テレビ業界で働いている女性はかっこいいイメージがありますが、実は転職を考えている女性が多いのが事実です。

テレビ業界の仕事はやりがいが大きい分、その激務さに耐え兼ねたりワークライフバランスが取れなかったりします。

本記事では、そんなテレビ業界で働く女性の転職について詳しく解説していきます。

Contents

テレビ業界から転職を希望する女性は多い

忙しいビジネスウーマン

テレビ業界は華がありかっこよく仕事をこなしているイメージがあります。

もちろんそれは事実ですが、その裏にはたくさんの苦労があります。

大変な仕事な分、やりがいが大きいという面で仕事に尽くしてはいますがその中で転職を考える女性は少なくありません。

テレビ業界から転職したい理由は?

悩む女性

では、テレビ業界で働く女性が転職したい理由とは具体的に何なのでしょうか。

その具体的な理由を見てみましょう。

仕事が激務

テレビ業界の仕事はとにかく激務です。

配属される部署にもよりますが、中には泊りで仕事をしなければ期日に間に合わないというケースも少なくありません。

帰宅してからも作業をしたり次の仕事の段取りを組んだりと気が休まらないこともおおいです。

そんなテレビ業界で働いていると、体力を回復させることができないまま日々を過ごしている女性はたくさんいるのです。

それでは疲れがたまってしまう一方で、将来性を考え離職を選ぶ女性が増えています。

女性にとってキャリアプランが立てづらい

テレビ業界の仕事は、女性にとってキャリアプランが立てづらいという面があります。

まず、激務であることからキャリアアップのことまで考えづらいという点が挙げられます。

そのほか、10年選手として活躍できるようになったころに結婚や妊娠などのライフイベントを迎える女性が多いです。

一般企業であれば、妊娠・出産に伴い適宜休暇を取れたりするかもしれませんが、テレビ業界は休暇を取りにくいのです。

テレビは毎日24時間埋まっていますから、番組は数多くあります。

そんな中で働きながらライフイベントをこなしていくというのは女性にとって、大変難しいのです。

人間関係

テレビ業界の仕事は、たくさんの人とコミュニケーションを取ります。

ディレクター、出演者、大道具や照明など有名な仕事だけをあげても沢山います。

テレビ業界の仕事はたくさんの人にいろんなことを確認しながら仕事を進めていかなければなりません。

それが必ずしもいつもスムーズに行くとは限らず、他の職員も激務に追われ話しかけるだけでも気を遣うという気苦労があります。

気を遣いながら多くの人と確認したり、調整を行ったりするとストレスが溜まり心身に影響を及ぼすことも少なくありません。

 

ワンポイント
さまざまな理由からテレビ業界での仕事に疲れてしまっている女性が多くいるのが実態です。

テレビ業界で身につけたスキル

パソコンを触る女性

テレビ業界で働くにはさまざまなスキルが必要です。

日々必死で働いている中で、自分でも気づいていないようなスキルを身につけていることもよくあります。

ここからは、テレビ業界で身につけたスキルを紹介していきます。

企画力

テレビ業界では常に番組の内容や新番組の企画、特番の企画などを行っています。

そのため、テレビ業界で働いていると企画力というスキルが身につきます。

単に「こんなことをしたい」というだけではありません。

それを実際に実現するためのコストをはじめとしたさまざまな調整ごともできるようになります。

その企画は非常に実現性が高く、一般企業などでの企画の仕事にも必ず活かすことができます。

任務遂行力

パソコンを持つキャリアウーマン

テレビ業界の仕事は、基本的に納期に間に合わないということは許されません。

「放送日に映像の準備が間に合いませんでした」ということは許されない世界でずっと働くわけです。

日々そういったプレッシャーを背負いながら仕事を進めることで任務遂行力が身についているはずです。

納期に間に合わせるにはどうすればいいか、効率よくできるのかなど自然に自分で考える働き方が身についています。

これはテレビ業界に限らず、あらゆる仕事をこなす中で必ず必要なスキルです。

編集ソフトを使うスキル

テレビ業界で働いていると、動画や画像の編集ソフトの使用は必須です。

プロが使う編集ソフトを使いこなせるというのは、転職において大きな強みとなります。

今では映像を編集する仕事はたくさんあるため、他の仕事に活用することは十分可能です。

このスキルを活かして、動画編集や画像編集の仕事を探すことも出来ます。

臨機応変な対応力

テレビ業界では、生放送中のトラブルや急遽変更することなどがときどきあります。

ニュース速報だったり、災害などで番組の内容を変更してお伝えしたりなど、突然対応をしなければならいことが起こります。

そういった場合でも慌てず、最善の方法でしっかりと成功に導くスキルというのが身についています。

どんな業界でも、臨機応変に対応することはとても大切です。

テレビ業界で働いていると、臨機応変さに加えてスピーディーさも身についているのでこれもまた大きな強みになるでしょう。

 

ワンポイント
テレビ業界で忙しく働いていると気づかないこともありますが、実はさまざまなスキルを身につけています。転職活動をする際にはしっかり自分のスキルを洗い出してみましょう。

テレビ業界から転職する前に準備したいこと

パソコンとノート

では、実際にテレビ業界から転職しようと思ったらなにから始めればいいのでしょうか。

準備もなしにいきなり離職してしまうと、なかなか思うように転職活動は進められません。

転職しようとおもったら、まずどんなことをしたらいいのか解説していきます。

自分のスキルを洗い出す

まずはしっかりと自分のスキルを洗い出してみましょう。

自分は今まで働いてきてどんなスキルを身につけてきたのでしょうか。

ノートなどに箇条書きでかいてみることをおすすめします。

自分のスキルとそれにまつわる具体的なエピソードなどを考えてみましょう。

転職先に求めることを明確にする

転職をする場合には、転職の条件を明確にしましょう。

これもできれば紙に書いておくなどして、あとから忘れてしまわないようにしましょう。

転職活動は、すぐに決まることもあれば長期間にわたる場合もあります。

長期間にわたって転職活動をしていると、条件に合わない企業で妥協してしまうことがあります。

ですが、そうなってしまうと転職先企業でも思ったように働けず、また転職を繰り返してしまうことになります。

それを防ぐためにも、きちんと転職先に求めることは最初に洗い出し、転職期間中忘れないようにしましょう。

テレビ業界から未経験の異業種へ転職は可能?

疑問に思う女性

ここまで、テレビ業界で身につけたスキルをたくさん紹介してきました。

自分のスキルを洗い出してみると意外と他の業種にも活かせるようなスキルがたくさんあると気づくはずです。

テレビ業界で培ったスキルというのは、決して無駄ではなくテレビ業界以外にも十分通用します。

そのスキルを異業種の仕事にもどのように活かしていくかをしっかり考え、アピールすることが大切です。

それ次第で異業種に転職することは十分に可能であり、以前以上に活躍することも期待できます。

テレビ業界から転職するときのおすすめの職種

ポイント

では、ここまでテレビ業界から転職する事前準備などを紹介してきました。

実際に転職する場合、どんな職種がいいでしょうか。

これまで紹介してきたスキルを活かせるようなおすすめの職種を紹介していきます。

企画職

先ほども紹介した通り、テレビ業界で働いていると企画力がつきます。

その企画力を活かして、企画職につくのがおすすめです。

テレビ業界での企画は、コストから演者のスケジュール調整、放送の時間帯決めなどさまざまな観点からの決め事があります。

そのため非常に視野が広く、企画を実現するために何が必要かを洗い出すことができるのです。

テレビ業界で働いている女性は、企画職に向いているといえます。

映像編集

テレビ業界で培った映像編集の技術を使って、映像編集専門の仕事につくのもいいでしょう。

今ではテレビだけでなく、YouTubeをはじめとしたさまざまなツールで映像が使われています。

人気な演者であれば映像編集を企業に委託していたりしますので、この仕事の需要は増える一方です。

 

ワンポイント
さまざまなSNSが普及し、スマホで動画がいつでも見られる時代となった今では、動画の編集技術は非常に重宝されるスキルです。

企業の広告や宣伝

テレビ業界での仕事は、番組のCMや告知などそれをいかに宣伝するかということも仕事に含まれます。

そういったスキルは、企業の広告や宣伝の仕事にも応用することができます。

一般企業の広報部などに就職すると、今までのスキルを活かして活躍出来るでしょう。

YouTubeなどの動画クリエイター

動画を取りながら料理をする女性

先ほど解説したような、YouTubeの動画編集ではなく、企画から行う「動画クリエイター」もおすすめです。

何度もお伝えしていますが、テレビ業界で働いている女性は企画力もあります。

YouTubeなどの動画では、「まずどんな企画をするか」というところから始まり、動画編集に終わります。

テレビ業界で働いているとそのすべてのスキルが身についているわけです。

そのため、YouTubeなどの動画クリエイターは、テレビ業界で働いている女性にとって向いている仕事といえます。

テレビ業界から転職する際の面接対策

サポート

テレビ業界から転職する際、書面審査を通過することができれば次は面接が待っています。

面接対策として、気を付けたいことも紹介します。

面接でアピールしたいことは、主に以下の3つです。

  • 自分の培ってきたスキル
  • 持っているスキルがどう応募先企業での仕事に活かせるか
  • 応募先企業で実現したいこと

これらのことは、応募先企業の担当者が一番知りたいことです。

より具体的に話ができるように、仕事中のエピソードなども交えながら話ができるようにしましょう。

具体的なエピソードを添えることで相手もイメージが沸きやすくなります。

「この人が入社したらこんな風に働いてくれるだろう」と期待をしてもらえることが転職成功のカギです。

 

ワンポイント
面接では、一方的にアピールするのではなく言葉のキャッチボールを大切にしましょう。ただし、よく聞かれがちなことについてはすぐに答えられるよう準備しておきましょう。

テレビ業界から転職する際に気を付けたいこと

ポイント

では、つぎにテレビ業界から転職する際に気を付けたいことも紹介します。

転職する際にはこれから紹介する2つのことを意識していきましょう。

自分のスキルをしっかりアピールする

テレビ業界で働いているといっても、一般企業の人からすればどこまでスキルを身につけているかはわかりづらいです。

どんな仕事を分担して働いているかのイメージも付きにくい業界です。

そのため転職活動の際には、しっかりと自分のスキルをアピールするようにしましょう。

具体的なエピソードを交えながらいかに自分にスキルがあるかをアピールすることが転職成功の秘訣です。

転職理由はネガティブな表現にしない

転職理由はどうしても愚痴っぽくなったり、ネガティブな内容になったりしがちです。

ですが、応募先企業に伝える場合の転職理由はネガティブな表現は避けましょう。

「自分はスキルアップのために転職するんだ」という意思をアピールすることが大切です。

テレビ業界から転職する際のポイント

ポイント

テレビ業界から転職する方法について詳しく説明してきました。

テレビ業界から転職する際のポイントとして、転職のタイミングをしっかり考えましょう。

テレビ業界で働いている間は、激務なこともありなかなか転職活動に時間が割けない場合もあると思います。

ある程度の貯蓄がある場合、一度離職してから転職活動に専念するという方法もあります。

ただし、転職活動の期間がどれくらいかかるかによっても変わってくるため、しっかりとプランを練る必要があるのです。

貯蓄やブランク期間に不安がある場合は、大変ではありますが現職を続けながら転職活動をすることも出来ます。

テレビ業界からの転職に困ったら転職エージェントを活用しよう

転職エージェント

繰り返しになりますが、テレビ業界から転職する際に現職を続けながら活動するのはとても大変です。

自分で求人を探し、必要な書類を準備したり面接の対策をしたりするのはかなりの労力を使うでしょう。

転職を考えたら、まずは転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントを活用することで、効率的に転職活動を行うことができます。

転職エージェントは転職希望者が働いている間に求人情報を探してくれたり、書類の作成のサポートをしてくれたりします。

テレビ業界から転職しようと思ったら、まずは転職エージェントに相談しましょう。

その際、離職してから活動をするべきか、離職せずに活動するかも相談してみてください。

まとめ

女性、仕事

テレビ業界の仕事はやりがいが大きい反面、とても忙しい職業です。

ライフイベントが多くワークライフバランスを取るのが難しい女性にとって、なかなか続けにくいという面があります。

今後のキャリアのことなどさまざまな面から転職を希望する女性は多くいます。

テレビ業界からの転職を考えたら、まずは転職エージェントに相談しあなたにぴったりの仕事を探してみましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら