パタンナーというのは、服を作るのに必要不可欠な存在です。

パタンナーがいないと、服を作ることができません。

そんなパタンナーの仕事に憧れる女性は少なくありません。

では、そんなパタンナーとして働くにはどんなスキルが必要でしょうか。

本記事では、パタンナーに向いている女性の特徴を解説していきます。

併せて、詳細な仕事内容なども解説しますのでパタンナーを目指している女性はぜひ参考にしてください。

Contents

パタンナーは服を作るのに必要不可欠な存在

ポイント

パタンナーというのは、デザインした服のパターンを作り実際のものに仕上げていく仕事です。

そのため、デザイナーがデザインした服を実現させるにはパタンナーの仕事は必要不可欠な存在です。

デザイナーが作ったデッサン画などを見て、素材や服のふくらみ、フレア具合など詳細に確認します。

寸分の間違いでまったく違ったデザインに仕上がってしまうため、非常に繊細でち密さが求められる職業です。

皆さんが普段何気なく着ている服は、こうした大変な作業の元出来上がっているのです。

パタンナーの仕事内容

マネキン

では、まずはパタンナーの仕事内容を紹介します。

単に「デザイン画からパターンに起こす」といってもそれぞれ工程があります。

大きく分けると、以下の4つの工程があります。

  • デザイン画からパターンを作る
  • パターンからトワルを作る
  • デザイナーとイメージの調整
  • サンプルを作成する

これだけ見ても大変そうなイメージかもしれませんが、その通りでどれも気を抜けず間違いの許されない作業となっています。

それぞれ1つずつ詳しく見ていきましょう。

デザイン画をもとにパターンを作る

パターン画

まずは、デザイン画をもとにパターンを作る作業です。

パタンナーになれば、デザイナーからパタンナーの元にデザイン画が届きます。

それをしっかりと分析し、パターンを作ります。

パターンとは、簡単にいえば型紙です。

その服を作るためのパーツそれぞれの生地のサイズに合わせて作ります。

この作業は、1㎝でも間違えていると出来上がりが大きく変わってしまいます。

後々の作業がやり直しになってしまう可能性もあるため、緻密さの求められる作業です。

パターンをもとにトワルを作る

次は、出来上がったパターンをもとにトワルを作る作業です。

トワルとは、専用の布を使い仮縫いでつくった服のサンプルのことを指します。

このサンプルはパターンがしっかりとデザイン通りに仕上がるようになっているか確認する役目もあります。

デザイナーとイメージを調整する

トワルが出来上がれば、実際にそれを見ながらデザイナーと調整をします。

少しのパターンの間違いでその服のシルエットは大きく変わります。

トワルを作るのはそのためです。

トワルを見て、デザイナーがデザインしたシルエットや詳細なデザインと一致しているかをしっかり確認します。

もちろん、この時に修正依頼が来ることも多く、そのたびに作り直しということになります。

サンプルを作成する

トワルをもとにデザイナーのOKが出れば、実際に使用する生地や糸を使いサンプルを作ります。

いわば、その服の第一号というわけです。

これもまた、生地によって伸縮性など大きく異なるため「思っていたものと違う」となることがあります。

「この生地で作るならパターンはもう少し大きめにとるべき」などと判断されれば、パターンからやり直しです。

とても大変な仕事ではありますが、とてもやりがいのある仕事であり自分の成果が目に見えるのがうれしいところです。

 

ワンポイント

パタンナーの仕事は多岐に渡り、戻りも発生しやすい仕事です。

その分自分が担当した服が出来上がった際には大きなやりがいを感じられます。

パタンナーに求められるスキル

ポイント

ここまではパタンナーの詳細な仕事について紹介してきました。

具体的に働いている姿のイメージはついたでしょうか。

ここからは、パタンナーとして働く女性に求められるスキルについて紹介していきます。

ミリ単位での細かい作業スキル

何度もお伝えしていますが、パタンナーの作るパターンは、最後の最後の工程まで影響があります。

パターンが1ミリでもずれていると、出来上がりの印象は大きく変わってしまいます。

そのため、パタンナーになるには細かい作業を集中して作るスキルが必要です。

生地や糸など素材に関する知識

糸

生地や糸の素材によっては、パターンを作るときにさまざまな配慮をしなければなりません。

逆算してパターンのサイズを調整するなど、高度なテクニックが必要です。

そのため、生地や糸など服を作る上で欠かせない素材に関する知識は必要不可欠です。

ただし、これらは入社時すぐに覚えておく必要はありません。

最低限の知識を持ちあとは経験からどんどん学んでいくというパターンも少なくありません。

トレンドの把握

パタンナーになるにはトレンドの把握も必要です。

実際のデザインをするのはもちろんデザイナーですが、パタンナーはそのデザイン画を見て理解しなければなりません。

トレンドのデザインを理解するには、自分がトレンドを把握していなければなりません。

それによって素材や縫製についての提案なども行えるようになります。

コミュニケーションスキル

仕事の内容の際にお伝えした通り、パタンナーの仕事は詳細な打ち合わせがかなり重要です。

打ち合わせをしてもそこで意思疎通がしっかりとはかれていなければ、全然違うものが出来上がってしまうこともあります。

ただ、デザイナーもパタンナーもどちらも忙しい身でありなかなか長くミーティングを行うのは難しいのが実態です。

そのため、コミュニケーションスキルが必要だといわれています。

 

ワンポイント

パタンナーになるには、多くのスキルが必要です。

必ずしも今必要なわけではなく、入社後にOJTで身につけていく知識やスキルもあるので安心してください。

パタンナーに向いている女性の特徴

ガッツポーズ

では、ここからはパタンナーに向いている女性の特徴について紹介していきます。

パタンナーについてたくさん紹介してきましたが、一人前になるまで多くのスキルを身につけなければいけません。

そんな大変なパタンナーの仕事ですが、それに向いている女性というのはどんな特徴があるのでしょうか。

パタンナーに向いている女性の特徴を詳しく解説していきます。

細かい作業が得意

まず、解説してきたとおりパタンナーの仕事は非常に細かい作業が続きます。

細かい作業が元々得意という方は、パタンナーの仕事に向いているといえるでしょう。

パタンナーの仕事はとても細かくミリ単位でも間違いは許されません。

細かい作業が得意で、それを長時間していても苦痛でないという人はパタンナーに向いているといえます。

緻密な作業を正確にこなせる

こちらも紹介してきた通り、パターン作成の段階でかなり緻密な作業が求められます。

おおざっぱではなく、緻密な作業を正確にこなすことができる女性はパタンナーに向いています。

根気強い

パタンナーは、とても苦労して作り上げたパターンだとしてもそれが出来上がりイメージと違えばやり直しです。

デザイナーのイメージしたものと違うものが出来上がってしまえば、それが例え少しのずれであってもやり直しです。

そういったことが日常茶飯事なパタンナーの仕事には、根気強さが非常に重要となってきます。

コミュニケーション能力が高い

インタビュー前の女性

必要なスキルを紹介する際にもお伝えしましたが、パタンナーはデザイナーをはじめとするさまざまな人と関わります。

しっかりとコミュニケーションを取っておかないと後々大きな戻りが発生することになりかねません。

短い時間でもしっかり重要なポイントは抑えられるような、コミュニケーション能力の高い人はパタンナーに向いています。

パタンナーになるにはCADスキルの習得がおすすめ

CAD図面とパソコン

パターンを起こすとき、手作業で専用の定規とペンを使って作る場合が基本です。

ですが、最近の技術の進歩によってCADを使ってパターンを作る企業も出てきています。

CADを使いこなすことができれば、パターンのミリの狂いや間違いを大幅に減らすことができるのです。

また、修正が入った際にも修正が利きやすいという特徴があります。

こういった理由から、パタンナーを目指すならCADスキルの習得がおすすめです。

CADのスキルを身につけるには、独学で参考書を買って勉強することが可能となっています。

通信講座なども行っており、家の空いた時間で勉強することができるためそちらもおすすめです。

 

ワンポイント
パタンナーとして働く場合、CADスキルを習得していることで転職先の幅が大きく広がります。

パタンナーになるには資格は必要?

疑問

「パタンナーとして働くなら、資格がいるのでは?」と思う女性もいるかもしれません。

実は、パタンナーとして働くのにあたって、マストで必要な資格や免許はありません

いってしまえば、だれでもパタンナーとして働くことはできます。

ただし、何度もお伝えしている通りかなり緻密な作業が求められる職種です。

そのため、だれでもなれるとはいっても独学での勉強やCADスキルの習得などが必要になってきます。

パタンナーの活躍の場

森の中でガッツポーズ

では、実際にパタンナーとして働くにはどんな場所があるのでしょうか。

パタンナーとして働ける職場についても紹介していきます。

アパレルメーカー

まずはアパレルメーカーです。

アパレルメーカーは基本的にシーズンごとにトレンドに合わせて新作を出しています。

シーズンを先取りして作ることをサイクルにしており、それが途切れることはありません。

もちろん、ワンシーズンに出る新作は一つではありません。

そのため、常にデザイナーやパタンナーは稼働し新しい服を作り続けています。

縫製工場

アパレルメーカーなどが依頼する縫製工場でも、パタンナーは活躍します。

量産型のパターンを作り上げ、それを工場で作成する製品に使用します。

実際の工場としての役割自体は海外で行い、パターンを作るなどの役割は国内でするというスタイルも少なくありません。

ファッションのデザイン会社

もちろんですが、ファッションデザインの会社もパタンナーが活躍しています。

アパレルメーカーと同じように新作デザインのパターンをどんどん作っていくイメージです。

ただし、量をたくさん作るアパレルメーカーや工場と少し違うところがあるのです。

ファッションデザイン会社の場合、ショーなどに使う質の非常に高いものを数着だけ作るというケースが存在します。

そういった場合は、より一層緻密で正確な作業が求められることになります。

転職先を選ぶポイント

女性、指差し

パタンナーが活躍する場を詳しく解説してきましたが、これらの中から転職先を選ぶポイントについても紹介します。

  • 企業がパタンナーに求めている人材とは何か
  • 企業の規模はどれくらいか
  • 福利厚生など働く環境はしっかり整っているか

パタンナーの仕事は紹介してきた通り、緻密さ・正確さを求められます。

企業の規模によってこなす案件や求められるクオリティも異なります。

これら3つのポイントを意識して、自分にあった転職先を探すようにしましょう。

 

ワンポイント

パタンナーが活躍する職場はたくさんあります。

その中でもどれが自分に合っているのか、しっかりと求人情報を確認しましょう。

パタンナーを目指すなら転職エージェントに相談しよう

エージェント面談

いざ、パタンナーになりたいと思ってもなかなか転職活動に踏み切れないという女性も多いでしょう。

そんなときは、まず転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントならあなたが現職をこなしている間に非公開求人も含め、あなたに合った求人を探してくれます。

意外と大変な応募書類の作成や面接の練習などさまざまなサポートを受けることができ効率よく転職活動ができます。

まとめ

ファッション

パタンナーという仕事は、服を作る第一歩といっても過言ではありません。

そんな素敵な仕事に憧れる女性はたくさんいます。

今回紹介した、パタンナーの仕事内容向いている人の特徴などを見て自分に必要なスキルを考えてみてください。

そうすることで、パタンナーに転職する前にアピールポイントを作ることができるようになります。

大変な仕事ではありますが、やりがいは非常に大きいのもこの仕事の特徴です。

ぜひ、転職エージェントと二人三脚でパタンナーになる夢をかなえてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら