でしょうか?

仕事で大事にしていきたいこと、価値を認めていることを相手がはっきりと理解できる言葉で説明してください。

志望動機を書く前にまず転職の目的・条件を明確にしておきましょう。

自分のスキルを洗い出す

ヘッドセットの女性

貴女は今までどのような業務を経験してきましたか?資格を持っていますか?仕事から学んだことは何ですか?

自分が培ったスキルをすべて洗い出し、ひとつひとつ客観的に分析しておきましょう。

応募先企業で入社後に即戦力として活かせる能力があれば、もれなく志望動機に盛り込んでください。

これはその後の面接を有利にするための対策にもなるので、できるだけすべて書き出しましょう。

応募先企業を選んだ理由を考える

志望動機を書く上で転職先に選んだ企業のことをよく知っておくことが大切です。どこに魅力を感じましたか?

業界・企業の分析と研究は事前にしっかりと行い、応募先企業の事業の特色や風土を理解しておきましょう。

経営理念や事業展開の将来ビジョンが自分のキャリアの目的・目標に合っているかも確認してください。

人事担当者は貴女が選んだ理由を必ずチェックしています。自分の体験を基にして理由に説得力を持たせましょう。

 

ワンポイント

自己分析をベースに転職目的を明確化しアピール度の高い志望動機を作成しよう。

求められるスキルや人物像は?

仕事中の女性

自己分析と応募先企業の情報収集ができたら、相手にどう内容を伝えたらよいかを考えましょう。

ここで注意しなければならないのは、飲料メーカーにはそれぞれ培ってきた伝統ブランドがあるということです。

どのような飲み物を作りたいのか、その飲み物は消費者にとってどのようなメリットがあるのかなど各メーカーに特色があります。

商品に込められた会社の理念経営方針を理解した上で、自分のスキルをどう活かしていきたいかを志望動機で表現してください。

年度ごとに企業の戦略・方針が変化するので、社長の挨拶文や人事部のメッセージを熟読し、求める人物像を確認しておきましょう。

志望動機を書くときのポイント

エントリーシート(ES)で必須の「志望動機」は簡潔読みやすい文章でなければ人事担当者に読んでもらえません。

さらに、以下のような構成にすれば審査を通過する確率は高まります。

  • 簡潔に志望動機を表現
  • 具体的に志望動機を説明
  • 動機の理由となった経験
  • 採用されたら実現したいこと

上記の流れを頭に入れながら、まずは表現の重要ポイントを理解していきましょう。

転職理由はネガティブな表現にならないように

ポイントする笑顔の女性

どのような転職でも「転職理由」を必ず質問されます。これにどう答えられるかで貴女に対する印象が決まるといえるでしょう。

志望動機は前職の問題や不満を相談する場ではありません。前職へのネガティブな気持ちを持ち込まないようにしてください。

仕事への前向きな姿勢やキャリアを追求する積極性を表現し、問題に直面したからこそ見えた可能性を伝えることが大切です。

入社後のスキル活用をアピール

これまでの経験が入社後にどのように活かせるのかを具体的に考えてみましょう。

ここで大切なことは、そのスキルを会得した経緯をしっかりと伝えることです。

可能であれば、達成した業績目標を数値化するなどして具体性を高め人事担当者の印象に強く残る内容になるよう工夫しましょう。

それが貴女の貢献度の高さとして認められます。

応募先企業を選んだ理由は明確に

上昇志向

飲料メーカーはそれぞれに独自の商品を開発・製造・販売する戦略があります。

ですから、応募先企業を選んだ理由が抽象的だったり一般的だったりすると「なぜその企業を選んだのか」ということは伝わりません。

各メーカーの戦略をよく調べ志望動機を戦略に沿った内容にしましょう。それが貴女の志望度の高さとして認められます。

 

ワンポイント

キャリアを追求する仕事人としての経験と熱意を志望動機の魅力にしよう。

志望動機に書くべきこと

履歴書を書く女性

志望動機には「なぜ飲料業界を選択したのか」「なぜその企業を選択したのか」「入社したら何をしたいのか」を書きましょう。

前職から飲料メーカーへの転職を選んだ貴女の前向きな気持ち目指す目標を示してください。

人事担当者へ貴女らしさが伝わるように具体的な経験も交えながらも、冗長にならないよう要点を押さえた文章にしましょう。

飲料メーカー業界を選んだ理由

飲料は毎日の生活に欠かせないものですから、各企業・ブランドの知名度は高く魅力的な業界です。

ですが「魅力的だから」が選択理由ならアピール度は弱いです。人気のある転職先なので人事担当者の目に留まる工夫が必要です。

例えば、前職の業界と比較して理由を述べることや、「飲料」の重要性を教えてくれた体験を理由とすると良いでしょう。

応募先企業を選んだ理由

水を飲む女性

数ある企業の中で、応募先企業を選択した理由を志望動機に書きましょう。

「商品・ブランドが好きだから」という理由は誰もが書くことなので、そこから経験に基づくエピソードを展開してください。

具体的な経験は人事担当者の共感を呼び、数多くの志望者の中で貴女の存在を際立たせる効果を発揮します。

応募先企業で実現させたい目標

前職での業績をベースにして、今度は応募先企業でチャレンジしてみたい仕事や目標を志望動機に書き込みましょう。

内容は転職を決意させた理由にかかわると思いますが、常にポジティブな表現を心がけ、できるだけ詳しく説明してください。

飲料メーカーの業務内容は多種多様で幅が広いので、明確な目標があれば人事担当者が実際の配属先や仕事内容を考えやすくなるのです。

それが貴女のアピール度を高めることにつながり転職の成功度もアップします。

志望動機の内容は面接につながるように意識しよう

面談

「志望動機」はインターンや転職者が提出を求められ、ES選考の際の基準となります。

面接はESの内容を深く読み込むために行うものだと考えてよいでしょう。書かれた内容は面接で再度確認されます。

ESを暗記すればよいというわけではありませんが、ESにないことを面接で述べることは極力控えてください。

志望動機で面接の内容をある程度の範囲に限定できることを意識して、焦点を絞った志望動機を書きましょう。

 

ワンポイント
志望動機は面接を意識した内容・構成にしよう。

志望動機の例文

それでは志望動機を実際に書くため例文から書き方を学んでいきましょう。

ここでは志望動機の良い例を2つ見ていきましょう。

良い例①

お茶を指さす女性

「飲料は人の生活に欠かせないものです。飲むことによって人は身体の健康を維持しています。

飲み物がおいしいと毎日の生活に潤いを与えてくれるので、精神的な健康も維持することができると思います。

私はレモン系の飲み物が好きで、特に貴社の商品を業務の合間に飲み、とてもリラックスした気持ちで仕事を続けることができました。

ストレスの多い今の生活の中で、私のようにおいしい飲み物に幸せを感じている人は多いと思います。

私は貴社でさまざまなストレスの種類に対応できる飲料を開発したいと思い貴社を志望いたします。」

実際に応募先企業の商品を飲んで感じた「リラックスした気持ち」を原点にしたわかりやすい例文になっています。

「飲料を開発したい」という入社後の目標も盛り込んでいて志望度の高さが伝わります。

良い例②

茶道カフェ

「私はカフェで接客をしていました。貴社の商品にアレンジを加えると季節感を演出でき、お客様のお好みの味にもできます。

子からお年寄りまで美味しいと大評判で、その笑顔を見ることを仕事の励みにしてきました。

海外のお客様も喜んで注文され、日本の食材を使ったアレンジについて説明をすることもありました。

私は次第に貴社の商品を海外のお客様にも知っていただきたいと考えるようになりました。

そのため貴社が取り組んでいる「飲み物を通じて日本文化を発信するプロジェクト」にとても興味があります。

学生時代に海外留学の経験があり、英語力を磨いてきました。それを貴社の事業展開に活かしていきたいです。」

この例文では前職での経験を原点に、次は飲料業界で活躍したいという希望が明確に伝わってきます。

海外に「日本文化を伝えたい」という言い回しは、応募先企業の経営理念に沿ったアピールです。

そしてさらに自分の「英語力」というスキルを示すことで即戦力として活躍できるポテンシャルの高さも出した良い例文です。

NGな志望動機の例文

良い例文を見てきましたが、悪い例文からも多くを学ぶことができます。

悪い例文のようにならないためのポイントも解説しましょう。

悪い例

考え事をする女性

「私は飲料を通じて人々の健康増進に貢献したいと考えています。

特に貴社はスポーツ飲料でトップのシェアを誇っており、貴社であれば私が考える商品を開発できると感じました。

私の大学時代の論文テーマはカンボジアの子どもたちの生活環境の改善だったので、飲料が与える影響を十分理解しているつもりです。

日本だけでなく世界の人々の健康をサポートするために貴社で働きたいと考えています。」

この例文では、大学の研究テーマから飲料業界を志望することになった経緯が説明されていて具体的なところが良いです。

しかし、応募先企業が求めていることには無頓着で、自分のやりたいことだけが書かれています。

転職では応募先企業がどんな人材を求めているのかを理解しておくことが大切です。この志望動機では選考に残らないでしょう。

NG文にならないために

闘志を燃やす女性

志望動機でNG文にならないためにはどうしたらよいのでしょうか。

そもそも「なぜ企業は志望動機を書かせるのか」という理由が理解できていればNG文にはなりません。

志望動機を書かせたい企業側は、貴女の「モチベーションの高さ」を見たいのです。それを示すことができれば成功です。

応募先企業でモチベーションを高く持ちながら働きたい理由を具体的に書きましょう。

貴女の仕事に対する強い思いをもっとよく知りたいと相手に思わせることができれば完璧です。

 

ワンポイント

志望動機ではモチベーションの高さを具体的にアピールしよう。

志望動機の書き方に悩んだら転職エージェントを活用しよう

ポイントするビジネスウーマン

志望動機がうまく書けるかどうかは、転職が成功するかどうかの分かれ目といってよいでしょう。

転職を決意した理由、スキルの活用方法、将来のビジョンなどを限られた文字数にすべて書き入れなければなりません。

貴女にどれだけ高い能力があっても、志望動機で人事担当者の心に響かなければ良い転職結果にならない可能性があります。

どのような志望動機を書けば良いのか悩む時は、転職のプロ「転職エージェント」に相談してみましょう。

納得がいくまで志望動機を書き直し、次の面接段階への備えを万全にするためのサポートをしてくれます。

志望動機に関する幅広い経験と知識で客観的にフィードバックをしてくれるところが心強いです。

転職エージェントは企業側から報酬を受け取りますので、貴女は無料で転職相談サービスを受けられます。

成功する志望動機の作成には、是非転職エージェントを活用ください。

まとめ

丸サインの女性

飲料メーカーは日々の生活に関わるため、特に知名度の高い転職先です。大手の飲料メーカーに就職できれば安定した生活が可能です。

しかし人気が高いため、狭き門である書類選考を通過できるように十分に準備をする必要があります。

選考の要は志望動機です。貴女が高いモチベーションを持って応募先企業で働きたいと明確にアピールしましょう。

志望動機がしっかり書けていれば面接で答える内容も固まりますので自信を持って面接に臨むことができます。

貴女らしい実際の経験に基づいた具体的な志望動機で人事担当者の心を捉え、希望の転職を叶えてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら