情報収集と聞いてどんな仕事や方法を思い浮かべますか。

警察官や探偵を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

情報収集はパソコンを使ったり、聞き込みをしたり実際に足を運んで調査するなど方法はさまざまです。

自分の得意を仕事に活かしたいと考えている方も多いかもしれません。

この記事では、情報収集が得意な人におすすめの仕事や選び方をご紹介します。

Contents

情報収集が得意な人におすすめの仕事はある?

あごひじをつく

「情報収集は得意だけれど、仕事に活かせるイメージが湧かない。」

「気になったことはとことん調べてしまう。」

「どんな仕事が情報収集を必要としているか分からない。」

そんな悩みや疑問をお持ちではないでしょうか。

情報収集が得意な人におすすめの仕事は複数存在します。

特技や趣味が情報収集という方におすすめの仕事は以下です。

  • 警察官
  • 探偵
  • 土地家屋調査士
  • 交通量調査員
  • 国の統計調査員
  • 覆面調査員
  • 企業のマーケティング部門
  • 出版会社
  • 地域情報誌などの編集者

などです。

すぐにイメージできる仕事や初めて聞く仕事もあるかもしれません。

情報収集が得意な人におすすめの仕事を内容と共にご紹介します。

情報収集はさまざまな分野で必要とされている

通話中

調査方法は仕事によって異なりますが、情報収集が必須な分野はさまざまです。

それぞれの分野で活躍できる職種をご紹介します。

民事・刑事事件など

民事や刑事事件などが発生した場合、頼りになるのが探偵や警察官です。

事件現場の調査・対象人物に聞き込みを行い情報収集を行います。

聞き込みは対人になるので、情報収集能力の他に相手から話を引き出すコミュニケーション能力が求めらるでしょう。

土地などのインフラ系

土地などのインフラ系は、厳密な調査が求められます。

形状・面積を正確に調査し、登記情報とズレがないのかを確認するためです。

土地を売るとき・税金を課すときに、問題が起こらないようにします。

交通量調査においても、調査したデータは国や企業がデータを基に指針や戦略を取り決めるので正確さが必要です。

市場調査・統計調査

ピンク、デスク

市場調査・統計調査では、調査結果を基に顕在化していない需要や実態を把握することにも一役買っています。

調査結果を使用して、経営戦略を練ったりデータとして発表するためです。

未来を左右するため、責任感が必要とされる分野といえます。

各種情報誌の作成

対象の物やサービスをリサーチし分かりやすくまとめ、読者に届ける仕事です。

出版物がテーマにしている内容に沿って作成します。

1度に多くの人に情報を届けることができる分野です。

民事・刑事事件などで活躍する仕事

虫眼鏡、OK

民事・刑事事件で活躍する仕事は、警察官・探偵です。

それぞれのなり方や違い・働き方をご紹介します。

警察官

警察官として働くにはまずは国家公務員試験に合格する必要があります。

その後、警察庁で採用面接に合格すれば晴れて警察官として働き始めることができるのです。

まずは交番勤務から始まり、巡査から昇進していく形になります。

昇進するためには、一定の勤務年数と試験・研修を受けなければなりません。

交番勤務の他にも、

  • 刑事
  • 鑑識
  • 警ら隊(白バイ・パトカーの運転)

などの専門職があります。

近年では、インターネット内で起こるサイバー犯罪を取り締まるサイバー犯罪捜査官も存在するのです。

刑事は刑事事件を担当する警察官を指します。

事件が起こった現場の張り込みや目撃者に聞き込みをし、事件に関する情報を収集する仕事です。

収集した情報を基に、事件の犯人を逮捕へと導くことが刑事の主な仕事内容になります。

探偵

探偵は民間業者が行う調査業です。

そのため、探偵が扱う仕事は民事事件事件が起こる前の調査を主としています。

探偵と警察官の違いは、扱う事件が民事事件なのか刑事事件なのかということです。

警察が対応できない事件性の低い調査を探偵は行ってくれるのです。

探偵として働くのに、必要な資格は特にありません。

しかし調査において、対象人物から上手に話を引き出すコミュニケーション能力が必要とされています。

探偵が担当する主な調査は以下です。

  • 浮気調査
  • 素行調査
  • 行方調査

などです。

浮気調査は、配偶者・婚約者を調査し浮気の証拠を押さえ証拠は離婚裁判を行う場合の材料に使われる場合があります。

素行調査は、対象者の生活実態や経歴に偽りが無いのかの調査です。

行方調査は、音信不通・行方が分からない対象者の居場所を調査します。

いずれの調査にせよ、事前に情報や資料を集めることからスタートです。

 

ワンポイント
 警察官と探偵は、扱う事件が刑事か民事かという違いがある。

土地などのインフラ系で活躍する仕事

カフェでパソコン

土地などのインフラ系で活躍する仕事は、土地家屋調査士・交通量調査員です。

どちらもあまり聞き馴染みがない職業ではないでしょうか。

そんな2つの職業の仕事内容をご紹介します。

土地家屋調査士

スーツの女性

土地家屋調査士は、不動産の登記を行う職種です。

不動産の情報・所有者などの情報を記したものを登記といいます。

不動産や土地の所在場所や広さ・所有者を明確にすることにより、取引を円滑に行うことができるのです。

登記は新築を建てたり、土地の面積などが変化したりするごとに新たに申請しなければなりません。

土地家屋調査士は国家資格で、法律に関する知識や調査・測量には高度な技術を必要とします。

交通量調査員

交差点の一角で椅子に座り、通り過ぎる車の種類をカウントしている人を見かけたことはありませんか。

交通量調査員はその名の通り、道路の交通量を調査する仕事です。

目の前の道路を通行している車の車種ごとにカウントします。

カウント調査する主な車種は以下です。

  • 乗用車
  • 自動二輪
  • バス
  • タクシー
  • 貨物車

などです。

車種だけではなく、歩行者の年代・性別を調査する場合もあります。

交通調査員は、主に派遣会社などに登録してアルバイトとしての雇用が一般的です。

市場調査・統計調査

聞き耳

市場調査・統計調査で活躍するのは、国の統計調査員・覆面調査員・企業のマーケティング部門です。

それぞれの仕事内容をご紹介します。

国の統計調査員

国の統計調査員は、非常勤の公務員です。

  • 国勢調査
  • 労働力調査
  • 家計調査
  • 工業統計調査
  • 商業統計調査

などの統計調査を行います。

仕事内容としては調査を行う家庭や事業所に調査票を配布、と同時に統計調査の内容を説明し、記入に誤りがないようにします。

その後、回答が記入された調査票を回収・点検までを行うのです。

私たちに馴染みのある国勢調査は、5年に1回のペースで調査が実施されています。

最終的に統計として結果を世に公表・利用されるため、責任ある重大な仕事といえるでしょう。

覆面調査員

ホワイトボード

覆面調査員は、一般のお客さんを装って対象のお店に来店します。

  • 店内の清掃状況
  • 接客態度
  • サービスの質
  • 商品の質

などをチェックし、レポートにまとめ提出します。

会社本部の関係者が来店すると普段の様子が分からないため、調査員が一般のお客さんを装って調査するのです。

そうすることで、普段の様子・一般のお客さんへの対応を確認します。

覆面調査員は、ミステリーショッパーという名前で呼ばれる場合もあるのです。

まずはリサーチ会社やサイトに登録し、対象の店舗にお客さんを装って来店します。

その後レポートをまとめ提出すればOK、調査完了です。

来店して調査をする他にも、保険・不動産資料請求など多様多種な調査があります。

企業のマーケティング部門

企業のマーケティング部門では、商品を発売する際に世の中の需要や既存の商品を調べ新しい商品や需要を満たす仕事です。

インターネットを通じて多くの人にアンケート調査を行ったり、顧客の声を聞いたりして需要を調べます。

市場調査だけではなく、営業方針やプロモーション戦略を考えるなど業務内容は多岐です。

各種情報誌の作成

スマホを見る

各種情報誌の作成には、出版会社・地域情報誌があげられます。

それぞれの特徴をご紹介します。

出版会社

出版会社は本や雑誌などを発行する会社です。

仕事内容は、大きく以下の3つに分けられます。

  • 制作・編集
  • 営業
  • 総務・経理

制作・編集の主な仕事内容は、取り扱う雑誌の内容に則り現場に出向き取材を行うことです。

インタビューを行う場合もあるでしょう。

ライターやカメラマンに仕事を依頼する業務や、誤字脱字をチェックするという仕事も含まれます。

営業の主な仕事内容は、出版物の販売促進のための活動や雑誌広告を掲載してもらうセールスを行うことです。

書店に出向き、自社出版物の売り上げアップ施策を提案する場合もあります。

総務・経理は主に会社のお金の管理や、従業員が快適に働ける環境づくりが主な仕事内容です。

地域情報誌などの編集者

地域情報誌では、地域に密着し地域の人から愛される情報誌を目指しています。

長く住んでいても意外と知らない地域の情報や、レジャー情報を掲載し地域の活性化をはかっているのです。

地域情報誌の読者は、

  • おいしいお店
  • お得な情報・クーポン
  • 遊び場所
  • 地域のお知らせ

などを求めているので、そういったニーズを満たすことが重要です。

情報収集の仕事に就くときの注意点

柔らかい雰囲気

転職や仕事に就く前に注意点をおさえておくことで、こんなはずじゃなかったというミスマッチを事前に防ぎましょう。

気を付けておきたい注意点を2点ご紹介します。

情報収集の仕事にはさまざまなジャンルがある

情報収集の仕事には上記で紹介した通り、

  • 民事・刑事事件など
  • 土地などのインフラ系
  • 市場調査・統計調査
  • 各種情報誌の作成

などさまざまなジャンルが存在します。

気軽にチャレンジできるものから、資格が必要なものまでさまざまです。

情報収集が得意という特性を活かし、事前にキャリアパスを確認しミスマッチが起こらないようにしましょう。

自分の好きな情報収集のジャンルを見極めよう

情報収集が得意といっても、どんなジャンルの情報収集が得意なのかは1人1人違うはずです。

自分の好きなジャンルを明確にしていれば、短い時間で迷いなく転職できます。

転職を検討する際には、自分の好きな情報収集のジャンルを見極めておくことが大切です。

 

ワンポイント
 情報収集にはさまざまなジャンルがあるので、好きなジャンルを見極めておきましょう。

情報収集の仕事に就く前にしておきたいこと

パソコン作業

実際に転職活動を始めてみると、迷いや悩みがでてきてしまうかもしれません。

そんな時、事前にしておけば迷いや悩みに対処できることをご紹介します。

転職の目的・条件を明確にする

転職を考えるのには、何かしらの理由があると思います。

「仕事内容が自分に向いていない。」

「今の就業条件に不満がある。」

「人間関係が複雑で疲れてしまった。」

などの理由があげられます。

転職の目的や条件を明確にしておくことで、迷ったり同じ失敗を繰り返したりする可能性を下げることが可能です。

自分の情報収集スキルを具体的に洗い出す

情報収集を業務にする仕事に就く場合、具体的なスキルを洗い出しておきましょう。

自分の転職の指標になったり、面接官にアピールできたりするからです。

スキルを具体的に洗い出し、どのように仕事に活かせるのかを言葉で伝えられるように落とし込んでおきましょう。

 

ワンポイント
 転職の目的・条件を明確にしておきましょう。

情報収集の仕事に就きたいなら転職エージェントを活用しよう

OKサイン

「1人で転職活動をするのは不安だ。」

「日中は仕事で忙しくて転職活動を進めるのが難しい。」

そんな悩みをお持ちではないでしょうか。

実際に情報収集の仕事に就きたい場合は、転職エージェントを活用しましょう。

転職エージェントを活用することで、一般の求人誌には記載されていない非公開求人を紹介してもらうことが可能です。

また忙しいあなたに代わって、企業との日時調節をエージェントがとり行います。

エージェントに相談している内に、自分では気付いていなかったスキルや適性を発見することがあるかもしれません。

転職エージェントを活用して、あなたの転職を成功させましょう。

 

ワンポイント
 転職の悩みは、転職のプロに相談しましょう。

まとめ

パソコン、女性

今回は情報収集が得意な人におすすめの仕事をご紹介しました。

おすすめの仕事は以下です。

  • 警察官
  • 探偵
  • 土地家屋調査士
  • 交通量調査員
  • 国の統計調査員
  • 覆面調査員
  • 企業のマーケティング部門
  • 出版会社
  • 地域情報誌などの編集者

です。

情報収集の仕事にはさまざまなジャンルが存在します。

転職の際には、自分の好きな情報収集のジャンルを見極めましょう。

転職の目的・条件を明確にすることで、迷いや悩みを最小限にして仕事に就くことができます。

1人で転職活動を行うのが不安な場合は、転職エージェントを活用して転職を成功させましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

2位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  

3位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら  

2位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  

3位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら