大音量・大画面の映画館で映画を観ると日常を忘れられるから好きという人の話をよく耳にします。

映画の宣伝を見るだけでも違う世界を垣間見るようで、一瞬手を止めて見入ってしまうこともあるでしょう。

映画はとても身近な娯楽として多くの人に親しまれており、一度は映画業界に憧れた経験がある人は多いのではないでしょうか?

それでは映画業界とはどのようなものなのか、就職するにはどのように活動したら良いかなどをご紹介していきましょう。

Contents

映画業界の志望動機の書き方を解説

解説する女性

映画業界はエンターテイメントを提供する業界なので、志望動機は映画業界に対する思いを伝える内容であることが好ましいです。

一般企業は必ずしも応募企業の製品やサービスの大ファンであるとは限りません。

企業理念・活動・将来性など、どちらかというと業界よりも企業に対する理解度を高めることが必要です。

しかし映画業界で働くには映画が好きであることが大前提になります。

他の応募者と差別化できるような映画業界に対する思いを準備しておくと良いでしょう。

志望動機を書く前のポイント

チップ

映画業界への就職を考えた場合、複数の企業に応募することになります。

もちろんピンポイントで一社のみに応募も可能ですが、映画業界で働くことが第一の希望であれば複数の企業への応募がおすすめです。

志望動機を書き始める前に準備したいポイントについてご説明します。

自己分析を徹底しよう

映画業界に限りませんが、志望動機を書く前に徹底的に自己分析をします。

自己分析をすることで志望動機のみでなく自分の強味や弱味、今後どのように成長したいかなどを認識することができます。

まずは箇条書きでポイントをおさえ、それぞれの項目についてなぜそう思うのかを書き出していくと良いでしょう。

  • 職歴
  • 業種
  • 担当業務
  • 必要なスキル
  • 達成したこと
  • 達成できなかったこと
  • 一番好きな仕事
  • 苦手な仕事
  • 同僚などによる自分の描写

第三者が自分のことをどういう風に見ているかを聞いてみると強味や弱味に繋がる内容を認識できることが多いです。

面接などでも他者からの評価について質問されることがありますので、周囲の言葉にも耳を傾けておくと良いでしょう。

応募企業を研究しよう

ノートパソコンを操作する女性

志望動機は業界および企業への就職意欲を伝える機会です。

映画が好きだけでは就職まで結びつけることは非常に難しくなりますので、応募する企業についてはしっかり研究する必要があります。

企業のホームページや作品などを読み込み、自分の視点を持ちつつ企業の方針をまとめておきましょう。

 

ワンポイント
 志望動機の作成は自分を知ることから。徹底的に自己分析を行うことが鍵。

好印象を与えるポイント

笑顔

映画関連の仕事は多岐に渡りますが、業界自体はあまり広くありません。

映画業界に就職するために必要な資格もないため、誰でも挑戦できる業界であるといえるでしょう。

様々な職種で募集はありますが、採用人数が限られているため複数の中から選ばれる必要があります。

採用担当者の記憶に残る好印象を与えるポイントについてご紹介します。

なぜその企業なのかを明確にしよう

映画業界は大きく3つに分けられます。

  • 映画製作会社
  • 映画配給会社
  • 映画興行会社

一口に映画業界といっても3つとも手がけている大手企業から、小さな制作会社まで様々です。

やりたいことがある企業の募集をみつけたら、募集職種に限らず応募した方が良いでしょう。

最初から希望する職種に就けなかったとしても、将来的に異動を視野に入れることができます。

外部採用なしの職種もありますので、職種に拘り過ぎると機会を逃す可能性あるので注意が必要です。

希望する職種がない企業でも募集基準に達しており、異業種からの転職になる場合は挑戦することをおすすめします。

中途採用は経験者を対象としているケースが多いため、映画業界へ入ってしまう方がその後の経歴として有利です。

いずれにしても就職後の活躍できることを示すため、企業が求めている人物像を理解する必要があります。

入社後のミスマッチを避けるためにも、なぜその企業で働きたいのかを明確にしておきましょう。

自分らしさをアピールしよう

日本人キャリアウーマンのポートレート3

企業には多かれ少なかれカルチャーがあります。

一般的な企業イメージや企業のホームページで語られている内容にも社風はあらわれています。

しかしこれらはあくまで表向きのイメージであり、社内の雰囲気などを実際に確認できる機会はほとんどありません。

企業イメージに合わせた自分を演出すると、入社後のギャップに悩む可能性があります。

企業に合わせるのではなく、自分を知ってもらうための機会ととらえ自分らしさをアピールした方が良いでしょう。

もちろんアピールする部分は企業が募集している人物像に沿った内容であることが大切です。

アピールポイントを見つけ出すためにも、自己分析を徹底的に行うことが必要です。

アルバイト経験があれば記載しよう

映画業界というとすぐに思い浮かぶのは映画制作や配給会社の仕事ですが、実はアルバイトなどで携わった経験がある人は意外と多いです。

イベントや映画館でのアルバイトも映画業界の仕事に含まれます。

少しでも関連する仕事の経験がある場合はアルバイトでも何らかの形でアピール材料にしましょう。

映画業界ならではの志望動機のポイント

パソコンに向かう女性

志望動機には業界・業種についての内容を盛り込むことが必要です。

業種は様々なので映画業界特有の仕事もあれば、経理や総務のように他業種でも一般的な仕事があります。

たとえ一般的な仕事での応募であったとしても、映画業界を志望する理由を必ず記載します。

映画を客観的な視点から捉えよう

映画業界に興味を持っている人の大半は映画が好きな人です。

映画はエンターテイメントですが、映画業界はビジネスとしての場になります。

映画業界に興味を持ったきっかけとして志望動機に映画の話を取り入れることは全く問題ありません。

しかし残念ながらただ好きな映画について語るだけでは志望動機にはなりません。

制作会社希望であれば制作の観点から、配給会社希望の場合は興行成績の観点からというように客観的な視点をもちましょう。

映画を楽しむことも大切ですが、楽しみを提供する立場になることを常に念頭におくことが重要です。

映画の仕事内容を把握しておこう

実際に志望する職種については募集要項をよく確認し仕事の内容を理解しておく必要があります。

挑戦したいという気持ちはとても大切ですが、気持ちだけで採用に繋げるのは難しいでしょう。

企業は志望動機から応募者が入社後どのように活躍できるかを見極めようとしています。

募集職種で期待されていることを理解するためにも、仕事内容を把握しておきましょう。

また経験がない職種でも仕事の内容には何らかの共通点があることが多いです。

例えばプロジェクトへの参加や管理などは比較的どのような業界・企業でも期待される経験です。

異業種からの転職になる場合は自己分析で棚卸した過去の経験や強味が活かせる部分を募集職種に置き換えてみると良いでしょう。

 

ワンポイント
 志望動機は自分が会社に貢献できることを意識して作成。映画をエンターテイメントではなくビジネスとしてとらえることが必要。

映画業界の志望動機の例文

筆記

それでは志望動機に盛り込むべきポイントとあわせて志望動機の例をご紹介しましょう。

映画業界未経験でも応募職種は経験がある、あるいは類似職種の経験がある場合と業界経験者で未経験職種などパターンは様々です。

どのような場合でも志望動機には映画業界を志望する理由、活かせる経験、なぜその企業なのかを説明するようにしましょう。

業界未経験・経験職種の場合

「映画好きの両親の影響で子供のころからさまざまジャンルの映画を観る機会に恵まれておりました。

現職は〇〇会社で経理部に所属しており、今回貴社の経理部募集を知り是非挑戦したく応募いたしました。

映画配給会社は海外との取引も多く経理としても柔軟な対応が要求されると考えております。

現職は外資系企業のため海外の経理とのやり取りなど現職の経験を十分に活かすことができると確信しております。」

映画業界特有の職種への応募ではなく一般企業での経験を活かせる職種の場合は即戦力であることをアピールしましょう。

業界経験者・未経験職種の場合

「〇〇映画館にアルバイトとして勤務しておりスタッフ管理もまかされております。

学生の時に△△を映画館で鑑賞して以来、映画が大好きで毎月1回は映画館に足を運んでおりました。

現在はアルバイト勤務ですが今回貴社の募集を知り是非社員として挑戦したく応募致しました。

私自身学生時代は映像部に所属し学校のPR映像制作にも挑戦しており、日本の美を世界に配信することが夢です。

邦画に特に力を入れられている貴社で是非邦画の魅力を国内外に配信して活きたいと考えております。」

映画興行会社は他の業種と比較すると求人も多く、アルバイトでも業界を経験していれば社員への道は開ける可能性大です。

業界未経験・未経験職種の場合

「現職は〇〇にてマーケティング部に所属しております。

いかにターゲットにリーチすべきか創意工夫の日々を送る中、ターゲットが特定層のため物足りなさを感じるようになりました。

映画配給の仕事は興行的な当たり外れと同時に、評価の高い低いというもう一つ基準があるところに難しさと魅力を感じております。

また私は学生時代、映像部に所属しており映像制作には以前から興味を持っておりました。

子供の頃に観た△△という映画が大好きで今でも定期的に鑑賞しており、映画業界に調整するならば御社と決めておりました。」

異業種での経験を活かしながら採用後に何をしたいかを伝えると良いでしょう。

映画業界の志望動機のNG例文

NG例

それでは次に志望動機としてNGの例もご紹介します。

思いを伝えることは重要ですが一方的な主張になることや好きな映画の内容を語ることは避けた方が良いでしょう。

映画が好きなことがメインになっている

「両親が映画好きで幼少の頃から映画は映画館で観て育ちました。

今では両親よりも映画好きになり、気になる映画は必ず映画館で観ることをモットーにしております。

観客として映画館は熟知しており客観的な目線で貴社の業務に臨める自信があります。」

意欲は伝わりますが入社後のビジョンやなぜその企業なのかが語られておらず、残念ながら採用担当者の印象に残りにくいです。

業界や企業に関する研究が足りない

考える女性

「現職では経理部に所属しており現在は売掛金管理を担当しております。

経理業務に関してはバックアップなどにより一通り経験しており、どのような企業でも通用すると自負しております。

海外の企業とも取引経験があり、貴社の業務でも即戦力として活躍したく応募いたしました。」

経験は十分であることが主張できていますが、どの企業でも良いような印象を与えます。

業界を問わず活躍できる経理は即戦力をアピールできますが、業界・企業に対する志望理由は必ず入れましょう。

NG例にならないためには

繰り返しになりますがNGにならないためには映画業界・応募企業への熱い思いを伝えてください。

映画業界は募集自体があまり多くありませんが、応募者は非常に多い傾向があります。

どの業界・企業でも通用するような一般的な内容では、採用担当者の印象に残ることは難しくなります。

採用担当者が会ってみたい、話を聞きたいと思わせるような内容になっているか転職エージェントに添削してもらうと良いでしょう。

 

ワンポイント
 志望動機は採用担当者へのアピール。自己主張にならないように注意が必要。

面接対策をしっかりしよう

心をこめる女性

面接についてもしっかり対策することが大切です。

面接では志望動機に書かれた内容が深堀されると考えられます。

映画業界は特定の業種を除き、ルーティンワークというよりはプロジェクト単位の仕事が多くなります。

常に様々な人と調整や関係を築く必要があるためコミュニケーション能力が必須です。

面接はコミュニケーション能力を確認する絶好の機会になるため、身だしなみに気を付けて笑顔を心掛けて臨みましょう。

 

ワンポイント
 面接はポジティブな雰囲気で、笑顔のコミュニケーションを心がける。

志望動機を書くのに困った場合は?

指さしする女性

志望動機が書けない理由の多くは自己分析不足や業界・企業研究不足が考えられます。

応募しようと考えた時点でその企業に対する興味がわいていることになります。

何に興味があり、その仕事に就いたら何ができるかあるいは何をやりたいのかを書き出してみましょう。

その結果と自己分析内容を照らし合わせ志望動機に繋げることができます。

映画業界の志望動機に困った場合は転職エージェントに相談しよう

スーツ姿の男女

映画業界に就職するために必要な資格がないため、職種や業種を選ばなければハードルはあまり高くないといえるでしょう。

希望している仕事がある場合は特定の企業を目指す必要がありますが、募集に対して常にアンテナをはっていることは難しくなります。

数少ないチャンスを逃さないためにも転職活動を始める前に転職エージェントへの登録がおすすめです。

転職のプロである転職エージェントのサポートを受けることには様々なメリットがあります。

転職エージェントからは募集案件の紹介のみでなく職務経歴書や志望動機に関するアドバイスを受けることが可能です。

過去の紹介案件から面接の傾向と対策など、転職に関する質問や悩みも相談できます。

転職が決まった後は退職時の手順や注意点まで転職関連の一連の流れについても説明してくれます。

転職に関する悩みは周囲の人には相談することが難しいため、是非転職エージェントを活用してください。

まとめ

女性

好きを仕事に結びつけるにはほとんどのケースで高いスキルがないと成り立ちません。

映画業界は特定の資格は必要ないため、映画が好きな人は誰でも挑戦することができます。

映画などのエンターテイメント業界は次々に新しいサービスの提供を提案している動きが早い業界です。

映画好きだけではなく最新のエンターテイメントや技術に興味がある人にも非常に魅力的な業界でしょう。

募集自体があまり多くなくほとんどのケースが急募になりがちですが、スキルを活かした転職も可能です。

映画業界に興味がある人は是非転職エージェントに相談してみてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら