ファッションは、いつの時代も女性の魅力を高める存在として親しまれています。

好きなファッションに関わる仕事がしたい、と考える方も多いのではないでしょうか。

憧れのファッション業界に転職するなら、ファッションアドバイザーも選択肢の一つです。

今回は、ファッションアドバイザーの仕事について詳しく解説します。

平均年収や仕事内容といった気になる就業条件も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

Contents

女性の憧れの的・ファッションアドバイザー

笑顔の女性

ファッションアドバイザーと聞くと、おしゃれ好きで華やかな女性の世界をイメージする方もいるかもしれません。

実際のファッションアドバイザーがどんな働き方をしているのか、気になりますよね。

まず、ファッションアドバイザーという職種と適性についてみていきましょう。

ファッションアドバイザーとは

ファッションアドバイザーとは、アパレル商品を取り扱う店舗で接客・提案・販売を行う職業です。

顧客に対してそれぞれの好みやニーズに応じた商品を提案したり、トレンドの着こなし方を紹介したりします。

時には、顧客の悩みを解決するためにトータルコーディネートに取り組むケースもあるかもしれません。

ファッションアドバイザーには、単に商品を販売するだけではなく顧客目線に立って適切なアドバイスをすることが求められます。

身近なファッションの専門家として、顧客から頼りにされる存在だといえるでしょう。

ファッションアドバイザーに向いている女性とは

ファッションアドバイザーにはどのような女性が向いているのでしょうか。

適性の一つとして、ファッションに高い関心を持っていることが挙げられます。

常に新しい情報を取り入れ、トレンドに敏感であろうとする姿勢が大切です。

自分の店舗のブランドはもちろん、他社のアイテムにも精通することでより一層効果的なアドバイスが可能となるでしょう。

ファッションを通じて人を喜ばせたいという方が、ファッションアドバイザーに向いているといえます。

また、人と接することが好きな方もファッションアドバイザーに適しているでしょう。

ファッションアドバイザーは店舗で顧客と直接やり取りする中で、悩みやニーズを的確に引き出して応えなければなりません。

顧客の心を掴むコミュニケーション能力が、何よりも重要となります。

 

ワンポイント
ファッションアドバイザーは、ファッションを通じて相手に喜びを感じてもらう仕事です。

ファッションアドバイザーの年収

電卓、積み木

ファッションアドバイザーへの転職を検討している方にとって、仕事の内容や条件はきちんと把握しておきたいところです。

どのくらいの年収が見込めるのかという点も押さえておきましょう。

実際、ファッションアドバイザーの平均年収は大体250万円から350万円といわれています。

他の職種と比べて、勤務年数や年齢によって収入に差が出ることはあまりないようです。

一方で給与・年収の水準は低い傾向にあるため、収入アップを目指すなら対策を考えた方が良いでしょう。

例えば店舗で実績を積み、店長やエリアマネージャーに昇格することで給料の増額が期待できます。

また、バイヤーやマーチャンダイザーなどファッション関係の他職種に転身して収入を増やすことも可能です。

ファッションアドバイザーとしてのキャリア形成を考えつつ、年収アップの方法を探ってみてください。

ファッションアドバイザーの仕事内容

ファッション

ファッションアドバイザーの仕事は、服飾品を中心とした商品の販売だけに留まりません。

店頭で接客する傍ら、商品の整理や陳列にも気を配る必要があります。

また、バックヤードでの事務作業も重要です。

ここでは、ファッションアドバイザーの多岐にわたる仕事内容について説明します。

コーディネートのアドバイスを行う

服を持つ女性

ファッションアドバイザーにとって、顧客がどんな目的で来店したのか正確に把握することが肝心です。

新商品を探していたり、コーディネートに悩んでいたりと人それぞれニーズは異なります。

自分に似合うファッションがわからない、という相談を受けることも十分有り得るでしょう。

その場合、ファッションアドバイザーとしての知識・経験を活かしてコーディネートを考案します。

顧客の体型や好みを踏まえてどんな商品が似合うのかアドバイスすることが、大切な役割の一つです。

親身に寄り添うアドバイスを心がけていけば、リピーターを獲得することも可能になるでしょう。

トレンドを紹介する

ファッションのトレンドはどんどん移り変わっていくものです。

どんなスタイルが流行っているのか常にアンテナを張っておかなければ、すぐに置いていかれてしまいかねません。

ファッションアドバイザーには、トレンドを素早くキャッチして接客に反映させる意識が必要不可欠だといえます。

また流行を上手く取り入れたオリジナルの提案ができれば、顧客からの信頼感も高まるでしょう。

商品の発注・在庫管理

ファッションアドバイザーは、販売する商品の管理を任されます。

裏方の作業ではあるものの、店舗経営に関わる重要な要素です。

売れ筋の商品を見極めたり、逆に不人気の商品を削ったりと販売方針にも関与する面があるでしょう。

在庫切れや発注重複が起こらないように、スタッフ間の連携も徹底しなければなりません。

また、新作商品についてトレンドとの整合性やコンセプトを理解しておくことも大切です。

さらに商品の入荷時には、発注数との一致を確認した上で品出しを行います。

バックヤードでの地道な作業が、接客応対のベースになるといえるでしょう。

店頭のディスプレイの作成

店の雰囲気は、販売する商品の種類やブランドによって左右されます。

ディスプレイの見せ方次第で、お客を引き込めるようなお店づくりができるでしょう。

マネキンを使ってイチオシのコーディネートを紹介したり、商品の目立つ配置を考えたりと様々な工夫が実践できます。

ファッションアドバイザーは販売職である以上に、コーディネーターとしての側面も持ち合わせているかもしれません。

売り場商品の整列

商品が売り場で散乱していると、店舗の印象も悪くなってしまいます。

来店者に居心地良く過ごしてもらうためには、綺麗に整えられた環境をキープすることが必要です。

タイミングを見計らって商品をたたみ直すなど、顧客が見て回りやすいような店内レイアウトを目指しましょう。

ファッションアドバイザーの仕事内容は、表舞台から裏方に至るまで幅広いものだといえます。

 

ワンポイント
・一人一人にコーディネートをアドバイス
・トレンドをばっちり押さえた接客
・商品の発注・在庫管理
・店内ディスプレイの考案・制作
・売り場の整理整頓

ファッションアドバイザーの将来性

頬杖をつく女性

近年、ファッションECサイトの人気拡大にみられるようにネットショッピングの需要は増加傾向です。

いつでもどこでも商品を購入できる手軽さが、ネット通販のメリットといえます。

一方で、店舗で実際に商品の素材感やサイズを試したいというニーズも健在です。

また、独自の路線でファンを獲得しているセレクトショップや専門店も多数存在します。

ファッションアドバイザーは、実店舗での売上に貢献する存在として今後も必要とされるでしょう。

さらに販売要員としてレベルアップしたいなら、対面とオンラインを活用した接客に取り組んでもいいかもしれません。

ファッションアドバイザーのキャリアアップの方法

考える女性

ファッションアドバイザーには、どのようなキャリアの選択肢があるのでしょうか。

アパレルメーカーの運営する店舗やセレクトショップ・ブティックなどが、ファッションアドバイザーの主な就職先です。

アルバイトから正社員まで雇用形態の幅が広く、派遣会社を通して働く場合もあります。

また研修制度を充実させるなど、未経験であっても挑戦しやすい企業も増えているようです。

アルバイトスタッフとして働き始めて経験を積む中で、正社員登用や店長への昇進といったキャリアアップも期待できます。

さらに企業によっては、商品の仕入れ交渉やプレス・マーケティングといった専門職のポストを狙うことも可能でしょう。

接客のエキスパートとして現場に貢献するのか、活躍の場を社内外に広げていくのかによってキャリア形成の道は分かれます。

転職した後の将来設計を明確にして、キャリアアップの方法を考えてみてください。

ファッションアドバイザーのやりがい

OKサインの女性

ファッションアドバイザーに転職するなら、やりがいを感じながら働きたいという方もいるのではないでしょうか。

仕事を通じてどんなプラス効果が望めるのか、詳しくお話します。

おしゃれを楽しみたい女性の手伝いができること

ファッションアドバイザーの仕事の醍醐味は、女性のおしゃれをサポートできることだといえます。

顧客の中には、ファッションに悩みやコンプレックスを抱えているという方もいるでしょう。

同じ目線から相談に乗り、個々にぴったりハマるコーディネートを提案できた時の達成感は格別です。

また顧客から感謝の言葉をもらったり、リピーターになってもらえたりと嬉しい結果がついてくるかもしれません。

ファッションという得意ジャンルを活かして、仕事への充足感を得ることができます。

ファッションセンスを磨くことができること

ファッションアドバイザーには、トレンドを掴んでアイテムをバランスよく組み合わせるセンスが求められます。

ファッション業界の最先端に触れながら働くことにより、元々持っていたファッションセンスも向上していくでしょう。

接客での経験はもちろん、おしゃれなスタッフの存在もセンスを磨く好材料となります。

自分の強みをどんどん伸ばしていけるところに、やりがいが詰まっているといえるでしょう。

目標達成が果たせたとき

喜ぶ女性

個人もしくは店舗に対して売上ノルマがある場合、その達成は大きな課題となります。

日によっては客足が伸びず、ノルマに届かなかったということも起こるかもしれません。

しかし、店舗スタッフと協力して目標を達成できた時のやりがいは他では味わえないものです。

スタッフ同士の絆も深まり、普段の業務をより一層スムーズにしてくれるでしょう。

日々のノルマをクリアし、働きやすい職場をみずからの手で作っていくことができます。

 

ワンポイント
・女性のおしゃれを支える存在になれる
・ファッションセンスを磨くことができる
・ノルマを達成して周囲と団結できる

ファッションアドバイザーの大変なこと

悩む女性

ファッションアドバイザーの仕事には、やりがいばかりではなく大変な面もあります。

具体的にどんなところに苦労するのか、みていきましょう。

常にトレンドを把握しなければならない

ファッションアドバイザーとして働く場合、トレンドを把握してアドバイスに活かす必要があります。

特にトレンドを取り入れた新商品を扱う際には、アピールポイントとして押さえておかなければなりません。

ファッションアドバイザーに知識がなさそうと判断されれば、顧客が離れてしまう恐れもあります。

顧客に信頼されるファッションアドバイザーになるためには、トレンドのチェックを怠らないよう気をつけましょう。

お客様にあったファッションの提案が必要

ファッションアドバイザーには、顧客のニーズに応える提案力が求められます。

積み重ねてきた経験やファッションセンスに基づき、顧客一人一人にあったアドバイスを行わなければなりません。

希望を引き出すコミュニケーション能力や幅広いファッションの知識も大切になってきます。

接客スキルを磨き、顧客の満足度を高めることがカギとなるでしょう。

売り上げのノルマがある場合がある

店舗や企業によっては、売上のノルマが設定されています。

日次や月次単位でのノルマは、時に辛い条件となることもあるでしょう。

天候・季節の影響で来店者数が少なくなってしまえば、目標達成はさらに難しくなります。

このような場合、ノルマに到達できるよう店全体で一丸となることが大切です。

逆境に負けない姿勢が仕事の苦労を成功に変えるきっかけとなるかもしれません。

 

ワンポイント
・トレンドを追い続けなければならない
・顧客のニーズに応える提案をしなければならない
・ノルマ達成を目指さなければならない

ファッションアドバイザーにおすすめの資格

勉強する女性

ファッションアドバイザーには必須の資格がないため、誰でも目指すことが可能です。

とはいえ、実際の現場ではファッションの知識や接客スキルが大いに役立ちます。

  • ファッションビジネス能力試験
  • ファッション販売能力検定

この2つの資格を取得することにより、ファッションアドバイザーとして成長できるでしょう。

ファッションビジネス能力試験

ファッション業界におけるビジネスの基本知識を問う資格です。

1級から3級までわかれており、上級になるほどマーケティング分野など専門的な内容が含まれます。

商品の販売方法やイベントの企画を立案する際に、資格で得た知識を活かせるでしょう。

またファッション業界内での認知度が高いため、転職時には有効なアピールポイントとなってくれます。

ファッション販売能力検定

ファッション、服、女性の手

こちらは、より実践的な販売能力と接客スキルを問う資格となっています。

2級と3級が販売スタッフレベルで、1級は店舗マネージャーなど管理者向けの内容です。

2級を取得しておけば、店舗の運営に対応する力があることを証明できます。

ファッションアドバイザーとして昇格を目指す方におすすめの資格だといえるでしょう。

ファッションアドバイザーになりたいなら転職エージェントに相談しよう

ガッツポーズの女性

ファッションアドバイザーに転職するにあたって、何から始めたらいいのかわからないという方もいるのではないでしょうか。

また転職活動では自己PRの作成や面接対策が必要ですが、一人では不安な面も多々あるでしょう。

そこでおすすめしたいのが、転職エージェントの活用です。

転職エージェントに相談することによって、転職活動をよりスムーズに進められます。

転職成功後のアフターフォローまで充実しているので、安心して任せてみましょう。

転職エージェントと一緒により良い働き方を目指してみませんか。

まとめ

ガッツポーズの女性

ファッションアドバイザーとは、ファッションを通じて顧客の希望を叶えるサポーターといえます。

その仕事内容は接客から裏方作業まで幅広く、やりがいを持って働けるでしょう。

キャリアアップの方法によっては、年収アップも見込めます。

また、資格を取得して転職活動に活かすこともおすすめです。

困った時には転職エージェントを利用しながら、ファッションアドバイザーになる夢を実現させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら