スイーツが大好きな女性は多いです。

スイーツは食べるだけでなく、見ているだけでも人を幸せにしてくれる魅力があります。

スイーツが好きでカフェ巡りをしているという女性も少なくありません。

では、そんなスイーツ好きを活かして仕事に就くことは可能なのでしょうか。

本記事では、スイーツ好きな人に向いている仕事の内容や転職のポイントを詳しく解説していきます。

Contents

大好きなスイーツに関する仕事をすることは可能?

スイーツ

スイーツが大好きで、新作が出たらついすぐに買ってしまうという女性の話もよく聞きます。

それほど大好きなスイーツを仕事にすることができたら楽しいと思いませんか。

実は、スイーツ好きを活かして仕事に就くことは十分可能です。

その知識やスイーツに対する情熱を仕事として活かしていくということになります。

スイーツが好きで、それを仕事にしたいと考えている方は必読です。

スイーツが好きな人に向いている仕事は大きく分けて4つ

ポイント

スイーツが好きな人に向いている仕事は、大きく分けて4つあります。

  • スイーツを提供する仕事
  • スイーツを開発する仕事
  • スイーツを提案する仕事
  • スイーツアートとして作品を作る

これらの4つの仕事の内容について詳しく紹介していきます。

自分はどんなことがしたいのか、自分の持っているスキルはどの仕事に合っているのか考えてみてください。

スイーツを提供する

まずはスイーツを提供する仕事です。

主に、作られたスイーツをお客様へ提供する仕事です。

素敵なスイーツに触れられるだけでなく、それをお届けしたときのお客様の嬉しそうな顔を見ることもできます。

お客様の笑顔を一番間近でみることができ、やりがいを感じやすい仕事といえます。

スイーツを開発する

次に、スイーツを開発する仕事です。

新しいスイーツを考えたり、期間限定の季節にあったスイーツを作ったりします。

トレンドを把握しながら、その店の個性を出しながら試行錯誤をして作り上げます。

自分の考えたスイーツが店頭に並び、お客様に喜んでもらえるというのは素敵なことでしょう。

直接そのスイーツを食べるお客様の顔は見られないかもしれません。

ですが、売れ行きや特集に組まれるなどでそのやりがいを感じることができます。

スイーツを提案する

スイーツを提案する仕事は、どのスイーツを選べばいいか決めかねているお客様にぴったりのスイーツを提案する仕事です。

お客様の希望するスイーツのイメージを訊き、どのスイーツがそれに当てはまっているかを提案していきます。

場合によっては、スイーツ開発者向けのセミナーなどを行いスイーツの種類を紹介することもあります。

スイーツ同士の相性の良さや季節にあったスイーツの選び方など、その知識は奥深くとてもやりがいのある仕事です。

スイーツアートとして作品を作る

昨今では、スイーツのその価値は食べるためのものだけではありません。

一種のアートとして展覧会なども開かれるまでになっています。

また、バレンタインやクリスマスなどスイーツが注目される時期には特にデザインにこだわったスイーツが展開されます。

スイーツをそのデザインで選ぶ人も少なくありません。

さまざまなスイーツアートの技術が進歩してきており、スイーツアートは進化し続けています。

 

ワンポイント

一言で「スイーツに関する仕事」といっても、その内容はさまざまです。

自分がしたい仕事はどんな内容なのか考えてみましょう。

スイーツを提供する仕事

カフェ店員

では、ここからはそれぞれの仕事を具体的に紹介します。

まずは「スイーツを提供する仕事」があります。

スイーツを提供する仕事の一番の特徴は、必ずしもスイーツを作れなくてもできる仕事もあるということです。

スイーツは大好きだけれども、スイーツにかかわる仕事がしたいという方におすすめです。

カフェの店員

商品を運ぶカフェ店員

スイーツを取り扱うカフェの店員になれば、お客様にスイーツを提供することができます。

先ほどもお伝えしたとおり、そのスイーツを見たときのお客様の笑顔を一番間近で見ることができる職業です。

時には、お客様とスイーツの話で盛り上がったり、写真を撮ってあげたりすることができます。

「カフェの店員」と一言でいっても、お客様とスイーツの楽しさを分け合える、そんな素敵な職業です。

スイーツ店の店員

スイーツ専門のお店の店員も同様です。

スイーツ専門店の場合、こだわりの素材や技法・メニューなどがたくさん詰まっています。

それらをお客様にお伝えし、そのスイーツがどんなものなのかを紹介することも大切な仕事内容です。

スイーツの魅力を知ってもらいながら、お客様とスイーツの魅力を分かち合うことができる職業です。

スイーツを開発する仕事

カフェの店員

スイーツに関する専門知識を持っていたり勉強したりしたいという方には、スイーツを開発する仕事もあります。

スイーツは発想次第で新しいものが限りなく出来上がります。

そんなスイーツ開発の仕事に挑戦してみるのはいかがでしょうか。

パティシエ

パティシエは、勤務先にもよりますが既存のメニューばかり作っているわけではありません。

常に新しいケーキのデザインを考えたり、季節にあったメニューを考えたりしています。

最近ではコンビニのクリスマスケーキなどもとてもクオリティが高くなってきています。

そのため、スイーツメーカーやケーキ屋さんの開発も非常に手をかけています。

他にはないデザインや繊細で美しいもの、ケーキに使われることがない素材を使ってみるなど実際に作りながら考えます。

自分が一生懸命考えて作り上げたメニューが店頭に並んだ時には、とても大きな喜びを得ることでしょう。

スイーツメーカーの開発部門

会議

スイーツメーカーの開発部門に就職するという手もあります。

企業によっては、いきなり開発部門で働けない場合や部署異動がある場合もありますので、求人情報をしっかり確認してください。

スイーツメーカーの開発部門であれば、ある程度マニュアルが整っているため、初心者でも提案しやすいのが特徴です。

提案から始まり、試作品の作成・プレゼン・最終決定、とくぐり抜けるものは多くあります。

そのため、1つの商品を開発するのに1年以上かかるケースもあります。

ですがその分、自分が考えた商品が世に出回ったときの喜びは大きなものです。

メーカーの商品であれば、各地のコンビニやスーパーで置いてもらえるため、多くの人に触れてもらえるメリットもあります。

スイーツを提案する仕事

スイーツを持つパティシエ

次に、既に作られたスイーツを提案する仕事もあります。

お客様が求めるスイーツにどれがふさわしいかを提案する仕事です。

スイーツに関する専門知識から、トレンドの把握、お客様への提案力が問われます。

お客様の希望を汲み取り提案する難しい仕事ですが、納得して購入していただけたときは大きなやりがいがあります。

製菓アドバイザー

製菓アドバイザーとは、日本安全食料料理協会が運営する認定試験に合格することで取得できる資格です。

試験では、主に洋菓子に関する知識が問われます。

お菓子作りに必要な素材やその栄養素、食べるとどんな効果があるかなど基本的な知識を学ぶことができます。

製菓アドバイザーの試験は、合格率は公表されていませんが合格ラインは70点なので、比較的受かりやすい試験といわれています。

この認定試験を取得することで、製菓アドバイザーとして名乗ることができます。

お客様に対して、スイーツの素材やその栄養素の説明をしたり、中にはスイーツ教室の講師をしたりすることも可能です。

和菓子ソムリエ

和菓子

和菓子ソムリエも製菓アドバイザー同様に、日本安全食料料理協会が運営する認定試験です。

こちらの試験も合格ラインは70点となっており、比較的受かりやすいといわれています。

製菓アドバイザーの和菓子バージョンというイメージで、和菓子についての知識を学ぶ試験です。

和菓子の歴史は古く、和菓子を作るひとたちは「職人」と呼ばれるほどです。

その手法や技術は奥深く、そういった職人さんたちの思いを込めながらお客様に提案していくことが仕事です。

 

ワンポイント

どちらも、その資格所持者として名乗るには試験に合格する必要があります。

合格ラインは決して高くありませんので、興味がある方はぜひ挑戦してみてください。

スイーツをアートとして作品を作る仕事

スイーツアート

スイーツは食べるだけがたのしみではありません。

スイーツは、もはやアートとしても世界中で認められています。

現代においてスイーツは、そのおいしさだけでなく美しさやデザインも求められます。

そんなスイーツをアートとして作品を作る仕事もあります。

ショコラティエ

ショコラティエというのは、チョコレートを作る職業のことを指します。

チョコレートを自在に操り、さまざまなデザインを施したりくちどけの良さを追求したりその研究は限りなく続いているのです。

それらはもはや「アート」として認定され、スイーツのイベントではデザイン要素も評価に欠かせないものとなっています。

スイーツアーティスト

スイーツアーティストはその名のとおり、スイーツを使ったアートを作る職業をいいます。

子供の頃に誰もが憧れた、ヘンゼルとグレーテルのお菓子の家のようにすべてお菓子でできているアート作品を作るのです。

ある程度実績を残すことができれば、展覧会を開くことも可能です。

スイーツ業界への転職に有利な資格

勉強

では、ここからはスイーツ業界への転職に有利な資格を紹介していきます。

これらの資格は、スイーツに関する仕事に就くために必須ではありません。

ただし、持っているとその分転職活動が有利になります。

知識があることの証明になることや、そもそも応募資格や求人の歓迎条件が有資格者の場合もあります。

もし余裕があるのであれば、これから紹介する資格に挑戦してみてはいかがでしょうか。

スイーツコンシェルジュ

スイーツコンシェルジュとは、スイーツに関する基礎的なことを学ぶことができる試験です。

一般社団法人日本スイーツ協会が運営する資格で、合格率は95%と、非常に高く初心者にもやさしい資格といえます。

パティシエ

実は、パティシエになること自体には特別な資格や免許は要りません。

そのため、だれでもパティシエを目指すことができるのです。

ただし、多くの人がパティシエとして働く際に取得する「製菓衛生師」「菓子製造技能士」は取得しておくべきでしょう。

ベジスイーツソムリエ

ベジスイーツソムリエというのは、野菜を使ったスイーツに関する知識を学べる資格です。

こちらも一般社団法人日本スイーツ協会が運営しており、非常に人気の資格です。

合格率自体は非公開ですが、健康ブームなどで野菜を使ったスイーツを楽しみたい女性は一定数います。

そのため、取得しておけば商品の開発などにも必ず役に立つといえます。

製菓アドバイザー

先にもお伝えしましたが、製菓アドバイザーの資格試験も取得しておくと転職に有利といえます。

スイーツに関する基本的な知識があるということを証明することができるため、ぜひチャレンジしてみましょう。

 

ワンポイント

資格というのは、勉強自体が自分の知識になるとともに、その知識をもっている証明になります。

資格を持っていることで、転職活動は有利になるといえます。

スイーツ業界に転職する前にするべきこと

ノート

スイーツ業界に転職したいと思ったらまずはしてほしいことがあります。

それは、これから紹介する3つです。

本格的な転職活動を始める前にこれらを実施しておくことで、その後の転職活動が非常にスムーズになります。

また、転職先選びにも役に立ちます。ぜひ実施してください。

自己分析

転職活動をする前に、自己分析を徹底的に行いましょう。

「スイーツが好き」というだけでなく、自分の持っているスキルは何か・どんな風に活かせるかなど考えてください。

企業研究

応募先企業を決める際には、企業研究も忘れないようにしましょう。

求人情報だけでは決して分からないことも多々あります。

職場の雰囲気や実態を徹底的に調べるようにしましょう。

転職条件の明確化

自分の転職における条件を明確にしましょう。

転職先に求める条件があいまいなまま転職活動をしてしまうと、転職活動にふらつきがでてしまいます。

自分の希望に合わない企業に転職してしまったなんてケースも少なくありません。

まずは、転職の目的を考え、そこから転職先に求める条件を明確に挙げていきましょう。

 

ワンポイント

転職活動は、すぐに決まる場合もあれば長期間にわたる場合もあります。

その期間中、考えがぶれないようにノートなどにしっかりまとめておきましょう。

スイーツ関連の職に転職したいなら転職エージェントを活用しよう

女性,スーツ,ビジネス

スイーツ関連の職に転職したいと思っても、現職がある中での活動はなかなか難しいです。

効率よく転職活動をするために、まずは転職エージェントを活用しましょう。

転職エージェントに相談すれば、あなたにあった求人を探してきてくれます。

さらに、意外と大変で時間のかかる書類の準備や面接の対策なども協力してもらえます。

希望する転職先が決まった後でも、そこに転職できるよう最善のサポートを受けることが可能です。

転職活動を始めようと思ったら、まずは転職エージェントを活用するようにしましょう。

まとめ

パティシエ

スイーツは、見た目も味もとても魅力的なものです。

スイーツが好きという方は非常に多く、これからもスイーツの需要がなくなることはまずないでしょう。

むしろ進化を続けるスイーツ界で働きたいと思ったら、転職エージェントを活用しましょう。

スイーツに関する仕事はさまざまな種類がありますから、自分に合った仕事を見つけてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら