高齢者や障害がある方の生活を支える介護士は、人の役に立つことで感謝されるやりがいのある職種です。

しかし、さまざまな理由から介護職を辞めたい、他の仕事で介護のスキルを活かして活躍したいと考える人も少なくありません。

ここでは女性が介護職から転職する際に考えておくべきことや、おすすめの転職先、転職を成功させるコツについて解説します。

介護から転職する女性がおさえたいポイントは?

車椅子散歩

公益財団法人介護労働安定センターによる令和元年度のデータでは、介護職の離職率は15.4%でした。

詳しい内訳と傾向は以下です。

  • 1年未満の者:38.2%
  • 1年以上3年未満の者:25.8%
  • 3年以上の者:36.0%

離職者を勤続年数の内訳で見た場合、2職種合計では「勤続1年未満」の離職者が全体の約4割を占めている。

また、勤続3年未満の離職者を合計すると約6割強となり、離職率を引き上げているのは、勤続年数の短い労働者が要因ともいえる。

引用元:http://www.kaigo-center.or.jp/report/pdf/2020r02_roudou_genjyou.pdf

それでは、女性が勤続年数3年未満で介護職を離れることになった主な理由のトップ5を見てみましょう。

  • 1位:結婚・妊娠・出産・育児のため(24.8%)
  • 2位:職場の人間関係が問題(22.0%)
  • 3位:施設・事業所の理念・運営への不満(15.6%)
  • 4位:他に良い仕事・職場があった(14.8%)
  • 5位:収入が少なかった(14.1%)

介護業界の職場環境が女性のライフイベントに対応できていない実態が浮かび上がってきます。

職場の人間関係や運営側とのトラブルも多く、解決策がないまま離職せざるを得ない人が少なくないようです。

体力的にきつい仕事内容に見合った収入が得られないことも、離職の要因となっています。

「他に良い仕事・職場があった」と回答した女性が15%近くもいるのは、職場で問題が解決できないからです。

それでは「他の仕事・職場」はどのように「良い」のでしょうか。

女性が介護から転職するメリット

オフィスで笑顔

転職をしても女性はライフイベントを避けて通れませんし、転職先でも人間関係の問題がないとは限りません。

しかし、自分に合った業界、これまでの経験が活かせる職種、ワーク・ライフ・バランスがとれる職場を探すことはできます。

介護士から転職するメリットについて詳しく考えてみましょう。

年収アップが見込める

現金を持つ女性

厚生労働省がまとめた「令和2年賃金構造基本統計調査」では、医療・福祉施設で働く女性の介護職の平均年収は約329万円です。

転職先の業種によっては、この平均年収を上げられる可能性があります。

  • 保育士:約368万円
  • 営業・販売事務職:約372万円
  • 情報処理・通信技術職:約477万円

引用元:https://www.e-stat.go.jp/stat-search/file-download?statInfId=000032069431&fileKind=0

自分のスキルや求める職場環境を熟考し、目指す年収が得られる転職先を探しましょう。

仕事で負う責任が減る

エプロンで笑顔

介護士は要介護者の食事・移動・入浴・排泄・睡眠などのあらゆる日常生活を支援するため、身体的にきつい重労働を担います。

また職場は慢性的に人材不足なので、シフトや担当する利用者が決まると自分以外に替えがきかない場合が多いです。

共にケアをする看護師が協力的でない場合や、要介護者が暴力的である場合は、心身にかなりのストレスがかかります。

転職は、仕事の重い責任や悩ましい人間関係をリセットし、自分に合ったキャリアパスを見つけるチャンスなのです。

規則正しい生活が送れるようになる

老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅などの施設で働く介護士は、施設が年中無休のためなかなか休みがとれません。

夜勤などのシフトが不規則に入ってきますし、決められている休日に出勤を求められることがあります。

転職すれば、定時に仕事を終えられるだけでなく有給休暇も取りやすくなり、ワーク・ライフ・バランスを改善することが可能です。

キャリアが身につく

パソコン作業

人手不足の介護業界では若い人材を求めていますが、労働実態は過酷で日々のシフトをこなすのがやっとのようです。

将来のキャリアパスが描けず厳しい労働と難しい人間関係に我慢するうちに年月だけが過ぎてしまうことになりかねません。

介護職の能力・経験・資格に応じた職位給与水準を明確に定めた事業所は残念ながら少ないのが現状です。

介護職でのキャリアパスに悩んでいる人は、積極的に転職先を探しましょう。

カレンダー通り休める業種も

スマホでお茶

介護業界は年中無休ですが、業種によっては土日祝日をほぼカレンダー通りに休むことができます。

例えば事務系の総務職では、店舗が年中無休であっても事務所は店舗と離れていることが多く、週末や休日は稼働しません。

異業種をよく分析してワーク・ライフ・バランスを優先することができる転職先を探しましょう。

 

ワンポイント

転職で職場環境の問題をリセットして、自分のキャリアを見つめ直そう。

 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

転職先の選び方

考える女性

介護職から別な業種・職種へ転職する際、どのような視点で転職先を選ぶとよいのでしょうか。

業務上の問題を解決しようと足元ばかりを見るのではなく、経験を活かしてよりよい環境で働ける転職先を探しましょう。

介護士のスキルを活かせる転職先、職場の環境が改善できる転職先、そして未経験でも転職しやすい転職先の例をご紹介します。

介護でのスキルを活かせる転職先

履歴書

介護士としていままでどのような経験を身につけてきましたか。強みは何でしょうか。

利用者のひとりひとりに合ったケアプランの作成やケアの提供は、顧客満足度を重視する業種で活かせるスキルです。

ここでは「保育補助」と「サービス・接客」への転職をご紹介します。

保育補助

保育補助

高齢者の方々の支援にやりがいを見いだしてきた貴女なら、子どもたちの支援にもやりがいを見いだすことができるでしょう。

保育補助」は無資格でも始められ、これまでの介護スキルをフルに活かして未来ある子どもたちの育成をサポートします。

保育に関する知識を深める「子育て支援研修」を受講すれば「子育て支援員」として認定されるため将来の転職に有利です。

サービス・接客

カフェ接客

「サービス・接客」は異業種ですが、介護職で培ったコミュニケーション能力を活かせる業種です。

利用者だけでなく、看護師、利用者の家族、ケアマネージャなど人々と協力して業務をこなしてきた貴女には適職かもしれません。

接客業はホテル業界・アパレル業界・飲食業界など間口が広く、それぞれに多様なキャリアパスが存在します。

介護職では知り得なかったコミュニケーション能力の活かし方を接客の現場で学んでいきましょう。

 

ワンポイント
介護職で培ったスキルを洗い出し、活かせる業種・職場をさがそう。

 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

職場環境の改善が見込める転職先

女性の介護士が転職先として選ぶ人気の職種は「事務職」と「IT・Web業界」です。

人気の理由は、身体への負担の軽さと業務内容や時間が決められていること、またライフイベントに対応しやすいことにあります。

それではどのように職場環境が改善され、ワーク・ライフ・バランスがとりやすくなるのかを見ていきましょう。

事務職

電話でメモ

事務職は未経験でも就職でき、必要最低限のパソコンスキルで業務を十分にこなすことができます。

事務業務の内容によって求められるスキルはさまざまですから、転職を成功させるために事前によく求人内容を調べておきましょう。

事務職は人気の職種のため、介護士としての経験がどのように活かせるのかアピールポイントを抑えておくことが大切です。

パソコンを使った報告書の作成などの業務を経験していれば印象が良くなりますので積極的にアピールしてください。

事務職はデスクワークが基本。定時で帰宅でき、もちろん土日休日も休めるので年齢を重ねても続けられます。

求人数が多いため、ライフイベントで休職した後も復職しやすいという点もメリットです。

IT・Web業界

ITエンジニア

あらゆる業界でIT化が進んでいる今日、ITエンジニアはなくてはならない存在。IT・Web業界は今後ますます需要が高まるでしょう。

介護職からIT・Web業界への転職に成功すると、確実に収入が改善するだけでなく起業も可能になります。

転職を成功させるには、プログラミングスキルなど専門性の高いIT技術を身につけなければなりません。

現在オンラインスクールなどで働きながら学べる環境が整っていますので目標を定めて技術を身につけてください。

IT技術を身につけておけば、一時休職したとしても求人数が多いこともあり復職はしやすい業界です。

独立できればワーク・ライフ・バランスを最適化できる魅力的な職種です。

 

ワンポイント
介護職での経験だけでなく転職先で必要なスキルを身につけてアピールポイントにしよう。

未経験でも転職しやすい転職先

介護職から転職する際に、未経験でも始められる転職先を探すこともおすすめです。経験を積めば収入の改善につながります。

ここでは「営業」と「製造業」について具体的に見ていきましょう。

営業

外回りする女性

営業職は未経験でも働き始められるうえ、待遇も良いことが魅力の職種です。

介護職では利用者のひとりひとりに寄り添ったケアを提供しますが、営業職では顧客のニーズに合った商品・サービスを提供します。

介護士として磨いた対人スキルで顧客の心をつかみ、安定した収入を得ながらさまざまな業界で活躍できるおすすめの転職先です。

製造業

作業服でガッツ

製造業は未経験や資格がなくても正社員として働き始められ、サービス残業もなくシフト時間内で帰宅できます。

業務時間・内容をコントロールできないことが多い介護職とは違い、製造業では決められた作業を効率的にこなすことが目標です。

相手が人間ではなくモノなので、人間関係のストレスは大幅に軽減されますし、大手企業に就職できれば高収入が見込めます。

単純作業が好きでコツコツと経験を積みながら安定した収入を得たい人にはおすすめの転職先です。

 

ワンポイント
未経験からでも転職できる職種・業界では、新たに経験を積む覚悟で取り組もう。

介護から転職する女性が面接でPRできること

介護カウンセリング

介護士として働きながら身につけられるスキルには主にどのようなものがあるかを考えてみましょう。

  • 利用者の方々と接しながら必要なケアを洗い出す「観察力
  • 看護師やケアマネージャと協力する「協調性
  • 利用者の家族の要望も理解し、ケアのチームメンバーと共有する「コミュニケーション能力
  • 身体を使った介護業務では強靱な「体力・精神力

これらのスキルを転職先の業務にどのように活かせるのかをよく考え、面接で明確なアピールポイントとして活かしましょう。

介護からの転職を成功させるコツ

介護士は常に忙しいため転職活動にさける時間には限りがあります。この限られた時間を活かさなければなりません。

転職を考え始めたら、転職期を上手に乗り切る方法もあわせて考えておきましょう。

在職中に転職活動をする

微笑む介護スタッフ

転職活動のために退職を考える方も多いと思いますが、退職すると収入が途切れるので余裕がない転職活動になりがちです。

業務で多忙とは思いますが、在職しながら転職活動を続けましょう。収入を維持しながら活動に取り組めるからです。

納得がいくまで自己分析や業界研究を行い、後悔しない転職先を見つけてください。「急がば回れ」という気持ちの持ち方が大切です。

転職のプロの意見を参考にする

説明するビジネスウーマン

在職しながら転職活動を効率的に行うには、ひとりで悩まず転職のプロの意見を参考にするとよいでしょう。

介護職からの転職を成功させるためのポイント、自己分析の結果を踏まえたアドバイスを教えてくれます。

他人に話をすることで決心も固まりますし、参考意見は多いほど役に立ちます。まずは意見をぶつけてみましょう。

また、転職のプロの支援を受けることで転職活動のストレスとうまく向き合うことができるようなります。

 
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

介護から転職するなら転職エージェントに相談しよう

ガッツポーズの女性

介護士を続けながら転職活動をする際に、転職のプロの意見を参考にすることが成功の鍵になる、というお話をしました。

転職のプロ「転職エージェント」は、貴女の参考になる情報を提供するだけでなく、もう一歩先のサービスも提供してくれます。

詳しい業界分析や求人倍率の情報をもとに、魅力的な履歴書の作成方法や面接への対策方法を教えてもらいましょう。

履歴書へのフィードバックや模擬面接を通じて貴女に合った方法で本番への準備を整えてくれます。

給与交渉や面接の日程調整も転職エージェントがセッティングしてくれます。家族への対応方法も教えてくれる強い味方です。

転職エージェントは企業側から紹介料を受け取るので費用がかかりません。納得のいく転職なら転職エージェントの利用をおすすめします。

まとめ

サクセス

介護職を選んだ貴女は責任感の強い頼りがいのある女性だと思います。しかし貴女の真の能力が発揮できる職種なのでしょうか。

介護士はサービスの利用者から直接感謝されるやりがいのあるお仕事ですが、多忙ゆえに自分自身のケアはおろそかになりがちです。

身体的な負担に耐えられず心に不調を来す場合も少なくありません。そうなってから転職活動を始めるとストレスはたまる一方です。

ワーク・ライフ・バランスの取り方はここで重要性を発揮するといえます。転職を考える余裕さえない職場には問題があるのです。

そのような問題がある職場環境を改善し、収入をアップさせ、よりよい人間関係の輪の中で充実したキャリア生活を送ってみませんか。

貴女がもっと輝くことができる場所がきっとあります。勇気を出して転職への一歩を踏み出してください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら