パタンナーとは、服を作るときにデザイン画からその服の型紙を作る仕事をする人のことです。

1つの服を作り上げるのにパタンナーは必要不可欠な存在で、とても大切な役割を担っています。

では、そんなパタンナーの仕事の年収はどれくらいなのでしょうか。

本記事では、パタンナーの年収について解説します。

併せて、パタンナーの将来性やキャリアについても紹介しますのでぜひ参考にしてください。

パタンナーの仕事内容

ミシン

まずは、そもそもパタンナーとは具体的にどんな仕事をしているのでしょうか。

一言で「型紙を作る」といっても、型紙が完成するまでにはたくさんの工程や長い道のりがあります。

はじめに、パタンナーの仕事内容を具体的に紹介していきます。

デザイン画からパターンの作成

まずは、お伝えした通りデザイン画からパターンと呼ばれる型紙を作成します。

デザインを見て、服のふんわり感やサイズ感、縫製についてしっかり読み取り型紙を作っていきます。

この作業は、ミリ単位での調整が必要です。

数ミリでもずれているとデザイン画通りに作ることはできません。

とても緻密な作業が求められることになります。

パターンからトワルの作成

マネキン

次に、パターンが完成したらそこからトワルという簡単なサンプルを作ります。

これで初めて作成しているものが立体化します。

この時、パターンに問題があればまたパターンを作り直す必要があります。

このトワルは、デザイナーやその他関係者に見てもらうものになるため非常に重要です。

作ったパターンがきちんと正しくできているかの確認のためのツールなので、当然ですが手は抜けません。

デザイナーへのチェック依頼

トワルが出来上がったら、それをもとにデザイナーにチェックを依頼します。

作ったパターンを使い、出来上がったトワルを見せてデザイナーのデザイン通りになっているか見てもらうのです。

この際に「ここをもうちょっと変えてほしい」「このイメージが違う」などと修正が入ることも少なくありません。

その場合、またパターンからやり直しということになりますが、デザイナーのOKが出るまでこれを繰り返します。

サンプル作成

トワルをもとに、デザイナーやその他関係者のOKが出れば実際の生地を使ってサンプルを作成します。

作ったパターンのとおりに生地を切って大丈夫か、縫製は上手くいくかなど最終的なチェックも行われます。

このサンプルが今後作られる商品そのものの見本になってきますので、最終確認の重要な段階です。

 

ワンポイント

パタンナーの仕事は、とても緻密さが求められます。

また、デザイナーからの注文や指摘があれば作業に戻りが発生することも多いです。

パタンナーの年収

お金

パタンナーの年収は、就職先の企業にもよりますが平均で380万円ほどといわれています。

決して高いとはいえませんが、実力次第で年収が上がる可能性は十分にあります。

人気デザイナーの専属のパタンナーになるなど、チャンスをつかめば年収がぐっと上がることもあるのです。

パタンナーはとても緻密な作業をおこなうため、いわば職人芸のようなものです。

その実力次第でアップも十分見込める仕事となっています。

パタンナーの将来性

ポイント

では、パタンナーの将来性についてですが、結論からいうと「将来性がある」といえます。

パターンを作る仕事というのは、最終的には人の手が必ず必要です。

今後技術が進歩し、デザイン画からある程度AIでパターンを起こすことができるようになるかもしれません。

ですが、やっぱり最終的なデザイナーが出したいニュアンス細かい部分の調整は人の手が必要でしょう。

また、服の需要というのはどんなに技術が進歩してもなくなることはありません。

服というのは日常に必要不可欠なうえに1人1つや2つでは足りません。

こういったことを踏まえ、パタンナーの将来性はあるといっていいでしょう。

 

ワンポイント

パタンナーの仕事は今後もずっと必要な仕事です。

また、技術の進歩で機械に仕事を完全に奪われることもなく将来性のある仕事といえます。

女性のパタンナーの現状は?

疑問を持つ女性

現在、女性でパタンナーとして活躍している女性はたくさんいます。

企業にもよりますが、パタンナーの仕事はとても繊細な作業が多いこともあり女性が就いていることが多いです。

その分女性の働きやすい職場づくりを目指し努力している企業はたくさんあります。

また、時期によって多忙ではありますが体力仕事とまではいえません。

そのため、結婚後も続けやすい仕事です。

妊娠・出産を経た後でも働きやすいという点は、女性にとって非常に心強いところです。

こういった理由から結婚後もパタンナーとしての仕事を辞めずに続け、活躍している女性はたくさんいます。

女性のパタンナーのキャリアパス

ガッツポーズをする女性

パタンナーとしてキャリアをあげていくには、第一線で活躍するデザイナーのパタンナーになることが1番です。

人気デザイナーや人気ブランドのパタンナーになれば年収600万円をこえるような女性も少なくありません。

日々の業務をこなしながら着実にスキルを身につけ、大手のブランドなどの担当にしてもらえるように働くことが重要です。

パタンナーの仕事のやりがい

喜ぶ女性

では、パタンナーの仕事内容だけを見ると大変なことが多そうなイメージですが、そこにはどんなやりがいがあるのでしょうか。

パタンナーという仕事のやりがいについても解説していきます。

デザイン画通りに仕上がったとき

パタンナーのやりがいとして第1に、「デザイン画通りに仕上がったとき」が挙げられます。

パタンナーは紙に描かれたデザイン画をいかに忠実に再現するかで評価が分かれます。

デザイン画からデザイナーの思いを汲み取り、どんな仕上がりにしたいのかをしっかりイメージし作業します。

それが上手くいき、デザイナーから太鼓判をもらえた時には、大きなやりがいを感じられます。

自分の作ったものが世の中に出ること

街を見る女性

多くの商品は大量生産され、ショップの店舗におかれることになります。

自分がパターンを作って「デザイン画を服に変えた」ものが世の中に出るというのは大きなやりがいにつながります。

また、その服を実際に来ている人を見たりするとさらにモチベーションは上がるでしょう。

何度も解説している通り、パターン画を起こしてから最終的なOKが出るまでの道のりはかなり長いです。

それを乗り越えたからこそ、出来上がりそれを着ておしゃれをしている人を見た時の喜びも人1倍大きくなるものです。

こういった瞬間にパタンナーはやりがいを感じています。

 

ワンポイント

パタンナーの仕事は、その成果が目に見えやすい仕事です。

大変なところも多いですが、その分やりがいも感じやすい仕事といえます。

パタンナーの大変なところ

困った女性

では逆に、パタンナーの大変なところについても触れていきます。

パタンナーの仕事内容を見ただけでも「大変そう」と既におもっているかもしれません。

パタンナーの仕事ならではの大変なところは、以下の4つです。

  • デザイン画通りに作るのはかなり技術が必要
  • 1人前になるのに時間がかかる
  • 少しのミスも許されない
  • やり直しが多い

1つずつ、詳しく見ていきましょう。

デザイン画通りに作るのはかなり技術が必要

デザイン画を見てパターンを作るといっても、それは実はかなり技術が必要な作業なのです。

スケッチで描かれたデザイン画をもとに、どんなシルエットに仕上げたいのかをしっかり読み取る必要があります。

また、使う生地によっても若干変わってきます。

「この生地でこのデザインを成功させるにはどんなパターンが必要か」を常に意識して取り組まなければなりません。

そのためには、生地や糸に関する知識もある程度必要ですし、トレンドの把握も必要不可欠です。

こういったところは、パタンナーならではの大変なところといえるでしょう。

1人前になるのに時間がかかる

パタンナーとして働きだしても、それが1人前になるまでには数年かかります

というのも、デザイナーから降りてくる洋服には同じものは何1つなくその都度デザインを見て作る必要があるからです。

細かい装飾や今までにはないデザインのデザイン画が来た場合はまた勉強の繰り返しです。

1人前になるにはとにかくたくさんのデザインを経験してそのパターンを起こすためにはどうするべきか考えなければならないのです。

少しのミスも許されない

疲れた女性

先ほどもお伝えしましたが、パタンナーの仕事はミリ単位でのミスも許されません。

数ミリ型紙がずれているだけでその服のシルエットや着心地は大きく変わってしまうからです。

そのため、少しのミスも許されないというプレッシャーは常に付きまとうことになります。

とても緻密な作業を日々こなす必要があるため、体力仕事とはまた違った疲れが出るというのがパタンナーの大変なところです。

やり直しが多い

パターンを作った後にトワレを確認してもらう際や、最終段階のサンプル作成の際NGが出ることは少なくありません。

ほんの数ミリ「ここにもう少しだけボリュームが欲しい」というデザイナーの要望でも、パターンは1から作り直しです。

トワレを確認してもらったにもかかわらず、生地や縫製の関係でサンプルができた時にNGとなるケースも多々あります。

こういったことから、パタンナーは緻密な作業が求められるほか、デザイナーの要望に応える忍耐強さも必要です。

パタンナーになる方法

ポイント

では、そんなパタンナーになるにはどんな方法があるのでしょうか。

ここからはパタンナーになりたい人のためにパタンナーになる方法を解説します。

専門学校に通う

まずは専門学校に通うという方法があります。

専門学校ではパターンの作り方だけでなく、生地や糸のそれぞれの特徴など基礎的なことをたくさん学ぶことができます。

また、実践練習も多くあるため効率的に経験を積むことも出来ます。

就職に関しても専門学校側が率先して行っていることも多くおすすめです。

通信講座を利用する

パタンナーとして必要な知識を通信講座で身につけることも可能です。

この場合専門学校のように、生地や糸の特徴などもくわしく学ぶことが出来ます。

ただし「実際に作ってみる」という経験は専門学校の方がその機会が比較的多いといえます。

通信講座のいいところは、自分で勉強する時間を決めることができることです。

決まった時間に足を運ばなければならない専門学校などと違い、自分ができるときに勉強することができます。

自分のペースでしっかり学んでいきたいという方には、通信講座がおすすめです。

現職がある場合は夜間の専門学校を利用する

現職があり、昼間に専門学校に行くことができないという女性も少なくないでしょう。

服飾関係の専門学校は夜間に授業を行っていることも多いです。

パタンナーも例外ではなく、パタンナーになるための専門学校で夜間に実施しているところがあります。

現職があり昼間に通うのが難しい場合、夜間の専門学校も視野に入れてみましょう。

 

ワンポイント
パタンナーになるには、専門学校や通信講座を使い、基本的な知識を身につけることをおすすめします。

パタンナーへの転職なら転職エージェントに相談しよう

転職相談

パタンナーになりたいと思ったら、まずは転職エージェントに相談することをおすすめします。

なぜなら、転職エージェントに相談することで非公開求人なども含めたたくさんの求人情報から仕事を探せるからです。

また、現職がある女性は特に仕事を探すだけでも一苦労でしょう。

転職エージェントに相談すれば、あなたの求める条件にあった求人をエージェントが見つけてくれます。

また、誰もが意外と苦戦する応募書類の作成や面接の練習なども行うことが可能です。

忙しい人ほど、パタンナーへの転職を考えたらまずは転職エージェントに相談するようにしましょう。

まとめ

女性、仕事

パタンナーという仕事は、非常に緻密な作業が求められ、さまざまな人と調整をしなければならず大変な仕事です。

ですが、逆にその分自分が担当した服が出来上がったときの喜びは非常に大きなものがあります。

デザイン画から実際に服を作るためのパターンを作成するパタンナーとは、とても素敵な仕事です。

ぜひ、まずは転職エージェントに相談し2人3脚で転職活動に励んでください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら