食品業界は普段の生活で目にすることがある商品を取り扱っているため身近に感じる人も多いでしょう。

その為食品メーカーは転職を考えやすい業種であるといえます。

食品メーカーへの転職を考えたときに志望動機はどのように書いたらよいのでしょうか。

ここでは食品メーカーへの転職に向けて志望動機を書くにあたっての準備と書き方のポイントを考えていきます。

Contents

食品メーカーに転職する際の志望動機の準備は?

志望動機準備

志望動機を書く際には食品メーカーを選んだ理由や企業を選んだ理由などを明確にしましょう。

明確にすることで志望動機が書きやすくなり応募先企業にも熱意が伝わりやすくなります。

まずは自分が食品メーカー選んだ理由と応募先企業を選んだ理由を考えてみましょう。

その他に応募先企業のリサーチも大切です。

リサーチをすることで応募先企業がどういう会社でどういう人材を募集しているのかということが明確になります。

またリサーチの際には応募先企業の商品や企業理念なども確認しておきましょう。

食品メーカーの商品には企業理念が色濃く映し出されているものが数多くあります。

どのような理念でその商品が生み出されたか企業のホームページなどで確認しておくことも大切です。

それ以外に志望動機を書く際には自分を棚卸することも有効な手段になります。

今までの自分の経験やスキルなどを振り返ってみましょう。

自分は今まで何をどうしてきて将来どうなりたいのでしょうか。

自分の棚卸をして志望理由と将来のビジョンを明確にしてください。

考える際には紙に書き出してみることをお勧めいたします。

書き出すことで自身の考えを整理しやすくなるでしょう。

志望動機を具体的に明確に書くための準備をしてから書きはじめてください。

 

ワンポイント
 志望動機の準備には自分と会社のリサーチが大切です。

志望動機を書く前にすること

考える

志望動機を書く前には自分の考えをまとめられるように自分の棚卸をして転職の理由やスキルの洗い出をしましょう。

食品メーカーに転職をしようと思ったきっかけは何だったでしょうか。

食品メーカーの中でこの会社に応募した理由を具体的に明確にしてください。

その為に一度食品メーカーに転職しようと思ったエピソードなどを紙に書き出してみましょう。

また、今までの経験の中でどんなスキルが身についたか確認してください。

志望理由を整理すると志望動機が書きやすくなるだけでなく面接時の回答にも役立つことでしょう。

転職の目的・条件を明確にする

転職の目的は何でしょうか。

時間・お金・やりがいなどなど人によっていろいろあると思います。

自分の棚卸をしてみると転職の目的がはっきりするはずです。

「転職でどうしたいか」を明確にしておきましょう。

転職に対しての条件も人それぞれあると思います。

その中で「これだけはゆずれない」という条件があれば明確にしておきましょう。

採用後に後悔しないためにも譲れない条件がある場合には応募先の条件を確認してみてください。

自分のスキルを洗い出す

スキル

今までの経験の中で得たスキルを洗い出してみましょう。

具体的にどのような業務でどのようなスキルが身についたか書き出してみてください。

意外と色々なスキルが身についていることに驚くでしょう。

特に意識せずとも日々の業務の中でやってきたことのスキルが上がっていることに気づくはずです。

書き出すことで何がどれくらいできるか自分自身が気づかなかった強みがわかるかもしれません。

強みがわかったらそこをポイントに志望動機を書く際に盛り込んでみるのも良いでしょう。

応募先企業を選んだ理由を考える

食品メーカーを選んだ理由は何だったでしょうか?

数ある食品メーカーの中でどうしてその会社を選んだのか理由を考えてみましょう。

志望動機を書く際に自分の棚卸メモや事前の志望理由メモなどがあると考えやすくなります。

そこでなければいけない何かをはっきりとさせることで志望動機を書く際のアピールポイントになります。

また面接の際志望理由をきかれたときにも回答しやすくなることでしょう。

 

ワンポイント
 志望動機を書く前自分の棚卸をして志望動機を明確にしましょう。

志望動機を書くときのポイント

ポイント

志望動機を書く際にはいくつかのポイントがあります。

  • 転職理由にネガティブな表現は使わない
  • 入社後にどう活躍できるかをアピールする
  • 応募先企業を選んだ理由を明確に書く

これらに注意して志望動機を書きましょう。

また志望動機を書き終わったら、書いた文章に誤字脱字がないかなど一度音読して確認してください。

転職理由はネガティブな表現にならないように

転職理由は人それぞれです。

なるべくポジティブな言い回しで表現するようにしましょう。

転職理由が「自分の力を発揮する場所がなく転職した」は「自分のスキルを活かせる場所で仕事がしたいと思い転職した」

また「周りと価値観が違い過ぎ合わなかった」は「自分の個性を活かしたいと思い転職した」

などポジティブな言い回しに変換してみてください。

ネガティブ表現は自身の評価を下げてしまいます。

使用は避けてなるべくポジティブな表現をしましょう。

入社後、どう活躍できるかをアピールする

転職後その企業で自分はどう活躍できるかをアピールしましょう。

具体的にどう活躍したいのか会社にどのように貢献したいのかを明確に書いてください。

そして応募先企業が入社後の自分の活躍をイメージできるようになるべく具体的に書きましょう。

自分を採用するメリットをアピールしましょう。

応募先企業を選んだ理由を明確に書く

同業の会社が数多くある中でなぜこの会社を選んだのか応募先企業は気になるところです。

この会社でなければできないことを明確に書きましょう。

ポイントは「食品メーカーのその会社」でなければできないことを書くことです。

営業志望の場合「営業職に就きたかった」だけでは食品メーカーでなくてもいいということになります。

また「食にかかわる仕事がしたかった」だけでも他の食品メーカーでもよかったのではないかと思われてしまいます。

転職先が食品メーカーのこの会社でなければならない理由を明確にしましょう。

 

ワンポイント
 志望動機にはこの会社でなければいけない理由をネガティブな表現を使わないように書きましょう。

志望動機に書くべきこと

考える

志望動機には必ず志望理由とその会社でどんなことがしたいかということを明確に書いてください。

志望理由には何をきっかけにこの会社を志望したかを具体例を上げて書くことがポイントになります。

また入社後に将来この会社でどうしたいかということも書きましょう。

志望理由には

  • 食品メーカーを選んだ理由
  • 応募先企業を選んだ理由

この2点を明確にして書きます。

その際食品メーカーであれば志望動機に「」に関してのことに触れておくことも良いでしょう。

「食」に関するエピソードで食品メーカーへの志望理由が明確に書ける場合があります。

志望理由にこういう理由で食品メーカーを志望したというエピソードがあればそれを書いてみることも良いでしょう。

「会社の将来性を感じた」とだけ書いたのでは食品メーカーでなくてもよいのではないかと思われてしまいます。

気を付けてください。

自分の「食」に関しての思いを盛り込んで書くことで食品メーカーに就職したいのだという思いが伝わることでしょう。

食品メーカーを選んだ理由

食品

色々な業種がある中でなぜ食品メーカーを選んだのかを明確にします。

「食」に関しての具体的なきっかけエピソードがある場合はそれを盛り込んでも良いでしょう。

食品メーカーでなくてもできるようなことを書いては選んだ理由としてはあまり良いものではありません。

具体的な志望理由によって食品メーカーに転職したいという熱意が表現されるでしょう。

応募先企業を選んだ理由

食品メーカーが数多くある中で応募先企業を選んだ理由を具体的に明確に書きましょう。

応募先企業から発売されている商品が好きだからだけではその商品のファン目線の理由になってしまいます。

ファン目線ではなく社員目線で応募理由を書きましょう。

将来のビジョンを少し盛り込むことでその企業でなければできないことが書かれた志望動機になります。

 

ワンポイント
 志望理由には食品メーカーを選んだ理由とその中で応募先企業を選んだ理由を明確に書くようにします。

志望動機の内容は面接につながるように意識しよう

志望動機面接

書類審査後の面接試験では応募書類の内容を見ながら面接が行われることが多くあります。

その為応募内容と違う回答をしてしまっては「言ってることが違う」と悪い印象を与えかねません。

面接の回答と志望動機がつながるように志望動機を書く際にポイントは押さえておきましょう。

また面接のために書いた内容をコピーしておくことも面接対策になります。

志望動機の例文

OK

志望動機の例文を3種類あげてみました。

どの例文も志望理由が明確になっています。

志望動機を書く際の参考にしてください。

例1 マーケティングに応募する場合

私は貴社のお菓子が大好きでよくスーパーマーケットでお菓子を買います。

あるときスーパーの商品陳列の位置が時折変化していることに気づきました。

それ以降陳列棚の商品陳列が気になっています。

貴社商品の陳列と商品人気の関係にとても興味が湧き、このような調査を仕事にしてみたいと考えておりました。

調べてみたところマーケティングが一番近い仕事ではないかと思い貴社募集に応募した次第です。

他社商品と並んだ時に消費者に商品を選んでもらえるようにしたいと思っています。

将来は貴社の販売実績向上に役立つようなマーケティングをしたいです。

例2 営業職に応募する場合

営業

以前海外旅行中に入ったスーパーマーケットに貴社製品がおいてあったのを見かけました。

びっくりしたのと同時に海外で日本の食料品に出会えたことをうれしく思ったと記憶しております。

もっとびっくりしたのはその商品を普通に現地の方が買い物していたというところです。

和食がこんなにも海外に広まっていることを痛感したのと同時に貴社のグローバルな展開にとても魅力を感じました。

これらをきっかけに貴社に転職したいと思い応募した次第です。

私は貴社の営業職として日本の食文化を世界に広めたいと思っております。

将来的には少しでも多くの国の人々に商品の良さを広められるような営業職になりたいです。

例3 商品開発部門に応募する場合

私は前職で職場にお弁当を持参しておりました。

その際貴社の冷凍食品をよく利用していたため冷凍食品に親しみを感じております。

貴社製品は冷凍食品なのに味がとても良いと思いました。

これは開発部門の苦労の賜物なのでしょう。

私は冷凍食品の開発に興味があります。

貴社であれば私の夢が実現できるのではないかと思いこの度の求人に応募いたしました。

私は以前よりお弁当に入れて冷めてもおいしい商品を作りたいと考えています。

貴社が冷凍食品に力を入れているのは存じ上げておりました。

私も貴社の開発部門でヒット商品の開発に携わっていきたいと思っています。

NGな志望動機の例文

NG

以下の例はNGな例文です。

例1は具体例がなく志望動機がよくわかりません。

例2は将来のビジョンがありません。商品への熱烈なファンレターにも見えます。

どれも志望動機としては不十分な内容です。

志望動機を書く際には気を付けてください。

例1 営業職の場合のNG例

私は以前スーパーマーケットに勤めておりました。

食品メーカーの方がよく営業に来られていたので仕事に興味を持ちました。

営業職は大変な仕事だと思いますが同時にやりがいのある仕事だと思っています。

私もメーカーの営業として商品をお客様に届けたいです。

例2 商品開発の場合のNG例

私は貴社の○○シリーズの冷凍食品が大好きでいつも自宅冷蔵庫の冷凍室にストックしております。

その大好きな冷凍食品にかかわる仕事がしたいと思い貴社を志望いたしました。

○○シリーズの中で特にから揚げが大好きです。

あの唐揚げのジューシーな味は他社のから揚げにはないおいしさだと思います。

冷めてもとてもおいしいのにはびっくりいたしました。

入社後は冷凍食品にかかわっていきたいです。

NG例文にならないために

商品管理

NGにならないためには志望動機は具体的明確に書く必要があります。

志望のきっかけやそれに至るエピソードなども書いた方が明確な志望動機になる場合があります。

また志望動機には将来への希望や熱意の感じられる内容のものが良いでしょう。

商品に対しての自身の思い入れを書くことは悪いことではありません。

しかしあまり思い入れが強すぎると志望動機ではなく商品のファンとしての感想になってしまいます。

商品に対しての思いを書くのであればその商品で自分は会社にどう貢献していきたいと考えているのかを盛り込んでください。

志望動機の書き方に悩んだら転職エージェントを活用しよう

相談

志望動機の書き方で悩んだら転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントでは志望動機の書き方や履歴書の書き方の他に面接の方法まで教えてくれます。

また、転職エージェントには非公開求人があるため自分の希望に近い求人や有名企業の求人などにも応募できるかもしれません

譲れない条件がある場合にはぜひ転職エージェントにご相談ください。

まとめ

営業外回りをする女性

転職の際の志望動機は応募先企業に自分を伝えることができる大切な手段です。

志望動機には自分のアピールしたいことを数百字に詰め込んで表現しなければなりません。

そのためには自分が応募に至った理由将来の希望などをきちんと整理して書きやすいように準備しましょう。

相手に伝わりやすくするためにも志望動機を記入する前の事前準備はしっかりやってから記入するようにしたいものです。

そして志望動機内にネガティブな表現はしないようにしましょう。

具体的に明確に採用後の活躍がイメージできるようにポジティブに書いてください。

志望動機の書き方次第で転職の成功が見えてくるでしょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら