食品メーカーで働いている女性の中で、転職を希望する人は少なくありません。

食品メーカーの配属された部署によってはノルマがあったりさまざまなスキルを求められたりします。

本記事では、食品メーカーから転職する方法を詳しく解説していきます。

おすすめの職種などもあわせて紹介しますので、参考にしてください。

Contents

食品メーカーを辞めたい女性は多い

悩む女性

冒頭に申し上げた通り、食品メーカーを辞めたい女性は意外と多いです。

食品メーカーと一言でいっても、開発・製造・営業などさまざまな部門があります。

それらどれをとっても、決して簡単な仕事ではなく「自分には向いていない」「辞めたい」と感じてしまうのです。

食品メーカーを辞めたい理由

悩み

では、女性が食品メーカーを辞めたいと感じる理由について詳しく紹介していきます。

その理由は大きく分けて3つです。

  • 拘束時間が長い
  • ノルマがつらい
  • 人間関係

1つずつ詳しく解説していきます。

拘束時間が長い

食品メーカーで働く女性の多くが「拘束時間が長い」という理由で転職を希望しています。

食品メーカーの中でも、営業の仕事に就いた場合などは先方との都合によっては残業が確定することもあるのです。

開発などの場合でも納期や業務量の多さから残業が多くなってしまい、ワークライフバランスが取れないという悩みがあります。

女性は特に、結婚や妊娠・出産などのライフイベントなど仕事といかにバランスをとっていくかが難しいです。

だからこそ、先を見越して拘束時間の長い食品メーカーの仕事から離職したいと考える女性が多いのです。

ノルマがつらい

営業の仕事についた場合、多くのケースでノルマが課せられます

食品メーカーの営業先はそれぞれ企業によって異なりますが、営業の仕事はどこも簡単ではありません。

大手スーパーに自社商品を置いてほしい、施設などのご飯に自社商品を使ってほしいなど営業の内容はさまざまです。

必死の思いでノルマを達成しても、また次の月にはノルマ達成を目指して働く日々が来ます。

そんな月の繰り返しに疲れてしまい転職を希望する女性が多いのです。

人間関係

食品メーカーに限らず、さまざまな業界で人間関係が原因で離職するという人は決して少なくありません。

ただ、仕事が忙しかったりノルマ制で社員同士競うような職場環境だったりすると余計に人間関係がギスギスしがちです。

人間関係がギスギスしてしまうと、本来必要ないストレスを受けることになります。

ストレスがたまりすぎると、心身ともに影響を及ぼしてしまうこともあります。

「このまま続けていると自分が心身ともに崩れてしまう」と判断し早めに離職する女性が多いのです。

 

ワンポイント

これらの紹介したものは我慢すると、ストレスが大きくかかります。

そのため心身ともに疲弊しきってしまう前に転職を希望する女性が多いのです。

食品メーカー経験の強み

ガッツポーズ

では、食品メーカーに勤めている女性ならではの強みとはどんなものがあるのでしょうか。

それは次の転職で自己PRになったり、次の転職先を探すカギになったりします。

自分では意外と分からないかもしれませんが、食品メーカー勤務で培ってきたスキルを考えてみましょう。

主にはこれから紹介する3つのことがあります。

営業力

食品メーカーの営業についていた女性は、もちろんですが営業力を次の仕事に活かすことができます。

食品メーカーの営業は先にも解説したとおりさまざまな営業先があります。

多岐に渡る調整や準備ごと営業の話法などを考える必要があることを考えるとその営業スキルはとても高いです。

顧客対応力

電話をする女性

食品メーカーで働いていると、営業先だけでなくお客様からの問い合わせなどもあります。

そのため、営業力だけでなく顧客対応力もあるといっていいでしょう。

ときには顧客からのクレーム対応を行うこともあります。

クレームに対する解決策の提案や、お客様に納得していただく話法などその顧客対応力を必要とする仕事はたくさんあります。

そのため、それらのスキルを活かしせる求人はたくさんあるのです。

食品や業界用語に関する専門知識

食品メーカーで勤めていると業界用語や関連する専門知識が身につきます。

それらの知識を活かし、同業界で働くことも可能です。

その場合、即戦力になりやすく転職先での早めのキャリアアップも夢ではありません。

業界用語や専門知識は、入社してすぐの時期に誰もが最初に苦戦することでもあります。

それを考えると、既にその知識があるということは他の転職者よりも1歩先にいることになるため転職に有利といえます。

 

ワンポイント
食品メーカーで勤務した経験は、さまざまな業界に通用するスキルがたくさんあります。

食品メーカーから転職する前にしておきたいこと

ノートを見て考える

ここからは、食品メーカーから転職しようと決めたときに事前にしておきたいことも紹介します。

この事前準備があるかないかで転職活動のスムーズさが大きく変わります。

行き当たりばったりにならないように、これから紹介する3つのことを早めに実行してみてください。

自己分析をする

まずはしっかりと自己分析を行いましょう。

自己分析で考えることとして主に以下のことを考えてみましょう。

  • 自分の一番の強み
  • 自分の弱み
  • 弱みをどう克服していくのか

自分としっかり向き合い、これらのことを考えてみましょう。

これらを考えて整理しておくだけでも、後々書類作成や面接で役に立ちます。

転職先の企業を研究する

パソコンとノートとペン

自分が働きたいと思える転職先が決まったら、そこの企業を徹底的に研究しましょう。

企業理念はどんな内容なのか、社風や社員の平均年齢・中途採用者の割合なども見てみてください。

中途採用などで転職した人がキャリアアップしたり活躍したりしている会社もたくさんあります。

企業の求人情報をみるだけでなく、企業の公式ホームページを覗いてみて企業研究をしましょう。

 

ワンポイント

企業によって、転職者に求めるものは違います。

企業が転職者に何を求めているのか・どんな人材を探しているのか調べてみましょう。

転職先にスキルをどう活かせるか考える

企業研究ができたら、次は自分のもっているスキルが転職先企業でどう活かせるかを考えましょう。

転職活動は、自分がいかに転職先企業に貢献することができるかということをアピールできるかが成功のカギです。

できるだけ具体的な内容やエピソードを交え、採用担当者の目に留まるように心がけましょう。

食品メーカーのスキルを活かせる転職先

ガッツポーズをする女性

食品メーカーのスキルを活かせる転職先といえば、以下のような転職先があります。

  • 医薬品メーカー
  • 化粧品メーカー
  • 医療機器メーカー

これらの企業は、一見食品メーカーとは全く関係がないように思えます。

ですが、1つのものを研究し作り上げ、治験を繰り返し完成させる・それを営業するという意味では共通点があります。

企業全体としての業務の流れが似ている企業の場合、新しい企業でも仕事のイメージがつきやすいです。

自分の仕事の工程以外の部分を知ることができれば、自分がどういうふうに仕事をするべきかどうかもよく分かります。

先の仕事を見越して自分が仕事をするという先を見越した業務の姿勢は、高い評価につながるでしょう。

女性が食品メーカーから転職するパターン

ポイント

では、実際のところ女性が食品メーカーから転職するパターンはどのようなケースが多いのでしょうか。

よくあるパターンとして3つ紹介していきます。

同じ業界で違う会社に入社する

まずは、同じ業界で違う会社に入社するというパターンです。

一言で食品メーカーといっても企業やその企業の規模によって全く異なります。

同じ業界といっても、仕事内容だけでなく職場の雰囲気も全く違うものです。

そこで今まで培ってきた知識を活かすために同業種で働くという手段もあるのです。

その場合、即戦力になりやすいというメリットがあります。

ただし、逆にしっかりと転職先を見極めないとまた同じ理由で転職を希望することになりかねません。

転職を繰り返すことになると、自分自身も落ち着かず不安な状態が続いてしまうため、転職先企業はしっかりと選びましょう。

業界を変える

先で解説した通り、食品メーカーでの勤務経験はさまざまなスキルが身についています。

そのため、新しい業界に挑戦することも可能です。

繰り返しになりますが、全く畑違いの業界でも活かせるスキルはたくさんあります。

大切なのは、持っているスキルをどう活かすかをイメージして業界を選ぶことです。

自分の持っているスキルや自分のやりたい仕事をイメージし新しい業界にチャレンジすることもいいでしょう。

経験やスキルを活かせる職に就く

握手する女性

業界ベースで考えるのではなく、自分の経験やスキルなどから考える方法もあります。

例えば、営業が好きだと思えば営業職を選んだり、接客がすきなら販売職を選んだりとさまざまな選択肢があります。

自分の持っている経験やスキルの中で、今後も磨いていきたいスキルはなんでしょうか。

どんな仕事で自分が輝いていきたいのか、それを考えて転職先を選ぶのもいいでしょう。

食品メーカーから転職する女性におすすめの職種

ポイント

では、食品メーカーから転職する女性にはどんな職種がおすすめなのでしょうか。

具体的には、以下のような職種が挙げられます。

  • 営業職
  • 開発職
  • 事務職

現職が営業の場合、営業の仕事自体が嫌いでなければ、次の仕事も営業職というのはとてもいい選択です。

営業はノルマなどがあり大変な面が多いですが、その代わりに自分の成果が目で見て分かりやすくやりがいのある仕事です。

また、食品メーカーで営業などをしていた際「こんな商品があったらいいのに」と考えたことが一度はあるでしょう。

そういった経験を活かし、開発職にチャレンジするのもおすすめです。

事務職は、転職先の企業にもよりますが比較的自分の裁量で仕事を進めやすい職業となっています。

休みが取れやすい、体力仕事ではないなどの特徴があり女性にとってワークライフバランスの取れやすい仕事として人気です。

食品メーカーからの転職を成功させるポイント

ポイント

では、ここからは食品メーカーからの転職を成功させるポイントを紹介します。

転職活動をする際には、これから紹介する3つのことを意識してみてください。

やみくもに興味のある企業に申し込むのではなく、しっかりと転職成功のポイントを抑えていきましょう。

転職の目的を明確にする

まずは、転職の目的をしっかりと明確に持ちましょう。

できればあらかじめメモにしておくことをおすすめします。

転職期間は短く済む場合もありますが、長期間にわたるケースも少なくありません。

そんな中では「転職先が決まらないしこの企業でいいか」と妥協してしまうこともあります。

そうなればまた新しい企業先で仕事に満足できず、転職を繰り返すことになってしまいかねません。

長い転職期間の中でも転職の目的がぶれないよう、明確にしたうえでメモにしておきましょう。

 

ワンポイント
 長い転職期間の中で、転職の目的を忘れてしまわないように自分なりに工夫しましょう。

自分の持っているスキルを洗い出す

先でも伝えましたが、自分の持っているスキルを洗い出してみましょう。

まずは箇条書きで洗い出してみると頭の整理がつきやすいです。

そのあとは、それぞれのスキルがあることを証明するような具体的なエピソードや成功体験を考えてみてください。

面接や自己PRの時に必ず役に立ちます。

面接で経験やスキルをアピールする

面接をする女性

転職を成功させるための最大のポイントは、面接でしっかりと自分の経験やスキルをアピールすることです。

それも、出来るだけ具体的な内容で伝えることで、採用担当者も入社後のイメージが沸きやすくなります。

「この人は入社したらこんな風に活躍してくれるだろう」と思ってもらえるようなアピールができるよう考えてみましょう。

食品メーカーからの転職は転職エージェントを活用しよう

女性,スーツ,ビジネス

食品メーカーから転職したいとおもったら、まずは転職エージェントに登録しましょう。

転職エージェントに相談することで現職をこなしながら効率的に転職活動を行うことができます。

希望にあった求人を探したり、意外と大変な書類作成のサポートなども受けたりすることが可能です。

食品メーカーから転職を考えたら、まずは転職エージェントに相談しましょう。

まとめ

外で電話する女性

食品メーカーは、大手メーカーであっても「辞めたい」と感じる女性が多いほど、大変な部分が大きい仕事です。

その分やりがいは大きいものの、転職をしたいと考える女性は多いです。

食品メーカー勤務で培ってきたものというのは、自分が思っている以上に大きく他の職種で活かせるものがたくさんあります。

食品メーカーでの勤務経験がある女性ならではのスキルを活かし、希望の転職先を見つけましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら