朝に強い人や、家事などの関係で朝早くの仕事を望む女性は意外と多いです。

でも、朝が早い仕事というのはどんなものがあるのでしょうか。

本記事では、朝が早い仕事の種類や選ぶポイントなどを解説していきます。

朝が早い仕事のメリットも併せて解説するので、ぜひ参考にしてください。

朝が早い仕事の特徴

解説

朝が早い仕事は、そのイメージのとおり日が昇る前から働いている人も少なくありません。

そのため、場合によっては公共の乗り物で通えないこともあり、家から自転車圏内の勤務先を選ぶ方が多いです。

また、朝が早い仕事は当然朝早く起きるので、遅刻防止のためにも家から近い職場を選ぶ傾向にあります。

仕事の面からいうと、出勤前のお客様をターゲットにしたり24時間営業をしたりしている企業に多く求人があります。

女性におすすめの朝が早い仕事の5種類

解説

では、実際に女性におすすめの朝が早い仕事というのはどんなものがあるでしょうか。

朝が早い仕事というのは、意外と多くあるものです。

具体的には、以下の5種類があります。

  • 飲食店
  • 小売店
  • 宿泊施設
  • 清掃
  • 介護

朝が早い仕事は、主にこれらの職種があります。

では、それぞれの職種について具体的な就職先を見てみましょう。

朝が早い飲食店の仕事の例を解説

接客

まずは、朝が早い飲食店の仕事の例から紹介します。

飲食店は、昼前~夜遅くまでというところもありますが、出勤前のお客様をターゲットにした朝が早い店もあります。

その場合、朝早くから働いている人に向けて、早めにお店を開けてお客様を待たなければならず必然的に朝は忙しくなるのです。

具体的には次の2つです。

パン屋

パン屋の朝は早いというイメージは強いのではないでしょうか。

パン屋は仕込みにかなり時間がかかるため、朝日が昇る前から起きて仕事をしています。

個人のパン屋などは特に朝が早く、大体朝の4時~5時くらいから仕事を開始しているところが多くなっています。

パン屋は、出勤前にランチを買っていくお客様に提供できる時間に間に合うようにお店に並べなければなりません。

ビジネス街などにあるカフェ

パン屋だけでなく、ビジネス街などではカフェや喫茶店も朝早くから営業しています。

朝出勤する前にモーニングを食べていくお客様やコーヒーを一杯たしなんでいく人は多いです。

出勤前のお客様を出迎える場合、ビジネス街などでは7時には開店しなければなりません。

仕込みや開店準備を考えると、5時~6時くらいには働き始めます。

朝が早いスーパーなどの小売店の仕事の例を解説

スーパーで働く女性

次に、朝が早いスーパーなどの小売店の仕事について解説していきます。

スーパーでの仕事は昼間のパートなどのイメージが強いでしょう。

ですが、スーパーなどの小売店もまた、開店してからだけが仕事時間ではありません。

開店前の作業はたくさんあり、朝早くから働いている人がいるのです。

コンビニ

朝が早い仕事をしたい場合、コンビニでの仕事もおすすめです。

ほとんどのコンビニは24時間営業をしているため、そのうちの朝方にシフトを入れてもらうという方法です。

この場合、応募時の面接などで相手先としっかり話をする必要があります。

希望の時間帯を伝え、優先的にその時間帯にシフトを入れてもらう必要があります。

24時間営業のスーパーやホームセンター

コンビニだけでなく、24時間営業のスーパーやホームセンターも同様に朝早くの仕事が可能です。

主に朝方においては産地から商品が届くためそれらの品出し・陳列作業が多くなっています。

立地によっては、スーパーでお弁当を買ってから出社するという人もいるため、それらの準備をする場合もあります。

ただし、こちらも応募時や面接の際にきちんと自分が「朝が早い時間帯に勤務したい」という意思をしっかり告げるようにしましょう。

24時間営業だと、どの時間帯にもシフトとを入れられかねません。

しっかりと「朝早い時間帯を希望する」ということをお伝えするようにしましょう。

 

ワンポイント
24時間営業のお店で働く場合は、「朝早くのシフトに入りたい」ということを応募先企業に伝えましょう。

ホテルなどの宿泊施設の仕事の例を解説

ベッドメイキング

ホテルや旅館など、宿泊施設も朝が早い仕事といえます。

お客様が起きだす前から朝ごはんの準備などを行い、お客様が来るときには完璧に整えておかなければなりません。

そのため、逆算して仕事を始めるとかなり早い時間から仕事を始めることになります。

ホテル

ホテルの場合、素泊まりホテルなどではなく、朝ご飯も提供しているところであればとても朝は早いです。

朝ごはんはビュッフェ形式のところが多いですが、それでも準備はかなり時間がかかります。

食堂の用意から、作られた料理の配膳・ドリンクの準備・来られたお客様の案内など朝早くからすることはたくさんです。

それらをすべてこなしながら、接客もしなければなりませんので大変な仕事ではあります。

旅館

旅館

旅館もホテル同様に朝は早いです。

朝ごはんのたいていがホテル同様、ビュッフェ形式ですがお伝えしてきたように朝早くから仕事があります。

また、旅館によってお客様が朝食を食べている間に布団を片付け部屋をある程度掃除するところもあります。

その場合は、お客様を朝ごはんにお見送りした後も急いで仕事を行うのです。

旅館の仕事は朝早くからやることがたくさんあるのです。

 

ワンポイント

ホテルや旅館は、朝食を提供します。

お客様が朝ごはんを食べる時間までに仕込み・準備をすべて整えなければならないため浅賀早い仕事となっています。

清掃の仕事の例を解説

清掃スタッフ

次に、清掃の掃除を紹介します。

清掃関連の仕事もまた、朝が早い時間帯にニーズが多く、やるべき仕事もたくさんあります。

体力がいるというイメージがあるかもしれませんが、勤務時間を調整することで自分に合った働き方ができるのもポイントです。

また、終わる時間に決まりはありますが、基本的に自分でコツコツ行えるためマイペースに仕事をしたい人にもおすすめです。

ビルの清掃

まず清掃の仕事として挙げられるのが、ビルの清掃です。

企業のビルなどでは、従業員が出勤する前に清掃を終わらせてほしいということがあります。

そういった場合は、ビルの従業員の出勤時にはピカピカになるように逆算して始めるため朝早くに仕事が始まります。

 

ワンポイント

ビルの清掃は、ビルの規模にもよりますがなかなか体力と時間との勝負です。

ただ、自分の好きなように人に邪魔されず仕事を進められるという点で人気の職業です。

クリーンドライバー

クリーンドライバーとは、いわゆるゴミ収集車にのってゴミを回収する仕事の人たちです。

クリーンドライバーは拠点を出発し、地域にもよりますが朝早く7時すぎから拠点を出発し回収を始めます。

ゴミの日の内容は自治体によって異なりますが、多くの自治体が毎日何かしらのゴミの日にしています。

そのため、クリーンドライバーはほぼ毎日仕事があるといっても過言ではありません。

もちろん、交代で入るので毎日仕事をするわけではありませんが、求人需要は多いといえます。

介護などのサービス業の例を解説

介護

最後に、介護などのサービス業について紹介します。

介護などのサービス業も、場合によっては朝早くからすることが多くあります。

訪問介護

施設などではなく家で介護をしている場合、朝が早い訪問介護は意外と需要が多いです。

世帯主が仕事に出かける7時半、自分と入れ替わりで母親の介護をしてほしいというような依頼です。

この場合、介護されるお母様が1人になってしまう時間帯がないように7時すぎには家に向かわなければなりません。

また、訪問介護に限らず入所するタイプの介護施設であれば、朝食の準備などもあるため旅館などと同様に忙しくなります。

特に、介護施設の場合はビュッフェ形式とはいかないので、一人ずつ配膳する必要があります。

食堂に集まるか、部屋まで運ぶかなどは介護施設の方針に寄りますが、一人ずつ配るという点では手間がかかり忙しい仕事です。

 

ワンポイント

訪問介護、入所施設での介護ともに内容は違えども朝早くから仕事があります。

介護の仕事の需要は年々増してきていますから、狙いどころです。

ネットカフェ

ネットカフェは24時間営業の場所が多いため、コンビニなどと同様に朝方の勤務に入れてもらえば、朝早く仕事をすることが可能です。

ネットカフェの仕事は、主にお客様のご案内・部屋の掃除・機器レンタルの対応など接客清掃です。

都心部などのネットカフェは24時間いつでも比較的人が多いため、少し忙しいイメージがあるかもしれません。

朝方においては、始発を逃した人が退店する場合が多いため、清掃の仕事や身支度品のレンタルの仕事が多い傾向にあります。

その場合は、既にお伝えしてきている通り応募の段階で「朝早く勤務がしたい」ということをしっかり伝えるようにしましょう。

朝が早い仕事のメリットは?

ポイントを指す女性

では、ここまで朝が早い仕事についてたくさん紹介してきました。

ここで改めてですが、朝が早い仕事のメリットについて解説します。

朝が早い仕事をすることには、一体どんなメリットがあるのでしょうか。

それぞれ詳しく解説していきます。

終業時間が早い

朝が早い仕事のメリットは、一番に「終業時間が早い」ということが挙げられるでしょう。

さまざまな家庭の事情で「昼過ぎからは家に居たい」という方も多いです。

また、朝に強い人は、朝早くに仕事を終わらせてそのあとの時間を有意義に使うというやり方もあります。

一般的な会社員の就業時間は9時~18時ですが、それを6時~15時にすることでできることがたくさん増えるのです。

今まで仕事と時間帯がかぶっていけなかった銀行などにも行けるようになります。

アフター5と呼ばれる時間帯の混雑を避けることも可能です。

さまざまなところに遊びにいきやすくなったり、趣味の時間にあてたりと、充実した時間を過ごすことができるのです。

ワークライフバランスを取りやすい

カジュアルビジネス女性

朝が早いと大変なイメージがあるかもしれませんが、慣れてくると逆にワークライフバランスが取れやすくなる傾向があります。

朝が早い仕事でも、仕事をしていたら目が覚めてきますから1日中眠たいということはもちろんありません。

朝早くから昼過ぎまで仕事をし、そのあと趣味の時間や友人との時間に費やすという時間の使い方はとても素敵です。

これだけ好きに使える時間があると、自分のやりたいことや会いたい人との時間をたくさん確保することができます。

それができれば心が満たされ、ワークライフバランスが取れやすくなります。

通勤時ラッシュに巻き込まれない

電車

都心部では特に、通勤ラッシュというのがかなりのストレスです。

混雑した電車に1時間以上乗り、帰りも同様というのはそれだけでも疲れてしまいます。

朝が早い仕事であれば、電車で行くにしても朝は始発頃の電車に乗ることになります。

まだそうなれば座れるだけ楽ですし、帰りも昼頃の時間帯なので朝夕のラッシュよりはまだマシです。

朝が早い仕事を探すなら女性向け転職エージェントに相談しよう

ビジネスウーマン

朝が早い仕事をたくさん紹介してきました。

ぜひ今回紹介したものの中で、自分にあった職種や職業を探してみてください。

ただ、朝が早い仕事に就きたいと思っても、現職があり転職活動がなかなかうまくいかない場合もあるでしょう。

そんなときは、転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントなら、あなたの希望にぴったりの求人を、あなたが働いている間に探してくれます。

また、非公開求人なども多数取り扱っているため自分で調べるよりも非常に効率的です。

転職エージェントなら、肝心の応募先企業に出す書類に対するアドバイスや面接の練習なども可能です。

こういったメリットも踏まえ、転職することを考えたらまずは転職エージェントに相談してみましょう。

まとめ

安心する

朝が早い仕事というのは、一見聞くと大変そうなイメージがあるかもしれません。

ですが、実際に働いてみると生活リズムが整い、ワークライフバランスが良くなったという意見も非常に多いです。

朝が早い仕事に女性からの人気が集まるのはこういった理由です。

ぜひ、転職エージェントと相談しながら朝が早い仕事にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら