ものづくりが好きな女性は多いです。

ハンドメイドで何かを作ったり子供の洋服を作ってあげたり、ものづくりを楽しんでいる女性は数多くいます。

そんな手先が器用な女性の中には、それを仕事にしたいと思う女性も少なくありません。

では、ものづくりを仕事にすることは可能なのでしょうか、

本記事では、ものづくりが好きな女性におすすめの仕事について詳しく解説していきます。

ものづくりが好きな人におすすめの仕事はある?

ハンドメイドの花を持つ女性

冒頭にも申し上げましたが、ものづくりが好きな女性は非常に多いです。

その手先の器用さや、デザインセンスを活かして仕事に就くことは可能です。

では、それらのスキルを活かす仕事にはどんなものがあるのでしょうか。

ものづくりが好きな人におすすめの仕事について詳しく紹介します。

ものづくりの種類

ポイント

一言で「ものづくり」といっても、それにはたくさんの種類があります。

まずはどんなものを作りたいのか、そこを考えてみましょう。

中には、職人が手作業で作るような職人業や、最先端の技術を活かしたパソコンスキルが必要な仕事まであります。

自分にはどんなものを作ることが向いているのか、今一度考えてみましょう。

伝統工芸などの職人仕事

まず、ものづくりの代表として伝統工芸などを作る仕事が挙げられます。

食器やこけし、提灯づくりなど作るものは幅広くありますが、だれでも簡単に作れるものではありません。

伝統的に引き継がれてきた技術があり、それらの多くは職人仕事といわれています。

一人前になるまでに数年かかる場合もありますが、日本の伝統文化を守っていくのには大切な仕事です。

さらに、日本の伝統文化を引き継いだものたちは一定数需要があることは事実です。

ハンドメイド作家

ハンドメイドアクセサリー

ハンドメイド作家は、フリマアプリなどで個人が始めたことが火付け役となり人気の職業です。

ハンドメイド作家と一言でいっても、ハンドメイドするものは無数にあります。

まず多くの方が思い浮かべるのは、アクセサリーやスマホのストラップなどではないでしょうか。

それ以外にも、革製品のバッグや靴、さまざまなものがハンドメイドされています。

ハンドメイド作品は、ハンドメイドならではの温かみがあり、付加価値もとても高いものです。

ハンドメイドを売りにしているブランドもあるほど、人気の職業となっています。

デザイナー

先にも紹介した通り、ものづくりをするにはまずはデザインをすることが必要です。

デザインをし、実際に図面などに起こして初めて作品を作ることができるのです。

そのため、ものづくりが好きな人はデザイン力に非常に長けています

トレンドに沿ったデザイン・ほかにはないデザイン・個性のあるデザインなど幅広く対応することが可能です。

商品開発・マーケティング

ものづくりが好きな人は「こんな商品があったらいいな」「こんなデザインならどうだろう」と新しいものを考えることが得意です。

そのため、商品開発やマーケティングにも非常に向いているスキルを持っています。

商品開発は、他の同業者との競合です。

既にある商品ばかり作っても、なかなか売れません。

そんな中で、新しいデザインやトレンドをいち早く取り入れたものを展開できるというのは、非常に強いスキルです。

伝統工芸などの職人仕事

お椀を持つ女性

では、具体的にそれぞれのものづくりについて詳しく紹介していきます。

伝統工芸をはじめとした職人仕事といわれるようなものづくりの仕事を紹介していきます。

職人仕事といっても、必ずしも資格が必要なものではなく入社してからOJTで学んでいくというパターンも非常に多いです。

伝統工芸などの職人仕事の代表として、次の2つの仕事が挙げられます。

陶芸

まずは陶芸です。

陶芸というと、土いじりをするイメージがあるかもしれませんが、食器や花瓶など幅広く作る生活に大切な仕事です。

陶芸には、陶芸で食器などを作るだけでなく教室を開くなどの仕事もあります。

パティシエ

お菓子

ケーキをはじめとしたスウィーツづくりも、ものづくりの1つです。

ケーキやスウィーツは「アート」として展覧会などが開かれることもあるほどものづくりとしての魅力が詰まっています。

ものづくりに加えて、スウィーツを作ることが好きな人には、パティシエという仕事も選択肢に入れてみてください。

ハンドメイド作家

ミシン

今では、フリマアプリなどでハンドメイド作品を売る女性も多くなりました。

それに伴い、ハンドメイド商品の市場価値というのも上がり、1つのオリジナル商品として認められるようになりました。

今では、ハンドメイドであるということがブランド化している面もあります。

ハンドメイド作家はフリーで活動するばかりでなく、ハンドメイドを売りにしている雑貨屋などに就職するという手もあります。

では、ハンドメイド作家というのはどんなものを作るのでしょうか。

具体的に代表的なものを解説していきます。

アクセサリーづくり

ハンドメイド作家の代表格として、アクセサリーを作る仕事があります。

ピアスやイヤリング、ネックレスやヘアアクセサリーなどさまざまなアクセサリーを作ることを仕事としています。

ハンドメイド作品のアイデアによって、普段着に似合うかんざしが出来上がるなど、さまざまなトレンドが生まれています。

アクセサリーは幅広い年齢層の女性に愛されており、その需要がなくなることはないでしょう。

企画次第では、新しいトレンドを作り出すことができるという夢にあふれた職業です。

 

ワンポイント

ハンドメイドでつくったアクセサリーは、個人で販売するだけではありません。

ハンドメイドを売りにしたアクセサリーブランドなど、転職先はたくさんあります。

雑貨・小物づくり

ハンドメイドのボールペン

アクセサリー意外にも、雑貨や小物づくりという職業もあります。

ちょっとしたお財布ポーチなどが代表的な商品です。

そのほか、女性ならではのアイデアで抱っこひもの収納カバーを作るなど、その需要は非常に高いものがあります。

生活において、「こんなものがあったらいいな」と思うものを実際に作る企画をすることができるのです。

そこが、一番雑貨や小物づくりのハンドメイド作家としての楽しさです。

バッグづくり

バッグ作りというハンドメイド作家の仕事もあります。

皮製品などの繊細なものは、ハンドメイドで作ることによってそのクオリティは大きく変わるものです。

また、夏には大流行するかごバッグなどもハンドメイドで作ることによってデザイン性に幅が生まれます。

デザイン性の幅が広く、クオリティも高いものを作れるバッグのハンドメイド作家という仕事もあるのです。

デザイナー

パソコンで絵を描く

ものづくりをするには、まずデザインをする必要があります。

そのため、ものづくりが好きな人というのはデザインをするのにも長けています

デザインセンスというのは、付けようとして簡単に身につけられるスキルではありません。

そのスキルは、トレンドのチェックや他の商品との差別化を考える・予算内で実現させるスキルなどがあります。

それは、デザインセンスだけでなくさまざまなところに波及します。

そのデザインセンスを活かして次のような仕事もおすすめです。

ファッションデザイナー

ものづくりが好きな人は、そのデザインセンスを活かしてファッションデザイナーになるという選択肢もあります。

ものづくりをするにあたって、トレンドやファッションなど総合的なデザインを幅広く考えることになります。

そのスキルは、デザイン界では非常に高く評価され活かしていけるべきスキルだといえるでしょう。

商品のパッケージデザイナー

デザインするのは、ファッション系の者だけではありません。

メーカーなどを相手に、商品のパッケージデザイナーとして働くことも可能です。

パッケージのデザイン一つで売れ行きは大きく変わってきます。

とても重要な役割といっていいでしょう。

ものづくりが好きな人は、このようなパッケージデザイナーの仕事もおすすめします。

商品開発・マーケティング

会議

ものづくりというのは、発想力が豊かでないといけません。

ものづくりをする人はまずは既製品にはないデザインや優れた機能を持っているアイテムを作り出すことを得意とします。

そのスキルを活かして、次のような仕事に就くこともおすすめします。

企業の新しい商品を開発

ものづくりが好きな人におすすめの仕事は、目に見えるものを作る仕事ばかりではありません。

企業の新しい商品を開発するということも、1つのものづくりといえます。

日頃の不便さや期待している改善点からヒントを得てものづくりをしている方は特におすすめです。

 

ワンポイント

「ものづくり」と商品開発やマーケティングは全く別のように思えますが、実は通ずるものがあります。

その豊かな発想力を活かし、開発職に転職するというのも1つの手です。

新しいサービスを開発

ものづくりは、目に見えるものだけではありません。

目に見えないサービスを考えることも、ものづくりの1つです。

サービス業の開発部などに就職し、こういった提案をしていくということも選択肢としてあります。

 

ワンポイント

ものづくりと一言でいっても、さまざまなものがあります。

さまざなものづくりの業種を見てみて、自分に合ったものを選びましょう。

ものづくりの仕事を選ぶポイント

ポイント

ここまで、ものづくりの仕事をたくさん紹介してきました。

考えてみると、さまざまなものづくりの仕事があることを理解していただけたのではないでしょうか。

一言で「ものづくり」といっても目に見えるものから、目に見えないものまでさまざまです。

ものづくりの仕事をしたいと思ったら、まずは自分が何を作りたいのかしっかりと考えましょう。

その方向性を間違えず、自分が本当に作り続けたいと思うものを作る仕事を選ぶことが転職成功のポイントです。

ものづくりの仕事への転職前にしておきたいこと

ノート

では、ものづくりの仕事を選んだら、転職活動を実際に始める前にしておきたいことも紹介します。

転職前にしておきたいことは、大きく分けて以下の2つです。

  • 自分の好きなものづくりのジャンルを見極める
  • 転職に求める条件を明確にする

これをすることで、この先の転職活動が非常にスムーズになります。

面倒なように思えても、まずはしっかりと事前に準備をしましょう。

自分の好きなものづくりのジャンルを見極める

ここまでお伝えしてきたようにものづくりにはいろんなジャンルがあります。

そのため、まずは自分の好きなものづくりのジャンルを見極める必要があります。

自分はどんなものが作りたいのか、どんなものを作る仕事がしたいのかを考えてみましょう。

それが違うと、転職先を間違えてしまうことになります。

まずは自分がものづくりとしてどんなものを作りたいかを考え業種を絞り込みましょう。

転職に求める条件を明確にする

ものづくりが好きだといっても、ものづくりの仕事なら何でもいいというわけではありません。

転職先に求めるものはたくさんあるはずです。

年収・勤務形態や待遇などをはじめとした、転職に求める条件を明確にすることが重要です。

転職活動は長期にわたることも多いです。

それを考えると、転職期間中に転職先の条件に妥協をしてしまうということも多々あります。

ただ、転職先の条件に妥協を許してしまうと、転職を繰り返すことになりかねません

まずはしっかりと転職に求める条件を明確にし、その中でも特に譲れないものをしっかりと洗い出しましょう。

 

ワンポイント
転職活動をスムーズにさせるためにも、この2つの事前準備は必ず行いましょう。

ものづくりの仕事に就きたいと思ったら転職エージェントを活用しよう

転職エージェント

ものづくりの仕事に就くために転職活動をしようと思ったら、まずは転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントに相談することで、希望に合う求人を見つけやすくなります。

また、転職エージェントは意外と面倒な書類の準備や面接対策などもサポートしてくれます。

転職エージェントには非公開求人も多くありますので、まずは転職エージェントを活用するようにしましょう。

 
【無料】パソナキャリアに転職相談する  

まとめ

編み物をする女性

ものづくりが好きな女性は、一度は「これを仕事にできたらいいな」と思ったことがあるのではないでしょうか。

それは決して夢ではありません。

大切なのは、そのものづくりをするにあたって、どんな仕事に活かせるスキルを持っているかを考えることです。

それをしっかりと自分の頭の中で整理し、転職活動を行っていきましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら