飲料メーカーに勤めることにあこがれを持つ女性は多いです。

大手飲料メーカーに勤めることで生活の安定やワークライフバランスの取れる生活を目指して希望するのです。

その分、飲料メーカーへの転職は他の業界に比べて難易度が高くなっていることも事実です。

では、そんな人気の飲料メーカーでの仕事ですが実際の年収はどれくらいなのでしょうか。

本記事では飲料メーカーの年収について詳しく解説していきます。

飲料メーカーに勤める女性の給与・年収は?

お金

まずは、気になる飲料メーカーに勤める女性の給与・年収について解説します。

企業によっても大きく変わるものですが、転職を目指す際の参考にしてみてください。

大手企業が多いため給与は高水準

飲料メーカーの全体の平均年収は、企業にもよりますが500万円~700万円といわれています。

飲料メーカーといわれて想像する企業は、大手のものばかりではないでしょうか。

飲料メーカーは大手企業が多いため、その平均年収についても非常に高くなっています。

ただし、一般的にいわれている女性の場合の平均年収は400万円台です。

これは、育児や介護のための時短勤務や営業に出るのが多いのが男性社員であることなどが影響しているといえます。

中途採用でも高い収入を見込める

お金

多くの飲料メーカーの企業は中途採用者を受け入れています。

企業によってはまだまだ「新卒しかとらない」という風土がなくなりきらない中、飲料メーカーは違います。

積極的に中途採用を受け入れ即戦力となる実力のある人材を受け入れる傾向が強いです。

そのため、中途採用であっても高い収入を見込めるというところが飲料メーカーのいいところであり人気の秘訣でもあります。

中途採用で入ったからといって、その初任給が新卒と全く同じかといったらそうではありません。

その人の元々持っているスキルや経験などを踏まえて、採用面談などの際に交渉で決めることが多くなっています。

その分高い収入を見込めるというのが飲料メーカーなのです。

企業や役職による違いは?

飲料メーカーで働く女性の年収は、当然企業や役職によって異なります。

従業員数が100人未満のところでは年収が300万円ほどとなっているメーカーもあります。

一方で、従業員数が1000人を超える大手メーカーになってくると、平均年収は500万円を超えています。

役職になるとその分役職手当がつきますから、それにさらに年収がプラスされていくことになります。

女性活躍推進のこともあり、女性の役職者もどんどん増えているこの時代です。

飲料メーカーは、女性がどんどんキャリアアップを目指し高収入を狙うことができる企業といえます。

飲料メーカーの年収の年代別特徴

お金

次に、飲料メーカーの年収について、年代別の年収の特徴を見てみましょう。

年代によってどれくらいの差が出てくるのでしょうか。

詳しく解説していきます。

20代の女性

飲料メーカーに勤める20代の女性の年収は300万円台後半といわれています。

20年代ですから、歴は浅く非役付きの人が多かったり、営業のスキルを身につけている最中だったりということが原因でしょう。

他の一般の企業と比べ、入社後まだ10年にも満たない20代社員に対して300万円後半の年収は決して安い方ではないといえます。

30代前半の女性

30代前半の女性の年収は、400万円台といわれています。

30代前半となると、キャリアアップをしている女性も多くなってきます。

中には、既に中間管理職として輝いている女性も少なくありません。

そうなると役職者としての給与をあたえられるわけですから、年収平均も20代に比べてぐっと上がります。

30代後半以降の女性

では、30代後半以降の場合はどうでしょうか。

30代後半の女性の年収も大体400万円前後といわれています。

このころの年齢になると、多くの女性がキャリアアップをしているケースが多く役職者の割合も増えます。

その一方で、妊娠や出産を迎え時短勤務などで一時的に給与が減ってしまっているケースもあるのです。

それらの理由で全体の平均値としては30代前半とあまり変わりはありませんが、キャリアアップ次第で高収入を狙えるのは事実です。

飲料メーカーに勤める女性のキャリア

パソコンで働く女性

飲料メーカーは、多くの女性が活躍している企業です。

飲料メーカーは大手が多いということもあり、福利厚生も充実している傾向があります。

そのため結婚や妊娠・出産を経た後も会社に戻りやすく産後の働き方についてもさまざまな働き方の制度があります。

大手の飲料メーカーは特に、働く女性が妊娠などを経験しても活躍できるようキャリアモデルがしっかりしています。

しっかりとキャリアモデルが出来上がっている企業が多いことから女性も管理職など責任ある立場につきやすい傾向にあります。

 

ワンポイント

飲料メーカーでは多くの女性が活躍しています。

大手ならではの制度も充実しており産後も続けやすい企業が多い傾向にあります。

飲料メーカーの仕事の種類

ポイント

では、ここからは飲料メーカーの仕事の内容について解説していきます。

ひとことで飲料メーカーといっても、配属される部署によってその仕事の内容はさまざまです。

飲料メーカーの会社には、どんな仕事があるのでしょうか。

企画・マーケティング

まずは企画・マーケティング部門です。

どんな新商品を出すか、どんな戦略で販売していくかなどを検討する部門となっています。

商品の開発や、どうしたらその商品が売れるかなどを考えていくとても重要な部門です。

競合するメーカーの商品のチェックやトレンドに沿った商品を考えなければなりません。

また、どんなに素晴らしいものを作っても、販売方法がまずければ世に知られないまま終わってしまいます。

そのため、ライバル企業の多い飲料メーカーにとってマーケティングというのは非常に重要なのです。

商品化

次に、企画が通ったものを実際に商品化する部門もあります。

ここでは、企画された内容を忠実に再現すると同時に、ライバル企業との差別化を図らなければなりません。

缶コーヒー1つとっても、最近ではどの企業も独自の製法で非常に香り高い商品を作り上げています。

その中で頭ひとつ出る商品を開発するのはたやすくはありません。

常に新しい製法や素材などにアンテナを張り、研究していく必要があります。

営業・販売

営業

最後に、出来上がった商品を営業し販売する部門があります。

その商品のすばらしさを語り、定期購入してもらったり店頭に並べてもらったりなど契約を取ってくるのです。

大手メーカーのため、比較的話は聞いてもらいやすい傾向にありますが、それでも営業はなかなか大変です。

飲料メーカーの場合、1本の値段が安いという特徴があります。

そのため、営業で成績を収めるには大口で契約したり長期的な契約をしたりするよう狙います。

その他

その他、メーカーの仕事というと、営業が花形なイメージはあるでしょう。

営業の人がより営業に専念しやすいよう営業事務の仕事もあります。

そのほか、人事・総務関係の仕事などももちろんあります。

大手企業になればなるほど、部署の数は多くなるためさまざまな業務があります。

 

ワンポイント
飲料メーカーで自分はどんな風に働きたいのか考えてみましょう。

飲料メーカーに勤める女性の仕事環境

インタビュー

では、次に飲料メーカーに勤める女性の仕事環境について紹介していきます。

仕事の環境は仕事内容と同じくらい大切です。

仕事環境が悪いことが転職の原因になることもあるくらいですから、それも事前にしっかり知っておきたいところです。

仕事時間や忙しさ

飲料メーカーの仕事の時間は多くが9:00~18:00の8時間制です。

残業の有無については、企業や時期によって大きく異なります。

大手になると、フレックスタイム制をとっていたりノー残業デイがあったりさまざまです。

企業によってさまざまなので、求人情報でしっかりと確認するようにしましょう。

待遇・福利厚生

飲料メーカーの場合、大手の企業が多いため比較的福利厚生などの待遇はしっかりとしていることが多いです。

さまざまな種類の休暇や休業制度があったり、男性育休の取得や女性の役職者の斡旋等の待遇が置かれていたりします。

くわしい内容については企業によって異なるため、求人情報でしっかりと確認するようにしましょう。

飲料メーカーに転職するメリット

ポイント

では、飲料メーカーに転職するメリットとはどんなものがあるでしょうか。

転職市場でも新卒の市場でも人気のある飲料メーカーですが、そこにはどんな人気の秘訣があるのでしょうか。

3つのメリットについて詳しく紹介していきます。

会社の知名度が高い

飲料メーカーというと基本的に大手メーカーが多いです。

そのため、会社の知名度は非常に高い傾向にあります。

会社の知名度が高いと、自分の会社の商品を街で見かけたりテレビCMを見たりするでしょう。

そういった経験は、自社への誇りにつながるためモチベーションも上がるというメリットがあります。

不況に比較的強く安定性がある

飲み物というのは人間の生活にとって必要不可欠なものです。

そのため、不況であっても一定数の需要は必ずあり、安定性のある業種だといえます。

不景気で人がものをなかなか買わなくなってしまっても、牛乳やジュースなどは買うでしょう。

こういった理由から、飲料メーカーは比較的不況に強い業界だといわれています。

ブランド力が高い分だけ営業が楽になる

マスクを付けてオフィスで営業をする

飲料メーカーの場合、大手が多くその名前を出すだけで企業をわかってもらうことができます。

つまり、ブランド力が非常に高いのです。

そういった点から、営業については非常にやり易い傾向にあります。

自社がなにを作っている企業なのかを紹介をすることも省略できることが多いです。

また、ブランド力があることから商品への信用度も高く営業の立ち回りとしては楽な点が多くあります。

 

ワンポイント
飲料メーカーは大手企業が比較的多いため、その分紹介したようなメリットがあります。

飲料メーカーに転職するデメリット

疑問

飲料メーカーは、その商品自体の単価が非常に安いことから大きな売り上げを取りにくいという点があります。

また、若者の缶コーヒー離れなどが深刻となっており常に新しい企画を考える必要があります。

そういった点から、マーケティングについては非常にスキルを求められるといえます。

中には、大手飲料メーカーでも飲料品以外のものを展開しているところも少なくありません。

飲料一本で企業を支えていくというのは非常に難しく、新商品の開発や経営戦略に頭を悩ませる傾向があります。

飲料メーカーで求められる人物像は?

働く女性

では、飲料メーカーに求められる人物像はどんなものなのでしょうか。

具体的な人物像の特徴は、以下のとおりです。

  • 企画力がある
  • コミュニケーション能力が高い
  • 営業力がある
  • 既存のものに縛られない新しい発想がある
  • 常にトレンドにアンテナを貼っている

紹介してきたように、飲料メーカーで働く場合、商品の企画から販売まで幅広くあります。

こういったスキルを持っていることで、さまざまな部署の仕事に対応することができ活躍の場が広がります。

活躍の場が広がることで視野が広くなり、さらにより良い商品開発のアイデアが生まれるという良いサイクルが生まれます。

飲料メーカーで働く女性として、このような人物像が求められているのです。

 

ワンポイント

飲料メーカーで働くには、紹介したような人物像が求められます。

自分にはどんなスキルがあるか、足りないものはなにか考えてみましょう。

競争率の高い飲料メーカーへの転職を成功させるなら

転職エージェント

繰り返しになりますが、飲料メーカーは人気の職業であるため競争率が高いです。

そんな競争に勝ち、飲料メーカーへの転職を成功させるならまずは転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントに相談することで、自分の求める職場に合った企業を探してもらうことができます。

また、書くのが難しい志望動機の書き方へのアドバイスや面接練習なども受けることができます。

転職エージェントに相談することで効率的に転職活動することができます。

競争率の高い飲料メーカーへの転職ならなおさらです。

飲料メーカーへの転職を考えたら、まずは転職エージェントに相談してみましょう。

まとめ

女性、仕事

男女問わず人気を集めている飲料メーカーへの転職は、なかなか競争率が高く難しい傾向にあります。

ですが、今回紹介してきた仕事の内容をしっかりと確認し、企業が求めている人物像を理解すれば転職成功に大きく近づきます。

ぜひ、転職エージェントに相談し二人三脚で飲料メーカーへの転職を成功させてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら