ネイリストといえば、自分の好きなことを仕事にでき、おしゃれな仕事の印象が強いでしょう。

常にトレンドを知っていて、もちろん自分の爪もきれいにケアされているという華々しい印象です。

そんなネイリストですが、実は転職を考える女性は決して少なくありません。

体力面や精神面など、ネイリストならではのさまざまな悩みがそこにはあります。

そこで本記事では、ネイリストから転職しやすい職種を解説します。

転職に活かせるスキルや、転職成功のポイントも解説しますのでぜひ参考にしてください。

Contents

ネイリストから転職したい女性の悩みは?

ネイルサンプル

まず、ネイリストの女性はどうして転職したいと考えるのでしょうか。

ネイリストになるには、通信講座などもありますが専門学校に通って頑張って資格を取った方が多いです。

そんな苦労をしてまで就いた職業なのに転職を希望するとは、どんな理由があるのでしょうか。

詳しく解説していきます。

長時間労働

ネイリストは、勤めているネイルサロンにもよりますが基本的に長時間労働です。

都心部では特にネイルサロンは働く女性が仕事帰りにネイルすることも出来るように遅くまで開いている店舗が多いです。

10:00~22:00まで開いているサロンなども多くあります。

そんな中で、もちろんシフト制でずっと入っていたりするわけではありません。

ただ、お客様の爪の状態だったりオーダーデザインだったりが理由で予約が後ろ倒しになったりすることが多くあります。

そうなるとどうしても残業が発生してしまうのです。

さらに、ネイルを施術している間の姿勢というのはかなり腰や肩に負担がかかります。

その中での繊細な作業を行うため、体力的につらくネイリストから他の職に転職したいと考える女性は増えています。

人間関係のストレス

ネイリストの仕事は、指名を受けることでインセンティブが入るパターンが多いです。

そのため、ネイリストの人たちは自身のインスタグラムなどでデザインを公表するなど工夫して指名を取ります。

職場のネイリストたち同士が良いライバルになればいいのですが、すべてがそうはいきません。

日々予約の施術をこなしながら、予約が入っていないときにはサンプルを作りインスタグラムに上げるなど非常に激務です。

このような環境では、人間関係があまりうまくいっていないという声はよく聞きます。

接客業務が苦手

悩み

ネイルの施術時間は、内容にもよりますが1~2時間はかかります。

スカルプやつけ放題などの予約の場合はそれ以上に時間がかかる場合もよくあります。

もちろん、施術中ずっと黙っているわけにはいかず接客もしなければなりません。

お客様の興味のありそうな話題をふったり、最近の話題のニュースを言ってみたりかなり気を遣います。

ネイルの施術は基本的にお客様と1対1であり、その施術中の楽しさも指名の数に反映します。

このようなことから、接客業務にストレスを感じるネイリストはたくさんいるのです。

ネイリストからの転職で活かせるスキル

ポイント

では、ネイリストとして働く経験はどんなスキルが身についているのでしょうか。

ネイリストとして培ってきたスキルというのは、見方を変えると必ず他の職場でも活かすことができます。

ここからは、ネイリストならではの転職先で活かせるスキルを紹介していきます。

コミュニケーション能力

先にも解説しましたが、ネイリストは基本1対1でお客様と2時間ほど会話をしながら施術を行います。

ネイルという性質上、施術中お客様はスマホをいじったり暇つぶしをしたりできないという特徴があるのです。

だからこそ、ネイリストからお客様の興味のありそうな話題をふり、施術中も楽しんでもらえるよう努力しています。

そのことから、ネイリストはお客様を相手とするコミュニケーション能力に長けているといえます。

 デザインセンス

ネイルサンプルを見る女性

ネイルの注文は「このデザインにしてほしい」と言ってくれるお客様が多いと思われがちです。

ですが実際は大まかなデザインだけ伝え、ストーンの配置などはお任せというお客様も意外と多いです。

「白のフレンチに、少しだけ夏っぽいストーンを置いてください」などといった漠然とした注文にも応えなければなりません。

そのほか、サンプルとして置いておくネイルチップは全てネイリストたちのオリジナルデザインです。

ネイリストという仕事は、デザインセンスが非常に問われる仕事なのです。

ネイリストの経験が活かせる職種

ポイントを指す女性

紹介してきた通り、ネイリストの経験というのは他の職場でも活かすことができます。

ここからは、ネイリストとして培ってきたスキルを活かすことができる職種を紹介します。

ぜひ、転職先を選ぶ参考にしてみてください。

ネイルの専門学校の講師

多くのネイリストたちはネイルの専門学校を卒業してネイリストになります。

通信講座などももちろんあります。

ただ、そろえる道具が多かったり独学でするのが難しかったりという理由から専門学校の需要は非常に高いです。

ネイリストとして働き各種検定にチャレンジをしてきた人などは、新しい転職先としてネイルの専門学校の講師がおすすめです。

ネイル関係の商品の営業職

ネイリストとして働き培った専門知識と、コミュニケーション能力を活かしネイル関係の商品の営業というのもおすすめです。

元ネイリストだからこそ、どんな点がこの商品はいいのかということを説得的に伝えることができます。

ネイリストならではの悩みも理解していますから、その分とても説得力があるのです。

 

ワンポイント
 ネイリストとして働いていた経歴を持つ人だからこそ、説得力があるという点でネイル関係の商品の営業職は非常におすすめです。

ジャグアタトゥーの施術者

若い女性に人気のジャグアタトゥーの施術者になるのもおすすめです。

ジャグアタトゥーとは、簡単にいえば消えるタトゥーのことです。

シールではなくインクを使って施術をしますが、特別な資格は必要としません。

日本ジャグアタトゥー協会が講座を開いているので自分で勉強できるのもうれしいところです。

アートネイルなどを得意としていた方は特に、ジャグアタトゥーの施術者という選択肢も視野に入れてみてください。

ネイリストから他業種・他職種への転職

女性、仕事

もちろん、ネイリストからの転職する場合、ネイル業界以外も可能です。

ネイル業界から飛び出て、他業種・多職種への転職を考えている方におすすめの職種も紹介します。

アパレル関係

ネイリストとして働いていると、その職業柄トレンドには敏感な人が多いです。

その習慣を活かしアパレル関係で働くというのもおすすめです。

多くのネイリストは、ネイルの技術だけでなく自分のおしゃれにも気を遣っています。

「このネイリストさんみたいになりたい」と思われるようなインフルエンサー的存在を目指して働いている人が多いです。

その経験を活かしアパレル関係で働くというのはマッチしているといえます。

Webデザイナー

Webデザインをするパソコン

先にも解説しましたが、ネイリストは意外と「おまかせ」のオーダーが多くデザインセンスが身についています。

そのセンスを活かし、Webデザイナーとして働くというのも1つの手です。

Webデザインにもトレンドはありますから、よりお客様の目を引くデザインの提案ができるでしょう。

ネイリストから転職する際の注意点

注意

転職活動をする際には、いくつか注意しなければならないことがあります。

その中でも、ネイリストからの転職で気を付けるべき点を紹介します。

中途採用では即戦力が求められる

転職する際、中途採用で入るケースが多くあります。

ただし、中途採用で企業が期待していることは「即戦力」です。

春の新入社員相手とはまた違う、即仕事に慣れて企業に貢献してくれる人材を求めています。

そのため、どんな業種にチャレンジするにしてもスムーズに仕事に入れるよう企業研究や業界研究をしておきましょう。

ワークライフバランスを考える

女性ならではのライフイベントとして、一番大きなイベントは妊娠・出産です。

これは男性に代わってもらうことはできませんし、この期間無理に働くことも出来ません。

そのほか、自分の趣味の時間などを洗い出し、ワークライフバランスを考えてみましょう。

応募先企業にどんな制度があるか、両立は可能かなど自分のライフイベントとワークを照らし合わせてみましょう。

 

ワンポイント

企業によっては、中途採用の場合は新人研修の環境が整っていない場合も多くあります。

OJTで仕事を覚えていく必要があるため、ある程度の業界知識などはもって入社に臨みましょう。

ネイリストからの転職で意識すべきポイント

ポイント

次に、ネイリストから転職する場合に転職活動中に意識してほしいことを紹介します。

なんとなく転職活動を進めてしまうとどうしても行き詰ってしまいがちです。

転職ができたとしても、新しい職場でまた悩みを抱え「こんなはずじゃなかった」という事態に陥ってしまうこともあります。

もちろん、仕事をしている以上、少しの悩みはつきものではあります。

ただし、転職というのは人生の分岐点ともいえるときです。

しっかりとこれから紹介することを意識して、転職を成功させましょう。

早めに転職活動を行う

繰り返しになりますが、ネイリストは非常に忙しい職業です。

日々の仕事をこなすだけでも大変でしょう。

そのため、転職を考えたら早めに活動を行うべきです。

後回しにしてしまうと、転職先選びや必要な書類を揃えることに時間が割けず思うように転職活動ができません。

転職を考えたら早めに活動をしましょう。

これまでの経験がどう活かせるかを考える

ここまで、ネイリストとしての経験で培ってきたスキルもいろいろと紹介してきました。

それらのスキルを次の業界でどう活かせるかということもしっかり考えましょう。

できるだけ、具体的に考えることが大切です。

それをイメージしながら転職活動を始めるだけでも、のちの面接の際に非常に役に立ちます。

 

ワンポイント

ネイリストをして培ってきたスキルはたくさんあるはずです。

そのスキルを、新しい応募先企業でどのように活かすことができるかを具体的に考えてみましょう。

応募先企業が求めている人材を理解する

自分が「この企業に入社したい」と思うだけでは転職は成功しません。

いかに応募先企業が求めている人材として自分がふさわしいかをアピールすることが大切です。

まずは応募先企業がどんな人材を求めているのかを考え、それを理解したうえで自分のアピールポイントを考えてみましょう。

志望動機を考える際のポイントは?

応募書類

ネイリストから転職を考える際のポイントは、主に以下の3つです。

  • 転職理由をネガティブな表現にしない
  • 応募先企業で自分がどのように活躍できるのか具体的に考える

転職理由を考えると、どうしても前の職場への不満がでてきてしまいネガティブな内容になってしまいがちです。

それをネガティブなまま表現してしまうと、相手先に良い印象は与えません。

例え転職理由がネガティブなものであっても、ポジティブな表現に言い換えるようにしましょう。

さらに、その転職理由に対してどうやって前に進もうと転職活動をしているのか説得的に書くことができればベストです。

また、先にも解説したように、ネイリストから転職する場合即戦力としてとらえられる場合が多いです。

自分が、応募先企業に入社できた場合、どんな風に活躍できるのか具体的に考えてみましょう。

漠然と「この仕事ができます」という表現では説得力に欠けてしまいます。

「こういったスキルを持っており貴社のこういう仕事に活かします」と具体性を持たせましょう。

他業種・他職種への転職での面接対策

面接

ネイリストから他業種・多職種に転職する際、面接でどんなことを訊かれるのか不安かと思います。

同業種へ転職する場合はまだ面接で訊かれることや回答に想像がつきやすいと思います。

ただ、全く畑違いの仕事となるとイメージが沸きづらいでしょう。

他業種・多職種への転職での面接の場合でよく訊かれることは、以下のようなことがあります。

  • なぜ今回の業界を選んだのか
  • 今回の業界で活かせる知識は
  • 今後のキャリアプランはどう思っているか

こういったよく訊かれがちな内容についてはしっかりと回答できるようにあらかじめ準備しておきましょう。

 

ワンポイント

面接で訊かれたことに対して、すぐに完璧な回答をする必要はありません。

ただし、訊かれがちな質問だけでもきちんと答えられるよう準備しておきましょう。

ネイリストからの転職なら転職エージェントに相談しよう

転職エージェントに相談

ネイリストから転職する場合、現職が忙しくてなかなか転職活動が進まないという方も多いでしょう。

まず、ネイリストから転職を考えたら転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントに相談することで、自分の希望にマッチした求人を見つけやすくなります。

また、悩みがちな履歴書や職務経歴書の作成のサポートを受けたり面接練習をしたりすることも可能です。

転職エージェントに相談することで、非常に効率的に転職活動を行うことができます。

ネイリストから転職したいと思ったら、まずは転職エージェントに相談しましょう。

まとめ

ネイル施術中の手

ネイリストはただでさえ忙しい職業です。

いつも通り働いているだけでも、くたくたで疲れて帰ってくる日も多いことと思います。

そんな中で転職活動をするというのは非常に大変なことです。

だからこそ、ネイリストから転職する場合は転職エージェントに相談しうまく転職活動をしていってください。

転職活動を成功させ、自分が一番輝いていると思える職場を見つけましょう。

転職成功への近道は自分にあった転職サイトを見つけること!


転職サイトはそれぞれ特徴や強みが異なります。
そのため、転職成功には自分の目的や希望職種にあった転職サイトを見つけなければなりません。

  • 種類が多すぎて、どれを選べばいいかわからない
  • 自分にあった転職サイトはどうやって見つければいいの?

こんな悩みをお持ちではないですか?

以下に転職サイトの選び方比較を紹介します。
是非参考にしてみてください!

転職サイトの選び方


転職サイトは以下のような進め方で選ぶと最適なものを選ぶことができます。

  • 「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける
  • 転職目的や職種など希望から選ぶ

これらをより詳しく見ていきましょう。

「エージェント型」と「サイト(求人広告)型」を使い分ける

転職サイトは大きく分けて2種類存在します。

  • エージェント型:担当のキャリアアドバイザーがついて転職活動のサポートをしてくれる
  • サイト(求人広告)型:求人広告が掲載されており、自身で転職活動を進める

それぞれメリット・デメリットはありますが、転職の成功率を上げるのであれば使い分けが重要です。

各サイトで扱っている求人も異なりますので少し面倒かと思っても満足のいく転職をするために使用してみてください。

転職目的や職種など希望から選ぶ

すでに転職の目的が定まっている人もいることでしょう。

そんな方は「第二新卒の活躍を支援しているサイト」「IT業界に特化したサイト」など、幅広い支援をしてくれる大手サイトだけでなく目的にあったサイトも活用するとより満足のいく転職ができます。

おすすめ転職エージェントBEST3


ウィメンズワークスが厳選した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの特徴は求人数が多いことです。

そのため、幅広いがゆえに初めての転職やどの転職エージェントを使ったらいいかわからないこともあるでしょう。

そんな方は是非参考にしてみてください。

1位.マイナビAGENT

マイナビエージェント

マイナビAGENTは20代・30代の転職に強い転職エージェントです。

担当者が親身になって応募書類の準備から面接対策まで転職をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心です。

第二新卒のサポートも手厚く企業担当のアドバイザーが在籍しているため、職場の雰囲気や求人票に載っていない情報を知ることができます。
転職先でうまくやっていけるか不安な方や初めての転職にはおすすめです。

 
マイナビAGENTの評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

2位.dodaエージェント

doda
dodaエージェントは、幅広い業界や業種の求人を取り扱う国内最大級の転職エージェントです。

dodaのみが取り扱っている求人も多く、転職活動の視野を広げたい方におすすめです。

また、応募書類のアドバイスや書類だけでは伝わらない人柄や志向などを企業に伝えてくれたり、面接前後のサポートも手厚いです。

20代30代だけでなく地方での転職の方にもおすすめできる転職エージェントです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

3位.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは多数求人を保有している、転職支援実績No.1の総合転職エージェントです。

一般公開求人だけでなく、非公開求人数も10万件以上取り揃えています。
転職において求人数が多く実績も豊富なため、必ず登録すべき1社と言えます。

また、各業界・各職種に精通したキャリアアドバイザーがフルサポートしてくれるため、初めての転職でも利用しやすいでしょう。

 
リクルートエージェントの評判はこちら  

おすすめ転職サイトBEST3


先述した通り、転職エージェントは求人が多いです。
しかし、エージェントに登録していない企業もあります。

転職は「情報をどれだけ集められるか」が非常に重要になります。
そのため、転職エージェントだけでなく転職サイトもぜひ活用していきましょう。

ウィメンズワークスが厳選した転職サイトをご紹介します。

1位.doda

doda
dodaはリクナビNEXTに次いで多くの求人数を保有しており、利用者満足度の高い転職サイトです。

お気づきの方もいるかとおもいますが、dodaは転職エージェントと一体型なのです。
つまり、dodaに登録することで求人を見ることも、転職エージェントに相談することも出来ます。

情報収集をしつつ気になった企業への相談がすぐにできるので非常に魅力的な転職サイトと言えるでしょう。
転職初心者はリクナビNEXTと合わせて登録しておくことがおすすめです。

 
dodaの評判はこちら  
【無料】dodaに転職相談する  

2位.マイナビ転職

マイナビ転職
マイナビ転職は、大手人材企業「マイナビ」が運営する転職サイトです。

20代〜30代前半に多く利用されている若者向け転職サイトで、若手を採用したい企業が多いので第二新卒や20代であれば転職成功に大きく近づけるでしょう。
また独占求人が多く、他サイトにない求人に巡り合うことができるのでこちらも登録することをおすすめします。

20代〜30代前半であれば登録しつつ他サイトと比較していくと選択肢が広がるきっかけになるでしょう。

 
マイナビ転職の評判はこちら  
【無料】マイナビエージェントに転職相談する  

3位.リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大手人材企業「リクルート」が運営する、業界最大規模の転職サイトです。

転職をする際はまず登録すべきサイトの一つです。
リクナビNEXTの掲載求人は20代~50代までと幅広く、地域に偏らないことも大きなメリットです。

リクナビNEXTであれば希望条件に合致する求人や地方在住に関わらず、自分に合う仕事が見つかるでしょう。

また、「グッドポイント診断」を使用すれば自分では気が付かない長所や強みを見つけるきっかけになります。
これらを活用して書類作成や面接準備もスムーズに進めることができるでしょう。

 
リクナビNEXTの評判はこちら