おもてなしをすることが好きな女性は多いです。

そんな「おもてなし」を仕事にすることができたら素敵だと思いませんか。

本記事では、おもてなしをすることが好きな人に向いている仕事を紹介します。

女性が転職する際のポイントなども紹介しますので、併せて参考にしてください。

Contents

おもてなしが好きな人に向いている仕事をご紹介

ポイント

普段からホームパーティーや家族の料理を少しでも喜んでもらえるものに工夫するなど、おもてなしが好きな女性は多いです。

ほんの些細な出来事でも、自分がしたことで相手が喜んでくれるならそれが自分の喜びになると感じるのです。

そのホスピタリティは身につけようと思ってもなかなかすぐに身につくものではありません。

つまり、おもてなしの心は生まれ持った才能ともいえます。

そんなおもてなしの心を活かすことができる仕事は、実は世の中にたくさんあります。

仕事でおもてなしをできる業界とは

疑問を感じる女性

まず、おもてなしの心を活かすことができる業界について紹介していきます。

自分の持っているおもてなしの心を活かして転職したいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

接客業

まず、仕事で人におもてなしをする仕事の代表として接客業があります。

接客業を通じて、お客様に最適なものを提案することは最大のおもてなしといえます。

自分の提案でお客様が喜んでくれたり納得してくれたりすることでやりがいも感じやすい職業です。

販売業

おもてなしができる職業として、販売業も挙げられます。

販売業は一見「とにかく商品を売る」というイメージが強いかもしれません。

ですが、そもそも販売するものに対して売る人自身が「いい商品だ」と思っていなければ売ることはできません。

自分が良いものだと思っていることをお客様にすすめ、納得して買っていただくというのはおもてなしといえるでしょう。

おもてなし好きの人だからこそ、伝わる熱意や商品の良さなどがあります。

販売や営業は売る人の人柄を見られることもよくあります。

お客様が「この人は本当に私にこれが良いから勧めている」と感じてもらえることが大切です。

そう感じてもらうには、お客様との信頼関係や日頃からのおもてなしが大切なのです。

サービス業

ものを売るのではなく、サービスを売る仕事というのも、おもてなしが好きな人に向いている職業です。

サービス業は、商品自体は目に見えるものではないため、より一層お客様への配慮や説明、納得感が必要です。

おもてなしが好きな人は、お客様が納得するよう細かく説明したり、何をしたら喜んでもらえるかを考えたりできます。

そういった点で、サービス業にも向いているといえます。

接客業でおもてなしができる仕事

ポイント

では、先に紹介した業界の中でも、まずは接客業でおもてなしができる仕事を紹介します。

お客様とコミュニケーションを取ったり、お客様を喜ばせるパフォーマンスをしたりする仕事です。

常にお客様の笑顔を見ることができ、おもてなしの仕事の喜びを感じられる仕事としておすすめです。

飲食店のホールスタッフ

飲食店の女性

接客業の中でも、飲食店のホールスタッフなどはお客様と触れ合う機会が多くおもてなしをするシーンが多いです。

企業にもよりますが、メニューに悩んでいるお客様へおすすめを提案したり一緒に考えたりすることもできます。

食事というのはどんな人にとっても楽しい時間です。

そんな楽しい時間をより楽しくできるようおもてなしを提供する仕事として、飲食店のホールスタッフがおすすめです。

遊園地などレジャー施設のスタッフ

おもてなしが好きな人には、遊園地やレジャー施設のスタッフもおすすめです。

遊園地やレジャー施設には、マニュアルはもちろんありますがトークなどは基本的に自分の采配で決められることが多いです。

どんな風にお客様を楽しませることができるか、自分次第でできるという点でとてもやりがいのある仕事だといえます。

 

ワンポイント

一言で「おもてなしの仕事」といってもその内容はさまざまです。

自分のスキルや希望に合う仕事をしっかりと考えてみましょう。 

販売業でおもてなしができる仕事

接客をする女性

次に、販売業でおもてなしができる仕事を紹介します。

ものを販売しながら、お客様に最適な提案をすることでおもてなしをするという仕事です。

「あなたのおすすめのこれにして良かった」と言ってもらえることが最大のやりがいになるでしょう。

アパレル店のショップスタッフ

販売業でおもてなしをする女性におすすめの職業として、アパレル店のショップスタッフが挙げられます。

お客様は皆「きれいになりたい」「可愛くなりたい」と思い来店されるわけです。

そこに、トレンドを紹介したり、お客様のタイプに似合うようなものを一緒に考えたりなどたくさんのおもてなしをします。

スーパーのショップスタッフ

スーパーで働く女性

スーパーというのは、人々の生活に欠かせないものです。

品出しやレジ打ち、商品案内などさまざまな業務がありますが、それはどれもお客様へのおもてなしとなっています。

長年主婦をしていると、買うものがルーティンになっていることが多いです。

その反面、商品は日々新しいものが追加され進化しています。

同じ商品ばかり買う人に、新しい商品の良さを提案してみたり新しい商品の違いを説明してみたりするのも一種のおもてなしです。

サービス業でおもてなしができる仕事

ドアを開けるホテルスタッフ

最後に、サービス業でおもてなしができる仕事を紹介していきます。

なにかものを売るわけではなく、サービスを売る仕事ですからまさしく「おもてなしを売る」仕事です。

それには、どんな仕事があるでしょうか。

具体的な仕事を紹介していきます。

ホテルや旅館のスタッフ

ホテルや旅館のスタッフは、いうならばお客様のお世話係です。

そのため、まさしく「おもてなしの仕事」といえます。

お客様が求めていることに応じて、自分で考え行動することが求められます。

そのため、常にお客様の表情や言葉を意識し、何を求めているかを考えておくことが大切です。

そんなおもてなしができれば、お客様にとっては「痒い所に手が届く」存在となり、とても満足してもらえるでしょう。

美容師

笑顔の美容師

美容師もまた、おもてなしをする仕事が好きな人に向いている職業です。

美容室に来るお客様は、イメージが決まりきっていないパターンが意外と多いです。

そうなると、美容師の提案力が試されます。

どんな雰囲気になりたいのか、どんな女性像に憧れているのかなどお客様の嗜好に合わせてメニューを提案するのです。

髪の毛を触ってみて、ダメージが気になればトリートメントを提案したり、予算に合うように提案したりすることが大切です。

お客さんが本当に求めているものを提案し、納得して施術させてもらえるというのは、最高のおもてなしといえます。

おもてなしをする仕事に向いている人の特徴

案内

ここまではおもてなしの心を活かすことができる仕事について紹介してきました。

ここからは、おもてなしの仕事をするのに向いている人の特徴はどんなものがあるでしょうか。

おもてなしの心を活かして仕事をするのに向いている女性の特徴を詳しく紹介していきます。

人が好き

おもてなしをすることが好きな人は当然かもしれませんが、第一に「人が好き」ということが挙げられます。

人が好きで、人の笑顔が好きであるからこそ、おもてなしをしてあげたいと感じるのです。

おもてなしが好きな人は、人と話をしたり人と一緒に何かをしたりすることが大好きな特徴があります。

そのため、仕事も一人で黙々とこなすものではなく、人と触れ合いながらこなしていく仕事を好む傾向があります。

よく気が付く

おもてなしをすることが大好きな女性は、さらによく気が付くということも挙げられます。

特に声に出して言わなくても必要なものを出してくれたり、さっと手伝ってくれたりするというふうに観察力があるのです。

よく気が付く観察力のある女性はおもてなしをする仕事に非常に向いています。

どんなにおもてなしをしてあげたいと心で思っていても、何をしたらいいのか分からないのではスムーズに仕事ができません。

普段から観察力に優れよく気が付く人は、おもてなしの仕事に向いているといえます。

コミュニケーション能力が高い

おもてなしは、時に「ありがた迷惑」と思われてしまうこともあります。

おもてなしになるか、ありがた迷惑になるかを分けるのは「コミュニケーション能力」です。

人は「こうなればいいな」と理想を思っていても、それを人にしてほしいとまでは思ってない場合もあります。

その人の願望と、その人が他人に求めているものは違います。

おもてなし上手な人は、その人との会話から、その違いを見分け自分がしてあげられることは何か判断できる特徴があります。

 

ワンポイント

コミュニケーションや人への気遣いが上手な人は、おもてなしの仕事に向いているといえます。

おもてなしの仕事を選ぶポイントは?

ポイント

では、ここまでさまざまなおもてなしの仕事について紹介してきました。

それらの仕事の中から、あなたにぴったりの仕事を選ぶポイントは以下の二つです。

  • 自分が本当にしたいことはなにか
  • 自分の今までのスキルを活かせる仕事はなにか

いくらおもてなしの仕事であっても、仕事の内容が自分の望むものと違えばそれでは上手くいきません。

自分がしたいと思える仕事をして自分が一番輝いている状態で提供するおもてなしだからこそ、お客様の心に響くのです。

おもてなしの仕事がしたいと思ったら、まずはどんな仕事でおもてなしをするかしっかり考えてみましょう。

 

ワンポイント
自分のスキルと、自分がしたいことをしっかりと考えどのようなおもてなしができるかを考えてみましょう。

転職活動前にしておきたいこと

ノートパソコンとノート

では、具体的な仕事のイメージが就いたところで、転職活動をする前にしておきたいことについても紹介していきます。

やみくもに転職活動をしてしまうと、目的を見失ってしまったり希望と全然違うところに就職してしまったりします。

転職を失敗しないように、転職前に次の3つのことをしておきましょう。

自分はどんなおもてなしがしたいのかを考える

解説してきた通り、おもてなしが好きな人に向いている職業はたくさんあります。

転職活動を始める前に、自分はどんなおもてなしがしたいのかを考えてみましょう。

それによって応募先企業も大きく変わります。

いくらおもてなしが好きでも、仕事内容があまりに自分に向いていない場合また転職を繰り返すことになりかねません。

まずは自分がおもてなしをする仕事の中でも「どんな仕事を通しておもてなしをしたいのか」をしっかり考えましょう。

転職先に求める条件を決める

現職を離職する理由などともからめながら、転職先に求める条件をしっかりと決めましょう。

転職時に気を付けなければならないのは、仕事内容だけではありません。

給与面・待遇・各種制度・立地などさまざまな観点から求人を見ることが必要です。

「これだけは譲れない」という転職先に求めるものは最初にしっかりと決めておきましょう。

 

ワンポイント
自分の転職先に求める条件を最初に決めることで、転職活動がぶれることを防ぐことができます。

自分のスキルを洗い出す

転職前にしたいこととして最後に、自分のスキルを洗い出すことです。

自分にはどんなスキルがあるのか、今までの経験からすべて箇条書きで洗い出してみてください。

そうすることで、今後応募先企業を決める際にそこでどんなスキルを活かすことができるかなど考えやすくなります。

おもてなしの仕事選びに迷ったら転職エージェントを活用しよう

転職エージェント

おもてなしの仕事をしたいと思ったら、まずは転職エージェントに相談をしましょう。

転職エージェントなら、転職希望者の希望や転職先に求める条件を訊きそれにぴったりの求人を探してくれます。

現職がある場合でも、現職をこなしている間に探しておいてくれるためとても効率的に転職活動を行うことができるのです。

意外と大変な応募書類の作成のサポートなども行っています。

転職しようと思ったら、まずは転職エージェントに相談しましょう。

まとめ

ハートをもつ女性

おもてなしの心はとても素敵なものです。

それは、決して誰にでも真似できるようなものではなく1つの大きな強みです。

仕事を通して多くの人たちへのおもてなしをすることで笑顔をもらうと、自分自身も元気になります。

今回紹介してきた仕事の内容や、ポイントを意識しながら転職エージェントと二人三脚で転職活動を頑張ってください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら