女性は妊娠・出産などライフイベントに仕事を左右されやすい傾向があります。

昨今では女性の働きやすい職場も増えてきていますが、職種によってはどうしても難しい場合があります。

そんな世の中ですが、女性が歳をとっても長く続けられる仕事というのはどんなものがあるでしょうか。

今や結婚しても働き続ける女性が多い時代で、出来れば長く続けられる仕事に就きたいというのが女性の本音です。

本記事では、女性が歳をとっても長く続けられる仕事に就いて詳しく解説していきます。

Contents

女性が歳をとっても働ける職場はある?

虫眼鏡

そもそも、女性が歳をとっても働ける職場はあるのでしょうか。

答えは「あります」。

職種をしっかりと選ぶことができれば、妊娠や出産などのライフイベントに大きく左右されず働くことが可能です。

きちんと職場選びをすることで、キャリアアップや歳をとっても長く続けることができます。

女性が歳をとっても働くにはどんなことが必要?

メモ帳,チェックリスト,赤ペン

では、女性が歳をとっても働くにはどんなことが必要なのでしょうか。

具体的には以下がポイントになります。

  • 体力仕事ではない
  • 休みが取れやすい
  • ワークライフバランスが取れやすい

こういったポイントを押さえることで、女性が歳をとっても長く働ける職場を見つけやすくなります。

まずはこのポイントをクリアする職種や企業を選ぶように意識しましょう。

 

ワンポイント

女性が歳をとっても働き続けるためには、一定の条件を満たす必要があります。

紹介した3つのポイントを押さえた仕事を探しましょう。

女性が歳をとっても働ける職場

オフィスの画像

では、先にご紹介したポイントを押さえた職場というのはどんなものがあるでしょうか。

ここからは具体的に女性が歳をとっても働ける職場について紹介していきます。

手に職を付けられる仕事

一つ目に、手に職を付けられる仕事が挙げられます。

手に職をつけると、それだけで企業人材として重宝されることが多く年齢に左右されにくい傾向があります。

例えば資格をもっていたり、何かしらの免許をもっていたりすることで働き続けやすくなります。

事務職

パソコンの前でコーヒーを飲む女性

体力を使わず続けられる仕事として事務職も挙げられます。

座りながら仕事ができるため、比較的体力を使わないというのが事務仕事のいいところです。

また、単にいわれたことをこなす事務作業ではなくある程度自分の裁量で仕事を進めていくような職種がおすすめです。

そういった職場は、事務職といいつつも経験が非常に役に立ちます。

そうなると、歳をとっても経験値が高く仕事のクオリティが高いためキャリアアップや仕事の幅が広がります。

Webエンジニア

Webエンジニアも、女性が歳をとっても長く続けられる仕事です。

基本的に座り仕事であり、体力仕事ではないという点が非常に大きなメリットです。

また、エンジニアは経験豊富であればあるほどこなせる仕事も多く、トラブルにも強くなります。

そのため、歳をとって長く続けることで重宝される人材になりキャリアアップもしやすくなる傾向があります。

最終的に企業の定年を迎えても、自分がまだ働けると思ったら再雇用もされやすく独立もしやすい職種です。

こういったら理由から、Webエンジニアの仕事は多くの女性から人気を集めています。

 

ワンポイント

Webエンジニアの仕事は、経験値が非常に重要な職業です。

また、企業を定年退職した後も独立して仕事を行うことが可能です。

Webデザイナー

WebデザイナーもWebエンジニアと同様に、基本的に座り仕事で歳をとっても続けやすい特徴があります。

デザインの仕事は、あらゆる企業に必要であり需要がなくなることはありません。

もちろん、自分の得意とする分野はあるでしょうが歳をとって転職を余儀なくされたとしても応用が利きやすいです。

また、昨今では企業に属さないフリーのクリエイターも多く存在します。

定年を迎えた後、まだまだ仕事がしたいと思ったら、個人のクリエイターとして活動することも可能なのです。

歳をとっても働ける仕事を選ぶポイント

ポイント

ここまで、女性が歳をとっても働ける仕事を紹介してきました。

女性が歳をとっても働ける仕事にはさまざまな職種があります。

では、それらの中から自分にあうものをどうやって選べばいいでしょうか。

そのポイントは以下のとおりです。

  • 職場に理解があるか
  • 経験が生きる仕事であるか
  • 体力を要さずスキルを要する仕事であるか
  • 自分が楽しいと思えるかどうか

女性が歳をとっても働ける仕事はたくさんありますが、仕事と自分の相性が良くないと長くは続きません。

自分はどんな風に働きたいのか、それに合うのはどんな職業なのかをまずは考えましょう。

そのうえで、その職種の中から理解のある企業を探すようにしましょう。

仕事を選ぶ前にしておきたいこと

ポイント

では、女性が歳をとっても長く続けられる仕事に就きたい場合、まずは何から始めればいいでしょうか。

「歳をとっても長く続けられる仕事に就こう」と考えたら、まずはこれから紹介することを実践してみてください。

現職がある状況だと、なかなか時間を作ることができないかもしれません。

ですが、転職にはまず事前の準備が非常に大切です。

これらの準備をしておくことで、転職活動を開始した後の履歴書作成などもスムーズに行きます。

自分が本当にやりたい仕事を見つけるヒントにもつながります。

転職を考えたら、まずは次のことを実践しましょう。

自分のしたいことやライフプランを考える

まずは、自分が何をしたいか考えてみましょう。

どんな仕事がしたいのか、キャリアアップをどんどんしていきたいのかなどできるだけ具体的に考えてみてください。

また、それと同時にライフプランも考えるようにしてください。

何歳で結婚・妊娠・出産を迎えそうか、介護が必要になりそうな時期はいつか、介護をするのはだれかなどです。

こういったことをしっかりと考えておくことで、キャリアアップのタイミングも上手に取れるようになります。

例えばキャリアアップのチャレンジのタイミングと妊娠・出産がかぶってしまってはあきらめざるを得ない場合があります。

そうならないためにも、自分のライフプランと合わせて仕事のことを考えてみましょう。

 

ワンポイント

しっかりと自分の今後のキャリアとライフプランを照らし合わせることが大切です。

そうすることで上手なタイミングでキャリアアップすることができます。

自分のスキルを考える

ポイント

次に、自分に今あるスキルはどんなものがあるのかを考えてみましょう。

現職で培ってきたスキルを棚卸しするのです。

自分では気が付かないうちに身につけてきたスキルなどもたくさんあるはずです。

自分をしっかり俯瞰し、それぞれのスキルをリストアップしていきましょう。

こうすることで自分のどんなスキルが、転職先に活かすことができるかを考えることができます。

また、自分の持っているスキルを洗い出すことで、思いもよらない職種に向いていることに気が付くこともあります。

まずは自分のスキルを洗い出し、それぞれのスキルがどれくらいのレベルに達しているかを考えてみましょう。

 

ワンポイント
 自分の現在のスキルをしっかり把握し、それを応募先企業でどう活かせるかしっかりと考えましょう。

応募先企業に求めるものを考える

明確に応募したいと思っている企業があるのであれば、その応募先企業が求める人材を考えてみましょう。

その応募先企業の経営方針や企業理念などホームページなどで調べてみることです。

求められている人材像がわかれば、あとはその人材像に自分がいかに当てはまっているかをアピールすることが重要です。

やみくもに自分のスキルをアピールしても、それが応募先企業の「欲しい」と思っている人材像でなければ意味がありません。

応募先企業が欲しかがっている人材像にピンポイントで当てはまる人間であるということをアピールしていきましょう。

女性が歳をとっても働ける仕事に就くためのスキル

勉強

ここまで、女性が歳をとっても長く続けられる仕事について詳しく解説してきました。

ここからは、女性が歳をとっても長く続けられる仕事に就くためにどんなスキルが必要かを解説していきます。

長く務めるにはそれなりのスキルが必要です。

これらのスキルが乏しいと、途中で壁にぶつかり転職を繰り返してしまうなんてこともあります。

コミュニケーション能力

第一に、コミュニケーション能力がとても重要です。

仕事は常に時代とともに変わっていきます。

歳をとっても仕事を長く続けるには、周りとしっかりコミュニケーションを取り流れにのることが重要です。

昔のやり方ばかりを貫こうとしても、扱いにくい人間にしかなれません。

周りとのコミュニケーションを大切にしながら、常に自分のスキルをアップデートしていくことが大切なのです。

向上心

同じような作業を何年も何十年もしていくには限界があります。

「毎日がつまらない」と考えてしまいプライベートに支障が出る場合もあります。

歳をとっても働くという気持ちがあるのであれば、向上心をしっかりと強く持ちましょう。

日々の仕事をこなしながらも、自分の一つ上のキャリアの人はどんな働き方をしているか観察してみましょう。

それが自分のスキルアップにつながります。

ライフワークバランスを上手にとる力

ポイントを指す女性

女性が歳をとっても長く続けられる仕事に就くには、ライフワークバランスを上手にとる必要があります。

そのバランスがすぐに崩れてしまうと、なかなか仕事との両立は上手くいきません。

何度もお伝えしている通り、女性には妊娠・出産、人によっては介護などさまざまなライフイベントがあります。

それらを仕事と両立させるためには、日ごろからライフワークバランスのとり方に注意しましょう。

歳をとっても仕事を続けている女性の特徴

パソコン作業

では、実際に歳をとっても仕事を続けている女性にはどんな特徴があるのでしょうか。

世の中には歳をとっても現役で活躍している女性はたくさんいます。

そんな女性たちの特徴を詳しく解説していきます。

仕事が好きでやりがいを感じている

第一に、仕事が好きでそれにやりがいを感じているということがいえます。

どんなに簡単な仕事でも、やはりその仕事が好きだったり「楽しい」と感じられたりしなければ続きません。

人と話すのが好き

先ほども紹介した通り、女性が仕事を長く続けるためにはコミュニケーション能力は非常に重要です。

そのため、歳をとっても長く続けることができる女性は、人と話すのが好きという特徴があります。

向上心がありできることが増えることに喜びを感じている

仕事に対して毎日同じことの繰り返しばかりでは、何十年も働くことは難しいでしょう。

歳をとっても最前線で働きたい・輝きたいと思っている女性は、向上心を持っています。

また、新しい仕事を覚えることに抵抗がなく、むしろそれ自体に喜びを感じているという特徴があります。

歳をとってから転職する手もあるがそこにはデメリットも

注意

もちろん、歳をとって定年退職してから新しい職場を探すという手もないわけではありません。

ですが、それにはこれから紹介するようなデメリットがあります。

これらのデメリットを踏まえると、後々のことを考え早いうちに転職するのが良いでしょう。

年収が大きく下がる可能性が高い

どんなに最前線で活躍していた女性でも、歳をとってから転職するとなると年収は大きく下がります

中には年収が半分になってしまった、なんて女性も少なくありません。

若い時の転職よりも採用率は下がる

企業としては、これから自社を支えてくれる社員を探しているケースが多いです。

そのため、どんなに実力があっても年齢がネックになり採用率は大きく下がってしまいます。

30歳なら採用された企業でも、60歳だと採用されないケースは多々あるのです。

女性が歳をとっても続けられる仕事に転職するなら

転職エージェント

これまで解説したことを踏まえて、歳をとっても仕事を続けたい人は早いタイミングでの活動をおすすめします。

転職活動を始めるには、まずは転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントに相談することで、自分にあったぴったりの仕事を探すことが可能です。

また、忙しい現職がある場合でも自分に代わって求人を探してくれたり応募書類のチェックをしてくれたりします。

効率よく転職活動をするために、まずは転職エージェントを活用しましょう。

まとめ

握手する女性

日本の労働年齢は日々上がっています。

自分の将来を考えた時に「歳をとっても仕事を続けたい」と考える女性は多いことでしょう。

それをかなえるには、早いうちからスタートすることで成功率がぐんと上がります。

今回紹介したことを踏まえ、歳をとっても続けられる仕事への転職にチャレンジしてみましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら