「受験」は人生のビッグイベントです。塾講師は夢に向かって努力する生徒を支え励まし「合格」へと導く受験教育のスペシャリストです。

それでは塾講師のみなさんは自分の夢を叶えられたのでしょうか。なりたい自分になれているのでしょうか。

実は塾講師として実務を経験すると、当初の理想と現実のギャップに悩み離職する人が少なくないのです。

ここでは塾講師が転職を考える際の重要なポイント転職に成功する方法について詳しく解説します。

塾講師を辞めたい女性は多い

仕事で考え込む女性

塾講師の求人広告には「シフトが自由」「学歴不問」「勉強を教えたい気持ちがあれば経験は不要」などといった言葉が並びます。

アルバイトから正社員になる人も多い業界です。大学時代にバイトで始めてそのまま塾講師になれば採用試験を受ける必要もありません。

正社員になるとさまざまな責務が課されます。アルバイトは授業のみですが正社員には運営業務があり拘束時間が長くなります。

厚生労働省の「新規学卒就職者の離職状況(平成29年3月卒業者)の状況」を見てみましょう。

■ 新規学卒就職者の産業別就職後3年以内離職率のうち離職率の高い上位5産業

  • 1位:宿泊業・飲食サービス業
    • 大学卒 52.6%
    • 高校卒 64.2%
  • 2位:生活関連サービス業・娯楽業
    • 大学卒 46.2%
    • 高校卒 59.7%
  • 3位:教育・学習支援業
    • 大学卒 45.6%
    • 高校卒 55.8%
  • 4位:小売業
    • 大学卒 39.3%
    • 高校卒 49.5%
  • 5位:医療、福祉
    • 大学卒 38.4%
    • 高校卒 47.0%

引用元:https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000177553_00003.html

このように「教育・学習支援業」にあたる塾はワースト3位に入っています。定年まで勤められない人が多いのです。

それでは、女性の講師はどうして辞めたいと思うのでしょうか。次に辞めたくなる理由について解説します。

女性が塾講師を辞めたい理由

胸に手を当てる女性

塾講師に任される業務内容には主に以下になります。

  • 授業の準備
  • プリント作成
  • テスト答案採点と統計
  • 掲示物の作成
  • 家庭への連絡

これらは授業時間以外にこなさなければならない業務です。そのため深夜まで教室に残って残務を続けなくてはなりません。

女性の講師は出産・育児・介護などのライフイベントをうまく乗り越えながら働き続けなければならない場合があります。

しかし塾講師は「休みが取りづらい」「時間に準備がかかる」「生徒の親などとの人間関係」といった理由で女性には厳しい職種です。

以下に女性が塾講師を辞めたい理由についてそれぞれ見ていきましょう。

休みがとりづらい

学習塾では生徒の通学先や学区の定めた授業日に加え、テスト前の週末補講や春・夏・冬休みの特別講座や受験対策講座を行います。

講師は休日返上で授業を入れなければなりません。また生徒が休日に相談に来る場合にはボランティアで出勤することもあります。

結局はすし詰め状態の日程になってしまい休みの日がほぼない月もでてくるほど。

これには生徒の成績がアップすれば賞与に反映されるシステムも関係しています。講師同士の競争意識が利用されているのです。

こうなるとますます休みがとりづらい状況に陥ってしまうという悪循環があります。

準備に時間がかかる

悩む女性

定期テストに合わせて補習計画やプリント作成の業務が発生します。テスト成績が上がれば塾の評判も良くなるためテスト対策は重要です。

学習の進度はクラス毎にばらつきがあるので、定期テストの範囲もそれぞれ異なります。

個別指導を売りにする塾の場合は特にそれぞれの進度に合った対応が必要なので、テスト準備に時間と労力を傾注しなければなりません。

塾講師は準備を家に持ち帰って行うので、テスト期間中はプライベートの時間がどんどん奪われてしまいます。

生徒の親などとの人間関係

地域に塾の数が多いと差別化を図るために特色を出そうとして通常の授業以外にサービスを提供しようと営業努力を行います。

塾離れを食い止め、新規に生徒を勧誘しようと夏にキャンプを行ったり音楽会を開催するのはそのためです。

すると塾通いの目的を取り違えて「育児から解放されたい」「学びの機会が欲しい」などの過剰な要望を寄せる保護者が現れます。

成績が伸びないと「塾の教室長や講師が悪い」という保護者もいますから、忍耐強く話を聞いて対策を練らなければなりません。

このように教育以外のさまざまなサービスや複雑な保護者対応を行うのも塾講師です。これにはかなりの精神力が必要です。

休日がないことや準備に時間がかかること、そして保護者対応に追われることは講師にとり重い負担です。

女性の塾講師がライフイベントに直面するとこの重い負担に耐えきれず、最終的には講師を辞めるところまで追い込まれてしまいます。

それでは塾講師がワークライフバランスの良い職場をもとめて異業種に転職することは可能なのか考えてみましょう。

 

ワンポイント

どれだけやりがいのある職種でもワークライフバランスが悪ければ継続できないことに注意しよう。

塾講師から他業種への転職は可能?

飛ぶ女性

教育業界の一端を担う塾ですが、塾講師としての経験がそのままでは活かしづらいため他業種への転職は難しいことがあります。

しかし塾講師として培ったスキルは他の業種でも大いに活かすことができるのです。どのようなスキルが強みになるのでしょうか。

スキルが洗い出せたら転職の目的をはっきりさせます。考えを整理して面接で質問されても的確に答えられるようにするためです。

自信がついたら職種や企業の候補を決めましょう。業界や企業の情報を収集・分析して自分のスキルが活かせる職場を探してください。

塾講師でも他業種や未経験でもチャレンジできる職種はあります。焦らず諦めず地道に転職を成功させるための努力を続けましょう。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

塾講師が他の業種で活かせるスキル

説明するビジネス女性

塾講師が他業種で活かせるスキルにはどのようなものがあるでしょうか。簡単にいえば「人にものごとを教えるプロ」ということですね。

人にものごとを教えるためにどのようなスキルを主に使いますか。自分のスキルを把握して履歴書や面接でアピールしましょう。

ここでは塾講師の「プレゼン能力」「コミュニケーション能力」「コーチング能力」について考えます。

プレゼン能力

塾講師は生徒に授業内容を良く理解させる工夫をしています。生徒の質問もよく聞きながら理解できるまで解説します。

このわかりやすく的確な説明ができる塾講師の「プレゼン能力」は他業種にも活かせるスキルです。

相手にものごとを理解させるためのプレゼン能力はさまざまな職種に役立ちます。製品説明や企画提案などで能力が発揮できるでしょう。

コミュニケーション能力

お茶する女子

塾講師は生徒と対話しながら理解度の確認や疑問点の把握を行います。保護者とも話し合い進路や家庭での問題を正確に捉えます。

この対話による理解を基盤とする「コミュニケーション能力」は転職において有利なスキルです。顧客クレーム対応などに役立ちます。

このスキルはチームワークを円滑化しモチベーションをアップさせる効果もあり、ひいては業績改善にもつながる優れたスキルです。

コーチング能力

塾講師は生徒の強みや弱みをきちんと理解して適切な指導を行います。できないことがあれば、できるように相手を導きます。

適切な質問を投げかけ相手のいい分を最後まで聞き正しい評価をします。ここでの「評価」とは強みや弱みを認めるという意味です。

そしてできないことはなにか、できるようになるにはどうしたらよいか相手に自ら考えさせます。

この指導スキル「コーチング能力」は相手が自発的に問題解決をすることを促します。自ら考える人材育成に役立つスキルです。

 

ワンポイント

塾講師として培ったスキルを把握し転職先でどのように活かせるかをよく考えよう。

塾講師が転職する前にしておきたいこと

悩む女性

転職活動は甘い気持ちでは取り組めません。他人を評価する立場から評価される立場になりますので怠りなく対策をしておきましょう。

具体的にはどのようなことを準備しておくべきでしょうか。次にその重要なポイントを解説します。

自分のスキルを洗い出す

塾講師には「プレゼン能力」「コミュニケーション能力」「コーチング能力」があることをお話しました。

それ以外にはどのようなスキルがありますか。転職を決心したらさらに詳しく自分のスキルを洗い出しましょう。

塾の経営に関わった経験があれば「マネジメント能力」をアピールできます。

これまで経験したあらゆる業務をひとつひとつ思い出して漏れなく書き出してみてください。

自分でも気づかなかったスキルの発見や自分に足りないスキルの把握にもつながります。

転職したい理由を整理する

はてなマーク

今の仕事を早く辞めてしまいたいとばかり考えてはいませんか。転職を決めたのはなぜか理由をきちんと整理しておきましょう。

辞めたいだけだと転職目的が不明なので採用されないことがあります。採用されたとしてもやりたい職種には就けるかどうかわかりません。

自分のやりたい仕事や希望する会社だけでなく年収についてもよく考えておいてください。

考えてもはっきりしない場合は焦らずに転職活動を延期・保留するか、転職エージェントに相談してみると良いでしょう。

転職先の企業分析をする

転職を成功させるには最新の情報を多く収集し分析する必要があります。希望する業界や企業が定まったら情報収集をしましょう。

情報誌や口コミサイトで知識を得るだけでなく、気になる会社があればさらに詳しく経営状況を理解しておくと良いです。

情報分析にあたっては以下のポイントを考えてみましょう。

  • 転職する目的が実現できるか
  • 自分に合っている業界・職種なのか
  • 今までのスキルを活かせるか
  • 新しいスキルを修得できるか
  • 将来性はあるか

自分で収集できる情報には限りがあります。公開情報だけでは不足があると感じたら転職エージェントに相談してみてください。

各業界に精通したキャリアアドバイザーが業界・職種の特徴だけでなく年収基準や将来性まで幅広く情報を集めてくれます。

塾講師から転職する女性におすすめの職種

ワークライフバランス

塾講師は勤務時間が長いため、ワークライフバランスを重視する女性にとって長く続けられる職種とはいいがたいのが現状です。

時間にゆとりがもてて、スキルアップにもなる職種にはどのようなものがあるでしょうか。

ここではおすすめの職種として「営業職」「企画職」「教育関係」「人材紹介・人事部」をとりあげます。

営業職

営業職は塾講師にぴったりの職種です。人にものごとを教えるプロは顧客に商品やサービスの説明をするのも上手だからです。

商品やサービスの内容を事前に良く学びわかりやすく相手に伝えるコミュニケーション能力も顧客との信頼関係を築く際に役立ちます。

顧客一人一人に寄り添った対応も講師として生徒一人一人に支援を行った経験を活かすことができます。

勤務先にも依りますが営業職は塾講師よりも自己裁量で業務をこなす場合が多いのでワークライフバランスがとれる職種です。

企画職

ホワイトボートで説明する女性

企画職もおすすめの職種です。事業目的と顧客のニーズを深く理解して商品やサービスの企画や開発を行うお仕事です。

商品販促や認知度を高める宣伝・広告企画や営業を補佐する営業企画なら塾講師として培ったスキルを活かせます。

企画職にはマーケティングだけでなくコンサルティングの要素もありますので相手の話を良く聞いて問題解決に導きます。

ただし企画職は企業や配属部署により求められるスキルや知識は多岐にわたりますので企業分析をしっかりと行ってください。

教育関係

塾講師はもともと教育畑の人間ですから塾以外の教育機関も良い転職先です。ワークライフバランスがとれる職場を探しましょう。

日中だけの大人向けの生涯学習講座やパソコン教室などが考えられます。学習塾では煩雑だった保護者とのやりとりもなく気楽です。

資格を取得して専門知識を身につければ人にものごとを教えるプロとして能力が十分に発揮でき収入もアップする可能性があります。

人材紹介・人事部など

話を聞く女性

人材紹介や人事部も塾講師として培ったスキルを活かせる職種・職場です。リクルートエージェントは特にコーチング能力が役立ちます。

求職者と会社のそれぞれから要望を聞きベストなマッチングを探り、求職者の強みを引き出しながら就職・転職を成功させるスキルです。

コミュニケーション能力に長けていることも強みになります。相手の要望を把握して正確に伝達できるスキルです。

社内人事に関する職場であれば、従業員それぞれの希望や能力を把握して適材適所に配属することができます。

人材育成や能力開発の面でも塾講師としての経験が大いに役立つことでしょう。

 

ワンポイント
塾講師からの転職でも業種を超えて活かせる強みを確実にアピールしよう。

塾講師ならではの強みをアピールする方法

ガッツポーズ

転職の目的が明確化できて希望の業種や職種が定まったら転職活動の流れをイメージしてください。まずは希望の会社に応募します。

書類選考に通ったら次は面接です。コミュニケーション能力を発揮して自分の強みをしっかりアピールする必要があります。

それでは塾講師からの転職ではどのように面接対策を進めていけば良いのでしょうか。具体的に考えていきましょう。

自分のスキルを理解する

面接対策では、担当者の視点に立って客観的に自分の強みを理解することから始めましょう。

塾講師からの転職で強みになるスキルには主に以下の3つがあります。

  • プレゼン能力
  • コミュニケーション能力
  • コーチング能力

これらを自分の言葉として面接官に伝えられるかが重要です。自分のスキルとして具体的に語れるようになりましょう。

転職先で活かせるスキルを考える

自分のスキルが洗い出せたら転職先でどのように活かせるかを考えましょう。まず転職先での業務内容をよく理解しなければなりません。

プレゼン能力なら活かせるビジネスシーンには以下のような例があります。

  • 企画の提案
  • 進捗の報告
  • 競合コンペ

どのような場面で自分のスキルが発揮できるかを考えておくと面接でやる気が伝わり採用後の人事でも考慮してもらえます。

マイナビAGENT

doda

リクルートエージェント

求人数 約37,000件 約140,000件 約200,000件
非公開求人数 非公開 約40,000件 約250,000件
対応エリア 全国
特徴 土曜の相談も可能 診断・書類作成ツールが豊富 圧倒的な求人数
こんな人におすすめ 書類の添削から内定後のフォローまで一貫してサポートしてほしい方 効率的に転職活動をしたい方 じっくり転職活動をしたい方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

doda

マイナビ転職

リクナビNEXT

求人数 約140,000件 約17,000件 約60,000件
非公開求人数 約40,000件 非公開 非公開
対応エリア 全国
特徴 転職サイトとエージェントサービスが一体化している イベントやセミナーが豊富 非公開求人からのオファー
こんな人におすすめ ひとつのサイトで完結したい方 自分に合った企業をじっくりと探したい方 多忙で求人を見る暇がない方
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

塾講師から転職する際のポイント

若いビジネス女性

塾講師からの転職は難しいといわれます。なぜでしょうか。それは塾講師の経験やスキルが他の業種から理解されにくいからです。

ですから転職をする際には自分の強みをうまくアピールすることが大切です。プレゼン能力をフルに活かして相手の理解を得てください。

そして理解してもらうだけでなく採用したい人物として見てもらえるように表現方法を工夫しましょう。

例えば「人にものを教える能力がある」といういい方ではなく「人にものごとをわかりやすく伝えることができる」とった具合です。

室長経験があるならマネジメント能力をアピールしましょう。成長戦略や営業活動で売上を伸ばした経験は他の業種でも高く評価されます。

 

ワンポイント
他の業種・業界でも評価できるアピールポイントや表現方法を考えよう。

塾講師からの転職に困ったら転職エージェントを活用しよう

ワンポイント

塾という職場環境から出て業種を超えた転職を成功させるにはどうしたらよいでしょうか。講師をしながらの転職活動は大変です。

時間をかけずに多くの情報を得たいなら転職のプロフェッショナル「転職エージェント」に相談するのがよいでしょう。

また転職は面接が成功するかどうかが鍵です。面接をうまく突破するには慎重に戦略を練らなければなりません。

転職エージェントに面接の支援を頼めば何度でも納得がいくまで模擬面接をしてくれます。質問内容もある程度予測してくれます。

無理なく成功できる転職活動がしたい方は転職エージェントにご相談ください。

まとめ

応援する女性

貴女は塾講師になった時ただ教えることに飽き足らずより高い目標を抱いていたと思います。あのときの気持ちを思い出してみましょう。

貴女には仕事人としての強い目的意識働く意欲があるのです。今度はその意欲を新しい未来へ注いでみませんか。

ワークライフバランスがとれた職場を見つけて、いままでできなかったことにどんどん挑戦して「人生の質」を改善しましょう。

貴女の生徒それぞれに可能性があるように貴女にも可能性が満ちあふれています。転職を成功させて貴女の素敵な未来を手にしてください。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら