一人でいることが好きな女性は多いです。

また、現職で人間関係に疲れてしまい、出来るだけ人と関わらずに仕事をしたいという女性も少なくありません。

では、一人が好きな人が活躍出来る仕事はあるのでしょうか。

本記事では、一人が好きな人が活躍出来る仕事や、転職のポイントを紹介します。

Contents

一人が好きな人が活躍できる仕事はある?

首をかしげる女性とパソコン

独立せず、企業に属して働くとなると、一人で働くことはできないと思われがちです。

ですが、企業に属しながらも一人で仕事をすることができる職業はいろいろあります。

一人が好きで、できるだけ一人で仕事がしたいという方はぜひこれから紹介することを参考にしてください。

一人が好きな人におすすめの仕事

ポイント

では、一人が好きな人にはどんな仕事が向いているのでしょうか。

一人が好きな人に向いている仕事を詳しく紹介していきます。

エンジニア・プログラマー

一人が好きな人におすすめの仕事としてまずは、エンジニアプログラマーがあります。

エンジニアやプログラマーは基本的に与えられた仕事をコツコツとこなしていくものです。

作るものはもう決まっていて、だれかと相談しながら作り上げるものではありません。

そのため、基本的に一人で作業を進めていくことが可能です。

その仕事の特性から、テレワークを導入している会社もたくさんあります。

自分の家で、自分一人で仕事をすることが可能です。

Webデザイナー

一人が好きな人におすすめの仕事として、Webデザイナーも挙げられます。

Webデザイナーの仕事はチームで1つのものを作り上げることもありますが、基本的に一人で作業が可能です。

各部分ごとに担当制を設け、その担当の部分を作り上げるのは一人で行うという仕事の仕方をしている会社も沢山あります。

そのため、その部分をこなす分には人と関わらずに集中して一人で仕事をすることができるのです。

場合によっては、1つの案件に対して一人で対応する場合もあります。

その場合は特に、一人でさくさくと作業を進められます。

エンジニアやプログラマーと同様に、テレワークで仕事をすることももちろん可能です。

タクシードライバー

最近では、女性のタクシードライバーも増えてきています。

タクシードライバーは基本的にお客様を載せていないときは一人です。

また、お客様を乗せても接客業がメインというわけではありませんので、特に日常会話を振るのはマストではありません。

大切なのは安全にお客様を目的地にお連れすることです。

同僚が一緒に乗ることもありませんし、基本的に一人でする仕事といえるでしょう。

最近のタクシー会社自体も、タクシー運転手を悪質なお客様から守るさまざまな制度を取り入れています。

その代表として、ドライブレコーダーをはじめとして、ヘルプボタンの設置などが挙げられます。

このように、女性が安心してタクシードライバーとして働く環境が整ってきているのもうれしいところです。

 

ワンポイント
車の中でお客様と二人きりになるタクシードライバーの仕事は、女性の場合不安を感じるかもしれません。
ですが、今ではドライバーを守るためにさまざまな対策が取られています。

新聞配達

朝は早いですが、仕事が終わるのも早いというのが特徴の新聞配達も、一人でできる仕事です。

新聞配達は自分の担当するエリアを自分一人で新聞を配布して回ります。

そのため、人と接する必要はありません

新聞はポスティングするだけですので、お客様とお話しする必要もありません。

ただし、朝刊配り・夕刊配りの合間に家事をしたり仮眠をとったりと、生活リズムを整えるのに少し工夫が要ります。

朝は特に、人が少ない時間帯にコツコツと仕事を進められるので、一人が好きな人にはお勧めの仕事です。

一人で仕事をしたいと思う女性は意外と多い

考える

ところで、一人で仕事をしたいと思う女性は、意外と多いものです。

企業の中で働いていると、どうしても人と話をしなければなりません。

それが気分転換になったりいいアイデアが出たりして、良い方向に運ぶことももちろんあります。

その一方で、話をする暇がないほど忙しかったり、人間関係がギスギスしたりしている職場もあります。

そんな中で働いていると、ストレスがたまり心身共に健康に危害を加えかねません

そんなストレスで体調を崩してしまう前に、一人でできる仕事に転職しようと考える女性も多くいるのです。

 

ワンポイント

一人で仕事をしたいと考えるのは決して無謀なことではありません。

自分のスキルや職種をしっかり見極めることで、一人で快適に仕事をすることは実現します。

一人でできる仕事のメリット

ポイントを指す女性

では、ここからは一人でできる仕事のメリットを解説します。

なんとなく「一人で仕事をする」というイメージが沸きやすくなるはずです。

これから紹介するメリットが、自分にとって合っていると思う方は一人で働くことを視野に入れてみてもいいでしょう。

人間関係に悩まなくていい

一人でできる仕事の一番のメリットは、やはり「人間関係に悩まなくていい」ということです。

毎年度、転職理由の大きな部分を占めるのが「職場での人間関係」です。

それだけ、職場での人間関係というのは仕事を続けられるか否かに関係します。

しかも、人間関係の良さがどうかというのは実際に働いてみないと分からない部分が多数あります。

それを考えると、一人で仕事をするということは人間関係に悩まなくていいという大きなメリットがあるといえるでしょう。

 

ワンポイント

人間関係を理由に離職する人は多いです。
一人でできる仕事は、それに悩まなくていいという大きなメリットがあります。 

自分のペースで仕事がしやすい

チームで仕事をしていたら、順調に仕事をしているのに「調子はどう?」などと話しかけられることがあります。

また、女性同士の雑談なども仕事の合間にストレス解消と思える人とそうでない人がいます。

ただ、どんな人も自分がとても集中していていい感じに仕事が進んでいるときに雑談を振られると嫌なのではないでしょうか。

一人で仕事をしていると、他の人に話しかけられるなどペースを乱されることがなくなります

調子が悪いときは少し休憩して、調子がいいときに集中して仕事をするといったメリハリのついた業務も可能です。

こういった所も、一人で仕事をすることの大きなメリットといえます。

通勤のストレスがない

ガッツポーズ

先に解説した通り、一人でできる仕事をする場合はテレワークが可能な企業が多いです。

テレワークが可能ということは、自分の家の一室を書斎として利用するなど自分の家で仕事をすることができます。

つまりは、通勤する必要がないということです。

都心の人の中には、片道1時間半もの時間をかけて通勤している人も少なくありません。

その時間を他の趣味や仕事の時間に充てることができるとなると、とても有意義だと思いませんか。

往復で考えると3時間も空き時間ができるわけです。

3時間もあるといろんなことができます。

早起きをする必要もなくなりますし、家族との時間や趣味の時間が大幅に増えます。

こういったメリットを考え、テレワークが可能な一人でできる仕事に転職をする人は少なくありません。

一人でできる仕事のデメリット

注意点

一人でできる仕事には、先に解説したようなメリットがある反面、もちろんデメリットもあります。

どんな仕事もそうですが、一人でできる仕事は決していいことばかりではありません。

一人でできる仕事をしようと考えている方は、次のデメリットについても考えてみてください。

仕事環境を自分で整える

先に解説したテレワーク制度を利用する場合、自分で仕事場所の環境を整える必要があります。

自宅で仕事ができる場所がそのままある場合は良いです。

ですが、そういった部屋がまだない方はその部屋を作るところからしなければなりません。

中には、リビングの一角で仕事をしたり大型クローゼットを小さな書斎としたりしている人もいます。

その場合、上手くいけばいいですが、リビングでは「子供がうるさい」クローゼットだと「夏暑い」など悩みが生まれます

企業によっては、テレワークで仕事をするために一時金を配布しているところもあるので、転職の場合はそれも確認しましょう。

テレワークを利用して、一人で仕事をするにはある程度の初期投資が必要であることを覚悟しておきましょう。

困ったときに相談する相手がいない

一人で仕事をするということは、基本的に初めから最後まで一人で完結させます。

そのため、何か仕事で躓いたり分からないことがあったりした場合も、基本的には自分で対処しなければなりません。

どうしようもない場合は本部に電話確認するなど、方法はありますが基本的には一人です。

そういった点で、少なからずプレッシャーになってしまうというデメリットがあります。

トラブルのときに人手不足になる可能性がある

パソコンの前で悩む女性

会社で仕事をしているとき、大きなトラブルに見舞われたときチームで解決することが多いでしょう。

一人で仕事をしていると、トラブル対処に関して人手が足りなくなってしまう可能性というのは十分にあります。

本部などにヘルプ要請を頼むことはもちろん可能です。

ですが、電話などでのやり取りになるため執務内でいっしょにするのに比べると効率は下がります。

一人で仕事をするという場合、こういったデメリットもあることを頭に入れておきましょう。

 

ワンポイント
一人でできる仕事は、通常時はいいですがトラブルのときは大変です。
トラブル対応の際にどうするか、あらかじめ考えておく必要があります。

一人でできる仕事を選ぶ際のポイント

ポイント

ここまで、一人でできる仕事の種類やメリット・デメリットについて詳しく解説してきました。

その上で、一人でできる仕事を選ぶ際のポイントを紹介します。

一人でできる仕事を選ぶ際のポイントは、以下の5つです。

  • 自分の興味のある職種か
  • 自分の持っているスキルを活かせるか
  • 一人で仕事をするためのインフラ設備が整っているか
  • 自分にとって、デメリットを上回るメリットがあるか
  • 一人で仕事をするにあたって、トラブルを解決していく能力はあるか

テレワーク可能な仕事であるといっても、まだ企業で取り入れたばかりでインフラが整っていない可能性もあります。

仕事自体は家でしているのに、上司の最終確認や印鑑を押してもらうだけのために出社しなければならないケースもあります。

自分に向いているかどうかと同じくらい、応募先企業の働く体制がどんな状態かをしっかり確認しましょう。

一人が好きな人が転職活動をする前に準備したいこと

パソコンとノート

次は、一人が好きな人が転職活動をする前に準備しておきたいことについて解説します。

一人が好きだから、一人で仕事をしたいからといっていきなり飛び込むのは危険です。

転職活動をする前に、これから紹介する3つのことを実行しましょう。

どんな仕事がしたいのかを考える

まず、自分はどんな仕事がしたいのかをしっかりと考えましょう。

「人間関係に疲れたから、一人でできる仕事ならなんでもいい」と仕事を選んでしまうと後悔します。

なぜなら、自分が一人でできない仕事を一人ですることになると、結局電話などで相談する羽目になるからです。

そうなると、通常以上に人と話をする必要が出てきます。

まずは自分にはどんな仕事ができて、どんな仕事をしたいのかをしっかり考えましょう。

自分の持っているスキルを洗い出す

一人で仕事をするには、それなりに一人でこなすためのスキルが必要です。

転職先を絞る前に、自分の持っているスキルも洗い出しましょう。

そうすることで、自分が一人でできる仕事の職種を絞り込むことが出来、具体的に転職活動が進みます。

仕事の出来る環境が整っているかを確認する

机

先にも解説しましたが、一人で仕事をするためにテレワークなどを利用する場合その環境が必要です。

家にその環境はあるのか、今現在ないのなら作ることは可能か検討してみましょう。

場合によっては、家族の協力も必要ですから相談してみましょう。

一人で仕事をする場合でも、困ったときの相談先を確認する

ポイント

最後に、一人で仕事をする場合の注意点もお伝えしておきます。

一人で仕事をする場合でも、仕事中には必ずトラブルが起きます。

その時に、どのように対処するべきかしっかりと考えておきましょう。

自分では対応しきれずヘルプとして人手が欲しい場合や対応方法が分からない場合の相談先は事前に確認しておきましょう。

一人でできる仕事を探すときは転職エージェントを活用しよう

エージェント

一人でできる仕事を探すなら、転職エージェントを活用しましょう。

転職エージェントなら、どんな職種やどんな企業がテレワークを推進させているかなど把握しています。

また、職場の雰囲気や契約の形態などもしっかりと確認してくれます。

転職エージェントに条件を提示し、その上で合う求人を見つけてもらいましょう。

まとめ

パソコンで仕事をする女性

一人で仕事をすることは、自分のペースで仕事ができる上に人付き合いなども気にせず気ままにできる印象があります。

ですが、実際にしっかり掘り起こしてみるとメリットデメリットがそれぞれあります。

しっかりと転職エージェントと相談しながら、自分に合った仕事を選んでください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら